ねたろう さん プロフィール

  •  
ねたろうさん: ねたろうはアルコール依存症
ハンドル名ねたろう さん
ブログタイトルねたろうはアルコール依存症
ブログURLhttps://ameblo.jp/netaro1019/
サイト紹介文2014年12月アルコール専門病棟から退院。旅行、音楽、妄想全開中。何かがあなたに届けば…
自由文音楽、旅行記など徒然なるままに。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供248回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/05/20 19:59

ねたろう さんのブログ記事

  • 異星人
  • 理解できない人は少なからずいる。考え方に賛同しないとかのレベルなら異国の人でいい。こちらの話を理解してもらえず、相手の話も半分も理解できないとなるともはや異星人と呼ぶしかない。例えば、犯罪ではないにしろ社会の大多数の人が倫理的に許さないような行動を、如何にも自慢気に話す人がいる。それを笑って話してる神経が分からない。注目を浴びたいのかもしれないが、歪んだ武勇伝を聞かされる身にもなってほしい。例えば [続きを読む]
  • 中軽井沢
  • 一口に軽井沢と言っても、北軽井沢、南軽井沢、新軽井沢、旧軽井沢といろいろ御座いまして。標高およそ1,000mの軽井沢は、ワタシの住む京都より季節が1ヶ月先です。軽井沢高原教会。撮影の直前まで結婚式が行われてました。石の教会内村鑑三記念館。こちらも結婚式のため中には入れません。仕方がないので外からパチリ。今回の旅行で唯一の心残り。機会があれば是非見たいです。こちらはハルニレテラスの沢村カフェ。お店の裏手に [続きを読む]
  • 変わること
  • 自分がいる変わろうとする自分がいる変わりたくない自分がいる認めて欲しい自分がいる認めたくない自分がいる変わることを要求する変わることを要求される貴方は変わらない私も変わらない貴方は変わった私も変わった矛盾とジレンマと苛立ちそして、あるがままの自分苦しさと心地良さは裏腹だ何処へ向かう?何を見つめてる? [続きを読む]
  • 富岡製糸場
  • 世界遺産に登録されなければ名前も知らず訪問もしない、それが正直なところでした。今回、軽井沢旅行を計画した際、1時間で行けると判りせっかくだからと訪れました。古いものと新しいものが融合した世界。礎石とレンガと木材のコラボ。突き出している木材は建物を貫いているそう。当時はレンガの製造技術が未熟だったが、今も崩れずにあるのは奇跡かも。先人の知恵と努力の結晶ですね。朝9時のオープンに合わせて到着し、まだ少な [続きを読む]
  • 故意と過失
  • 東名高速で追越車線に車を停止させた事件。その犯罪性はともかく、相手を死に至らしめた事が故意か過失だったかみたいな議論がある。事件を離れ、思うところがあるので書く。一般的には、故意は悪くて過失は悪くないという考え方なんだろう。しかし、世の中には過失では済まされない場合が殆どではないのか。故意には悪意があるのかも知れないが、本人が納得しさえすれば次は起こらない。けれども、うっかりさんを幾ら教育したって [続きを読む]
  • 感情に囚われる
  • それは良くない感情的に書くのも良くないでも少しだけ心静かに過ごしたいだからほっといてくれ時の過ぎゆくのをただ待てばいいのにそのうち何とかなるのに答を今すぐ求めたって決していい結果になんかならないのにだからほっといてくれ今は考えずに眠りたいだけなんだ [続きを読む]
  • 浅間山と鬼押出
  • 「浅間山から 鬼ゃけつ出して鎌でかっ切るような 屁をたれた」信濃追分の一節です。噴火警戒レベル2の浅間山は、現在も山頂付近から噴煙が湧き出しています。撮影 2017.09.24 AM7:30麓付近には「鬼押出」と呼ばれる不思議な光景が広がります。1783年の噴火により流出した溶岩が冷えて固まる際に造りだしたもの。浅間山の鬼が押し出したかのようです。なんでこうなったの?ゴリラが葉っぱを咥えてますね。珍しい「ヒカリゴケ」。 [続きを読む]
  • 兎さんの顔が…
  • 先日の十五夜の月を撮った後、どうしても納得できず撮り直す機会を待っていました。しかし、天候に恵まれずようやく今日です。シャッタースピードと絞りはマニュアルで変えられたのですが、ISOを変更する方法が分からない。自動のままだとISOが最大の12,800になり非常に荒い画像になってしまうのです。なんだかんだと弄った挙句、恥ずかしながら自動を切る設定を見つけました。まあそれなりに撮れました。さてさて、ワタシがもたも [続きを読む]
  • 月に向かって遠吠えよ??
  • カレンダーは十五夜radikoで聴くFMからも今夜は綺麗だと満月は今日じゃないけれど旧暦では今夜なんだね玄関の鍵を開けすぐに2階のベランダへ眼鏡も掛けなくて三脚も無いから?いえいえ、望遠200mmなら拡大してもこんなもの子どもの頃6cmの屈折望遠鏡で覗いたあの時とちっとも変わらずにちゃんと兎さんは餅をついているんだねそう心に浮かんだ2.5秒後に月を眺めているワタシに気がついたNIKON D5300 1/4000 f13 200mm [続きを読む]
  • 続きますが…
  • ブログを始めた頃、お互いに読者登録しててよくコメントをくださる方がいた。初めは気にならなかったのだが、次第に批判が増えてくる。「貴方は間違ってる」「その考え方は◯◯に失礼だ」ワタシは、そのトーンに付いて行けず辟易した。双方が読者登録を解除したのは当然の流れでしょう。他人の書いた文章をどう読むかは読み手側の自由であって、書き手側から強制は出来ない。だから、書き手の意図と異なって受け取られても仕方のな [続きを読む]
  • 阿保
  • 他人に向けてくだらないコメントするそんなエネルギーがあるなら自分の生活向上に費やせや!他人を批判し馬鹿にし上から見下すことにしか貴方の能力は発揮できないのか? [続きを読む]
  • ひとりごと
  • 書きたい話描きたい夢掻きたい頭そんなものがあるようなないような誰かに自分を重ね生きる道標を見出そうとか苦しみを打ち明けて理解して欲しいとかそんな気持ちは更々なくてただ心に溜まった錆を落とすためのツールなのかもリスタートするにはもう少し時間と勇気が必要なんだね [続きを読む]
  • 「自分のブログ読め」
  • そう言われただから退会しようかなそんなつもりで書いてる訳じゃないのに自分を縛るために書く意味なんてどこにもないからね [続きを読む]
  • 生えてきた?
  • ギターに張ってる弦なんだけどね。変な物を見つけちゃったワケ、ほれ、この4弦見てよ。見えるでしょ、ささくれてるでしょ、絡みついてるでしょ、生えてきてるでしょ。ワタシ、指先からサビサビビームが出るから弦がすぐに錆びちゃうのね。エリクサーの弦なら長持ちすると聞いて去年の梅雨の頃かな、ちょっと高いけど張ってみたのよ。結果、一年を越えての超ロングラン。他の一般的な弦と比べて音は良くないんだけどね、張替えの手 [続きを読む]
  • ハッピーセット
  • マクドのハッピーセットはミニオンが付いてくる。うーむ、靴は黒なんだよね。出来ればそこまでちゃんと作って欲しいな。お腹のマークを押すと舌が出てくる。これがかわいい。合成してみましたよ。ところで、呼び方なんやけど近畿二府四県は「マクド」だと信じてたのに、なんや、滋賀県民は「マック」派もおるんやね。意外と狭い範囲だけなんやなあ。この画には「マクドは関西人に迎合しません」という強いメッセージがあるよね。悪 [続きを読む]
  • 箕面大滝
  • 近畿で滝といえばここでしょうか。涼しいかなと一瞬思ったけれどそれ程でもないか…2分割して上のほう。下のほうは滝壺の色がなんともいい。鬱蒼とした樹々と水遊びの子どもたち。こんな普通の景色が美しい。名物の「もみじの天ぷら」やサイダーやらすべてスルーしましてね。ただ見てるだけでいいんです。 [続きを読む]
  • 猪目窓と天井画と風鈴まつり〜正寿院〜
  • 宇治茶で有名な山城地域。宇治田原町は緑茶発祥の地といわれ、特に、玉露は京都の生産量の大半を占めます。正寿院ではこの時期、全国各地の風鈴が一堂に会する風鈴まつりが開催されています。本堂の前には、この様にたくさんの風鈴が下げられています。てるてる坊主だけど風鈴ですね。本堂に御参りします。お茶とお菓子の接待があります。ご本尊様のいらっしゃる本堂には、江戸時代に描かれた「種字曼荼羅」の天井画がありますが、 [続きを読む]
  • 混沌とした心の
  • 全てがどうでもよくなる瞬間。本来ならそれは恐ろしい事なのに、どうでもいい波に飲み込まれる。自分がどこへ向かおうとしているのか、分かってるくせに見ないふりを決め込もうとする。辛い気持ちはない。それが問題なんだよね。 [続きを読む]
  • 倉敷美観地区
  • かつて「天然ボケ」で話題になったこちらを訪れた日は倉敷天領夏祭りが催され大変な人出でした。アイビースクエアの正面じゃない方。蔦が一面を覆うカフェ。倉敷川の南側から。川岸の柳並木が印象的です。船に乗って川から見上げる選択肢も。古い町並みが残されています。ここの白い土蔵は、「なまこ壁」と呼ばれ他ではあまり見られないユニークさです。「くらしき桃子」本店、早生桃のパフェ。メッチャ美味しかった。でも、お値段 [続きを読む]
  • ルルソンキボア
  • 京都北山、結構分かりにくい場所ですが、クララの誕生日のお祝いにこちらへ。かわいいお皿。前菜。好んでは絶対に食べない鳥貝と穴子。枝豆のスープ。夏らしくスッキリ爽やか。メインの米沢牛(だったかな)。乗ってるのは、上はブロッコリーで下はアスパラガスという不思議な野菜。女子が食べたデザート。ワタシはチーズのデザート。真ん中にあるのは山羊のチーズ。クセが半端ない。お店の中で撮る写真は難しいな。色が思ったよう [続きを読む]
  • そうか、逆なのか………
  • あるがままを受け入れるのが清く、正しく、美しい生き方だとずっと信じてきました。「年齢なんてただの数字である」と考えている大人は記憶力が高い一方で、「加齢は運命であり避けることはできない」と考えている大人は記憶力が低く、ストレスに過剰に反応する傾向がありました。今までワタシは、後者こそがストレスを溜めない方法であり楽に生きる術であって、「アンチエイジング」を掲げ老いに逆らうのは自然の摂理に反したただ [続きを読む]
  • 絶命したワタシのiPhone
  • いやね、いつかはこの日が来ると心の片隅では分かってたの。でも、別れは突然に訪れるもの。そう、それが世のことわりなの。なんて湿っぽいハナシではなく、以前相棒だったiPhone5sがついにバッテリーの不具合=心停止に陥りまして。つまり絶命いたしましたのさよ。今思えば、先日の再インストールあれがダメだったのかなあ?老体にはキツイ手術だったかもね。もう少し粘って頑張ってもらって次のiPhone8を買おうと思ってたの。噂 [続きを読む]
  • オーマイガー??
  • 誰もが認める常識だと思ってるのはもしかして日本人だけなのかも…そう考えさせられる記事を読んだ。「4300年前のノアの洪水の時に絶滅した恐竜の展示」などで有名なケンタッキー州の創造説博物館は今年で10周年、来館者数は衰えるどころか上昇中で2007年の開館から合計で300万人を迎えたとのこと。〜「ギズモード」より引用〜「サルから分かれ人間は進化した」これを真っ向から否定し、神が人間を造ったとする創造説を本気で信じ [続きを読む]
  • 胃潰瘍と十二指腸潰瘍
  • 健康診断を受けた。オプションで胃カメラを申し込んだ。鼻からならオエッとならないという知識だけはあったのだが、現実は厳しかった。最初に通りを良くする薬を鼻から入れられた。喉に下りてきたらこれが強烈に苦い。次に麻酔。ドロッと粘度の高い液体を鼻ですする。喉に下りてきた不易糊みたいな薬を飲み込む。最後に口からスプレーで麻酔する。麻酔が効いたおかげで鼻から挿入される時の痛みはない。喉を通る時もオエッとならな [続きを読む]