キャプテンチュウハイ さん プロフィール

  •  
キャプテンチュウハイさん: アコギの1丁目1番地
ハンドル名キャプテンチュウハイ さん
ブログタイトルアコギの1丁目1番地
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/captain_chuhai
サイト紹介文極力なんでもDIYで作ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/05/26 12:55

キャプテンチュウハイ さんのブログ記事

  • 出会ってしまったんだ
  • なーんとなくハードオフに行ったんです。ジャンクコーナーにね、慎ましやかに居たんです。悩むふりを少しして(一応のポーズは必要)、すぐに連れ帰ってきました。1979年製、俣野勝、MC-800、超レア。アストリアス関係の方ですね。材は恐らく蝦夷松トップ、インディアンローズウッドバックのオール単板です。表裏の木目が確実に一致してます。真ん中より少し上にある2本の黒いラインが特徴的です。今弄っているヘッドウェイのよう [続きを読む]
  • 製作と演奏と
  • さて、製作の続きです。こんな状態です。今回のトップはなかなか苦労しています。メリハリを出そうと思い、「強いところはかなり強くする」という意識で基本の設計をしました。Xブレース交点やスキャロップの頂点は一般的なブレースよりも高さが有ります。交点はH17.5mmです(一般的とされるのは15.8mm)。これだけでも一般のブレースよりも30%ほど強度が高いです。そして恐らくそれだけではなく。ブレースに使ったアディロンダッ [続きを読む]
  • 報告
  • さて、続きです。割れた木などくっつければ良いわけでして。割れを膠で補修してブリッジプレート出来上がりました。まあちょいと傷があるのですが、これ以上厚みは落とせない気がするのでこのままで。音はバッチリ変わりました。これこれ!です。音楽的に響いてますし、勘違いかもですがホンジュラスローズの厳かな鳴り感も僅かながら感じます。これでもう少し調整すると、結構良い感じになるかも知れません。ある程度は予想通り? [続きを読む]
  • 苦もあれば楽もある、気はしない
  • 製作が佳境に入ってます。が。昨晩、知人のところから可愛い子をさらってきました。(お借りしてきました)中国製のグレッチなんですけど、思いのほか楽しいギターです。帰宅してから、グレッチだったら?と譜面を検索して無理矢理録音してみました。毎度こういうエクスキューズをするのもアレですが。ギター弾くの、1ヶ月ぶりくらいですよ!もちろん、ブライアンセッツァーが使ってる、「いわゆるグレッチの良い音」はしません。 [続きを読む]
  • 進み、戻り(いくつかの動画と)
  • さて、製作の続きです。ブレース接着をし、いつも通り削ってました。なんとなくの作業風景。今回のアディロンはかなり固い感じがします。削り方は前回のヤマハフォークサイズと良く似てます。考えてやったところもあり、私が削るとなんかこうなっちゃう、というところもあります。作業自体はズンズンと進んだのですが。おかしいぞ、と。タップ音の響きが悪いのです。思い当たるふしはブリッジプレートでした。実はガチ製作のときの [続きを読む]
  • 大詰め
  • さて、今週は接着してました。いつもの風景。今朝、接着完了。で、ナイフエッジに削りました。同じ感じで並べると、全然違いますねぇ。ちなみに、このヘッドウェイのトップは326g有ります。重いです。私のは現状で284gで、さらに軽くなります。同じ力の振動を入力したとき、軽いものの方がよく振動します。つまり、軽いほどレスポンスが良いわけです。今回もタップをしながら、出来るだけ削ろうと思います。けど、どういう削り方に [続きを読む]
  • ようやく
  • さて、頑張りました。最終板厚調整を行い、サウンドホールを開けました。板厚の中央値は2.9mmとしました。私にしては少し厚めです。で、Xブレースとブリッジプレートを作りました。Xブレース寸法はW6.5 H17としました。太さは標準値に近づけ、高さは普通よりある形です。幅は極限まで削るのでいつもより太めに、強度の要である高さはいつもより大きく、ということで。ようやく接着とボイシングの作業に入っていきます。私の中での [続きを読む]
  • 今週の作業と塗装について
  • 例によっていろいろやってます。とても低品質なインレイ。。相変わらず手鋸でカット。角材製作。そうそう、黄ばんだ塗装問題に決着を付けるかも知れません。やはりDIY系ラッカーは、缶スプレーも含め、元々黄色いわけです。だから5回程度吹いただけで、塗膜が物凄ーく黄色くなってしまいます。結局、業務用ラッカーで解決するしかあるまい、と。これは実際にギターメーカーで使われてるもので。類似する透明のラッカーであればOKで [続きを読む]
  • ロゼッタ作り直し
  • さて、やはり作り直しになりました。最初は削りましたが、ベリっと丸ごと剥がせました。やっぱり硬度が低いです。熱を入れたポリ塗装みたいな触感です。今度は出来るだけトップの振動を阻害しないものを作ろう、と。ならばトップの端材を使うのが一番良いと考えました。割とテキトーに。我が家では完璧なサイズでの切断は出来ません。0.数ミリの隙間がありますが。。。なんか、想像以上につまらないものになりましたねぇwフレイム [続きを読む]
  • ロゼッタ製作
  • 今週はロゼッタ製作ウィークでした。今更感もありますが、一応工程を追います。溝彫り。パーフリング接着。下地着色。パーフリング接着に使用したアロンをシーラーとして使いました。ガラスカレットを配置してから、速乾性のマニキュアでガラス表面をコート。削る手前まで来ました。色はちゃんと残ってます。仕上がりとしては80点。見てくれは成功!と言いたいところですが。。多分、エポキシの硬化不良です…ロゼッタ作ったらタッ [続きを読む]
  • 着手
  • この秋もしつこくやります。今回使うのはHeadway製の石ロゴフェルナンデス。77年製。トップがバキバキに割れているやつです。すでにバラして御座います。私のブログを読んでくださる皆様は、私の洗脳の影響を受けているので、このブレースを見て思うところがあるかと。ないか。。。トップ材も接ぎ合わせてサンディング中です。グレード分けするなら2Aという程度の材です。燻製材ですが、あまりワクワクしないタップ音です…今回は [続きを読む]
  • V-Class Bracing
  • 秋製作は、前回に引き続き「普通」に良さげなモノを目指します。が、最近とても気になっているものがあります。TaylorのV-Class Bracing。これは見てて面白いんですよね。少しクラギのブレースっぽくもあるし、今迄にない形でもあります。特にギターのセンターライン周囲を強くしてます。見た目だけでも、Xブレースとは全く違う振動をすることがわかります。V-Classの914とX Braceの914の音を聴ける動画が有ります。動画を見る限り [続きを読む]
  • ど・れ・に・しようかな
  • 先日、家から徒歩で行けるハードオフに初潜入しました。ちょっと特殊な店舗で、中身は完全に楽器屋でした。価格は全体に高く、お得な感じはなし。オール合板のジャパビン様が、この有様。ブリッジ浮きしてるのに保証(謎)が付くんですって、奥さん!w楽器屋じゃないくせに、ボショアがありました。誰だよ?ハードオフにボジョアを売る不届き者はw12 Fret Slope Dの派生機種かなと。試奏をお願いしたら防音のブースに案内頂きまし [続きを読む]
  • ソリッド
  • 燃料も頂きましたので、たまには楽器のことを書いてみましょう。※私の経験と私見です。内容にあーだーこーだ言われても困りますw今まで触った中で、最も衝撃を受けた楽器はFullertoneというブランドのジャズベです。製作者としては結構有名な田中千秋氏がやってるブランドで、今はKEYの渋谷店だけで販売してます。ブロック体ロゴといちいちレリックしちゃうのが気に食わないんですけどwそのベースで、「ソリッドのエレキを正しく [続きを読む]
  • 今朝のぶん
  • 相も変わらず歌です。ギターよりも楽しいです。一昨日からカントリーを歌い始めてみました。内容的にはアレですけど。毎度言ってますが、歌は難しいです。制御が繊細。ギターはピッキングすればその後は勝手に音が出て減衰していきますが、歌は減衰も含め全て意識的にコントロールしないといけないんですよね。当たり前wwまあ、当たり前のことも含め、鼻腔共鳴だとかいろいろ人体のことも分かるし、ほんと面白いです。こんなのが歌 [続きを読む]
  • ギターは放置
  • 相変わらず歌です。ギターは元々サボり癖があるので、歌をいくら頑張っても特に影響がないという情けない。昨晩ふと思い出して歌ってみて録ってみて撃沈したスカパラ。というか、歌はハナレグミ。歌ってのは簡単なものがないですね。。初心者らしく、高音の時に積極的に喉を締め付けていくスタイルですorzでは。 [続きを読む]
  • 天才
  • 相変わらず歌の練習をしてます。今の課題曲は山崎まさよしの「One more time, One more chance」です。相変わらず無謀と知りつつの選曲。曲の頭の僅かの部分を1週間かけても、歌える感は有りません。山崎まさよし、凄いんだなぁと。今迄歌った中では、テクニック的にも情感的にも群を抜いて難しい感じがします。それをサラッと歌いやがって…曲だけ歌ってるのに限界を感じ、基礎練習みたいのを始めました。ギターについても、簡単 [続きを読む]
  • 最近の歌状況
  • 歌関係。歌を始めてちょうど1ヶ月です。やはり自分の声は全く音楽的でないなぁと思います。サム。デンバー。そういや、歌い始めた当初は「アイビロ〜ン」の音程は出ませんでした。まあ、身体の使い方は上手くなっているようです。では。 [続きを読む]
  • 最近のアコギ状況
  • まだ暑いしDIYをやる状況でも有りません。その代わり?少し録音をしてます。先週歌を載せたレッチリのunder the bridge。試しにアコギでトラックを作ってみました。本来はもうちょい音を入れたいところですが、面倒になってやめましたwストロークだと駄コギっぷりは誤魔化されますが、ぼそぼそとした鳴りだなぁと。で、そういうトーンの問題を少しでも解決しようと、弾き方を考えました。思いついたのは、、いかりや長介奏法の部類 [続きを読む]
  • 楽器の呼吸
  • さて、クッソ暑いですがいかがお過ごしでしょうか。相変わらず歌を練習してます。見えそうで見えないチラリズム。短いですが。マイクの使い方を工夫し、マイク周りのノイズフィルターをDIYしたり。結果、BM-800改でもかなり綺麗に音が録れるようになりました。ホワイトノイズも結構少ないです。声も楽器なのだと思います。管楽器の一種です。それも、柔らかい管楽器。人工の固い楽器に比べて驚くほどコントロール幅が有ります。そ [続きを読む]
  • 歌やらアコギやら
  • 週イチくらいで何か上げられたらいいなと思ってます。最近歌が楽しくなってしまい。マイクスタンドとポップガードを買って、机周りがなんか違う感じになりました。改造してほったらかしてたコンデンサマイクBM-800が大活躍です。これね。今朝、録音したもの、載せときます。今回は超強気の音量です。自信持ってるわけではなくて、恥はかいとこう、と。絵がないのも寂しいので綺麗な映像を入れてあります。ついでに昨日のもwそもそ [続きを読む]
  • 作ってしまった
  • やらざるを得ない状況。というのはあるわけで。新しいギターのブリッジピンがスカスカだったので、ピンを作りました。カメルーンエボニーからブランクを切り出して…削りまくる、と。ビビるくらいジャストサイズです。1本作っただけで燃え尽きました…では。 [続きを読む]
  • 何故か歌を
  • ご無沙汰です。お元気でしょうか?先週から何故か歌を歌ってます。主に肉体改造の一環として。自分の歌は本当にドイヒーなので、これまで「歌なんか歌うか!」というスタンスだったのですが。それでも真剣に頭を使いながら体を観察して、短期間で多少の改善は有りました。とはいえ、どんなもんかと録音してみたところ、やはりドイヒーに変わりはなくw試しに、録音した自分の声をを原曲に混ぜたらどうなるか、ちょっと確認しました [続きを読む]
  • 続報
  • 勘違いした情報を流してしまったので訂正。いろいろちゃんと調整したら、かなり誤魔化しの多い楽器でした。実力は大したことなかったです。見抜けなかった私の未熟よ。では。 [続きを読む]