pooh さん プロフィール

  •  
poohさん: foto-poohのブログ
ハンドル名pooh さん
ブログタイトルfoto-poohのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/foto-pooh/
サイト紹介文写真、カメラ、飛行機のプラモデル、模型エンジンなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供683回 / 365日(平均13.1回/週) - 参加 2015/05/25 00:26

pooh さんのブログ記事

  • Sony α900用電池
  • 純正バッテリーが良いことはわかっていて、現行品の時にはメーカーのものを求めるようにしています。安かろう悪かろうではお金を捨てているようなものなので。ただ少し古いモデルになるとメーカーからの供給が止まってしまっているものも結構あるようです私も以前。純正が手に入らなくなっていたために仕方なく互換バッテリーを購入したことがあります。デジカメに場合ほとんどが専用の2次電池なのでメーカーからの供給が止まって [続きを読む]
  • バッテリー購入
  • いつも使っているスマホの電池がこのところ弱くなったので、新たに購入しようとしたらすごい値段になっていて驚きました。そこでもう一度検索し直してメーカーのホームページに行ったところ、電池専門の店がネットで販売している価格の半額が本来の定価で、メーカーから購入すればその値段で買えることがわかりました。もちろん送料も無料でした。電話会社ではすでに販売を終了していたようなのでメーカーのサポートは非常にありが [続きを読む]
  • SONY α900 ソニー
  • ソニーがフルサイズ一眼レフとしてα900を発表した時、私は非常に興味を持ち欲しくなりました。ただフィルムカメラファンで、デジカメにはあまり興味がなかった上に値段が高すぎて手が出ませんでした。それでもヨドバシで実物を触ってその重厚感に圧倒され買いたいという気持ちが湧いて来ました。ただその後すぐに製造をやめてしまい、結局手に入れることができないまま時間が過ぎて行ってしまいました。デジカメになって専用スト [続きを読む]
  • 豪華客船はどちら
  • 日本には大きな客船といえば日本丸、ぱしふぃっくびーなす、飛鳥IIの3隻が今運行しています。ただ一番大きな飛鳥IIでさえ、海外の豪華客船に比べるとかなり小型の部類に入ってしまいます。大きな客船になると飛鳥よりも100メートルくらい全長が長くなるようです。日本丸と比べると二倍くらいになると思います。やはり船は大きくなると揺れにくくなり船内にもたくさんの施設が作れるにで、ある意味動くホテルから動く町に近い感 [続きを読む]
  • 最近お気に入りのドレッ
  • サラダが好きで毎日沢山食べていますが、それには必ずドレッシングをかけています。色々な種類があっていくつか気に入ったものがあります。その中でもダントツに気に入っているのがフンドウキンのコーンドレッシングですが近所のスーパーから姿を消してそれ以降、近隣のお店には全くおいていない状態が続いています。仙台のイオンで買ってからはネットで注文したことがありますが、それも最近では高額な送料を取るようになり買えな [続きを読む]
  • 三崎にモノレールを
  • 昔からマグロで栄えた神奈川県三浦市ですが、今は下町もシャッターが下りたままの店が多くなりだんだん廃れていっているように感じます。京急が2階建てバスを走らせたり、マグロ切符を発売して人を呼び込んでいますが、なかなか多くの人を年間を通して招き入れるににはむずかしいほうです。横浜に住み三浦市に働きに行っている私から見ると、三浦には魅力がまだまだありもっと人が集まっても良いと感じます。そこで何が原因なのか [続きを読む]
  • フルサイズデジタルの中古価格
  • このところフルサイズデジタルに興味が向いていろいろチェックしています。ソニーα7は出て早い時期に購入、キャノン6DもマークIIが出る前に購入して使用して、やはりフルサイズが自分にはしっくり来ることを実感していました。その後ソニーα900の中古を入手、これも発売時に欲しくてたまらなかった機種で効果で手が出なかったので諦めていたものでした。こうなると当然レンズがいろいろあるニコンもということになります。D850が [続きを読む]
  • PENTAX S2 ペンタックス
  • ペンタックスS2はセルフタイマーも露出計もなく、APから発展してきたシンプルなペンタックスの最期の方の機種です。この後セルフタイマーを内蔵したSVは出て、TTL露出計が内蔵された有名なSPに発展していきます。基本構造はアサヒフレックスの時からあまり変わっていないようで、エプロン部はアサヒフレックスに似た構造で簡単に外せるようになっています。当然クイックリターンミラーは装備されていて、自動絞りのもなっています [続きを読む]
  • Nikonのフルサイズが欲しくなりました
  • デジタル一眼レフは、キャノン10Dから始まって20D、そこからはニコンD50、D70、D70S、D40と手を出して馴染めず結局使わずじまいでお蔵入りにしてしまいましたが、ミラーレスでちょっと興味が復活してフルサイズのソニーα7で愛用する気持ちになってきました。それで火がついてフルサイズのキャノン6Dの購入でEFレンズが直接使えるようになり、憧れだったα900を中古で入手した事でミノルタα用レンズが直接使えるようになると、残 [続きを読む]
  • MINOLTA AF 24-105/3.5-4.5D ミノルタ
  • このレンズは24-85に代わって使う予定で購入してありましたが、以前使ってピントの甘さが気になって使うのをやめていました。今回気を取り直して久しぶりに持ち出して撮影して見ました。今回は夕日が撮りたくてカメラを持ち出したにで撮影条件としてはかなり厳しいものになっています。フォーカスもマニュアルで行えばもっと良いピントが得られたのでしょうが、敢えてオートフォーカスを使っています。夕日を撮影したものはマイナ [続きを読む]
  • 私の好きなデジカメ
  • 私は今でもフィルムカメラのファンで、我が家の大きなイベントでは必ずフィルムカメラを使って撮影しています。デジタル時代になりフィルムの入手がだんだん困難になってきて頭を悩ます今日この頃です。そんな私にも何台か気になったデジカメがありました。ただ冷静に考えてみると、それらのデジカメを欲しい理由がデジタルだから欲しいのではなくカメラとしての魅力を感じたから欲しいのだとわかりました。ではそのデジカメですが [続きを読む]
  • IKONTA 521/16 イコンタシックス
  • イコンタは、合併で新たに生まれたツアイスイコン社が初めて作ったカメラのシリーズで、その後30年くらいも続いたヒット作でした。シリーズには色々なサイズやバージョンがあり、高級なものは大口径レンズと距離計を組み合わせていました。逆に廉価なものは暗い安いレンズとシンプルなシャッターの組み合わせで発売されて、その下にもカメラ本体をよりシンプルにしたりレンズやシャッターをより廉価なものにしたネッターシリーズも [続きを読む]
  • Tsugami-8について
  • ツガミ8はご存知のようにツアイスのムービーコンをお手本に作られたと見られる8ミリムービーカメラです。子供の頃父親がムービーを撮っていて、撮影方法などの本が家にありその何処かにこのカメラが出ていたのを覚えていますが、当時はこのカメラが実際に販売されていたかどうかまで知りませんでした。昔カメラ店回りをしていましたが巡り合ったことなど一度もなく、オークションを見るようになって初めて実在を知り何台か手に入れ [続きを読む]
  • Vivitar742XLで撮影してみました
  • 昨日みなとみらいに行った時にビビターも持って行きました。ただこのカメラはミニマックスのように手製のフィルムは受け付けてくれません。つまりコマごとにパーフォレーションがないと巻き上げもストップしなければシャッターも切れません。そこで8年前に期限の切れたフジのポケットフィルムを使ってみました。もちろん期限がかなり過ぎているので発色は全く期待せずに白黒のつもりで撮影しました。現像も自分で行いましたので期 [続きを読む]
  • 三浦市城ヶ島駅伝競競走大会
  • 今日の午前中、三浦市と三浦市教育委員会主催の駅伝大会が行われました。今回で23回目となる大会です。コースは城ヶ島の島内を周回するもので全長9、5キロを五人で繋ぎます。参加は一般人チーム、大学生チーム、高校生チーム、中学生チーム、小学生チームで、同じコースを走ります。それでも1区はかなりの団子レースで、中継地点には大人も小学生も入り混じって飛び込んできました。私のいた中継地点は1〜2区、4〜5区の中継場所で [続きを読む]
  • 赤レンガ倉庫前にヒストリックカー集合
  • 奥さんが仕事ではくズボンを買いに桜木町のguに行きました。ついでに私のズボンなども買い、ランドマーク方面に、お腹が空いたので鶏三和で奥さんは名古屋コーチンの親子丼、私は鶏カツ丼を注文して昼食にしました。予定ではドックヤードガーデンのをどりに行く予定でしたが、あそこは量が多いのでそこまで食べられないだろうというのと、休日なのに割に空いていてすぐに席に案内されたのと、早く食べたかったので三和にしてしまい [続きを読む]
  • 大口径レンズ付きポケットカメラ
  • ビビター742XLについて書いたので、ついでに大口径レンズ付きのポケットカメラについて調べて見ました。ただ1番ポケットの流行った1975〜81あたりの製品を対象にしています(朝日ソノラマの世界のカメラと写真用品を参考にしました)。大口径の対象は明るさf2以上を考えました。日本で考えるとキャノン110EDが26/2付きでした。あとはミニマックス110EEが32/2付きでしたが、限られた流通経路でしか販売されませんでした。それら以 [続きを読む]
  • VIVITAR 742XL ビビター
  • アメリカのポンダー&ベスト社が1976年のフォトキナに発表し、その後販売した高性能ポケットカメラで、距離計連動、大口径レンズとストロボを組み合わせた他社にはないスペックのオールインワンカメラです。製造は日本で、レンズは24/1.9(5-6)、最短撮影距離は60センチ、プログラムオートで5〜1/800までの電子シャッターが装備されています。ストロボ使用時はフラッシュマチックが働き距離計に連動して、ISO100で5.5メートルまで [続きを読む]
  • 我が家にあるレンズ交換式デジカメ
  • ネットでデジタル一眼のことを調べていたら、世界中のデジカメの7割以上が日本のメーカー製で、デジタル一眼レフにになってはほぼ日本製しか存在しないそうです。その記事を見て自分のことを確認してみることにしました。デジカメは好きでゃないと公言してきた私ですが、ちょっと数えたら思ったよりたくさんレンズ交換のできるデジカメがあることに気づきました。その内訳は、オリンパスは1台、ソニーが2台、キャノンが3台、ニコン [続きを読む]
  • 最近のお気に入り Fiber pineapple
  • 野菜が好きでよく食べますが、おやつに何かないかなと気にしていました。時々買っていたのが乾燥したバナナチップスやアップルチップスでした。最近は芋チップスもよく食べています。ただどれも乾燥していたり、揚げていたりでもう少し違ったものが欲しくてたまりませんでした。そこで乾燥フルーツの売り場で色々探してみました。目についたのがマンゴーの乾燥したものでした。ただなぜかあまり気が乗りませんでした。そのそばにあ [続きを読む]
  • SonyとCanonのストロボ
  • 今までフィルムカメラ時代には専用ストロボを使って撮影をしていました。デジタル時代になって、キャノンのようにフィルム時代のストロボが連動しなくなったり、ミノルタのように専用シューになってしまい新たに購入しなくなり、デジタルカメラの特性、感度自動モードを活用してノーフラッシュ撮影ばかりしていました。購入しなかったもう1つの理由は、あまりに高価になってしまったことにも原因はありました。いくら高性能になっ [続きを読む]
  • AKAREXのシュー
  • アカレックスⅢは世界でも珍しい、レンズ&ファインダーのセットで交換するカメラです。そしてそのファインダーには距離計も内蔵されています。レンズと距離計を正確に連動させるのが、値段、精度などの問題から困難なのでそれらも一緒にセットにしてしまったのがこのアカレックスです。発売されたのは標準以外に90/3.5と35/3.5のレンズです。どのレンズにも距離計連動のファインダーが付いていました。ところがこのアカレックスに [続きを読む]
  • スマホ用魚眼レンズ
  • 以前「スマホで広角&マクロレンズ」というのを百均で購入したことがありました。最初は面白半分で取り付けてみましたが、結局スマホに取り付けても高性能なレンズの画質をかなり落としてしまう上に、収差がひどくてオリジナルのレンズの性能を殺してしまうのでしまいっぱなしになっていました。ただマクロについては、あなりアップにできるので場合によっては使えないこともありませんでした。今回魚眼レンズを購入したのは、広角 [続きを読む]
  • MAKINA IIの距離計
  • プラウベルの代表作、マキナIIは大口径100/2.8と連動距離計を搭載した画期的なプレスカメラとして一世を風靡しました。1つ目式のファインダーは、当時ライカやスーパーイコンタなどで使われていた2つ目式に比べてコンタックスII同様時代の先端を行っていました。コンタックスの距離計は分解するとわかりますが、当時の最高の技術を使ってこれ以上難しくできないのではと思うほど複雑な構造になっています。ライカもコンタックス [続きを読む]
  • RICOH HI-COLOR 35 BT リコー
  • 「黒豹のイメージをもつ連写のフォトマシン」というキャッチフレーズで売り出されたハイカラーのブラックモデルです。ただしハイカラーの特徴であるレンズ周りの同心円状のデザインを排して、軍幹部にも段差を作って精悍なイメージを演出しています。愛称はブラッキーで、1971年当時、ハイカラー35はセルフタイマーがついて35Sになっていますが、ブラッキーにはセルフタイマーは組み込まれていません。標準モデルのハイカラー35は [続きを読む]