ron さん プロフィール

  •  
ronさん: リタイアライフのつぶやき
ハンドル名ron さん
ブログタイトルリタイアライフのつぶやき
ブログURLhttps://ameblo.jp/ron1192ron/
サイト紹介文サラリーマン生活をリタイアし、たんたんと日常生活を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2015/05/24 15:57

ron さんのブログ記事

  • 花壇の花(5月20日分)の追加分です。
  • 前回で報告しきれなかった分の追加です。最初は、ツルニチニチソウです。名前の通りつるを色々な方面に伸ばしながら成長します。黒っぽいクリスマスローズです。うつむき加減がいいですね。まだ咲いていました。次に黄色いです。ヤマブキです。差しぎ八重のヤマブキです。ヤマブキは、実がなりますけど、八重のヤマブキは実がならず挿し木や取り木で増やしていくそうです。セイヨウヤマガラシです。ヨーロッパ原産の帰化植物で種 [続きを読む]
  • 花壇の花(5月20日)
  • 昨日、花壇の花の撮影をしてきました。こっそり他家の花を撮影してきましたが、犬に吠えられて不審者に間違われたかも知れません。旧中の川沿いです。チューリップが見事です。接近します。今の時期は、ライラックとツツジです。まずは、ライラックからです。いまが盛りです。札幌市のライラック祭り(大通会場 )は、5/16〜5/27までの開催です。白い花です。うすい紫です。濃い紫です。続いて、ツツジです。・ツツジは落葉樹です。 [続きを読む]
  • 新緑の「前田森林公園」
  • 新緑の前田森林公園へ行ってきました。天気もよく気持ちがよかったです。今回は、午後から出かけたため日の光が強くなく自然な色だと思います。平日でしたが割と駐車場は混んでいました。最初は、ポプラ並木です。続いてカナールです。水が張られてました。展望ラウンジに向かって撮りました。↓散歩道を歩いて行きます。途中、ハウチワカエデです。暗紅色で花弁は5枚の雄花です。両性花です。トチノキの花はもう少しです。↓ボケ [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」と「富丘西公園」
  • 久々に「稲穂ひだまり公園」と「富丘西公園」へ行ってきました。最初は、「稲穂ひだまり公園」です。カタクリの撮影のために訪れた4月23日以来です。カタクリやエゾエンゴサクが姿を消し代わりに「ヒトリシズカ」です。「ヒトリシズカ」の名前の他に「吉野静」といったそうです。。静御前が吉野山で歌舞をし、その後、静御前のきれいさになぞらえたものだそうです。フタリシズカに対比させています。参考までにフタリシズカです。 [続きを読む]
  • 北海道の桜とヤエザクラの開花
  • 北海道の主な桜は6種類あります。ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、チシマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ(サトザクラ)、カスミザクラです。本(知りたい北海道の木100)より開花がエゾヤマザクラ、次にソメイヨシノから始まり、エゾヤマザクラのピークが4月末で、5月7日頃には、チシマザクラの一部を残して散ってしまいました。それぞれのサクラの特徴は以下のとおりです。ソメイヨシノ↓葉が細長く、幹は灰褐色で皮目は横に並びま [続きを読む]
  • 悩むカラス
  • 朝起きて庭を見ると一羽のカラスがいました。カラスは長い枯れ草を嘴にくわえています。すると、目の前にもう一つ長い枯れ草を見つけました。同じくらいの長さです。するとカラスは、くわえている枯れ草を捨てもう一つの枯れ草をくわえだしました。しかし、捨てたほうが気になるのか今度は、いまくわえている枯れ草をすてました。やはり、最初の枯れ草がよいようです。ところがまたくわえている枯れ草を捨ててとりかえました。そ [続きを読む]
  • 散歩「中の川沿い」新川まで
  • 天気が良かったので健康管理も兼ね中の川沿いを散歩しました。10時出発。気候晴れ。気温10度です。風が強いです。中の川沿いの桜は散っています。新川方面に向かって歩きます。途中、咲いている桜がありました。良寛の一句「散る桜残る桜も散る桜」ではないですが、必ず散ります。チシマザクラのようです。開拓橋まで歩きます。途中の草花と木々です。山野草は、セイヨウタンポポとヒメオドリコソウがピークです。とちらも帰化植 [続きを読む]
  • 花壇(5月上旬)の花
  • 5月の上旬には、どんな花が咲いているいるでしょうか。今回も不審者と間違われないよう気を付けながら他人の家の花を撮ってきました。最初は、やはりスイセンです。↓変わった色もあります。↓そしてチューリップです。↓チューリップといえば、ムスカリです。↓紫色と言えば、オダマキも咲きだしました。↓紫は、ワスレナグサです。花壇というより山野草です。↓紫はやはり、紫モクレンです。綺麗です。↓まだありました。ツルニ [続きを読む]
  • サッポロ「さとらんど」
  • 函館から孫がきましたのでサッポロ「さとらんど」へ行ってきました。場所は、札幌市東区丘珠にあります。モエレ沼公園の傍です。自宅から車で40分くらいです。天気が悪く寒かったです。正式名称は「札幌市農業体験交流施設」で「人と農業や自然とのふれあい」と「都市と農業の共存」をテーマとして田園的な緑地空間と札幌市の都市型農業の支援拠点として設置されたそうです。(Wikipediaより)さとらんどセンターです。↓バター、 [続きを読む]
  • 軽川緑地の桜
  • 今まで手稲地区の桜の名所として旧軽川緑地、中の川緑地の桜を見てきました。今度は軽川緑地です。これで終わりです。軽川緑地は、平成元年に北海道内で初めて桜づつみモデル事業として国に認定されました。軽川沿いにエゾヤマザクラやチシマザクラ等が約300本植えられております。桜づつみ事業は、堤防の強化を図るとともに桜などを植樹して積極的に良好な水辺空間の形成を図ることを目的としています。平成元年度から平成3年度 [続きを読む]
  • 中の川沿いの桜
  • 4月30日、中の川の桜は満開でした。ここも桜づつみモデル事業として桜が植えられています。昭和63年より、国土交通省では、多くの地域において、花と緑豊で人々に親しまれる安全な川づくりを推進するため、「桜づつみモデル事業」をおしすすめてきたようです。全体を見ます。拡大します。手稲山は雪が残っています。満開に近いです。白い花びらです。ピンクです。拡大します。白です。図鑑でしらべますと、エゾヤマザクラの花は [続きを読む]
  • 札幌市手稲地区の桜と星観緑地
  • 4月29日、天気もよかったので桜を見に行ってきました。自分の住んでいる手稲区の桜の名所2ヶ所と星観武緑地です。手稲区の名所は、旧軽川緑地と軽川緑地です。まず最初は、旧軽川緑地です。花見観賞スポットは、下手稲通りより南側でお寺横の旧側溝沿いを、埋め尽くすように満開の桜が咲き誇り、お花見が楽しめます。専修寺の裏側の手稲前田5条9丁目近辺です。見事に咲いていました。続いて、軽川緑地へ行きました。平成元年に北 [続きを読む]
  • ドラマ「モンテクリスト伯」感想
  • 4月19日(木)10:00フジテレビ系で・ディーンフジオカ主演で「モンテクリスト伯」」が放送されていました。復讐劇の名作は、この「モンテクリスト伯」やエミリー・ブロンテ「嵐が丘」があると思います。日本の場合は、復讐というより敵討ち(かたきうち)が有名です。赤穂浪士の討ち入り、曾我兄弟の仇討ち、伊賀越えの仇討ちがあります。菊池 寛 「恩讐の彼方に」も敵討ちの名作です。その点、韓ドラは、復讐劇の宝庫です。「妻の誘 [続きを読む]
  • 散歩「旧中の川沿い」と花壇
  • 久々に旧中の川沿いを散歩しました。途中、他家の花壇の花もこっそり撮影しました。気温10度。天候晴れです。13時出発。旧中の川沿いです。スイセンが綺麗です。モクレンです。↓・モクレンとコブシの違いは、花の向きと葉っぱです。・モクレンは、上を向きますが、コブシは、色々な方向に向きます。プシュキニアです。春の花です。色がいいですね。チオノドクサです。名前はギリシア語のチオン(chion:雪)とドクサ(doxa:輝き・ [続きを読む]
  • 「星置緑地」の早春の花
  • 4月10日にミズバショウ鑑賞のため星置緑地に行きましたがまだ咲いていませんでした。4月24日再び訪れましたら今度は、遅かったようです。上手くいかないものです。そのかわりに早春の花が咲いていました。。看板です。散歩道は、木道です。木道のまわりにミズバショウ群です。開花時期が過ぎたのでしょうか。葉が大きいです。ただ、ミズバショウは綺麗です。こんな感じです。ミズバショウで有名なマクンベツ湿原はミズバショウの [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」と「富丘西公園」
  • 4月23日、「稲穂ひだまり公園」のカタクリの満開を見て、その後、今年初めての「富丘西公園」へ行ってきました。最初は、「稲穂ひだまり公園」です。近づきます。見事です。満開でた。姿がユニークです。天気が良くてよかったです。綺麗な色です。春の妖精です。エゾエンゴサクも咲いています。色が綺麗です。春の妖精です。 ナニワズもまだ咲いています。野鳥がいました。ツグミです。冬鳥です。まだ南下しません。キクザイチゲ [続きを読む]
  • 映画「ドクトルジバゴ」感想
  • 4月4日(水)NHKBSプレミアムで「ドクトルジバゴ」が放映されていました。見た記憶が定かでなかったので見てみました。3時間20分もあり、最初は退屈で見るのをやめようかと思いましたがロシア革命の前夜あたりから面白くなりあっという間に終わってしまいました。実に面白い映画でした。ドクトル・ジバゴ」は、ロシアの作家、ボリス・パステルナークによる同名の小説が原作。ロシア革命の渦中に生きた医者ジバゴを主人公に、ラーラ [続きを読む]
  • 「稲穂ひだまり公園」のカタクリ
  • 4月18日、今年初めて「稲穂ひだまり公園」へいってきました。ここは、カタクリの群生で有名です。看板がありました。4月29日自然観察会のようです。全体はこんな感じです。福寿草です。春の妖精です。春の妖精とは、早春のわずかな間、主に落葉広葉樹林の地面に花を咲かせ、その後、広葉樹の葉が広がるまでの短い期間に、光合成で養分を蓄え、わずか2ケ月で、地上部から消え、後は地下で過ごすため「春の儚いもの」「春の短い命」 [続きを読む]
  • 「マクンベツ湿原(ミズバショウ)
  • 4月17日、天気もよかったのでマクンベツ湿原へミズバショウを見に行ってきました。場所は、北海道石狩市石狩川河口橋周辺河川敷です。札幌方面から来た場合、石狩河口橋の手前の信号を右に曲がります。ミズバショウ用の駐車場は、一つです。車が何台も止まっています。他は遠いです。マクンベツ湿原は、石狩川の最下流の蛇行部に広がる約130ヘクタールの低層湿原で、ハンノキ林とヨシ群落の大きく二つに分かれます。ハンノキ林の [続きを読む]
  • 「青葉中央公園」札幌
  • 北海道新聞でミズバショウが咲いていて見ごろという記事がありましたので「青葉中央公園」へ行ってきました。場所は、札幌市厚別区青葉町5丁目です。自然の地形をそのまま生かして造られた青葉中央公園は、閑静な住宅地に近いところにあり、広さは約8.4haで、公園内には、子供たちに人気の遊具やウォタースライダー、運動場が整備されています。また、野鳥やミズバショウの群生を観察する木道もあり、近隣から多くの人が訪れま [続きを読む]
  • アニメ映画「火垂るの墓」感想
  • 高畑勲監督追悼映画として4月13日「火垂るの墓」がテレビで上映されていました。自宅に野坂昭如著「火垂るの墓」があったので映画を見る前に読みました。短編で30ページくらいです。「昭和20年9月21日に国鉄三宮駅構内で栄養失調のため死んだ浮浪児の清太とその妹節子の死までを独特な文体で描いた短編です。」この作品は、原作者野坂昭如の体験に基づいた小説で最後の解説に以下の事が書かれていました。「妹をもっと可愛がって [続きを読む]
  • 「星置緑地」
  • 毎年の山野草や野鳥の観察地の「富丘西公園」と「星置緑地」へ行ってきました。最初は「富丘西公園」です。ところが駐車場が雪で閉鎖されていました。まだ雪も多いようで断念しました。続いて「星置緑地」へ行きました。ここは、ミズバショウの群生地として有名です。まだ早いようです。全体はこんな感じです。でも所どころ咲いていました。綺麗ですね。ここは、木道が整備されています。ミズバショウを見に来てる方もおります。 [続きを読む]
  • NHK「歴史秘話ヒストリア(蘇我入鹿の棺 大化改新)」感想
  • 4月4日10時25分NHK「歴史秘話ヒストリア(発見 蘇我入鹿の棺 よみがえる大化改新)」が放送されていました。日本の古代史が好きなため非常に興味を持って見ていました。今回は、蘇我氏がテーマです。蘇我氏は稲目、馬子、蝦夷、入鹿と100年続きました。代々大臣(おおおみ)を出していた有力豪族で、後の藤原氏と同様に天皇に娘を嫁がせる(持統天皇等)ことにより天皇家の外戚となっていき権力を握るという方法をとりました。よく [続きを読む]
  • 散歩「中の川沿い」国道5号まで
  • 今年になって初めて「中の川沿い」国道5号まで散歩しました。やっと雪がとけ行けるようになりました。気温5度。天気晴れ。風が強く寒いです。9時30分出発です。手稲山に向かって歩きます。途中、エゾヤマザクラの芽も少しずつ開花にむかっています。看板です。ふきのとうです。雌雄異株です。星形の花冠をもつ雄株と糸状と星形の花冠を持つ雌株に別れます。わかりずらいですが雄株だと思います。こちらは、糸状の花冠がありますの [続きを読む]
  • 「東屯田川遊水地」
  • 今年、初めて訪れました。冬の間は、遊水地は、凍っていますので野鳥はいません。4月にはいると野鳥もくると思っていました。行きますと、車が並んでいます。カメラマンも多いです。看板です。西遊水地です。ここは、木道があります。全体はこんな感じです。池です。画像は小さいです。拡大します。ヒドリガモのオスですね。冬鳥です。拡大します。キンクロハジロのツガイ(両端)とオオバン(中央)です。初めて見たキンクロハジロです [続きを読む]