キャプテンチュウハイ さん プロフィール

  •  
キャプテンチュウハイさん: お金をかけずにアコギをいじる
ハンドル名キャプテンチュウハイ さん
ブログタイトルお金をかけずにアコギをいじる
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/captain_chuhai
サイト紹介文極力なんでもDIYで作ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供204回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2015/05/26 12:55

キャプテンチュウハイ さんのブログ記事

  • 今考えていること
  • また連投モードで。明日は絶対投稿しません。自分の背中を押すために考えていることでふ。ソモギの設計について、全体的な視点でとても重要と思われるところがあります。普通のアコギとは、剛性の設計が逆なのです(多分)。普通はXブレース交点を強く、外周を弱く作ります。ブレースの高さがポイントです。赤が強く青が弱いです。ソモギ的な設計と比較してみます。Xブレース交点を弱く、外周を強くした設計です。ソモギ本人のもの [続きを読む]
  • 3年目の浮気
  • 一応載せときます。しょーもないな、これw2014年10月にアコギを始めました。2015年4月にヤフブロを始めました。ブログを始めて3年目です。最近、なんとなくアメブロにも進出しました。https://ameblo.jp/captain-chuhai/ほんとになんとなく。大切なことは全部こっちに書いてますし。何よりですね、アメブロやってるとすごく孤独なのですwヤフブロの賑やかさがとても恋しくなるのですwいつの間にか、たくさんのコメントを頂くように [続きを読む]
  • 悩ましのトップ 2
  • 夢の中でも削ってるチュウハイです。夢を見てからが本番です。さて進捗です。とにかく削り、出来るだけ軽くしました。そのうえで残りのブレースも接着して大体整えました。上から見ると全体に驚くほど細いです。あ、Xブレースちょっと傾いてら…私らしさがw一番上の、トランスバースブレースは2本にしました。元のジャンボは指板に沿ってトップが割れること多いので、割れ止めのつもりです。ヤマハはこんなでしたし、強すぎてマズ [続きを読む]
  • 悩ましのトップ
  • 主要部分のブレースを接着し、削ってます。見た目はソコソコに出来上がりつつあります。ソモギな形、なかなか面白いです。でもやっぱり形はあんまり意味ないんです。このままだと良い音が出るはず無い、、と思います。感覚として、次の2点が問題です。タップ音が響かない曲げ強度が高すぎる同じXラティスの過去の失敗作と比べました。この比較からも、現状は重すぎ強すぎと判断しました。そういう物性によるタップトーンです。動画 [続きを読む]
  • ラティスのアコギの音
  • 鬼の連投は明日で終わります。昨日の夜時点の私のXラティス。まだまだ、です。Xラティスパターンの音、イメージは有ります。実際のところどうでしょう。乱暴にXラティスのギターを並べます。30秒ずつくらい聴けば共通性がわかるかも知れません。Somogyi 1Somogyi 2MorrisYokoyama Guitarsここでクエスチョン(ふしぎ発見風)。次のギターはラティスを使ってるでしょうか?Michael Greenfieldのギターです。ラティスはいずれも抑制 [続きを読む]
  • どうでもいい補足
  • ロゼッタについてちょっと改めて。私の製作の記録として一応残しておきます。銀河塗りという名の通り、宇宙のイメージです。全体のデザインに、銀河というテーマに沿った意味を持たせてます。45度ごとにパーフリングで枠を取ってます。これは、宇宙船の窓のイメージなんですね。例えばファルコン号のコクピットとか。デススターの皇帝のお部屋とか。私はスターウォーズオタクでもsi fi野郎でもないですよwスターウォーズはサブカル [続きを読む]
  • 重い思い
  • 最近書きたいことが多いです。溜まってるんだろうなーと。ただの呟きなのでお時間のない方はスルーでお願いします。製作をしていてよく思うことが有ります。好き=良い ではない。好きの見極めは簡単、良いの見極めは難しかったりします。好きなのは自分の話、良いのは自分以外を含めた話です。良さの方向性や質を知らないと判断出来ません。ものを作るとき、自身の感覚を信じてはいけないと思います。自分の好みや価値観から少し [続きを読む]
  • タイトボンド接着の話
  • みんな大好き?タイトボンドです。ギターDIYをやる人はほぼこれを使う定番ですね。ただ、接着方法はどうなんでしょう。昔からの知識でなんとなくやってますが。。手順として見ていきます。何かあれば教えていただきたいなと。接着するものの面がちゃんと出ているとして(出てませんが)。まず、接着面の脱脂。私は燃料用アルコール(有毒)でやってます。布の場所を変えながら2、3回拭く感じ。ギター製作やリペアで脱脂に触れてい [続きを読む]
  • ラティス やです
  • もうストレスフルで吐き出さずには入られません。ほんとご迷惑おかけします。作りました。ブレース材の寸法出し(3.5×14)をそこそこにやって、切るところマーク。切り欠きを作っていきます。1本は切り過ぎて作り直し…チョコチョコチョコチョコと4箇所もやらねばならぬ!ぶっちゃけ精度低いです…でも交点にキャップをするから大丈夫。だと思います。着手から4、5時間でなんとか形になりました。大体こんな位置に来ます。見る人 [続きを読む]
  • 逃げたい
  • 製作から、現実から少しでも逃げたくてブログ投稿が多くなってます。コメントは無理なきようお願い致します。Xブレースにブリッジプレートを噛む溝を作ってトップに接着しました。製作途中の写真。ここの加工、苦手です。0.05ミリ以下の隙間が何箇所か出ちゃうんですよね。で、接着が終わりXブレースの一次加工です。こんなもんかなと。見る人が見ると、マジで?という形なんですねー。知ってる人少ないと思いますが。形状は今回も [続きを読む]
  • なんか好きなアコギの写真
  • アコギと言っても私のトップ。また途中すっ飛ばして、昨日撮った写真です。部屋の中での実物は異様で、眺めているとナウシカの腐海の底を思い出します。なんかいいwどこかから、製作ナメてんのか!と怒られるかも知れません。というか怒って欲しい。ナメてねーよバカヤロー!と、アウトレイジな返しをしたい私です(バカヤローと言いたい)。では。 [続きを読む]
  • 現実に追いつけ
  • 相変わらず緩慢な製作をしているチュウハイです。アップしてない製作過程をざっと載せます。ロゼッタ製作前、1回目の厚み調整。手作業で死にかけました。ロゼッタ製作中も死にかけ、厚み出し2回目。フラットに近い2.65mmから2.85mmにしました。曲げてみると、本柾目の部位は追い柾目の部分より明らかに曲げ強度が高いです。中心部に本柾がきてるので、敢えてフラットに近い状態に。Xブレース製作。今回は高さ17mm、幅6.5mmです。元 [続きを読む]
  • 分かってる風なやつこそ胡散臭い
  • ええ、私のことでございますよ。いつも胡散臭いことばかり言ってスミマセン。先日、とあるところで次のような記述を目にしました。「このアコギは倍音効果でサスティーンがよく効き」ば、ば、ば、ばいおんこうか!?何それ?倍音が音を伸ばしてるみたいな言い方です。私が知る限り、体感する限り、倍音そのものはサスティーンとは関わらない気がします。関係あるんですかね。。見ていると、これを書いた人はカタログスペックみたい [続きを読む]
  • 無い物ねだりかも知れない
  • 勉強、という口実で作業をせずギターの音を聞いてます。やっぱり、私が知る範囲で大好きな音のギターというのはロマニリョスとブーシェの音です。アコギでそこまで好きなモノにはまだ出会ってません。Robert Bouchet(3:16〜)Jose Luis Romanillosああ、どっちもたまらん!奏者・奏法の要因も有りますが、ちゃんとブーシェの音、ロマニリョスの音がしてます。自分で作るアコギには、僅かでもこういう音の香りを持たせられたらいい [続きを読む]
  • ちょっとひと息
  • 製作本番前に早くも燃え尽き気味なチュウハイですw今週は真面目な作業はお休みして不真面目なことを。元のJumboのローズウッド指板と今回のロゼッタは色調が合わんのですね。縞黒檀と並べてみると、明らかにローズウッドは存在が軽い。黒のスーツに茶のシューズはNGというのはこういうことですな。だからと言って、今回指板を作るつもりは有りません。染めます。下塗りがプリンターインク、上塗りがマッキーですwほれマグロの出来 [続きを読む]
  • アコギロゼッタ製作の動画製作
  • 本日連投となってしまいました。初のちゃんとしたロゼッタ製作を形に残そうと。コンテンツとしても面白いんじゃないかと。いろんな意味で出来立てホヤホヤです。いやー、やっと終わった。製作はとにかくキツいことが多かったです。4時間に及ぶ溝彫りで挫けそうになったり、アロンやマニキュアの匂いで気持ち悪くなったり。現状。塗装前なので#400研磨のみで、白くボヤっとした見え方です。塗装後に最終仕上げです。水引きするとち [続きを読む]
  • 実を言うと
  • ブログの記事より現実は結構進んでまして。今日、朝からぶっ通しで作業してこんなんなりました。でん!でんでん!ででんでんででん!銀河塗りロゼッタ、完成間近です。あとはエポキシをいれて面一に均せば完成です。ガラッと雰囲気変わる予定です。いやー、大変だった。腰がものっそい痛い。日曜に疲労困憊してどうすんだ。でもいい感じになりそう?じゃないですか?製作については後追いで記事にしていきます。では。 [続きを読む]
  • 初秋の作業1
  • 秋の製作を始めてます。最近の作業をダイジェストで。トップの接ぎ合せ。2枚重ねで接合面の鉋がけ+サンディング。接着。一枚板になり、1次の厚み出し開始。使用個体のバラし。以前使用したJumbo J-25です。指板剥がし。刃を付けて良かったパレットナイフ。面白ポイント2点。やっぱ昔の日本製は…貫通。リセット不可。トップを剥がして、やあ懐かし。ブレース材カット。19mm厚500mm長をオルファのクラフトのこで切るバカがここにい [続きを読む]
  • 強い鳴りを取り戻す!?w ナット溝の深さ調整
  • 先週に引き続きナットの話を。少し前に、駄コギ筆頭CPXの酷いナットを交換しました。ナット溝の深さは、どちらかと言うとプレイヤビリティの面で語られることが多い気がします。しかし、ナット関係で最も根本的に音質に関わると感じてます。私のナット溝は多分かなり浅いです。特に1、2弦は一般的な深さではないと思います。ピンぼけ写真じゃ分かりませんね。イメージとしてはこんな感じです。市販の成形済みナットそのままだと全 [続きを読む]
  • 密かに
  • 今週は少しずつ図面(?)を書いてます。何度も書き直して、バシっと決まった瞬間は何やら嬉しいです。パターンのちょっとした違いはあまり重要じゃない筈ですが、しっくりくる形てのがあるんですね。素人のくせに。あと、ブリッジプレート材の選定をしました。10本ほどの中で、この材は突出してタップ音が良かったです。薄板なので気合の厚みカットしないでいいのが嬉しいです。ところで、誠に恥ずかしいカミングアウトをします。 [続きを読む]
  • 銀河塗りの研究
  • 銀河塗りロゼッタ、いろいろ試してます。レッド単色。可愛らしい感じでアリです。レッドとオレンジを個別に流し、要所に爪楊枝で塗料を追加したパターン。これは綺麗。銀河感が有ります。しかし、いずれもエポキシの吸い込み、流れ、気泡、硬化収縮の問題が。作り方を変えました。パーフリングの荒さに注目してはいけません。ラッカーを数回吹いて研磨してあります。ギターに置くとこんな感じ。塗りもエポキシの色もイマイチですが [続きを読む]
  • 貧乏工作 ナットサドルの底面
  • 芋さんのリクエストにお応えしまして。手作業で完全に近い平面を出すって難しいですね。ナット・サドル底面・平面を作るのもなかなか面倒です。私がやっている方法を紹介しますが、より良い方法があればお教え下さい。アルミ角パイプを使います。多分1本1,000円ちょいだったかな?100均の金鋸で切断して使います。勿論、ストレートエッジを使うのが1番ですが、アルミパイプでもそこそこの精度は出せます。このようにパイプの上にペ [続きを読む]