つきいろ さん プロフィール

  •  
つきいろさん: 彼とカヲリの庭の関係
ハンドル名つきいろ さん
ブログタイトル彼とカヲリの庭の関係
ブログURLhttp://tukiiro24.exblog.jp/
サイト紹介文北海道での薔薇の栽培記録、庭の薔薇や植物達の奏でる庭風景の紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/05/24 13:05

つきいろ さんのブログ記事

  • Iro toridori
  • 色とりどりの紅葉 iPhone7にて撮影紅葉は赤だけになる樹木や黄だけになる植物、そしてその両方に色付く樹木と有る秋になると日照時間が短くなり気温が低くなる事で植物が休眠するための準備として紅葉が行われるが緑色のクロロフィルが... [続きを読む]
  • Louise Odier 前編
  • かなり久しぶりになったが今日は2017年薔薇の一番花の紹介今日の品種はルイーズ・オディエ一番花の時期は撮影枚数が異常なので選んで編集するまでに多くの時間を必要とするルイーズ・オディエは32枚まで絞った、今日は6月15日から21日までの16枚を紹介しようと思う(そのわりに同じような写真ばかりじゃないかとか言わないでください(汗) 同じような写真を大量に撮影しているのです。(笑))では... [続きを読む]
  • Louise Odier 前編
  • かなり久しぶりになったが今日は2017年薔薇の一番花の紹介今日の品種はルイーズ・オディエ一番花の時期は撮影枚数が異常なので選んで編集するまでに多くの時間を必要とするルイーズ・オディエは32枚まで絞った、今日は6月15日から21日までの16枚を紹介しようと思う(そのわりに同じような写真ばかりじゃないかとか言わないでください(汗) 同じような写真を大量に撮影しているのです。(笑))では... [続きを読む]
  • セクシーな庭? 冬への準備 
  • 今日は10月15日の庭の紹介今日は晴れ時々曇り最高気温12℃最低気温8℃厚着して薔薇の葉むしりを行った写真はアーチ右側のアッシュウェンズデー、レディオブシャーロットなどが葉むしりを終えている状態参考までに先週の庭風景最後に黒点病で葉を落とすかとちょっとだけ期待したが少し黒点病にはなっているものの結局フルで葉が付いたままだった・・って何を期待していたんだか(笑)下の画像はマダムイサー... [続きを読む]
  • 美しい実生苗の開花(バラの実生苗4)
  • バラの実生苗第四話目、もう寒くなってきて木々は紅葉している今実生苗は成長が止まっている、今回は9月に開花した実生苗の紹介先日はシャリファ似の実生苗を紹介したが今回はまたその次に開花した実生苗それはマダムイサークプレールの子これは仕切りを付けていたのでイサークの子だと判るのだが1つしか発芽してない(9月17日)この株は春からこの9月まで蕾を上げてなかったと思ったが秋になって養分が溜まった... [続きを読む]
  • 新しく迎えた宿根草と宿根アスターの蘂(10月8日の庭)
  • 10月8日すっかり秋の北海道、木々は紅葉を始めているとくに代わり映えしないが庭の様子今年は7月〜9月初旬まで薬剤散布に精を出したおかげで黒点病は今になって少し出てきたくらいうどん粉はバロンから始まり少しずつ伝染っているがもうシーズンオフなので全く気にならない9月中は少し迷ったが雨が多く第一週目の散布で最後にした今年は7月初旬の異常気象と鉄砲虫をシーズンに二度見た事から殺菌剤だけで... [続きを読む]
  • シャリファ似?(バラの実生苗3)
  • 今日は実生苗記事の続きです今回で第三回目先回激弱りだったバラの実生その中の生き残った5株(8月10日)虚弱期を脱してグンと成長が増してきたこれまでにも小さな蕾が付いたがそれはすぐに摘蕾、そろそろちょっとやそっとじゃ枯れなくなってきた雨風で1株横向きになったが根がしっかりしてきているのでそんなのへっちゃら(8月15日)横倒しになった写真の四日後には株元からシュートが出てきた... [続きを読む]
  • 秋にバロンが一輪
  • 秋の日にBaron Girod de L'Ainが一輪だけ開花した秋の最中に咲くバロンは深い紫色外側は少し掠れたような色合いだが中心はベルベットのような深い色合い花弁の先には白い縁どりランダムに切れ込みが入った独特の花弁の先漂う優しい... [続きを読む]
  • そして父になる(バラの実生苗2)
  • 10月1日の実生苗の記事の続きです実生苗の記事は何か変化の有る時に撮影していたのでスマホと一眼の画像が混ざっています5月6日頃発芽した苗が6月29日蕾が付き始めるちなみにこの間の記事で最後紹介したのは6月11日一番花の開花シーズンなので上から花弁が落ちてきている実生苗を育ててみるまで分からなかったがセプ子を育てて実生苗って四季咲きだとこんなに早く蕾が付くんだと驚いた今回も四季咲... [続きを読む]
  • 生まれるという事(バラの実生苗1)
  • 秋薔薇は咲き続けるここのところ一気に寒くなってきた暖房が必要になるくらい昔は見つけると嬉しかった雪虫を今年初めて見て冬が来ると思いゾッとしてしまった画像はアップし忘れた返り咲きしたルイーズオディエとロシアンセージ植物の種を蒔き発芽するのは新しく命が生まれるという事薔薇の実生の場合は親株と同じ花が咲く事は少ない、一度芽吹けばオリジナルの薔薇で有る可能性が高いのだ我が家の唯一の薔薇の実生... [続きを読む]
  • 摂氏15℃の境界線
  • もう10月長期予報では9月10月は暖かいと言われていたがなんのその寒い(笑)日中20度を切る日が多くなりこの間は最低気温が一桁になると言われていた朝晩は震えるほど寒くとうとう来るんだ、と冬がすぐそこまで迫っている事を思うただ日中はそこそこ暖かく秋薔薇の開花は続く写真は今日の庭からウィリアムモリス相当な数の花が日差しや雨で駄目になったがやっと綺麗な開花も見られるようになってきたシ... [続きを読む]
  • 10日目には白い小花を
  • 記事を毎日更新して十日目今日は白い小花のクレマチスセンニンソウの紹介仙人草は日本にも自生するクレマチスだがフラミュラ系に分類される一季咲きの強剪定タイプツルが残らなくてスッキリして良いがこのツルを全て処分するのは結構重労働だったりする。汗この頃はまだ満開ではないが開花が揃ってきた頃少しクリームがかったシベ、純白の花弁(萼)は2cmくらいそうそうクレマチスもキンポウゲ科の植物庭にはキンポ... [続きを読む]
  • 久々に衝撃の癌腫病
  • 平穏な庭に久々に衝撃が走った理由はコレ↓(何かのフンではありません。)バラ栽培の大敵と言えば鉄砲虫による害、そしてもう一つ癌腫病先日気分良く庭仕事をしていると鉢植えの土の上に土?いや堆肥??あ!!こ、これは。。。癌腫?大汗(鹿沼土が大量に見えるのは土の乾き具合を見るために敷いているだけ)まあモロに地表に出ているのでポリ袋の上で土を崩すことにした今年植え替えたばかりでもう少... [続きを読む]
  • ベロの手 9月24日の庭
  • 9月24日の庭風景薔薇は咲いては終わり宿根草の秋の花々が咲いているが、景観としてはあまり代わり映えしない(笑)秋の宿根草と言えばシュウメイギク昔は大型の物しか無かったが最近は矮性の物が多く出回っている秋明菊は菊と付くがもちろんキク科ではなくキンポウゲ科昨日紹介したレンゲショウマもキンポウゲ科、僕はキンポウゲ科に好みの物が多いこれは昔から有るタイプの大型のシュウメイギクのピンク最近... [続きを読む]
  • 蓮華升麻のその後 
  • 今晩は随分と長いこと雷が続いた稲光が窓から見えたと思ったら雷鳴が轟くつい最近も雷が酷く多かった日が有ったが最近は本当に天候がおかしい大粒の雨は地球の流す涙なのだろうか・・・先日紹介したロサオリエンティスのオルフェオ朝の冷え込みのせいか開き始めから一番花のような深い色合いで咲きだした強い雨が降ったせいか花弁が傷んでいるが良い色合いで咲いていた若干明るい色合いで写って... [続きを読む]
  • 切花品種 Lime
  • 今日はちょっと変わった品種の紹介ライムという薔薇を知っているだろうか、2005年に作出された切花品種皆さんはアルシスローゼスさんという薔薇の販売店をご存知だろうか?どんなショップなのかはネットを見ても詳細は解らないのだがここではオールドイングリッシュの苗を購入する事ができる貴重な業者さんなのだ残念ながら僕の好きなフェアビアンカは無いがとっくに廃盤になった品種が売られていて見ているだ... [続きを読む]
  • オルフェオ 
  • 今日の紹介はロサオリエンティスのオルフェオ実は僕、意外にミーハーだったりして(笑)ミーハーという言葉は取り敢えず首を突っ込んだり、流行りのものにすぐに夢中になったり欲しがったりする昔は女性を軽蔑した言葉だったが今となっては男性にも使われていると言うと僕はミーハーとはちょっと違うかもしれないこのバラをネット上で見たとき、これは凄いインパクトの有るバラだと強烈に印象に残ったバラだった... [続きを読む]
  • セダムの花壇
  • 今日は軒下のデッドスペースに作ったセダムの花壇を紹介しようと思うこれは寒冷地で地植えでも越冬出来るタイプのセダム、全て我が家で一度は極寒の冬を越してきたセダム達。とは言うものの実はまだ紹介する段階には無い(汗)まだ作って間もない事とこの辺一体は来春変更しようと思っている事、このセダム達は夏に配置替えなどを行い落ち着いてない事そしてやはりまだ気に入らないので周辺の変更に伴いこの花壇自体... [続きを読む]
  • プリンセスの見納め
  • 我が家のプリンセス セプタードアイルの秋の開花プリンセス、とは言うもののセプタードアイルはプリンセスの名前ではないデヴィッドよ何故こんな名前に!と言いたくなるような不可解なネーミング(汗)見た目は愛らしいプリンセスのような薔薇なので僕は勝手にプリンセスと呼んでいるが共感してくださる方も結構多いのでは?と勝手に思っている(笑)これは台風の前日に撮影したものいつもながら清らかで美しい開... [続きを読む]
  • ジュビリーパンチ
  • 昨日の記事でジュビリーセレブレーションの咲いた花は台風に備えて全て切り取ったと書いたがそれがこのブーケ殆ど終わりそうな花は入れなかったが写真で見れば小さく見えるがかなりの大きさ、10センチ以上の花を15〜20輪くらい持っている今年は秋にしては少し色は薄めだがとても美しい開花だ房の中で咲いた一輪を切り取った物が殆どなので花首が短くて持ちづらくてしょうがない(笑)まるで手がバラ... [続きを読む]
  • 秋の庭
  • ここ最近記事に使う画像を編集する時間が無かったので実は編集までして保管したまま眠っていた物を使って記事を書いていた(笑)久しぶりに今の庭の紹介をしたいと思う(少し前のも有り)9月17日明日には台風が北海道に上陸するようなのでできる限りのシュートの養生、鉢植えを強風から守るべく風の当たらない場所に移動それと越冬に向けて枝を固める為のシュートのピンチを行ったこれは基本的に蕾の出来ないシュ... [続きを読む]
  • 宿根草を考える
  • 秋になり、宿根草について考えていた始めは空間を埋めるように植栽していた宿根草(もちろん色合わせは考えていたけど)とりあえず色々植栽して景観が出来上がると今度は色が騒がしいと草花は青を基調にしようかと思った入れた宿根草は充実し開花を楽しみにしていると、今度は良い時期に庭に強風が襲うようになったさて次は風に強いものにしようかと思って考える何かが落ち着いたと思ったら何かしら考えが変わったり天候に... [続きを読む]
  • ゼリービーンズ
  • 我が家のジギタリス赤紫色の花実は僕はジギタリスは白だけ育てばそれで良いと思っていた花に入るスポットが苦手だったり紫の方が白よりもずっと強く大きくなるという理由も有った白だけ優遇して赤紫は排除したような形になったそれで紫の花が咲いたら全て種が実る前に摘み取って白の種だけをばら撒いていたと言っても同系統なので交配してしまうのは当たり前の事白が大半なものの紫色も出てくるしかし初夏のある日... [続きを読む]
  • 庭の花木
  • 今回は前回の庭の記事の番外編のようなもの我が家の庭木ノリウツギのバニラフレーズとセイヨウニンジンボクの開花の様子全て前回の庭の記事と一緒にすると写真が多すぎるので分けることにしたまずはノリウツギのバニラフレーズ新枝咲きなので冬には切り詰めてしまうのであまり大きくないが花穂は結構増えた我が家には紫陽花は無いがノリウツギは良いものがあればもう1株くらい有っても良いかも・・という訳で探してし... [続きを読む]
  • 秋の始まり蓮華升麻の花が咲く
  • 本日二投目の記事庭の記事と一緒にしようと思ったが写真が多すぎてしつこい記事になるので別に紹介することにした毎年楽しみにしている蓮華升麻(レンゲショウマ)の開花が進んできたのでご紹介今現在はこんな感じまだ暫く開花が楽しめそうだレンゲショウマはくす玉のような紫色の蕾を付けるこの頃になるとブログで紹介してから多くのブロ友さんがレンゲショウマに興味をもって育てているのを見てうれし... [続きを読む]