刺客の大原 さん プロフィール

  •  
刺客の大原さん: 刺客の大原
ハンドル名刺客の大原 さん
ブログタイトル刺客の大原
ブログURLhttps://ameblo.jp/flame0077/
サイト紹介文「本気になれなかった」人の資格取得 ・・・とか言いつつ 日々適当にふざけた事を書いてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/05/23 18:52

刺客の大原 さんのブログ記事

  • 今年の一次試験と俺
  •  今年の中小企業診断士 一次試験の難易度の印象ですが、 7科目全体としては例年に無くかなり易しい年。こんな年はそうは無いと思います。 平成最後だから特別出血大サービスしてくれたのかもしれない。  ただ私の場合、去年一次試験を合格していたので今年はこのまま二次試験を受けられるということもあって、なかなかモチベーションが上がらず、また、ここ2,3年は、科目によってめちゃくちゃ難しい科目も多かったので、  「 [続きを読む]
  • 試験を終えて
  • 私にとってもはや真夏の行事と化した中小企業診断士一次試験毎回思うのだけれど、7科目目の中小企業政策は30分は時間が余る。この時間、他の科目に回したいよ疲れた。ということもなく、まだあと3科目くらい受けられそうだわ。↑試験会場の敷地内にあった仏像。たぶん天上天下唯我独尊俺もそんな自信が欲しいわ [続きを読む]
  • 明日なのに
  • 中小企業診断士の試験勉強、、まっっったくしませんでした。。あーしかも何で全7科目で申し込んだかね?受かる気がしない奈良判定ならぬ刺客の大原判定とかしてくれないかな?あと、女子は一律10点減点してくれないかな?それとLGBTは生産性無いから10点減点してくれないかな?あー泣きたいしかしだこれから新たに憶えるわけじゃないんだ、去年、一昨年とかに憶えた内容を再度思い出すと考えれば、残り数時間での逆転勝利は可能か [続きを読む]
  • 二週間前から勉強するヤツ
  • 「よし、ゴールデンウイークから勉強しよう」と思っていたら遊んでしまい。。。 「受験票が届いてから勉強しよう」と思っていて、受験票が届いたら 「いや、これは見なかったことにしよう」と現実逃避してしまい 気が付いたら中小企業診断士一次試験まで二週間・・・ やはりこれは紛れも無く中小企業診断士一次試験の受験票だよ試験会場はまた大正大学。 過去を悔いても時間は戻らないので、今日から、今度こそ本当に今日から勉 [続きを読む]
  • P7-C1カスタマイズ⑮ 補助光にスポットライトを当てる回
  •  物置の会社のCMでこんなフレーズがある  「100人乗っても、だいじょ〜ぶっ!!」  よくよく考えてみると、そんなユーザーニーズがあるだろうか? 物置って、どのくらい物が入るのかかとか、カギを開けられて盗難に遭わないだろうか? とか心配するのではないだろうか?  「もしかして、留守中に誰かがうちの物置の上に乗ってやしないだろうか? 」  そんなことを心配するユーザーがいるだろうか?  また、悪意を持った外部者の [続きを読む]
  • P7-C1カスタマイズ⑭ LEDテープの光を拡散する
  •  そろそろ中小企業診断士の試験勉強を始めねば・・・と思っています  またまたアメブロから「「資格・検定」と無関係な記事書いてると、この世から消すぞ!」という脅しのメッセージが来たので一時的に参加ジャンル変えようか、それともそろそろ本当に「「資格・検定」書くので、暫く誤魔化して進行しようか考えてます。  さて、中小企業診断士の「運営管理」の中で勉強しなければならないのが、店舗運営に欠かせない「照明」に [続きを読む]
  • P7-C1カスタマイズ⑬ RGB LEDテープの基礎知識
  •  「WiNDy MT-PRO 1100」のほうは新しい部品入手待ち状態なので、その間「P7-C1」のカスタマイズの記事を書こうと思います。今回は最近よく自作PCの装飾に用いられる「LEDテープ」に関して、初心者向けに詳しく書くことにします。 LEDテープには、赤や青、白といった固定の単色で光るタイプの他、光の色を変えられるRGBカラーのタイプもあります。↑ RGB LEDテープの例  単色のLEDテープはプラスとマイナスの2本のケーブルに電 [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑰ 一旦インオペ
  •  伝説の名機「WiNDy MT-PRO 1100」 およそ20年前に作られた、日本製の自作PC用ケース  廃棄寸前のこのアルミのケースを、現代風に作り直してきた 知識、腕力、経験、技術そして信じ抜く精神力を駆使する。それが「自作」PC これはまさに「企業再生」にも通じると「技」と言えるだろう これは「コンサルティング」の訓練と言っていいだろう(笑)  新しい試みを行えば新しい課題に直面し、そしてそれが誰もやらない試みならば [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑯ 12Vを獲る方法
  •  今回のWiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズはパソコンから「12V」を取得する方法について書きます。 起動テストでは↑中央の「LED付き電源スイッチ」が機能しませんでしたので、端子の結線をし直しました。 このプッシュスイッチは裏側に12Vのプラスとマイナス、その他に3つの端子が付いています。プラスとマイナスは印が付いていて間違うことは無いのですが、その他の3つの端子のうち、2つの端子を選びマザーボード上の「Power SW [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑮ 爆光モード
  •  前回の記事で、上部背面部に設けた「謎のスイッチ」について解説します。これは「爆光モード」のスイッチになります。 スイッチを入れると左側面上部が激しく光ります。 何のために光らせるのか? それは・・・・  「気分が高まるから!!」  です。(笑)  ユニコーンガンダムの「デストロイモード」みたいなものでしょうか。 CPUが早くなるとか、ファンの回転が速くなるとか、そういう機能的なものは一切無いです。  使用し [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑭ やる気スイッチ
  •  もう6月。 そろそろ中小企業診断士一次試験の勉強はじめなきゃいけないんだけど・・・ 「やる気スイッチ、ボクのはどこにあるんだろう・・・」  今日はWiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズで取り付けた「スイッチ」の写真を載せます 詳しい説明はせずに進めたいと思います まずはフロントパネル上部に5個 ↑制作途中の写真なので3つしか取り付けてませんが。。 中央が電源スイッチ。直径16mmの穴を電動ドリルとリーマーで仕 [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑫ CPU8Pin & 起動テスト
  •  今回のWiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズは、CPU専用8Pinケーブルの接続と、電源投入テストです。 大変な時間と作業を続けても、最終的に電源入れたら「ドッカーン」とか爆発したらショック大きすぎるので、このままいけそうかどうか試しておきます。 こういうのは「情報システム」的には何テストっていうんでしたっけ? まぁいいや。  このPCは増設した下段に電源ユニットを置き、そして電源ユニットからのATX24Pinと、延長ス [続きを読む]
  • 試験申込み と 最近のニュース について
  •  中小企業診断士 二次試験! 今年は絶対に合格してみせる! 「絶対に」 といいつつ、来年を見込んで一次試験を念のためもう一度受験しておく俺。  リスクマネジメントですよ、リスクマネジメント。念のため念のため。 ●オリックスの元プロ野球選手  ・昨日の昼ごろのニュースで、プロ野球オリックスの元選手が公然わいせつの疑いで逮捕されたというニュースが出た。 普通なら名前が出るのに、なんで名前を報道しないんだ?  [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑪ フロントUSB&サウンド
  •  このPCは外観だけでも早く完成させて、インスタデビューさせたいのだが。。 細か〜い部分まで拘る「職人気質」がそれを許さないというジレンマに陥っています(笑)  さて今回はフロントUSB&サウンドコネクタの取り付けです というか、トップパネルの前方に取り付けたのですけどね こんな感じのパーツをネットで購入。USB3.0のケーブルが「フラットケーブル」になっていて取り回しが楽チンっぽいのが気に入りました。 これを [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑩ 戦わなければ生き残れない!
  •  タンスの引き出しなどに使われる「取っ手」のパーツを通販で15本購入。 亜鉛合金製で、裏側の穴と穴の中央の間隔は160mm。穴の直径はM4つまり4mmネジ。 どうやら家具用の取っ手には穴の間隔で規格があるらしく、128mmとか160mmというのはわりとメジャーらしい。  で、これは端から端までの全長は188mmあるので、今回の自作PCの横幅に近いサイズなのです。 ということで、↑こんなふうにフロントパネルのファンの前に取り付け [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑨ フロント&トップファンアダプター
  •  制作途中のWiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ 元のWiNDy MT-PRO 1100はこんな感じでした(笑) 元々5インチベイが4段ありましたが、このうち最上段が「各種スイッチ類」のスペースとして使い、残り3段分のスペースには120mmファンを取り付けます。(ケース内側から撮った写真↑) 5インチベイの幅は約150mmですので、自作の「アダプター」を使い固定することにします。 30mm×15mmのL字アルミチャネルをこのようにカット。  また [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑧ 吹き抜け
  •  水冷はめんどくさい。やっぱり空冷がベストですよ。時々覗いて水を継ぎ足す。。なんてやってられません。 さて、今回のMT-PRO 1100 カスタマイズはエアーフローについてです。 最下部の設置したファンから元のケースの中へ抜ける「エアダクトパネル」を自作します。 1mm厚のアルミ板とコの字の10mm角棒で↑このような物を作ります。赤い丸いヤツは3インチのスピーカーグリルをヌジ留めしています。 設置する位置は5インチのB [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑦ ラッピングシート貼り
  •  このシリーズはここまでずーっと地味な写真ばかりでしたので、そろそろ「色」をつけていきたいと思います。 今回はケースのボディに「ラッピングシート」を貼っていく過程の紹介です。 使用したものは「マットメタリック レッド」のカーラッピング用のシート。リンク の152mm×50mmと100mm×50mmを1枚づつ購入。 普段のデジカメだとこの写真のように、ただの「赤」のベタにしか映らないのですが、本来の色加減は違うのです。 [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑥ 電源&3.5インチHDD格納部
  •  ブログの更新が滞っていましたが、そろそろひと段落しつつありますのでこまめに更新していこうと思います。  さて、今回のWiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズは電源&3.5インチHDD格納部についてです。 電源は元のケースの電源収納部から、増設した最下部へ設置する構造としました。 さらに、元々ケースの5インチベイの下に付いていた3.5インチベイの収納部のパーツを留めてあったアルミリベットを電動ドリルで破壊して取り外しま [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ⑤ RGB空冷ファン
  •  私の部屋は最近ずっと散らかっています。理由はこの自作パソコンがなかなか完成しないからです。 「生産管理」的な用語で例えると「個別生産」型なのですが、「ドリルを使ったり塗装等をする部屋」、「通電して動作確認する部屋」、「ホコリが少なくて床が広い部屋」へ持ち運んで作業するということを繰り返しています。 これは中小企業診断士試験の運用管理ではどのような分類の生産方式なんだろうか? などとふと気になり本 [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ④ 新・前面板と底板を作る
  •  剛力とZOZOのニュースはビジネスの匂いがプンプンする。 あれはZOZOの社長が「ZOZOスーツ」のプロモーションのために剛力を半年くらいの契約で買ったんだと思う。 オスカーに大金積んで、わざとテレビ局の収録終わりにハデな車で迎えに来て、いかにも「撮ってください」という感じでスクープさせて、、写真週刊誌と芸能ニュースを使って世間の注目を集めようと考えたビジネスだろう。 つまり、付き合っているフリして実は付き [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ③ 120mm排気ファン対応と電源部移動
  •  最近全然ブログ更新できなくて・・・またまた久々です。 最近のPCケースと旧式のPCケースの大きな違いのひとつに「ファンの大きさ」が挙げられるかと思います。 元々の「WiNDy MT-PRO 1100」の背面は80mmファン用になっているため、ここの金属をバッサリとカットします。 この背面部の板はアルミじゃなくてステンレスなので硬そうで悩みましたが・・赤い線の位置からノコを入れて切り離しました  そして120mmファンがケース [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ② アルミを丸くカットする
  •  今回のWiNDy MT-PRO 1100のカスタマイズはアルミの切断がうまく出来るかどうかがカギ ↑まだ制作途中の写真  電動ドリルと手ノコの他に特別な工具を持っていない私にとっては難関である 特に今回は「中心部に大きな丸い穴を開ける」という作業が多い  そこで色々と調べていたところ、アマゾンで「ニブリングツール」というものを見つけたアルミ板なら1.5mm厚まで切断可能らしい文房具の紙用パンチのような仕組み、あるいはツ [続きを読む]
  • WiNDy MT-PRO 1100 カスタマイズ① 20年の時を超えて
  •  WiNDy MT-PRO 1100 約20年前に発売された自作PC用フルアルミケースの名機だ当時、星野金属=WiNDyの超高級ケースとして知られ自作ユーザーにとっては憧れのケースだった。そのWiNDyが初期に発売したものがこの「MT-PRO 1100」で、その後これをベースとしたさまざまなバージョンが発売された。 ちなみに私は星野金属のケースを3台続けて購入している。 しかし、この「MT-PRO 1100」はあまりにも古いため捨てるつもりでいたのだ [続きを読む]