Ryou Taguma さん プロフィール

  •  
Ryou Tagumaさん: 整足研究家の想い
ハンドル名Ryou Taguma さん
ブログタイトル整足研究家の想い
ブログURLhttp://nb9671041.hatenablog.com/
サイト紹介文私達のご案内につきましては、当ブログに書いております。 皆様、よろしくお願い申し上げます。
自由文もっと分かりやすく言えば、100人がいれば、100通りの経験と人生があります。

私達は当ホームページで、皆様に伝いたいことや私達の想いを書いております。

皆様、よろしくお願い申し上げます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/05/24 22:07

Ryou Taguma さんのブログ記事

  • 低体温と不妊症
  • 偏った食習慣や運動不足などで血流が悪くなっていると、体は危機感を感じ、命を守るために、まず心臓や内臓に血液を優先的に送ろうとします。その結果、命にあまり関係のない手足は血が後回しになってしまうのです。これが冷え性の始まりなのです。それがさらに進行すると、子供を作るための機能は、あなたの命よりも後回しになり、前立腺や子宮までも冷たくなります。このように手足だけでなく、体の全体が冷えている状態を、低 [続きを読む]
  • 包茎
  • 赤ちゃんと哺乳動物は包茎です、例えば、動物の世界はは生きるか死ぬか世界です、分かりやすく言えば、無防備時の性交為中に、別の動物に喰われる可能性が高いのです、分かりやすく言えば、陰茎は敏感でどうしても早漏であるのが必要があったのです。もっと分かりやすく言えば、包茎の生き物達は子孫を残す事が大事なので、陰茎を守ってるのです、理由は大切なパートナーの人生を大切にしてるからです。剥き出しの陰茎は性交 [続きを読む]
  • 性交
  • 性行為は相手の人生を大切にする行為だと思います、分かりやすく言えば、本来の性行為は子供を作ることです、もっと分かりやすく言えば、私達の子孫を残すことです。性行為は遊びを考える方が多いです、性行為は遊びではなく、パートナーの人生を大切にする行為です。ヤリチンとヤリマンはパートナーの人生を大切にしない方です、性行為好きの方は自分だけが気持ち良ければ良い考え方、分かりやすく言えば、結婚相手がいるのに [続きを読む]
  • 水分補給と酸性
  • 酸性の水を日常的に飲むことは健康のためにはお勧めができません。しかし、弱酸性の水を飲むと体の内臓が綺麗になります。また、人の肌は弱酸性なので、弱酸性の水で顔を洗ったり、化粧水として使うと綺麗になります。 [続きを読む]
  • 水分補給と夜
  • 寝る前にきちんと水分を補い、体内の水分量を満たしておきましょう。夜中にトイレに起きるのが面倒だから水を飲まない人も多いと思いますが水分補給の方が優先されるべきです。酸性に傾いた体内を睡眠中にアルカリ性に戻してあげることができます。温度は負担がかからない常温が適切です。また、睡眠中に失った水分を補給する、目覚めの1杯も大切です。全身にくまなく水分が行き渡ることで、体内も目を覚ましてくれます。起き抜け [続きを読む]
  • 水分補給と朝
  • 朝起きたときの私たちの体は、寝ている間に皮膚や呼吸を通して水分を失い、水分不足に陥っている状態です。血液中のミネラル濃度も高くなっているため、朝一番の水分補給は重要なのです [続きを読む]
  • 飲料や料理よって水
  • 私達は水をそのまま飲むだけでなく、お茶やコーヒーをいれる時や、料理をつくる時にも水を利用しています。飲料や料理にとって水は欠かせない存在であるだけでなく、どのような水を使うかによって飲料や料理の味わいを左右する場合もあります。料理に用いる水の役割には、加熱・冷却をする、調味料の味をしみこませる、だし、茶、コーヒーなどの有効成分を抽出する、などさまざまな働きがあります [続きを読む]
  • 地域による水の性質
  • 水のミネラル成分は、雨水や雪解け水が大地にしみこみ川となって流れていく過程で、周囲の地層などの成分が少しずつ溶け込んだものです。地域によって硬度に大きな差があるのは、大地を形成している物質が地域によって違い、水の滞留時間が異なるからだと考えられています。例えば、ヨーロッパなどに多く見られる石灰質の地層では、カルシウムを多く含む密度が高い地層を地下水が時間をかけて通り抜けます。地表の川の水も広い欧米 [続きを読む]
  • 水分補給とダイエット
  • 水をしっかり飲むと、のどは潤います。しかし、限度を超えて水を飲むと、どんなに水を飲んでも渇きが収まらなくなります。そうすると、また水を飲みすぎてしまいます。また、摂りすぎた水を外に出そうと、体内でムダなエネルギーを使うことになります。それが、水分補給ダイエットなのです。 [続きを読む]
  • 水分補給と血液
  • 水分補給をすれば、栄養分を体内の隅々に補給し、身体に吸収することができます。食べ物は水を媒介にして体内で吸収しやすい栄養素になり、全身を巡る血液に取り込まれ、体中の組織に運ばれます。その血液の元になっているのが水です。 [続きを読む]
  • 水分補給と体温
  • 気温が大きく変化しても生き物は一定の体温を保つことができるのは、身体に水が多く含まれているためです。また、暑いときは体内の水分を汗として出し、汗の蒸発により皮膚は熱を奪われ、体温の上昇を防ぎます。熱が出ると、医者からたっぷり水分をとるように言われるのは、汗が蒸発するときに身体の熱を奪い、体温を下げる効果とともに、発熱によって失われた水分の補給のためです。 [続きを読む]
  • 水分補給と温度
  • おいしく飲むために大事なポイントは温度です。できるだけ冷たい方がおいしいと思われがちですが、あまり冷たすぎるとおいしいという感覚が鈍ります。味覚は人により違いがあり、自分に適した温度を見つけることは必要です。それと、熱中症には気をつけましょう。 [続きを読む]
  • 植物と生き物
  • 植物の栄養源は水と二酸化炭素です、水と二酸化炭素で栄養をつくるとき、いらなくなった酸素を出すようになっています。植物は緑色をしています。これは、植物の体の中に緑色の葉緑体というものがふくまれているからです。葉緑体は栄養を作ります。根からすい上げた水と、空気中の二酸化炭素を使い、太陽の光のエネルギーを利用してでんぷんや糖をつくるのです。これを光合成といいます。葉緑体の中で、水は酸素と水素に分解されま [続きを読む]
  • 熱中症になりました。
  • 熱中症の症状は吐き気、頻尿、ふらつきです。病院で、お金かかったのは7110円です。したがって、予防法を考えないといけないなと思いました。先生にきいたら、予防は塩水を飲むことが大事と言われました。ですが塩あめでもいいと言われました。まずは、体力作りですね。 [続きを読む]
  • 作業所A型
  • 就労支援A型事業とは 就労支援A型事業所と正式に雇用契約を結び、働きながら専門能力を向上し、一般企業への就職を目指します。分かりやすく言えば、最低賃金で専門知識を学べる障害者の専門学校みたいなところです。 [続きを読む]
  • 独自の整体法
  • 皆様、こんにちは私の整体法は、変わった整体法です。始めに心と体のカウンセリングをします。それから独自の整体法を行います。独自の整体法は、 リフレクソロジー、ケイケツ、セルライトケア、マッスルセラピー、アーチセラピーです。その五つの施術を合わせると、ほとんどの方が心の歪みから体の歪みまで整えることができます。歪みを整える事が出来ない場合は、スポーツシューズセラピーを行います。スポーツシューズセラピー [続きを読む]
  • フットマッスルケア
  • フットマッスルケアを受けた事はありますか?フットマッスルケアとは、 足裏の筋肉を指で刺激をしながら土踏まずを整えます。フットマッスルケアを受けると、姿勢が整えることが出来ます。その理由は、土踏まずを整えると足の指が使えることができます。足の指が使えなければ、心の歪みや体の歪みになりやすいのです。従って、フットマッスルケアを受ければ、姿勢が良くなり体が楽になります。体が楽になれば、心の歪みも整えるこ [続きを読む]
  • 幸せの言葉
  • 幸せの言葉とは、思いやりや感謝の言葉です。思いやりや感謝の言葉を言うと、相手に良い心が生まれます。良い心が生まれた場合は、攻撃的な言葉が少なくなります。本当の幸せな言葉は思いやりと感謝の言葉なのです。皆様は思いやりの心で、相手の事を感謝をしてますか。 [続きを読む]
  • 今の時代はガイドヘルパーが必要
  • 皆様、こんにちは。今の時代は、ガイドヘルパーになる方達が少なくなっています。その理由は、ガイドヘルパーは必要性ないと考えているからです。ですが、私は、必要性があります。障害者は、仲間なんですから。皆様がサポートをすることによって、お互いに良い世界が出来ます。助け合いの世界がなくなると、お互いに悪い世界になります。 [続きを読む]
  • 障害者サポーター
  • 皆様、こんにちは障害者サポーターはガイドヘルパーの事です。ガイドヘルパーとは、障害者の移動支援です。ガイドヘルパーの勉強は、 障害者の疾病と障害者の心理、移動介護の基礎知識です。移動支援をすることによって、無料でお出かけが出来ます。従って、快適な人生を贈ることが出来ます。お互いにメリットです。 [続きを読む]
  • 体力をつきにくい体で散歩
  • 2キロぐらい、散歩してるのに体力が下がって行ってる。僕の体は、体力がつきにくい体だからな。したがって、頑張って体力をつけないと。分かりやすく言えば、生きる貯金ですからね。皆様も散歩しませんか? [続きを読む]