takezii さん プロフィール

  •  
takeziiさん: たけじいの気まぐれブログ
ハンドル名takezii さん
ブログタイトルたけじいの気まぐれブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/takeziisan
サイト紹介文スローライフ人の日記風雑記録&フォト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供629回 / 365日(平均12.1回/週) - 参加 2015/05/17 18:01

takezii さんのブログ記事

  • ふっと思い出した故郷の言葉 No.28 「かねっこおーり」
  • 故郷 北陸の山村を離れてから もう60年近くなります。当時 話したり、聞いていた言葉(方言)も 今では すっかり忘れてしまっていますが 時々 突然 ふっと思い浮かぶことがあります。記憶曖昧で 多少 ニュアンスが違っていたり 記憶違いだったりすることも有りですが また忘れてしまわない内に 書き留めておこう等と 考えているのです。昨日 ブログ友 おじしゃん様のブログを拝見していて 思い出した言葉 「か [続きを読む]
  • 雪を踏む 感触 恋し 爺散歩
  • 雪が降った翌日の朝には、向こう三軒両隣、誰からともなし スコップで除雪を始めます。日中 あまり陽が当たらない路地のため 車の出入り等で いったん圧雪、凍結してしまうと なかなか溶けず お互いに困ることを知っているからのことですが 暗黙の内に出来上がったルール。普段 あまり顔を合わせていないご主人等との コミニュケーションにもなっています。 午後には、日射しも強くなり 眩しい程、どんどん 雪も溶けて [続きを読む]
  • 一夜明けて 雪景色
  • 昨日の午前中から降り出した雪、予想以上の積雪となり 雪に弱い 関東各地や首都圏は大混乱に陥りましたが 夜半には止んだようです。一夜明けて 快晴。朝日に染まる 雪景色を見せていますが 道路は凍結、車のスリップ事故、歩行者の転倒事故等 心配されるところです。今日は 昨夜の大混乱の後始末、除雪等で 大変な1日になるんではないでしょうか。朝日に映える山並みバリ、バリ、バリ、バリ・・・、ソロリ、ソロリ 走行 [続きを読む]
  • 振り返り記事・「幻の漬物・稲核菜」
  • gooブログから 丁度1年前の 2017年1月22日に書き込んでいた記事が 届きました。「そう言えば そうだった・・・」、記憶が 蘇ってきます。幻の漬物 「稲核菜」「稲核菜(いねこきな)」という野菜を 初めて知ったのは 昨年の秋のことでした。「稲核菜」は 野沢菜に似て非なり、松本市安曇稲核地区限定の固有種で 栽培量も少なく その漬物は 「幻の......>続きを読む [続きを読む]
  • 当地 今冬 初雪です。
  • 西高東低の冬型気圧配置のところに 今冬最強の寒気が日本列島に覆い被さってきて さらに 南岸低気圧の通過で 関東南部も 大雪になるとの 天気予報通り 午前中から 雪が降り出しました。当地 今冬 初雪です。午前中は まだ こんな調子でしたが ホームセンター等は 雪用ブーツが 品切れとか。ガソリンスタンドでは タイヤ交換、ガソリン給油等の車が 道路にまで並んでいたり・・。午後になってからは しんしんと  [続きを読む]
  • 冬聴きたくなる曲 「スケーターズ ワルツ」
  • 「The Skater’s Waltz (スケーターズ ワルツ)」は 1882年に E.Waldteufel (ワルトトイフェル)が作曲した ワルツ曲です。昭和40年代、地方の都市にも 若者の遊び場としての屋内スケート場なるものが ちらほら有りました。ほんの指折り数える程度ですが 友達と出掛け 貸しスケート靴を借り へっぴり腰で リンクを滑った記憶があります。そんなスケート場には よく 「スケータ [続きを読む]
  • 古い写真から蘇る山の思い出 その27 「北横岳・縞枯山」
  • かれこれ21年前、1997年8月に 妻と二人で訪れた 北横岳・縞枯山の写真が貼ってあるアルバムが有り 久し振りに引っ張り出してみました。昔のことを懐かしがるのは 老人の最も老人たるところだと 自嘲しながらも あの日あの頃を思い出しているところです。ほとんど記憶曖昧になっていますが 写真やメモを見ると 当時の記憶が かすかに炙りだされてきます。バカチョンカメラ(小型フィルムカメラ)しか持っていなかっ [続きを読む]
  • 畑日誌 2018.01.20 ホウレンソウ、コマツナ 初収穫
  • 本当は 年末年始に食する目的で種蒔きした ホウレンソウ、コマツナでしたが 秋の気候不順の影響でしょうか、生育が極めて悪く 未だに ちっこいまま。仕方なし・・・、妻が 収穫してきました。今冬 初めての収穫です。ホウレンソウは 早速 おひたしにして食しましたが、寒冷に耐えた分 甘さが有り まずまず。無農薬、採れ立て野菜を 味わっています。小さいままで収穫のホウレンソウ、コマツナも ちっこい、野菜が高騰 [続きを読む]
  • 今日のレッスン、平泳ぎの姿勢
  • 1月も 20日、つい先日まで正月気分でいたような気がしますが 時の過ぎ行く速さに愕然としてしまいます。今日は 日射無しで 薄ら寒い1日でした。明日以降、また強い寒波がやってきて 当地も「大雪の恐れ有り」との天気予報も出ており それなりに構えました。夕方 グッと冷え込んできて 一度 炬燵に入ってしまったら 動くのが億劫になってしまうところですが 気合を入れ 19時〜20時のスイミングクラブ成人クラス [続きを読む]
  • 堪えても 笑えてしまう 五七五
  • 第9回シルバー川柳入選作品のご紹介 の つづきです。公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」が 毎年 募集、入選作品を発表している 「シルバー川柳」、今回は 平成10年9月に発表された 「第10回シルバー川柳」入選作品(全20作品)から 抜粋して ご紹介させていただきます。「シルバー川柳」入選作品を 当ブログ上で ご紹介することにつきましては 同協会のご承認を得ております。第10回シルバー川柳入選作 [続きを読む]
  • ふっと思い出した故郷の言葉 No.27 「めんどい」
  • 昭和30年代中頃、高校卒業まで暮していた北陸の山村、その故郷を離れてから もう60年近くになります。当時 日常的に使っていたり、聞いていた言葉(方言)も 今ではすっかり忘れてしまっていますが 時々 突然 ふっと思い浮かぶことがあります。記憶曖昧で 多少 ニュアンスが違っていたり、記憶違いだったりするかも知れませんが また忘れ去ってしまわない内に 書き留めておこう等と 考えています。どなたかのブログ [続きを読む]
  • 「ヴィオレッタに捧げし歌」
  • 当地 今日は 雲の多い1日でしたが やや寒さは和らぎ 街行く人も 軽装姿が多かったようです。1日掛かりで 東京都心の病院で経過観察検査を受けて 夕方帰宅しましたが 夕食後、なんとなく コンチネンタルタンゴが聴きたい気分になり またまた 古いLPレコード盤を引っ張り出して 針を落としています。アルフレッド・ハウゼ楽団 「ベリー・ベスト・オブ・コンチネンタルタンゴ」(全14曲) 「碧空」、「夜のタンゴ」、 [続きを読む]
  • ありがたや 医師の一言 生きる糧
  • 今日は 1年に1度の経過観察検査の予約日でした。JR、私鉄、都営地下鉄を乗り継いで 片道2時間の東京都心のG病院に行ってきました。ご多聞にもれず 大病院、待ち時間を含めると 1日仕事です。もともと 10年以上前に受けた人間ドッグで 「要精密検査」と指摘された臓器が有り 地元のT病院で 精密検査を受け、その後 経過観察検査を続けていたのですが 4年程前の春、そのT病院の担当医師から 「今回の検査結果 [続きを読む]
  • 濃霧の朝
  • 昨夜の天気予報では 「今日は 晴れ、4月上旬並みの温かさになる」・・・でしたが 早朝 100m先が全く見えない程の 濃霧でした。こんな濃霧は 初めてのような気がします。午前9時頃には やや 霧も薄れてきましたが ぼんやりした景色です。 [続きを読む]
  • 振り返り記事 「ひるのいこい」
  • gooブログから 丁度1年前に書き込んだ記事が 届きました。1年前に何を書き込んだか等 覚えているはず無しの爺さんですが、「そう言えば ・・・」・・・、記憶が蘇ってきます。           2017年1月17日の記事                 ▼「ひるのいこい」のテーマ曲最近は スマホでも ラジオ放送が聴けるようになっています。テレビ時代になって ラジオを聴く機会が 無くなってしまったり [続きを読む]
  • しろざいむさん、かくじょろさん、
  • 10数年前に それまで一人暮しをしていた母親が 神奈川県の妹宅に引き取られ、北陸の山村の実家は 空き家となりました。その後は 近所周辺の迷惑、心配が 気が気でなく 出来る限り早く取り壊しをするべく 数年間 家財道具、農機具等々の整理分別廃棄処分の作業に 週末や連休等を利用して 通っていたものです。終戦後 疎開先の地に移り住んだ 貧しい暮らしの家だったとは言え 数十年間にたまりたまった物の量は膨大で [続きを読む]
  • 今週は 検査 診察 四病院
  • 毎月1回、処方箋を貰うために診察を受けている病院有り、2ケ月、3ケ月に1回 検査治療を受けている病院有り、今では 1年に1回になっている 経過観察検査診察を受けている病院有り・・、夫々の予約が 偶々重なって 今週中には 四つの病院に出掛けなければならない羽目になっています。「今週は 検査 診察 四病院」歯医者の定期的検査治療等は 問題無しですが 爆弾を抱えている身体?、結果によっては レッドカード [続きを読む]
  • 冬聴きたくなる曲 「シーハイルの歌」
  • 昭和30年代から40年代 全国の歌声喫茶等で 盛んに歌われていた 「シーハイルの歌」。ダーク・ダックス等も歌っていて 当時の 若者の愛唱歌にもなっていました。「シーハイル」とは ドイツ語の 「Schi Helli」、「スキー、万歳!」、スキーヤーの挨拶言葉なんだそうです。元々は 大正から昭和初期に大ヒットした流行歌、鳥取春陽作曲の 「浮草の旅」のメロディーに 戦後 青森県五所川原出身の 林柾次郎が 新しい歌 [続きを読む]
  • 寒いけど 歩けば 気も晴れ 爺散歩
  • 北日本、北陸を中心に 全国各地で大雪を降らせていた寒波、少し落ち着いたのでしょうか。降雪こそ無かった当地ですが ずっと 寒さ厳しい日が続き 閉じ籠り気味の爺さんです。イカン、イカン・・今日は 午後になって やおら 重い腰を上げて 出掛けてきました。日射し有り、風も弱く 歩くには最適。JR高尾駅から 周辺を 漫ろ歩いてきました。熊野神社イチョウ枯木立の甲州街道、多摩御陵入口付近から 高尾山方面に向か [続きを読む]
  • 吹き出して 座布団探す 五七五
  • 過去のシルバー川柳入選作品 その9毎年 公益社団法人「全国有料老人ホーム協会」が 募集、入選作品発表をしている「シルバー川柳」、今回は 2009年9月に発表された 「第9回シルバー川柳」入選作品(全20作品)から 抜粋してご紹介させていただきます。「吹き出して 座布団探す 五七五」「シルバー川柳」を 当ブログ上でご紹介することにつきましては 同協会のご承認を得ております。「お辞儀して 共によろける [続きを読む]
  • 基本が一番難しい
  • 当地 今日も 手が悴んでしまうように寒い1日、どうしても 外出を躊躇ってしまいます。夕暮れ時には 一段と冷え込んできて 1度 炬燵に入ってしまうものなら とても 抜け出せなくなるところ、エイッ!、気合を入れ 19時〜20時のスイミングクラブ成人クラスレッスン土曜日に 出席し 先程 帰ってきたところです。今日は ベテラン指導員E氏による 背泳ぎ中心のレッスン。毎度のこと 基本、基本・・の繰り返しです [続きを読む]
  • 古い写真から蘇る山の思い出 その26 「西穂高岳」
  • もう50数年前になってしまいましたが 学生時代、同じ学生寮で親しかった 長野県松本市出身のU君と 上高地から登った「西穂高岳」の写真が貼ってある 古いアルバムが有り 久し振りに引っ張り出してみました。当時 登山は 若者たちのレジャー。とりわけ 登山のメッカ、北アルプスは 憧れの的だったように思います。しかし 奨学金と家庭教師のアルバイトで 寮生活を送っていた貧乏学生には そんな余裕有るはず無く 旅 [続きを読む]
  • 寒空に 春呼ぶ梅の 温かさ
  • 当地 朝の内は 快晴でしたが、次第に薄い雲が広がり出し 最高気温も 5℃前後と 寒い1日に なっています。「郵便局まで 歩いて行ってくるか」・・・・、特別急ぐ用事ではないのですが そんな風にしないと なかなか重い腰が上がりません。ついでに ぐるーっと 歩いてきました。途中 日当たりのよい道沿いにあった1本の梅の木に ちらほら花が咲いているのに気が付き カシャ、カシャ・・・。寒さ厳しい1月中旬に 早 [続きを読む]
  • 朝焼け
  • 日本列島上空に居座り続ける寒波、北日本や北陸を中心に 全国各地で大雪、交通混乱等をもたらしている様子が伝わってきます。今のところ 関東南部の当地は 最低気温が 氷点下2℃〜3℃と 厳しい寒さとなっていますが 快晴が続いており 申し訳けないような気持ちになってしまう 雪国育ちの爺さん。日々 雪との戦いに明け暮れておられる地方の方のご苦労に 思いを馳せているところです。妻が 昔のウオークマン?を愛用し [続きを読む]
  • 振り返り記事 「逍遥 史跡 八王子城跡」
  • gooブログから 丁度1年前に書き込んでいた記事が 届きました。1年前に何をしていたか等 覚えているわけ無しの爺さん、「そう言えば そうだった」・・・、記憶が蘇ってきます。          2017年1月11日の記事                ▼逍遥 史跡 八王子城跡非常に強い寒気が日本列島を覆い被さってきました。北海道や日本海側では 荒れた天候になっているようですが 当地、今日のところは  [続きを読む]