桜田 史弥 さん プロフィール

  •  
桜田 史弥さん: 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
ハンドル名桜田 史弥 さん
ブログタイトル歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
ブログURLhttps://ameblo.jp/zokukokon/
サイト紹介文日本や世界のメディアや個人ブログなどから抽出した歴史関連記事や歴史サイトへのリンク集です。
自由文ニュースサイトはリンクが切れるのが早いです。新発見のニュースは「歴史タイムス」 http://rekisitimes.blog.fc2.com/
で御覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3989回 / 365日(平均76.5回/週) - 参加 2015/05/23 14:52

桜田 史弥 さんのブログ記事

  • 20171211-11
  • 「民衆」から内戦史読み解く 日文研で歴史学者4人講演京都新聞京都市西京区の国際日本文化研究センターの古代から近代までの歴史学者4人が「日本史の戦乱と民衆」と題して講演し、民衆を主語に日本の内戦史を読み解いた。 日本古代史が専門の倉本一宏教授は、「日本の歴史において最大の敗戦」とみる「白村江の戦い」(663年)を取り上げた。「日本霊異記」や「日本書紀」の記述を ... 明治大学の歴史』刊行記念講演会・シン [続きを読む]
  • 20171211-10
  • 神社仏閣めぐりの旅>『100余年の歴史を誇る 憧れの「奈良ホテル」に宿泊 京都・奈良必見の美仏拝観の ...クラブツーリズム弊社ホテルランクS 「奈良ホテル」館内ガイドツアーにご案内□□□ 奈良ホテルの歴史を物語る、各国の要人を迎えた調度品の数々が残る 奈良ホテルの館内をホテルスタッフのガイドで見学します。 □□□京都・奈良必見の美仏□□□ <京都> 法金剛院「稀有な四臂の像」重文・十一面観音像 橋寺放生院「極彩 [続きを読む]
  • 20171211-9
  • 非暴力主義の思想から生まれた「ホテル・カリフォルニア」AERA dot.12月はロックの歴史にとって大きな節目となる出来事がたくさんあった。そのなかで音楽ライターの大友博さんは、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」を取り上げる。 * * * このコラムの中心テーマは、いわゆる“This Day in Rock Music”。ロック史を振り返り、アップ日前後に起きたことや世に出た作品を、なるべく直近の ... 岩村歴史資料館と共通入場券だ [続きを読む]
  • 20171211-8
  • 読む!BSジャパンBSジャパンBSジャパン 火曜ドラマ池波正太郎時代劇 光と影12月12日(火)夜8時〜8時54分放送第6話「断金の友」必見!...金属をも断ち切るほどの堅い友情の物語主演・望月歩からコメント… 入館100万人達成 伊東 /静岡毎日新聞東海館は昭和初期の建築様式をそのまま残す木造3階建ての旧温泉旅館。1928(昭和3)年に開業し、97年に閉館したが、温泉情緒を残す町並みの保存を求める声もあり、所有者が建物 [続きを読む]
  • 20171211-7
  • 陸王 8話の行田駅伝の古墳は何?行田市のロケ地巡礼もおすすめ!ドラマチック!ドラマ!!陸王の8話が放送されました。 今回も熱い回でしたね♪ 8話では行田市民駅伝でチームこはぜ屋が10位以内に入賞す・・・ 長塚古墳 静岡県沼津市東沢田墳丘からの眺め - はてなブログ高尾山古墳の見学後、北西に700mの距離にある前方後円墳・長塚古墳を訪ねた。 緩く南に下る傾斜地に、長軸を東西方向に向けて築かれている。 道路沿いに説明 [続きを読む]
  • 20171211-6
  • のんびり夕散歩@古墳公園livedoor Blog後ろに見えるお山は古墳。 あっ、ここは、さきたま古墳公園。 公園内にいくつか古墳があって後ろの古墳はてっぺんに登れるんだよ♪. 5. どうする〜?って言ってみたけど結局、落ち葉ポイントで暫く遊んで奥の方へお散歩に♪ 奥の広場でも、それぞれ写真撮ったりロングリードで遊んでみたりしながらやっぱり登りたい!ってコト .. 高尾山古墳(辻畑古墳) 静岡県沼津市東熊堂・西熊堂墳丘から [続きを読む]
  • 20171211-5
  • 『琉球古典音楽 安冨祖流の研究』 演奏様式の特性明らかに琉球新報著者はまず琉球古典音楽の系譜をまとめるとともに、「野村風」「安冨祖風」と呼ばれていた会派がいつ頃から、どのようにして流派を成立させていったのかという歴史的分岐点を当時の新聞資料等を駆使して明らかにしている。琉球古典音楽に関する先行研究と文献を精査した上で自らの疑問を解くべく研究に取りかかっている。 「不思議な感覚になった最終回を見てほし [続きを読む]
  • 20171211-4
  • 万人受けする表現に懐疑をもち続けたひとりの絵師レイバーネット日本去る11月下旬、東京・江古田にあるギャラリー古藤でひとつの展覧会が開かれた。題して「万人受けはあやしい――時代を戯画いた絵師 貝原浩」。この特異な画伯は、58歳の誕生日を前にして亡くなった(1947〜2005)。その仕事としては、チェルノブイリ原発事故の風下になったベラルーシの村々を何度も訪れては、村の風景 ... 契約金2千万円が実は300万円。 GG佐藤 [続きを読む]
  • 20171211-3
  • 進次郎氏が角栄と重ねて見られるのは政治状況が似ているからかニフティニュース角栄研究で知られる政治評論家の小林吉弥氏がいう。 「角さんの政治家としての能力が桁違いだったのは、現在の進次郎と同じ4回生くらいまでの若手時代にダム法、道路法、港湾法、河川法や高速道路法、新幹線整備法、そして国土総合開発法など、日本の高度成長を支えたインフラ整備の基礎となる法律を議員立法で1人 ... 高橋一生、菅田将暉…『おんな城 [続きを読む]
  • 20171211-2
  • 大正村で時代ロマン感じて 映画「はいからさんが通る」コラボ中日新聞アニメ映画「はいからさんが通る」と連携したキャンペーンが、大正時代の建物や街並みが残る日本大正村(恵那市明智町)で繰り広げられている。合言葉は「大正ロマンできゅん」。ファンらが主人公さながらの矢がすりはかまに身を包み、作品と同じ時代の雰囲気を楽しんでいる。 キャンペーンの目玉は作品の原画展(二十四日 ... 日中間の緊張緩和 共感する話題多 [続きを読む]
  • 20171211-1
  • 藤枝市の菩提山“謎の遺構” 現地案内会静岡古城研究会 Webのろしそれで来る12月23日(土・祝日)に、活性化につ ながるようなものかどうか検証したいとのことで、私が現地案内をすることになりました。この機会に関心のある方にも是非見ていただきたく、当日のご参加をご案内いたします。 以下の日程で現地説明会を行いますので、会員・非会員に係らず、ご希望の方は下記よりお申し込み ... 歴史チップス第194号歴史味関連地図 空 [続きを読む]
  • 20171210-15
  • 朝鮮戦争で孤児を保護した元トルコ兵死去、91歳 大ヒット映画のモデルAFPBB News朝鮮戦争で孤児を保護した元トルコ兵死去、91歳 大ヒット. 朝鮮戦争の戦没者が眠る韓国ソウルの国立墓地(2016年6月6日撮影、資料写真)。(c)AFP/JUNG YEON-JE. 【12月10日 AFP】朝鮮戦争(Korean War)にトルコから兵士として派遣され、米アカデミー賞(Academy Awards)外国語映画賞の今年のトルコからの出品 ... 「御楼門」復元 島津家ゆかり、湧 [続きを読む]
  • 20171210-14
  • 小杉武久の全貌に迫る『小杉武久 音楽のピクニック』展 高橋悠治も登壇CINRA.NET(シンラドットネット)記録写真やチラシ、ポスター、プログラムなど1950年代から現在までの300点を超えるアーカイブ資料と、これまでに発表されてきたオーディオビジュアル作品を紹介している。 12月23日には高橋悠治と川崎弘二によるトークイベント、1月13日には小杉武久と藤本由紀夫の対談を実施するほか、会期中には小杉作品の無料上映 ... 藤枝 [続きを読む]
  • 20171210-13
  • 嘉陽宮邸跡 / 賀陽宮邸跡 (京都御苑内)フォートラベル烏丸通り沿いの出水口から御苑に入り、白雲神社の南側原っぱの中ほどに木の案内板と石碑がある。 案内板によると、元々は女院の御所であっ場所。 その一部を嘉陽宮家が居宅として使用していた。 建物はまったく残... 嘉陽宮邸跡 / 賀陽宮邸跡 (京都御苑内)(今出川・北大路・北野)についてkazekozoさんのクチコミです。 吉崎御坊跡ふくいドットコム500年の伝統が息づく国指定史 [続きを読む]
  • 20171210-12
  • 尹奉吉と平和、考える 日韓共同で 金沢 /富山毎日新聞遺体は同市の野田山墓地の一般人が往来する通路に埋められたが、戦後、発掘され祖国に遺骨が帰った。韓国では独立の英雄とされ、野田山墓地には記念碑も建てられている。 学術会議は死後85年を機に、反戦平和を願った尹の精神を継承しようと、韓国独立紀念館や立命館大コリア研究センターなどが共催。8人の研究 ... 北海道埋蔵文化財センター研修厚沢部文化財日誌2017年12 [続きを読む]
  • 20171210-11
  • 天草コレジヨ館 河浦町まちづくり 「歴史・文化モデルコース散策」天草Webの駅12月9日. 河浦町まちづくり 「歴史・文化モデルコース散策」の方々が見学にいらっしゃいました. コレジヨ館がスタートで、アルメイダ上陸地、河内浦城後、安養寺などの南蛮文化をテーマにした散策だそうです. 南蛮文化ツアー. 熱心に質問されている方もいらっしゃいました. お疲れさまでした! 2017年12月10日更新 ... 小学生がガイド、保護者ら10 [続きを読む]
  • 20171210-10
  • 三内丸山遺跡だよameblo.jp三内丸山遺跡だよ. NEW!2017-12-09 22:09:00. テーマ:: ブログ. 三内丸山遺跡にきたよ。 まずはピクニック . たくさん勉強するよ。 すごいねー。 さぶちゃんもここに住みたいよ。 さぶちゃん . #三内丸山遺跡#ピクニック#青森#ダイヤモンドプリンセス. AD ... ネリネとチロリアンランプ そして 加茂岩倉遺跡花と遊んで 日が暮れて午前中は晴れていたのに雨となりました。天気予報通りです。雨の午後の花 [続きを読む]
  • 20171210-9
  • きしわだ自然資料館 「アンモナイトがいっぱい」展 日本は多彩な化石の宝庫 /大阪毎日新聞大阪と和歌山を隔てる和泉山脈から四国まで伸びる地層「和泉層群」には、アンモナイトが生息していた白亜紀末期などの地層も含まれる。和泉山脈からは直径約20センチの「ゴードリセラス・イズミエンゼ」と呼ばれるアンモナイトや多くの化石が発見されたという。渡辺専門員は「日本で多くのアンモナイトの化石が発掘されて ... 横倒しの [続きを読む]
  • 20171210-8
  • 北条氏100年の絆 ゆかりの資料600点 小田原城天守閣で24日まで /神奈川毎日新聞天守閣の担当者は「これは北条氏一族・主従の『絆』があったからこそできた誇るべきこと」と話す。 甲斐の武田軍への守りの最前線だった八王子城は4代・氏政の弟、氏照の居城だった。氏照の館だった「御主殿」跡からは、16世紀にイタリアのベネチアで作られたレースガラス瓶が出土した。入手ルートは謎に包まれているが、 ... 明石中央児 [続きを読む]
  • 20171210-7
  • シュトーレンにパネトーネ!ヨーロッパ伝統菓子でXmasを満喫ウオーカープラス一方の「パンドーロ」は、18世紀頃にベローナで生まれた発酵菓子。「パンドーロ」はイタリア語で“黄金のパン”を意味し、その名の通り黄金色の生地が特徴だ。卵黄とバターをたっぷり用いて作られる生地は、驚くほどふわっふわ!日本で発酵種を作ると、気候の影響を受けて風味が変わってしまうため、ドンクでは年に一度 ... 留学糧に、アポなし説得決行 [続きを読む]
  • 20171210-6
  • 覚書184 市川寅五郎と「死節之墓」①livedoor Blog「チッ」っと、思わず舌打ちが出ました。「死節之墓」の左側面に名前が刻まれている市川寅五郎さんの名前を「榎本軍F丸まとめ名簿」でチェックした時に。情報量が極端に少ないのです。 2つの史料に名前が見られますが「寅」字の表記が微妙に違います。「蝦夷事情乗風日誌」 ヒュースケンの墓(光林寺・港区南麻布)。Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPAN前回はヒュースケンの暗殺現場を [続きを読む]
  • 20171210-5
  • 近世大坂の住まい−町家と蔵屋敷いちょうネット −大阪市生涯学習情報提供システム分野, 歴史・民族・国際 歴史・民族・国際 歴史・民族・国際. タイトル, 『大阪の歴史再発見』「近世大坂の住まい−町家と蔵屋敷」. 内容, 大同生命の起源である加島屋は、江戸時代には鴻池と並ぶ豪商でした。現在その商家の佇まいは残っていませんが、伝えられる図面などから当時の暮らしぶりを窺うことができます。また、土佐 ... 邦楽闇の歴史。 [続きを読む]
  • 20171210-4
  • 平成29年度『大阪の歴史再発見』「近世大坂の住まいー町家と蔵屋敷」大阪市平成29年度『大阪の歴史再発見』「近世大坂の住まいー町家と蔵屋敷」講演会・見学会の参加者を募集します. 2017年12月10日. ページ番号:412852. 大阪市教育委員会では、大阪市域の文化財により深く親しんでいただくために、毎年「大阪の歴史再発見」と題した講演会・見学会を開催しています。大阪の歴史と文化財を、 ... 歴史・文化・ロケ地をめぐる信濃 [続きを読む]
  • 20171210-3
  • 古文書講座ー越後文書宝翰集を読み解くー前編・後編新潟県立歴史博物館古文書講座ー越後文書宝翰集を読み解くー前編・後編(1月20日、27日). 2017年12月09日. 講師 : 前嶋敏(当館研究員). 新潟県立歴史博物館の所蔵する古文書群「越後文書宝翰集」は、中世の新潟県を知るうえでの最重要資料のひとつです。この文書群は全部で44巻722通あり、大きく18群に分類されますが、今年は ... 韓国人「台湾の故郷博物院で認識する韓国の歴 [続きを読む]
  • 20171210-2
  • 南アフリカ・ワイン:その魅力に迫る5つのキーワードForbes JAPAN歴史:民主化により品質が向上した ブドウ栽培の歴史は長い。かつては、国営企業によりワインの生産・販売が統括されていた。大量生産が基本で、品質は必ずしも良くなかった。1994年のアパルトヘイト廃止後、ブドウ栽培やワイン作りも、新たな局面を迎えた。外国からの需要が戻り、新たなワイナリーが次々と生まれ、品質と ... ボランティアの会20年 貴重な歴史 [続きを読む]