8toku さん プロフィール

  •  
8tokuさん: 八千代特別支援学校 一人保護者会
ハンドル名8toku さん
ブログタイトル八千代特別支援学校 一人保護者会
ブログURLhttps://yatokupta.exblog.jp/
サイト紹介文八千代特別支援学校の保護者として、コンプライアンスを考えます。  
自由文この4月から、自閉症の息子が八千代特別支援学校に入学しました。子供たちの環境改善をしたいと考え、PTAの理事に立候補して活動しようとしましたが、それもできそうもないので、一人保護者会として、学校のコンプライアンスを考えることにしました。また、インクルーシブ教育  http://ici.co.jp/ronbun.pdf
にも興味があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/05/21 21:05

8toku さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 息子の事を思い、転校を決断しました。
  • 先日の、八千代特別支援学校高等部、主事のいやがらせ事件の後、いまだに、謝罪もありません。朝の時間で、急がなければならない状況の中で、何度も別の時間にしたいと告げているにも関わらず、車の進路妨害をして、”ひき殺すつもりか! 暴力はやめろ!”などと、教員であり、公務員としてあるまじき行為を平気でするような教師、それも主事という肩書のある教師がいる学校に、安心して息子を通わすなど、できないと思... [続きを読む]
  • 昨日の事件のきっかけとは。
  • 昨日の、やくざ事件のきっかけをご説明します。前提として、中学3年間、8時20分頃の登校をしておりました。スクールバスもありますが、息子は、重度の自閉症でバス停等に長時間安全に待っている事が困難なため、車で学校まで送っています。また、仕事の事情などで、概ね8時20分頃の受入をしてもらっていました。同じ学校の高校に進学するにあたって、学校側からは、入学のための面談時に、登校方法の希望... [続きを読む]
  • まるで、ヤクザのような対応!
  • しばらくお休みしていた、ブログを再開せざるを得ないような出来事が本日ありました。教員でありながら、まるでヤクザのような対応です。息子は、中学3年間の学校生活を無事終え、この4月から、同校の高等部に進級しました。本日の事件のきっかけは、朝の登校時間です。これに関しては、必要に応じて別途、ご説明することとします。本日、息子を車で学校まで送ると、担任ではない教員が2人出てきました。登... [続きを読む]
  • 準虐待が止まりません。その2
  • 準虐待がとまりませんの、続きです。教師が、なぜ準虐待をしてしまうのか。また、どうすれば、しなくなるのかを考えていきます。まず、なぜ、準虐待をしてしまうのか。もちろん、悪意をもって虐待するような事象に関しては、犯罪であり、非常に少数の例外とします。善意でありながら、結果として生徒に過度のストレスを与えてしまう、こういうケースは、必ずしも少なくありません。その根本には、学校の教師はとても真面目... [続きを読む]
  • 準虐待が止まりません。
  • これだけ、いろいろとアクションをとっても、準虐待が、止まりません。昨日、学校から連絡があり、息子が昼食をほとんど食べられない状況になったとのことです。詳細は、分かりませんが、新しい取組みをし始めていて、教室に入るのを嫌がったりしたそうです。息子は、食欲はある方で、風邪や体調が悪い時をのぞき、食欲がないというのは、ほとんどありません。週末、一緒に過ごすときや、放課後等デイサービスにては、ほと... [続きを読む]
  • お粗末な校長の対応
  • 本日の朝、息子を学校に送っていった際に、校長から声をかけられました。先日の校長および現場の教諭を交えた会議を、ドタキャンしたことを、謝罪していました。またその後のフォローも特になかったことなど、自ら恥ずかしいとのことでした。この点において、社会人のマナーとしても問題あると思いますが、もっと重大なのは、前回の投稿で説明させて頂いたように、準虐待と言えるレベルの事象が起こっていながら、未然に防止... [続きを読む]
  • 八千代特別支援学校での準虐待について
  •  八千代特別支援学校にて、準虐待がありましたので、報告いたします。まず、ここで準虐待ですが、虐待に準ずる行為のことで、虐待する側が、意図がなくとも、相手側に虐待に相当するダメージがあった場合準虐待と定義しています。 4月22日に、息子の龍が、けいれん発作を起こしました。息子は、重度の自閉症であり、てんかんなどのけいれんを起こす可能性はありましたが、少なくとも、この4月22日までは、発作... [続きを読む]
  • 過去の記事 …