桜田 史弥 さん プロフィール

  •  
桜田 史弥さん: 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
ハンドル名桜田 史弥 さん
ブログタイトル歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク
ブログURLhttps://ameblo.jp/zokukokon/
サイト紹介文日本や世界のメディアや個人ブログなどから抽出した歴史関連記事や歴史サイトへのリンク集です。
自由文ニュースサイトはリンクが切れるのが早いのでお早めに御覧ください。新発見のニュースは「歴史タイムス」に別掲しています→  http://rekisitimes.blog.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3442回 / 365日(平均66.0回/週) - 参加 2015/05/23 14:52

桜田 史弥 さんのブログ記事

  • 20181014-8
  • 熊本城、しっくい鮮やかに ドローンで撮影中日新聞 (風刺記事)熊本地震から2年半を控えた13日、共同通信は被災した熊本城(熊本市)の天守閣を小型無人機「ドローン」を使って撮影した。高さ約30メートルの大天守(地上6 ... 幽玄の舞 観客を魅了 島原城薪能47NEWS島原の秋の風物詩「島原城薪能」(同振興会主催)が13日夜、長崎県島原市城内1丁目の島原城天守閣前で上演され、幻想的な光に照らされた舞台で、笑いを ... [続きを読む]
  • 20181014-7
  • 「遠藤姓」を名乗る二人の在日コリアンの、数奇な出会い現代ビジネス在日コリアンが使用する通名で比較的多いのは「金田」や「金本」、「高山」「新井」だろうか。1939年に大日本帝国朝鮮総督府が敷いた創氏改名で本籍地を朝鮮と ... 『昭和の怪物 七つの謎』=保阪正康・著毎日新聞中国東北部を日本の植民地とする政策をリードした人物だ。その中国侵略が大日本帝国の崩壊につながった以上、昭和史を語る上で欠かせない。著者もか [続きを読む]
  • 20181014-6
  • 90年前の写真!りそな銀行枚方支店開設90周年記念式典で大阪本社ビルへ潜入【ひらつー広告】枚方つーしん (プレスリリース) (ブログ)この90年という長い歴史においては、「ニューヨーク事件」や「巨額の公的資金注入」と行ったまさに存続の危機に瀕した時代もございましたが、お客さまに支えられ . 鉄道歴史パーク in SAIJO、ミニSL・ミニ乗車会「芝くるり」開催へレイルラボ愛媛県西条市の伊予西条駅前に所在する「鉄道歴史パーク [続きを読む]
  • 20181014-5
  • お遍路の歴史学んだよ 総本山善通寺 世界遺産登録へ 児童対象の授業47NEWS香川県善通寺市の四国霊場75番札所・総本山善通寺(菅智潤法主)で12日、地元の小学生を対象にした見学授業が開かれた。児童たちは四国遍路の世界遺産 ... 「痛みに耐えて、よく頑張った。感動した!」(13年2月〜6月)産経ニュース3日、文部科学省は14年度から使われる教科書の検定結果を発表し、自虐史観からの脱却を目指す「つくる会」のメン [続きを読む]
  • 20181014-4
  • 今年も豪華絢爛に開催! 『戦国IXA』8周年記念イベント“同盟の陣”リポートファミ通.com壁上部には武将の巨大なタペストリーが飾られ、イラストを配したパネルや屏風など、フォトスポットも充実。開場からイベントスタートまでのあいだに、そうした演出 ... 戦国武将の傷も癒やした伝説の湯を楽しむ 究極の癒しの温泉宿エキサイト大自然の中で心身共に癒やしてくれる宿信州にある大自然の中で、大正12年から訪れるゲストを温泉と [続きを読む]
  • 20181014-3
  • 『淡路島竹灯籠〜晩秋から初冬のあかり2018〜』淡路市 洲本市KissPRESS会場では、摩耶ごぼう茶のふるまいや地場野菜の販売も行われる。17日には播磨灘に沈む夕日の景観が美しい淡路市五斗長地区の五斗長垣内遺跡で「竹灯籠 ... 三遊亭円楽、歌丸師匠に呼ばれたと思った「ふざけんな、このじじい!」サンケイスポーツそして、毎年恒例の人間ドックで、十二指腸に良性の腺腫が見つかり、検査入院で、ステージIの肺がんが発見された [続きを読む]
  • 20181014-2
  • 東本願寺 渉成園で「京都デニム展」 インテリアの新提案も烏丸経済新聞東本願寺の別邸、渉成園で10月13日、「京都デニム展」が始まった。 着物に使われる技法をデニムに取り入れた京都デニムの展示。展開してきたジーンズや ... 三重)村山記念館35周年の特別展始まる朝日新聞社この日から特別展「龍平翁が収集した茶席を彩る中国のやきもの」が始まった。 式典で、辻村修一町長が「町の小中学生は、龍平翁の文武両道の教えを引 [続きを読む]
  • 20181014-1
  • 川喜田半泥子を育てた豪商の名品展 香雪美術館で開幕朝日新聞江戸期の豪商が収集した茶道具などを展示する「川喜田半泥子(かわきたはんでいし)を育てた名品 石水(せきすい)博物館の茶道具」(香雪〈こうせつ〉美術館、 .. ウィスット・ポンニミットの「Smile」展が六本木ヒルズで開催Fashionsnap.comタイ出身の漫画家ウィスット・ポンニミット(Wisut Ponnimit)による作品展「Smile」が、六本木ヒルズA/Dギャラリーで開催され [続きを読む]
  • 20181013-12
  • 日本酒の歴史・文化を紹介する展覧会=兵庫県姫路市〔地域〕時事通信会場内には、同県有形民俗文化財のたる造り道具や江戸時代の絵師、歌川広重による錦絵、赤穂義士の大石内蔵助による飲酒のおきてが記された杯など、貴重 . 殿様気分で景色を堪能 月見櫓が公開 /岡山毎日新聞毎年、文化財保護強調週間に合わせて11月上旬に公開していたが、今年は例年より期間を拡大した。千葉県木更津市から来た公務員の田中明子さん(24) [続きを読む]
  • 20181013-11
  • 文字資料が伝える古代甲斐国山梨日日新聞文字資料が伝える古代甲斐国. 2018年10月12日 18時26分. 木簡や漆紙文書、墨書土器を見学する関係者=笛吹・県立博物館. 写真画像を拡大する. 甲州市の ... 50年前の調査票発見 生活苦、平和への声生々と毎日新聞その時に集まった169人分の調査票のうち153人分を、刊行委の中心メンバーだった鎌田定夫さん(故人)の自宅で資料を整理していた森口さんが9月までに確認 ... 戦中・戦 [続きを読む]
  • 20181013-10
  • (平成テレビ史)時代映した「スマスマ」朝日新聞平成のテレビ、それはすなわちSMAPのことではなかろうか。 1996年4月15日、彼らの冠番組「SMAP×SMAP」、通称「スマスマ」がフジ系でスタートした。 星野源×高橋一生×高畑充希の痛快時代劇「引っ越し大名!」19年8月30日公開決定エイガドットコム (プレスリリース) (ブログ)映画.com ニュース]「超高速!参勤交代」シリーズの脚本を手がけた土橋章宏氏の時代 [続きを読む]
  • 20181013-9
  • 東京:列車や60年代の風俗ふんだんに「地方私鉄写真展」ニフティニュース東京・西新宿のリコーイメージングスクエア新宿で、写真展「地方私鉄1960年代の回想」が開かれている。同名の写真集の著者、風間克美さん(74)が撮影した ... 入場者1万人 糸魚川の博物館 /新潟毎日新聞糸魚川市の石の博物館「フォッサマグナミュージアム」で開かれている「宝石の国」展(9月8日〜10月28日)の入場者が12日、1万人を達 [続きを読む]
  • 20181013-8
  • 『オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展』レポート 日本かぶれのフランス人画家が挑んだ「視神経 ...http://spice.eplus.jp/2018年12月17日まで、東京・六本木の国立新美術館で『オルセー美術館特別企画 ピエール・ボナール展』が開催されている。9月26日に開幕した本展は、19 ... 特別展『京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ』レポート “慶派スーパースター”の名品が一堂に集結!http://spice.eplus.jp/東京・上野の東 [続きを読む]
  • 20181013-7
  • ユネスコ遺産「佐原の大祭」の太鼓など燃える 千葉テレビ朝日佐原囃子」で有名な佐原の大祭は300年の歴史がある祭りで、おととしにユネスコの無形文化遺産に登録されました。香取市によりますと、祭りは12日朝から、 ... 錦繍の世界遺産 高野山を僧侶が案内する『高野山 伽藍ナイトツアー』催行PR TIMES (プレスリリース)錦繍の世界遺産 高野山を僧侶が案内する『高野山 伽藍ナイトツアー』催行. 〜 この地で修行し、生活する僧 [続きを読む]
  • 20181013-6
  • 獅子王写し刀 東京見参読売新聞竹田城最後の城主、赤松広秀が徳川家康の命で切腹した後は徳川家に移り、今は国重要文化財として東京国立博物館が所蔵する。地元有志らが写し刀を ... 県の文化や観光を発信 - 知事ら渡仏、出演/パリで日本博 21日から「おん祭・お渡り式」奈良新聞... 民俗文化財)の「お渡り式」などを披露すると発表した。荒井正吾知事や県議3人らも渡仏。おん祭のお渡り式に出演するなどして県の観光プロモーショ [続きを読む]
  • 20181013-5
  • 彫刻、壁画を特別公開 長念寺で14日までカナロコ(神奈川新聞)川崎市多摩区登戸の長念寺の市指定文化財の特別公開が12日に始まり、多くの市民らが虹梁(こうりょう)に施された見事な彫刻や壁画、ふすま絵などに見入っ ... 【昭和初期家族邸宅忠実復元】旧前田家本邸洋館(東京都目黒区) 10月27日にリニューアルオープン日刊建設通信新聞昭和初期の華族の邸宅をそのままとどめ、2013年には国の重要文化財(建造物)に指 [続きを読む]
  • 20181013-4
  • 仁徳天皇陵、空から見て 堺市、ヘリや熱気球イベント産経ニュース百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群の世界遺産登録機運を盛り上げようと、堺市では、古墳群の一つ、仁徳天皇陵(大山古墳)の景観をヘリコプターや熱気球で ... 大物右翼結集 皇太子妃内定解消の流れを覆した杉浦重剛の大和魂産経ニュース一連の経緯を、正史である昭和天皇実録はこう記す。 大正9年12月6日《杉浦は去る十一月十八日、久邇宮邸における良子 [続きを読む]
  • 20181013-3
  • 古代から現代まで、歴史学研究の最新成果を楽しく学ぶことができる!西日本新聞歴史の本を読むのはおもしろい。歴史上のさまざまな事件が、いつ、どこで、どのようにして起きたのかという事実を知ることが楽しい。また、時間の流れの中に ... 仏像や神像、10社寺の宝物ずらり 大津市歴史博物館京都新聞大津市内の10社寺などが所蔵する宝物を展示する「神仏のかたち−湖都大津の仏像と神像」(大津市、京都新聞など主催)が、1 [続きを読む]
  • 20181013-2
  • 孫文記念館(神戸市垂水区東舞子町) 中国を変革、生涯尽くす毎日新聞明石海峡大橋のほとりに建つ孫文記念館(神戸市垂水区東舞子町)は、中国革命の父、孫文(1866〜1925年)を顕彰する国内唯一の施設だ。今年は日中平和 ... 明治ノ洋食、堪能アレ 舞鶴鎮守府も愛用の旅館、レストランに 「海軍カレイライス」教本で再現 /京都毎日新聞旧海軍・舞鶴鎮守府の士官らも愛用した舞鶴市浜の旅館「松栄館」の建物が11日、明 [続きを読む]
  • 20181013-1
  • 今熱いのは西部開拓時代?ゴールドラッシュで街作り「Depraved」:SteamASCII.jpつい最近であれば「RED DEAD REDEMPTION」も同時代をテーマとしたオープンワールドゲームだ。今回紹介する「Devraved」も西部開拓時代をモチーフにして ... イケメンの時代は終わった! 私の彼氏は原始人!? 原始時代を味わえる漫画まとめダ・ヴィンチニュース今から何万年も昔。私たち人類がようやく他の動物とは一線を画す存在として活動するようにな [続きを読む]
  • 20181012-15
  • 博多の演劇史、熱気伝える本「大博劇場」経営者ノートもとに出版読売新聞当時から書籍化の話はあったが、資料の裏付けなどに時間がかかり、亡くなってから15年たって出版にこぎつけた。地方の演劇史をまとめた本は珍しいという。 愛知教育大学附属図書館、同館所蔵資料の蔵書印が「蔵書印データベース」カレントアウェアネス・ポータル - 国立国会図書館愛知教育大学附属図書館が、2018年10月9日から10月22日にかけて、同館所蔵 [続きを読む]
  • 20181012-14
  • 新天皇即位日は祝日、GWは10連休に 式典委員会方針朝日新聞来春の天皇陛下の退位と皇太子さまの新天皇即位の準備を進めるため、政府は12日午前の閣議で、安倍晋三首相が委員長を務める「式典委員会」の設置を ... (平成と天皇)第8部・外国訪問:下 逆風の訪中、陛下の願い 直前に語った民主主義asahi.com言論の自由は民主主義社会の原則であります」。1992年10月15日。中国訪問の出発を8日後に控えた記者会見で [続きを読む]
  • 20181012-13
  • 阿智の満蒙開拓平和記念館、来館者15万人突破信濃毎日新聞満蒙(まんもう)開拓平和記念館(阿智村)の来館者が11日、15万人に達した。同館は2013年4月に開館し、当初想定の年5千人を大幅に上回る3万人近くが ... 仙台文学館で「ガラスの仮面」40周年記念展 原画など250点、「白目」コーナーも仙台経済新聞2016年に連載40周年を迎えた演劇漫画「ガラスの仮面」の企画展が10月6日、仙台文学館(仙台市青葉区北根2、TEL [続きを読む]
  • 20181012-12
  • 難民5千人救助の「エーゲ海の英雄」が死去、ギリシャ全土に弔意ロイターメディアでは、「エーゲ海の英雄」、「難民の守護天使」などと呼ばれていた。 ギリシャ全土で哀悼の意が表明され、クーベリス海洋相は、「(パパドプロス氏は)欧州 ... 言われてみれば確かに・・・日本人は「宋の時代より後の中国人」を尊敬しないらしい=中国メディアニフティニュースだが、中国人としては日本で広く知られ、尊敬を集める中国人の大半が「 [続きを読む]
  • 20181012-11
  • 名古屋城炎上 悲しかった 語り継ぐ戦争朝日新聞1941(昭和16)年12月の開戦は4歳だった。真珠湾奇襲成功で、名古屋でもちょうちん行列があった。もう勝ったような雰囲気だった。父は子どものころの親友が ... 府内城と日本庭園 光の競演 大分城址公園で21日まで大分合同新聞大分市の大分城址公園で、府内城仮想天守のイルミネーションと日本庭園のライトアップが競演している。大分市の秋の風物詩「第3回おおいた食 [続きを読む]