pooh さん プロフィール

  •  
poohさん: foto-poohのブログ
ハンドル名pooh さん
ブログタイトルfoto-poohのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/foto-pooh/
サイト紹介文写真、カメラ、飛行機のプラモデル、模型エンジンなどについて書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供512回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2015/05/25 00:26

pooh さんのブログ記事

  • KIEV 60 キエフ
  • 天気が良かったので、家から海が綺麗に見えていて望遠レンズを出したくなりました。それも長いやつを。ということでコムラー500/7(ペンタックス67マウント)とペンタコン500/5.6(ペンタコン6マウント)が出しやすいところにあったので早速持ってきてカメラにつけてみました。例のごとくペンタコン6は他のカメラの下敷きになっていて出すのが大変なので、ペンタコン500/5.6を取り付けるカメラとしてセットケースに入っていて出しやす [続きを読む]
  • KIEV 60 キエフ
  • 天気が良かったので、家から海が綺麗に見えていて望遠レンズを出したくなりました。それも長いやつを。ということでコムラー500/7(ペンタックス67マウント)とペンタコン500/5.6(ペンタコン6マウント)が出しやすいところにあったので早速持ってきてカメラにつけてみました。例のごとくペンタコン6は他のカメラの下敷きになっていて出すのが大変なので、ペンタコン500/5.6を取り付けるカメラとしてセットケースに入っていて出しやす [続きを読む]
  • CANON 35/2.8 for leica キャノン
  • 距離連動カメラ用の広角レンズで、キャノンからは同じ焦点距離で数種類が発売されていました。私が持っているだけでもf:1.8、2、2.8、3.2があり、それ以外にももっと大口径のf:1.5などもあったようですが残念ながら持ってはいません。その中でも一番ポピュラーな2.8を今回は持ち出してみました。まず驚いたのが純正のメタルフードをつけてファインダーを覗いたら、隅がけられていてレンズが悪いのかと思いましたがはずしたら解 [続きを読む]
  • HEXANON 21/4 ヘキサノン
  • コニカが一眼レフを作っていた頃は、大手カメラメーカーに負けないレンズのラインナップで、カメラこそプロ仕様はなかったもののフィルムメーカーとは思えないすごさでした。また他社が出さなかったバリフォーカルレンズも発売して、ズームレンズの暗さをバリフォーカルでカバーしようという試みもしていました。そんなコニカが発売した超広角レンズがこの21/4です。絞りリングはEE表示ですが、AR仕様になっていて絞り連動レバ [続きを読む]
  • PLANAR 35/3.5 プラナー
  • 上野に出かけるのでコンタックス用の広角レンズ,プラナー35/3.5をα7に取り付けて持って行きました。今でこそプラナーは高級レンズですが、昔はビオゴンの普及モデルという設定で明るさもわずかに暗くなっていました。コンタックス用の広角レンズに共通の絞りリングがレンズ先端にあるというものでピントを合わせた後絞りを調整するのはピントがずれてなかなか困難です。暗いレンズですがピントはかなりシャープで写っている看板の [続きを読む]
  • S.W.HELIAR 15/4.5 で横浜散策
  • 久しぶりにソニーα7を使ってレンズで遊んでみようと思い、先日書いたアーガスC3用の広角レンズを探しました。しまってあるはずの所を手探りで探ったのですが、出てきたのは同じアーガスのC44用の望遠と広角、それと久しく目にしていなかったヘリアー15/4.5でした。手探りというのはレンズをしまってある棚の前に新たに購入したカメラやアクセサリーの山ができていて目視できない状態だったからです。簡単に言えば整理ができていな [続きを読む]
  • また変なもの買ってしまいました
  • 奥さんと待ち合わせをしていて、ちょっと早く着いたので本屋に寄って見ました。そしていつも通りカメラ雑誌の棚に向かいました。そこで見つけてしまったのが「スマホ望遠レンズ」と書かれた本でした。本といっても今流行りのおまけ付き本というかおまけに本がついて来るようなアレです。スマホにかぶせると8倍の望遠になるというもので、フロントコンバージョンレンズなのでそれほどの高性能は期待せず8倍というガミ16用にもある [続きを読む]
  • 武蔵嵐山まで行ってきました
  • 親戚に不幸があって武蔵嵐山まで告別式に行ってきました。出来ればお通夜にも参加したかったのですがあまりに急だったのと車に乗りのをやめたために帰るにも宿泊するにも足がなくて断念しました。武蔵嵐山は東武東上線ということで、池袋まで出て乗り換えるとばかり思っていましたが、検索したらなんと横浜から直通ですぐ手前の森林公園まで行けることがわかりびっくりしました。2時間近く乗る割には料金はわずか1131円と割安感が [続きを読む]
  • ARGUS C3 SERIES アーガスC3シリーズ
  • アーガスCシリーズにはC、C2、C3、C33、C4、C44と発展して行きました。試作品にはC5もあったそうですが、発売されたのは上記の6種類です。その中でCは単独距離計モデル、C2は距離計連動モデル、C3はC2にシンクロを内蔵させたモデルとなっています。このC3が製造時期が一番長く、C3、C3スタンダード(アクセサリーシュー付き)、Cマッチマティック(露出合わせを簡略化、ツートンカラー)、ゴールデンシールド(マッチマチックの特別モデ [続きを読む]
  • ARGUS C3 アーガス
  • アメリカ製カメラの代表といえばこのアーガスC3だと思います。昔アメリカに行った時に中古カメラの店や質屋に行くと、必ずこのカメラが何台もおいてあり埃を被り値段もあってないような状態でした。そうなるとこちらも全く興味が湧かず、視線すら向けませんでした。ただよくこのカメラのことを知ると、長期間製造されたくさん売れた意味がわかって来て愛着もわいて来ました。興味のない時には全く気にしていませんでしたが実は細か [続きを読む]
  • 久しぶりに夫婦で
  • 2人の休みがうまく重なったので、出かけることにしました。昼過ぎから出かけたので行けるところが限られてしまい、結局またみなとみらい周辺になりました。ただ奥さんお気に入りのエレーナにも行きたいので、石川町で下車していつも回る逆コースで行くことにしました。昼ごはんは奥さんリクエストのケンタッキーで、その後JR根岸線で石川町に行きました。ただ食事をしたばかりだったのでそのまま行ってもまだお腹がいっぱいという [続きを読む]
  • CIRO 35 Model-S シロ35
  • シロカメラがCEE-AY35のデザインやダイキャスト、治具などを購入して生産したのがこのカメラで、レンズの明るさでモデルR(4.5)、モデルS(3.5)、モデルT(2.8)という分類がされていました。CEE-AY35と同じようにカメラ裏蓋に会社名が書かれていますが、軍艦部背面にもカメラ会社名が記載されています。外観的に変更されているには、距離計の窓の大きさ、ただし変更されていないモデルも存在します。巻き上げ、巻き戻しノブの滑り止め [続きを読む]
  • CEE-AY35 シーエイ
  • このカメラはアメリカのCAMERA CORP. OF AMERICA(Perfexで有名な会社)から発売された本格的35ミリカメラで、プラスチックやベークライトでできたアメリカ的なカメラではありません。レンズはウォーレンサック製50/4.5で、シャッターも同じウォーレンサック製のエバーセット式のアルファックス(T.B.1/25-1/150)です。アメリカらしく専用のフラッシュガンがノンコードで使えるようにホットシューがついています。レンズは暗めですが [続きを読む]
  • KYOCERA SL300R破損
  • コンタックスと同型の京セラSL300Rを入れていたケースが必要で、カメラだけ出して京セラ関係のアクセサリーの入っている箱の上に置いてありました。そこでコンタックスi4Rを充電するために箱の上から床に移動させておいておきました。いつもはカメラを床に置いたりモニターを上に向けてお置いたりしないのですが、充電する間だけと思いついやってしまいました。その上方にまた偶然、ペンケースサイズのチョコレートの入った缶を何 [続きを読む]
  • GRAPHIC 35の思い出 グラフレックス
  • グラフレックスが製造した数少ない35ミリカメラで、このシリーズはコーワ製のグラフィック35ジェット、ドイツ製のグラフィック35エレクトリックへと進化して行きます。どちらも巻き上げに工夫を凝らしていて面白いカメラですが、最初のモデルから比べると大きく重くなり、故障率も上がってしまい今となっては残念なカメラになってしまっています。私にはこのカメラに思い出があります。まだカメラを集め始めたばかりの頃、いまのよ [続きを読む]
  • CONTAX i4Rと横浜散策
  • マルチ充電器でなぜか復活した京セラ純正バッテリーを装填したシルバーのi4Rとシルバーのミニコードを持って毎週恒例の横浜散策に行きました。電池を入れ替えしたために日付がリセットされて大昔になってしまいました。本当は2018-8-4です。いつものようにカメラはスズキに寄ってカメラ探し。ちょっと気になったのがキャノン7のボディー3800円でしたが、露出計がダメで例によってメタル製シャッター幕にもシワができていたので迷い [続きを読む]
  • やっぱり充電できません互換BP-760S
  • 海外から取り寄せたコンタックスi4R用の電池がどうも不具合です。2つ購入したのですがどちらも同じ症状で、一応充電はしているようなのですが撮影枚数が数枚しか撮れません。マルチ充電器のレベルメーターでもフル充電と表示され、カメラ本体で充電しても充電完了ということでランプが消えてしまいます。その状態でカメラの装填して電源を入れるとたしかにフル充電の表示が出るのですが、数枚撮影した時に急に電池の残量が減って、 [続きを読む]
  • マルチ充電器を買ってみました
  • コンタックスi4R用に海外から購入した電池がうまく充電できないので、充電器を海外から購入して届くのを待っていたのですが、ネットで偶然マルチ充電器を見つけたので購入してみました。リチウムイオン電池は取り扱いを間違えると爆発する可能性があるので、一応充電器の仕様を確認したところ保護回路や過充電防止回路が入っていると言うのでそれを信じて買いました。スライド式の接点でかなり色々な電池に対応できるようです。た [続きを読む]
  • BOLSEY-FLEX ボリシー
  • ボルシーは、スイスでボレックスやアルパを設計した技術者がアメリカに渡って興したカメラ会社で、当初はアルパと同じカメラを販売していましたがだんだんアメリカにあった中級機をメインに販売するようになっていました。ただ基本はガッチリとしたダイキャストでできた35ミリカメラが主で、今回の二眼レフもどきのカメラはドイツから輸入して自社ブランドで販売していたOEMモデルです。ネットオークションで同じカメラが出ていて [続きを読む]
  • 輸入したBP-760Sが充電できません
  • コンタックスi4R用のリチウムイオンバッテリーが充電しても数枚しか撮れないでダウンしてしまいます。2つ購入したのですがどちらも同じ症状です。カメラを交換して見ましたが結果は同じでした。気づいたことは充電時間がやたらに短くてすぐにフル充電になってしまうのです。電池をよく見たら今回購入したものは850mAで純正は760mA、他に持っていた非純正の電池は600mAでこちらは100枚以上撮影できました。つまり純正よりも容量の [続きを読む]
  • 門扉で羽化
  • 朝、仕事に出かけようと門まで行って開けようとしたときに不思議なものが目に止まりました。ただその時点ではそれが一体なんだか理解できず、改めて見てみました。それは今まさに脱皮しようとしているセミでした。脱皮と言うのか羽化と言うのかとにかく幼虫の中からセミが出ている最中でした。セミに抜け殻はそこら中にあるのですが、今まさに出ようとしている場面にはなかなか出くわしません。今回は家から出るための門扉で羽化し [続きを読む]
  • 職場に向かう道端の花
  • 夏休みになっても相変わらず仕事に行かなければなりません。ただ夏はいつもより少しだけ始業時間が遅くなってのんびり駅から職場まで歩けるようになりました。そこでコンタックスU4Rをぶら下げて道端の花に目を向けながら歩いて見ました。カメラは接写モードにしています。ソニーα7のようなファインダーがないので、昼間はやはりモニターが確認しずらく苦戦しました。また接写モードで本来ピントの合う距離なのに、うまくフォーカ [続きを読む]
  • シジュウカラが大怪我
  • 今朝職場の建物にシジュウカラが衝突してフラフラしているところを発見されました。とりあえず見つけた職員が連れてきて目の届くところにおいていました。徐々に元気にはなってきたのですがまだフラフラしているのでダンボールの箱に入れて観察することになりました。そしてだんだん終業時間が近づいて来ましたが、まだシジュウカラは飛べそうもありません。とりあえず近所の動物病院へ持っていくことにしました。病院では、野鳥な [続きを読む]
  • ミニコードのシリアルナンバーの不思議
  • ミニコードにはカメラ側面のシリアルナンバーが入っています。自分の持っているカメラや資料で見つけたナンバー、ネット上に出ているナンバーなどを調べてみるとある事柄が見つかりました。それは100番台から順調にナンバーが繋がっておるのですが、なぜか10000番台を超えてすこしたつと、それらのナンバーを目にしなくなるのです。具体的にいうと11000番台から14000番台は今の所見たことがありません。15000番台からまた目にする [続きを読む]
  • LOMO 135M ロモ
  • ロモは旧ソビエトのカメラブランドの1つで、比較的安いカメラを作っていたようです。コシナをイメージしたロモが有名ですが、こちらはどうもローライC35あたりを見本にして、スプリングモーターを組み合わせたモデルのようです。裏蓋の構造や圧板、裏蓋の開閉方法などがなんとなく似ています。このモデルは露出計を内蔵しておらず、お天気マークで露出を合わせるようになっていますが、それら全てが鏡胴に組み込まれていてかなり [続きを読む]