mint-lavblue さん プロフィール

  •  
mint-lavblueさん: 独学者のための色彩検定1級 参考ノート
ハンドル名mint-lavblue さん
ブログタイトル独学者のための色彩検定1級 参考ノート
ブログURLhttps://ameblo.jp/mint-lavblue/
サイト紹介文独学で色彩検定1級に挑戦する方に向けて自身で作成した参考ノートををPDFファイルでご紹介しています。
自由文当方は、色彩に直接関する仕事に携わっては居ませんが、AFT色彩講師講座を修了後、自身の学んだことを少しでも何かの役に立てたいと思い、学習の参考になりうるノートを作成しました。閲覧やダウンロードは、基本的に無料です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/05/25 10:23

mint-lavblue さんのブログ記事

  • 嵐が来る前に。
  • 待ちに待った秋バラの季節がやってきたというのに、先週末は冷たい雨。そして今週末はまさか台風が来るとは。 昨日も朝模様でしたが、恐ろしい台風が来る前にその姿を見たいと、比較的近場の京成バラ園へ。この土日は7時からの早朝開園が予定されていましたが、台風の影響で通常営業に。やはり訪れる人も少なく、オータムフェアの開催中とは思えない静けさ。 傘が手放せない状態で、いつものように写真は撮れません。細い散策路に [続きを読む]
  • 最上の青。
  • まとまった休みがないと、あまり記事を書けなくなってきたこの頃。何かと慌ただしい日が続いていて、どうしてもブログに手を付けられません。 今週末もそのような感じだったのですが、この一枚だけは。 こちらは稲毛海浜公園の浜辺。澄んだ秋の風に満たされた、空と海の青。 これほど美しい青を見たことはない。そこまで思ってしまうほどに素晴らしい青。 今日はこの海と、海のほとりにある花園で、本当に久しぶりにゆっくりと、 [続きを読む]
  • 曼珠沙華の白と紅。
  • 昨日訪れた権現堂公園の続きです。見頃には早すぎるかもと思いながら足を運んだら、想像を遥かに超える勢いで出迎えてくれた曼珠沙華。この風景に会えることを毎年心待ちにしていますので、少し先取りできて得した気持ち(?)にもなりました。 それでも一面の深紅に囲まれていると、その美しさに引きこまれながらも、あまりの迫力に圧倒されてたじろいでしまうことも。そんな中、ふと顔をのぞかせる白色系の曼珠沙華にほっと心が和 [続きを読む]
  • 権現堂公園の曼珠沙華。
  • まるでこの週末に照準を合わせたかのように、恐ろしい台風がやってきました。当初はもう少し遠出するつもりでしたが、関東でも午後から雨が降り出すとの予報。比較的近場に予定変更して訪れたのがこちら。 埼玉県幸手市「権現堂公園」。初夏の紫陽花、初秋の曼珠沙華の頃、毎年欠かさず足を運ぶ大切なの旅先のひとつです。 恒例の曼珠沙華まつりが今日から開催。一昨日の観光協会の開花情報では「場所によっては五分咲」でしたの [続きを読む]
  • 筑西市で、この夏最高のひまわりを。
  • ようやく抜けるような青空のもとで、花に会うことができました。こちらは茨城県筑西市「ひまわりフェスティバル」。台風のために昨年の辛さが繰り返されるのかもと不安でしたが、吹き荒れた風の影響もほとんどなく今年は元気に咲きそろいました。 澄み渡る空の青、たなびくひまわりの金色。美しく鮮やかなコントラスト。時折行き交うふわっとした雲の白も清々しく、吹き抜ける風には秋の気配。これほどの晴天でも、暑さに厳し [続きを読む]
  • 2週間ぶりに見た青空。
  • お盆休み明けの月曜から金曜は、それまでの雨続きの毎日が嘘のように晴れました。それが週末が近づくと、どこか危なげな予報に。かなりの精神的なダメージ(?!)を受けつつも、大雨でなければ出かけると決めた昨日の朝。行く先は再び「みかも山公園」。予定していた幾つかの候補地はまだ花が見頃には早すぎたり、天候が崩れたらどうにもならない状況だったりということもあって、大好きな定番の場所へ。 携帯電話で雨雲の動きを確認 [続きを読む]
  • プリンスアイスワールド2017東京公演(1):復活の喜び。
  • 7月は茨城県フラワーパークの紫陽花、ヤマユリ、そしてたんばらラベンダーパークと、好天の中での充実した花旅を楽しめました。そしてもうひとつの大きなイベントは、プリンスアイスワールド(PIW)東京公演。今年は7月14日から17日の開催で、一日2回、計8回の公演。今回も幸いなことに複数の舞台を見ることができました。訪れるたびに新しい驚きや感動でいっぱいになるPIWですが、特に嬉しかったのは小塚崇彦さんの復活。戻ってき [続きを読む]
  • 真夏のみかも山公園。
  • 気づけばまた、ひと月近く更新が滞っていました;書き残しておきたいことは山ほどあったのですが。珍しく風邪をひいてそれが長引いたり、気の抜けない仕事に暫くはまってしまっていたり。 私の職場では次の日曜までお盆休み。休暇中の幾つかの大仕事も終えられたので、7月中旬からこれまでのことを、時間を見つけてポツポツ振り返っていきたいと思います。 まずは記憶の新しい、昨日の出来事を。 8月に入ってからというもの、まる [続きを読む]
  • 気高く力強く咲くヤマユリの花。
  • 今年もこのヤマユリを見ることができました。こちらは茨城県石岡市の「茨城県フラワーパーク」。先日の紫陽花に引き続き、7月半ばにここを訪れるのは毎年の約束のような行事。 梅雨とは思えない晴天の毎日、降水量の不足。7月初旬から真夏日、猛暑日が続きました。そのためか、多くの蕾を持ちながらも、焼けつくような陽射しに力を失いかけている株も。でもだからこそ、凛とした気高い佇まいで咲くユリを見つけ出した時の感慨は格 [続きを読む]
  • 紫陽花と自然への感謝。
  • 今日は茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」へ。一年で最も大切な7月3日に最も近い週末に、ここを訪れるようになって10年ほど。今年も美しく咲きました。 この紫陽花園は、青の美しさが本当に見事。澄んだ明るさに満ちたもの、凛とした強さを感じさせるもの、ふわりとした優しい表情を持つもの、物静かにたたずむもの。深い木立の緑とともに織りなす風景の中に、私はいつも清浄の青を感じます。ここに身を置くと、それだけで魂の [続きを読む]
  • 紫陽花の色彩。
  • 先日訪れた権現堂公園では、美しい紫陽花の色彩を思う存分に楽しめました。今日はその幾つかを書き留めておきたいと思います。緑も紫も感じさせない純粋な青を、澄んだ水に染めたようなブルー。 すっきりとした透明感が瑞々しい青紫。 精緻な紙細工のような姿を、優雅な濃淡で染めた薄紫。 愛らしさと華やぎを兼ね備えた、紫陽花としては珍しい明るいピンク。 やや青みを帯びた、優しさや慈愛を感じさせる淡いピンク。 やわらかな [続きを読む]
  • 待ちに待った、紫陽花の季節。
  • いよいよ紫陽花の季節も本番に。天気に恵まれた昨日は、埼玉県幸手市の権現堂公園へ。今年は5月の雨が比較的少なめで急に寒さが戻ったりする日も多かったためか、各地で例年よりもやや見頃が遅れぎみに。ずいぶん待たされた気がします。 まったく手掛かりのない中でお花見に訪れると、明らかに早すぎたり出遅れたりすることも。そんな中、頼りになるのが幸手市の観光協会のWebサイト。開花情報は週2回も更新。今週末あたりが一番き [続きを読む]
  • オリンピックコンサート2017。
  • また少し時期がさかのぼりますが、先日は東京国際フォーラムで開かれた「オリンピックコンサート」に行ってきました。オーケストラとミュージカルのシンガーさんによる音楽とともに、オリンピックの名場面を中心としたアスリートたちの映像を堪能できて、さらにはゆかりのあるアスリートたちも会場に登場する、とても豪華な構成。 6月23日の「オリンピックデー」を記念して毎年開かれているもので今回で20周年。とはいえ、これまで [続きを読む]
  • 見納めのバラ。
  • 関東地方もいよいよ梅雨入り。まだ比較的天気の良い日が続いていますが、あともう少ししたら本格的な雨の季節。梅雨が訪れると、バラのシーズンもそろそろ終幕。先週のことになりますが、京成バラ園で見納めのバラを楽しんできました。 早咲きの品種は今年の役目を終え、2週間前には蕾が多かった株たちも散りはじめ。バラに限らず咲きはじめの頃から最盛期にかけて出かけることが多いので、こういったタイミングはめったにありませ [続きを読む]
  • 立石諒さん×小塚崇彦さんのトークショー
  • 今日も引き続き、5月の回想です。印象深い出来事は、お花見だけではありませんでした。5月21日に、朝早くから京成バラ園に出かけたのは、人出が少なめの時間帯にゆっくりお花見を楽しみたいと思ったのもありますが、午後にも大きなイベントがあったため。軽く途中で昼食をとって、立石諒さんのトークショーに行きました。 立石さんは、ロンドン五輪の平泳ぎの銅メダリスト。そのお話を聞けるだけでもすごいのに、ゲストがフィギュ [続きを読む]
  • バラの花見に、バラを超える感動。
  • 今日は昼前に出かける用事があるので、良く晴れた土曜日でも花旅はお休み。もう少し5月の回想録を続けます。 こちらは5月28日の茨城県石岡市「茨城県フラワーパーク」。愛用のカメラが壊れるという衝撃から3か月、バラの季節にまたここに戻ってこられました。 まず出迎えてくれるのは、数年前に創られた欧風ガーデン。工事中で花は少なめでしたが、アーチや鐘を擁する造形の美しさは、まるで天と地を結び合わせるブライダルスペー [続きを読む]
  • 京成バラ園の早朝開園。
  • 振り返りの花旅の第二弾は「京成バラ園」。 こちらを訪れたのは5月21日。前日に館林まで行ったこともあって、やや身体は疲れ気味。でも私宅から電車を乗り継いで1時間ほど、最寄りの駅から歩ける距離とあればまったく心配ありません。しかもバラの季節の週末は朝6時から開園。早起き好きの自分に最適な条件が揃うので、迷いもなく出かけました。6時に着くには、4時起きで始発電車に乗るのが必須。これでは普段の仕事の日と同じ。 [続きを読む]
  • 再び、東武トレジャーガーデンへ。
  • またしばらく更新を滞らせてしまいました…書き残しておきたい出来事はたくさんあったのですが、文章にまとめる時間がとれず。(4月もそんな状態でした;)そんな訳で以前のことを振り返りながら、幾つか記事にしていきたいと思います。 まずこちらは、5月20日に訪れた群馬県館林市「東武トレジャーガーデン」。春の連休に芝桜とネモフィラを堪能したガーデンは、5月に入ると美しいバラの花園に。早咲きの品種はすっかり満開ながら [続きを読む]
  • フィギュアスケート国別対抗戦の回想。
  • 4月の話題に戻りますが、今日のCS放送で再度見ることができたので、今日は代々木国立代々木競技場で開かれたフィギュアスケート国別対抗戦について。大会2日目のペアのショート、アイスダンスのフリー、男子シングルのフリー、それから最終日のエキシビションを見に行きました。 私が好きなものといえば、花の旅、ワイン、色彩や美学の本を読むことなど諸々ある中、フィギュアスケートは最たるもののひとつ。シングル、ペア、アイ [続きを読む]
  • プリンスアイスワールド2017横浜公演。
  • 2014年の夏に初めて観に行って以来、春夏連休の恒例イベント・プリンスアイスワールド。4月29日の初回公演と、少し間をあけて5月4日、5日と新横浜へ足を運びました。 みどころは数えきれないくらいありますが、3日通った一番の原動力は町田樹さん。今年もまた、想像を遥かに超えた大傑作を届けてくれました。 題材は「ドン・キホーテ」。現役選手の頃に演じたことがある音楽。その世界を広げて、まったく新しい一本の歌劇として甦 [続きを読む]
  • 今年も、あしかがフラワーパークへ。
  • ようやく4月の花旅も振り返ることができたので、今日は5月2日のことを。春の連休に必ず訪れる「あしかがフラワーパーク」へ今年もまた。 ここしばらくは、できるだけ平日に当たる5月1日か2日に足を運ぶのが恒例。土日祭日では、たいへんな人出で朝から道路に駐車場待ちの長蛇の列、園内も大賑わいで、立ち止まって景色を楽しんで写真を撮るなど至難の業。 とはいえ、平日でものんびりできるわけでもありません。この日も朝9時には [続きを読む]