モンテおやぢ さん プロフィール

  •  
モンテおやぢさん: モンテと時々グルメ
ハンドル名モンテおやぢ さん
ブログタイトルモンテと時々グルメ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/monteoyadi
サイト紹介文モンテディオ山形とチープなグルメを語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/05/24 18:12

モンテおやぢ さんのブログ記事

  • ザキさん引退
  •  昨日、金沢のオフィシャルでザキさんの引退が発表された。 ザキさんと言えば、2011年の夏、J1で不調にあえぐわが軍に期限付きで加入し、すぐさま結果を残し主力に定着。よくぞこんな選手が来てくれたとびっくりしたっけね。そしてその後J2へ降格するも、完全移籍で残ってくれたっけね。ホントに男気を感じたよ。 そして何といっても2014年のPO決勝での値千金のゴールでわれわれをJ1昇格に導いてくれたことが忘れられな [続きを読む]
  • 天皇杯は浦和が優勝〜”ストーブリーグ”本格化へ〜
  •  今日は天皇杯決勝浦和VS仙台が行われ、1−0で浦和が勝利。試合の内容は詳しくわからないが、同じ東北勢、そしてわが軍を準決勝で破った仙台に期待したが一歩及ばずだったようだ。 でも仙台には悪いんだけど、東北勢による天皇杯初制覇が仙台ではなくて少々ほっとした自分がいるんだよね。4年前に東北勢として初の決勝進出を果たしたわが軍としては、初制覇も当然自分たちだと思っている。来年こそはまた決勝の場に立ちたい [続きを読む]
  • 来季の鍵はチームの継続性
  •  昨日から大本営山新で今期を振り返る記事があり、今日は来季の鍵として「継続性」を挙げていた。 核となる選手の移籍や怪我による離脱などでシーズン序盤に布陣や戦術の変更を余儀なくされ、当初目指した戦術は完成に至らなかったが、天皇杯の経験を来季にいかに継続できるかが今後の焦点だとした。 まあそうだと思うけど、記事ではこうも言っている。成熟度の面でJ2上位とは差があった。守りきれず崩しきれない。最後まで戦 [続きを読む]
  • いろいろ思うところがあった天皇杯準決勝
  •  天皇杯仙台戦は久々のダービーということもあってかなりの注目を浴びたが、某掲示板等で話題になっていたのは来季に向けたわが軍の補強ということのようだ。 さらに、某掲示板では天皇杯がユアスタで開催という記事を見るや、やはりうらやましいとの声が出ていた。仙台はユアスタで年間20試合以上を戦っているが、わが軍はまず使うことは無いだろう。 こういう中で、NDスタとユアスタの比較が紹介されていた。 やはりユア [続きを読む]
  • 天皇杯仙台戦の余韻
  •  天皇杯仙台戦から一夜明けて、新聞各紙、ブロガー諸氏の戦評をチェック。 前半いきなり2点を先制され、何点取られるのか不安になる展開も、何とか阪野の2点で拮抗した試合ができたという感じかな。 あとは、仙台はやはりJ1で戦い続けているだけあって、全体的に落ち着いていて、戦術も洗練されていたような感じだった。わが軍が相当に研究されたようだったしね。 しかし返す返すも前半の出来が悔やまれる。アウェーに乗り [続きを読む]
  • 天皇杯仙台戦は2-3〜前半の出来がすべて〜
  •  天皇杯仙台戦は2ー3で敗戦。まずは選手、スタッフ、そして現地まで応援に行ったサポーターの皆さん、お疲れ様でした。今日の試合、久々のダービーということもあって、かなり盛り上がったのではないかな。 そして肝心の試合は前半の出来がすべてだった。とにかくボールをキープできないし、セカンドボールはことごとく回収されるなど、最初は全くいいところがなく、試合感の無さを露呈してしまった。 一方の仙台は激しいプレ [続きを読む]
  • 天皇杯準決勝アウェー仙台戦の展望
  •  天皇杯準決勝アウェー仙台戦が明日に迫った。リーグ戦ではないんで、いつものスポナビでもスタメン予想は無いんだけど、小生個人の思いを込めたスタメンはこういう感じでどうでしょ。     阪野 小林      南(アルヴァロ)  山田  本田  アルヴァロ(南) 三鬼 松本  栗山  熊本     櫛引 ポイントは今季を終えて感じる課題ボランチだ。監督のファーストチョイスは駿だと思うが、アルヴァロ若しく [続きを読む]
  • 新社長に南陽市出身の相田氏が就任〜これは楽しみだ〜
  •  わが軍の新社長に南陽市出身でヴィッセル神戸の戦略室長の相田氏の就任が決まった。今朝の大本営山新で報じられ、今日の臨時株主総会等で就任が決定し、程なくオフィシャルでも発表された。 どんな方かはよくわからず、報道で経歴を見るしかないが、水戸で営業を担い、楽天野球団に転職してここでも営業担当、そしてヴィッセル神戸に出向して強化部等を担当、現在は戦略室長というポジションのようだ。これはなかなな面白い経歴 [続きを読む]
  • PO2回戦はまたまた後半AT劇場〜やっぱり2014年に似てきた〜
  •  今日はPO2回戦が行われ、東京Vが横浜Cから1−0で勝って、来週磐田との決戦に駒を進めることになった。 後半の途中からDAZNで観ていたが、今日も後半ATにドラマが待っていた。残り時間もわずかになりCKのチャンスが巡ってきた東京Vは、満を持してGK上福本がゴール前にあがってきた。そして優平のCKをその上福本がジャストミートのヘディング、相手GKが弾いたところをドウグラス・ヴィエイラがねじ込んで待 [続きを読む]
  • 劇的!磐田がPOに〜J1最終節こんなことがあるんだね〜
  •  今日はJ1の最終節。注目はどのチームがPOを戦うかということだっただろう。今季からJ1とJ2の入れ替えのルールが変わり、J1の17位と18位は自動降格となり、16位はPOでJ2との事実上の入れ替え戦を戦うことになった。 そして今日磐田が16位となり、その相手となるJ2のチームは明日決まることになっている。 しかし、戦前は名古屋が最も厳しい状況で、湘南との直接対決に注目が集まっていた。そして鹿島と [続きを読む]
  • ギシさん引退
  •  今日、ギシさんの引退のニュースを見た。北九州のオフィシャルで発表されたものだ。そして引退を惜しむかのようにそのニュースは様々な媒体で報じられた。 浦和、山形、北九州とキャリアを重ねた訳だが、やはりわが軍でのPO磐田戦、あのヘディングの話題が多かったかな? 確かにインパクトはあったし、あのお陰で昇格した訳だが、プレーはもとより、どんなときでも準備を怠らないところがプロフェッショナルそのものだし、ピ [続きを読む]
  • 今季期限付き移籍加入で成長を遂げた若手5選
  •  サッカーキングの「J2の舞台で飛躍!今季期限付き移籍加入で成長を遂げた若手5選」という記事に、我らが小林が選ばれていた。 その記事によると「ルーキーイヤーから20試合1得点と一定の出場機会は得ていたものの、さらなる成長を求めて山形に加入。主にトップ下を務め、左右のワイドポジションでも出場した。山形での出場3試合目となったロアッソ熊本戦で2得点を記録し、勝利に貢献。第20節の徳島ヴォルティス戦では難しい体 [続きを読む]
  • 石さんが語る天皇杯の魅力〜わが軍優勝の可能性にも言及〜
  •  天皇杯準決勝が近づいてきて、石崎前監督が天皇杯の魅力を語るコラム?を発見。石さん懐かしいと思い読み進むと、なかなか面白い内容だった。http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2018/news/00019731/ 石さんは天皇杯で決勝に2回進んでいるそうで、いずれも相手はG大阪でそのうち1回はもちろん2014年のわが軍でのこと。そしてもう1回は2008年に柏を率いていたときだそうで、いずれも敗退し準優勝だった。 そして、柏はそ [続きを読む]
  • 今日もGKの話〜ユースの大友選手がトップに昇格〜
  •  昨日はGKによるゴールについて書いたところ、今日はユースの大友竜輔選手がトップに昇格するという発表があった。オフィシャルによると、大友選手は秋田出身とのこと。まさに摂津と同じ道を歩んでいるんだね。https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2018/n-00009186/ GKというポジションはよほどのことがないと交代が無いため、トップに昇格しても出場機会を得るのは相当難しい。現に摂津がそうだしね。しかし将来のわが [続きを読む]
  • GKのゴールへのわが軍の関わり具合が高い
  •  土曜日のJ1清水対神戸の試合は異例な展開となった。まずは後半ATが18分ということ、怪我人・退場者が多かったということ、ウェリントンによる乱闘?騒ぎ等々、ホントに異例尽くしで相当話題になっていた。 小生もDAZNで観てみたが、事の発端は異様に長いAT、そして荒っぽいプレーでもファールを取らないという主審に問題があったと思うね。ケガ等でプレーがストップしていた時間が長いとはいえ、このATは異様だ。 [続きを読む]
  • PO1回戦は東京Vが勝利
  •  今日はPO1回戦の大宮vs東京Vが行われ、0−1で東京Vが勝利し横浜Cとの2回戦に駒を進めた。 東京Vは優平と陵平という元モンテがスタメンに名を連ね、そして優平のFKから先制し、そのまま逃げ切ったという試合だった。あとでDAZNで観てみようと思っているけど、まずは元モンテが活躍していることが嬉しいよね。そして次の相手横浜Cには瀬沼、田代がいるし、これも見ごたえがありそうだ。 わが軍が2014年にPOを勝ち抜い [続きを読む]
  • 「ブルイズ!モンテディオ 2018リーグ総括SP」を見た
  •  今日、ブルイズの特番「ブルイズ!モンテディオ 2018リーグ総括SP」があったので、当然見ましたよ。内容は様々あったけど、大きく2点について感想を述べてみたい。 一つは守備陣の再構築だ。開幕戦のアウェー水戸戦では加賀、ホンタクがいない中で3失点といいところなく敗戦し、その後も連敗はしなかったものの失点が続く状況。ここで木山監督は守備陣の再構築に踏み切ったという。 その後、加賀が復帰し、試合に出ていたと [続きを読む]
  • 史上稀に見る大混戦〜J2を振り返る〜
  •  今季のJ2は最終戦まで自動昇格が決まらないという大混戦であったが。このことを振り返る「史上稀に見る大混戦…今シーズンのJ2を5つのポイントで振り返る」という記事を見つけた。https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20181122/866835.html?cx_cat=page1 まず優勝した松本の勝ち点は77で、22チーム制となった2012年以降で最も低い数字になり、過去5年間は2位ですら勝ち点80以上だったが今季は1チームもこの数字 [続きを読む]
  • ブラジル人3人が契約満了〜なんだそれ〜
  •  今日のオフィシャルでブラジル人3人の契約満了が発表された。明日のサンクスイベントに参加して帰国するという。 まず、この3人は天皇杯に出ないと言ったことになるわけだけど、これって戦略的にどうなんだろうね。 あとは何よりも、この3人がコメントもなく、ひっそりと去っていくのがなんとも寂しいし、なんか申し訳ない気持ちになった。 ジャイロは見知らぬ国に来て大けがを負ってどんなに不安だったことだろう。フェリ [続きを読む]
  • 天皇杯準々決勝は鹿島が勝利〜準決勝の日程が変更に〜
  •  今日、天皇杯準々決勝の残り試合、鹿島vs甲府が行われ、鹿島が1−0で勝利。これで天皇杯準決勝の日程が変更され、12月5日(水)19時KOとなった。 しかしこの日程変更は小生的には痛すぎる。というか、仕事の都合で現地には行けないことが確定してしまった。鹿島には悪いけど、こういう個人的な事情から甲府のジャイキリに期待していたんだけどね。ちなみに鹿島の1点は土居聖真くんのゴール、これを聞くと仕方ないかな [続きを読む]
  • 大本営山新が今季を振り返る〜目立った勝負弱さ〜
  •  今朝の大本営山新では「今季の戦いを振り返る」という記事があった。http://yamagata-np.jp/news/201811/20/kj_2018112000410.php 題して「目立った勝負弱さ」だとさ。 試合終盤の失点など試合運びの悪さが目立ち、引き分けは昨年に続いてJ2リーグ最多タイの14をなったと指摘。 とにかくチームとしての形が無かったことが残念だ。栗山が言うように松本や町田はどんなチームからもしっかり点を取ることができるんだよね。 [続きを読む]
  • 今季を土台にするためには主力の残留が必須だ
  •  リーグ戦が終わって、某掲示板などでは来季に向けた体制について様々な書き込みが目立ってきた。監督の続投は決まったので、あとは補強ポイントということになるが、今季を土台にするためには主力の残留にこそ力を入れるべきだろう。 まずは今季の攻撃の核となった小林と南、三鬼、そしてDFの核に成長した栗山など、今季の終盤戦にスタメンだった選手や交代の切り札だった汰木には残ってもらわないといけないね。 あとはブラ [続きを読む]
  • 第42節ホーム大分戦の余韻〜昨日の光景を目に焼き付けよう〜
  •  最終戦となる第42節ホーム大分戦から一夜明けて、新聞各紙、ブロガー諸氏の戦評をチェック。新聞各紙は昇格を決めた大分の話題が中心。あたりまえだけどね。そしてわが軍としては、最後もドローだったという結果に「やっぱり」感のあるコメント、そして今季はまだ天皇杯が残っているし、松ちゃんとともに決勝に行きたいという声が多かった。 昨日の試合で気になったのはわが軍は足元へのパスが多いのか、大分と比べて全体的に [続きを読む]
  • 最終戦第42節ホーム大分戦は1-1〜最後まで山形らしい〜
  •  今季最終戦となる第42節ホーム大分戦は1−1のドロー。内容もパッとせず結果もドローというまさに「山形らしい」、今季を象徴するゲームだった。 そして昇格を決めた大分には心からおめでとうと言いたい。かつては代表選手を輩出し、J1での実績も十分だが、J3への降格を経験し、そして這い上がってきたチーム。昇格を決めてさぞかし喜んでいることだろうね。目の前で昇格を決められて正直悔しいし、うらやましいし、複雑な [続きを読む]
  • 松ちゃんが契約満了〜天皇杯決勝で花道を〜
  •  今日、オフィシャルで松岡の契約満了が発表された。今季は怪我に泣かされほとんど出番がなかったこともあって覚悟はしていたが、それが現実となると何とも寂しいものだ。 とてもサッカー選手だとは思えないキャラ(ごめんなさい)でチームやサポーターを盛り上げる才覚は素晴らしいの一言。年明けのキックオフイベントはほとんど松ちゃんの仕切りだったしね。 そしてその人間性に魅かれた方も多いのではないか。チームとサポー [続きを読む]