キャプテンチュウハイ さん プロフィール

  •  
キャプテンチュウハイさん: アコギの1丁目1番地
ハンドル名キャプテンチュウハイ さん
ブログタイトルアコギの1丁目1番地
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/captain_chuhai
サイト紹介文極力なんでもDIYで作ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/05/26 12:55

キャプテンチュウハイ さんのブログ記事

  • 新しいアコギ
  • 数日ぶりの投稿ですが、しばらく間が空いたような感覚です。血迷ったわけでもなく。諦めたわけでもなく。普段使い用に1本くらいはないと困る。そういう判断で買いました。ちょっとだけコメントしときます。ほぼ誰も知らないハンドメイドギターです。ブランドは秘密wトップに少しだけベアクローが見られます。サイドバックは、大好きなココボロ。バックブレースにXを組んでるのは珍しいですよね。身の丈に合った、余計なことをやっ [続きを読む]
  • ロゼッタの改善施試作②
  • はい。我ながらとてつもなく雑なのですがw発色に関しては、予定通りバッチリ、かな。もうちょい綺麗に色を出せると思います。あとは出来る限り深く溝を作ること。それがこのロゼッタの肝になると思います。奥行き感の表現で。で、何故かドレメル3000を買ってしまいました。ポイントで。ほんとはトリマーが欲しいんですが、騒音がでかすぎるので…これで。では。 [続きを読む]
  • ロゼッタの改善施試作①
  • 何も作ってないと手持ち無沙汰になります。職業でもないのに職業病です。ロゼッタ。ガラスの色が抜けちゃってるのがやっぱり気にくわないです。原因と対策に見当がついたので、試作します。溝彫って枠入れて下地着色し、ガラスを配置、までは一緒です。ここでこいつの登場です。下地着色と同じ、タミヤカラーエナメルのクリア。色が抜けたのは、ガラスの着色がエポキシに溶出してしまったことによります。なので、エポキシを入れる [続きを読む]
  • ココボロ、ジリコテ、エボニー
  • 以前書いたかなぁ。覚えてません。重複してたらスミマセン。少し前に買った木材たち。どれも、見て愛でることが出来るレベルですw左からいきましょう。ジリコテ(シャム柿)カッコええぇ。板目材だともっと激しくエキゾチックな木目が出ます。トップクラスの硬度で、タップ音はキンキンです。一部のアコギサイドバックに使われてますね。ちなみに、白い部分はアコギ業界では「サップ」(英語)と呼ばれてますね。見た目にカッコい [続きを読む]
  • ギターを弾くものに差す、光
  • 練習中、自らの身体に差す後光に気が付きました。ヒドイな、と。暑いですね。エアコン修理待ちで、PCを使った作業をやる気になりません。エアコン、、、、ただの故障ではなく、人的ミスによるトラブルを複数見つけてます。施工したやつ、まじでぶっころ…と思ってますwでは。 [続きを読む]
  • ピッキング一進一退
  • 今日撮ったものです。未だにカメラを意識すると調子が悪くなるというか。調子が良くても大して変わらんのですが。ピッキングというのはどうしてこうも難しいのか。基本は「ゆっくりで弾く」でしかないのですが、早いテンポの中で安定したピッキングが出来るという状態もとても大切だと思いました。<お詫び>今朝がたの記事、寝ておらず変なテンションで書いてしまいました。見返して、何書いてんだろ…と思いました。すみません。 [続きを読む]
  • 今やってること
  • またダラダラとしてまして。現在何をやっているかと言うと。マッピング、と言えば良いでしょうか。トップの「どの位置で、どの音が、どのくらい、鳴るのか」を可視化しようとしてます。木を弄るよりただの研究みたいなことですね。意味があるのだろうか、と思いつつ。では。 [続きを読む]
  • 右手がぁぁぁ
  • はい、鋭意ピッキング練習中です。改善改善、でピッキングフォームが日替わりです。しかし、常に変わらぬことがあり。右手に要らぬ力が入っちゃうんですよね。「楽器をしっかり鳴らしたい」という気持ちが前に出過ぎ…とはいえ、1週間前よりはだいぶマシになってきました。今回は、私の中でのダメダメなピッキングと、マシになったピッキングの動画を並べてみました。練習を動画に撮るのが、凄く良い練習になってます。ダメなとこ [続きを読む]
  • 枯れた音?
  • 唐突ですが、「枯れた音」ってどんなもんでしょう?枯れた=乾いた ではないですよね。これは枯れてるんでしょうか。こっちはどうでしょうか。このトーレスは枯れてるんでしょうか。アメリカで活躍する製作家、松田倫宏さんによれば、「枯れ」は英語では恐らく「rich」だ、と。↓動画は松田さんの紹介で、枯れとは関係ありません。richの方が言葉としては分かりやすい感じがします。私の中では、重さよりも軽さを感じるという部分 [続きを読む]
  • 何故か、ピッキング
  • 相変わらず調査段階です。手を入れる前に、より確信に近いものが欲しいです。大まかに見当をつけているものの、どのブレースのどこ?はたまた板厚か?というところで悩みます。なぜか最近真面目に練習してます。ギターの持ち方から何から見直し中です。前回の動画より、無理なくちゃんと鳴らせてきてます。少しだけ。ちゃんと鳴らせてる感が出てくると、楽器が突然変わる気がします。あたかも「それだよ、それ。ちゃんと鳴らしてく [続きを読む]
  • 目に見えない資格
  • 気持ちは正常運転に戻りました。今日まで御託を並べることにします。なんでわざわざ作るのか、なんで欲しいのか、と。楽しく弾きたい。あと、自分が表現出来る範囲の上限のものは欲しい。そんなところです。とはいえ、例えば今。ルシアーもののギターを誰かがくれる、としたら。Michael GreenfieldやKevin Ryanのギターがもらえるとしたら。弾き手としての自分は、要らないなと。作り手としては欲しいですけどね。分解、はしないと [続きを読む]
  • 作業する気がない
  • あー、ガス欠です。やる気がない。。。明日こそやれるだろうか。。鬱々としているので、皆様へのコメントは遅れると思います。昨日書いたトーレスのこと。あれはあれで、私の中では明確なのですが。価値相対主義と絶対主義、であるとか、独善、であるとかいろいろ思うところもあるのですよね。複雑にしてはいけないのだけれど、簡単でもない。個人的な好みの話で言えば、ソリッドなものが一番好きで。色気みたいなものはそぎ落とし [続きを読む]
  • アコギの正しい姿
  • あー、もう分かりました。悟りました、はい。もうね、トーレス(Antonio de Torres, 1817-1892年)なんです。150年ほど前に、箱ギターってやつは完全に完成されてます。プリウォーなんとかだろうが、ルシアーものだろうが、全てのクラギとアコギはトーレスの影響下に有ります。優れたギターってそうですもん。大なり小なりトーレスに似てる。そして、この地球にはトーレスを超えるものはありません(多分)。こんなのを私が作るの [続きを読む]
  • 微に入り細に入り
  • ちょっと忙しく、ほとんど作業をしてません。現在、現状把握などをしているところです。例えば、1弦0F〜9Fの単音を鳴らしていったときの波形です。400〜450Hzあたりに明らかな谷が有り、2倍音に負けてます。ここは実際に弾いていても、明らかに基音が鳴っておらず、トーンの印象が悪いところです。全体(300Hz〜500Hz)として基音の増幅が弱いですね。あと2倍音と3倍音のバランスも悪いと思います。という具合に、波形レベルでは1 [続きを読む]
  • 軸ブレ修正
  • 私にしてはものわかりが良すぎた。反省。まだやってやる!サイドに大穴開けて、弦を張ったままブレースを弄れるようにするかな、と。あとはデータとにらめっこ。分析がかなり面倒ですが、時間をかける価値はあると信じてます。どうせこのままだと、触りたくないギター。すなわち1ヶ月かけて作ったゴミですんでwでは。 [続きを読む]
  • ついに音出し
  • どうしても1ヶ月はかかります。ようやく弾ける状態になりました。パーツの組み合わせを確かめて、少し調整した状態です。牛骨ナット(スキャロップ)牛骨サドル(膠埋め←罪悪感半端ない)Tusqブリッジピン(長さカット)では音です。ギターとしては、てんでダメですねwタップ音の波形から予想していたことが概ね当たりました。予想のざっくりした部分のみ書きます。・全体のバランスはそこそこ・鳴らしたかったところは鳴る・コシ [続きを読む]
  • タイトボンド Genuine Hide Glue使用感
  • さて、ここまできました。サドルは置いてあるだけですけど。あとほんのちょっとで音出しです。トップ、指板、ブリッジの接着は膠タイトボンドを使いました。これ、いいわ〜。という感想です。オリジナルと比較して、半透明で位置決めしやすく、クランプ時の滑りが少ないです。また、タレにくく拭き取り易いです。流動性の低さが作業のしやすさに繋がってます。ただ、多分注意が必要で、木材への浸透性があまり良くないボンドです。 [続きを読む]
  • とにかく推す
  • 少し前に知り合った「よぐさん」の新作。http://www.nicovideo.jp/watch/sm33288926私はアニメ好きでもないし、萌え好きでもないです。でもよぐさんの声はなんか好きなんですよね。とにかく好き。ただいま指板接着中。では。 [続きを読む]
  • どうでもいいジャパンビンテージ
  • はい。アンチジャパンビンテージのチュウハイです。2016年末に買ったこのアコギ。ネット情報なし、どこかで見たけど思い出せないヘッドロゴ、70年代にしては特徴のあるブリッジ。不明のまま放置してましたが、出どころは突き止めました。京都の月光堂という楽器屋さんのPB商品。こういうやつ。ヘッドロゴ、ブリッジ形状が一致しているので確定で良いでしょう。通常、月光堂のギターはGABO、GEKKOというブランドネームです。私の個 [続きを読む]
  • トップ完成…かな?
  • さてボイシングの続き。前回はこんな状態でした。微調整の積み重ねで、かなり削り込みました。これで完成、、かな。大きく変わったのはサイドバーとXブレース上側のスキャロップです。Xブレース上側のスキャロップは、奇をてらったわけではなく、「木の声が導いたから」ということにしときます。カッコつけて。タップトーンの波形はこんな状態。バランスとしては惜しい!という感じだと思います。400Hzあたりは、本柾の材だったら [続きを読む]
  • タップチューニング
  • あんまり書くことがないです。昨晩時点のブレース。昨日アップしたときよりもかなりスッキリさせました。ブレースを接着しただけの状態とタップ音を並べてみました。良くなっているのは当たり前ですねwここまでは割と闇雲でも出来ます。ここからです。目指すべきタップ音の波形のイメージは出来てます。今何が足りないかも分かってます。実現方法が、ねw今日は手を動かすのはお休みにします。製作中もギターを触るようにしたのです [続きを読む]
  • 日本人ルシアー6人のギター
  • ドルフィンギターズの新しい動画で、日本人ルシアー6人のギターを古川忠義さんが演奏されてます。一線で活躍するプロの方々のギターですから、さすがに完成度が高いですね。ただ、へそ曲がりな私はこれを見て腹に一物どころでなくいろいろと抱えます。が、偉そうに言うまい。。。私のはと言うと、昨晩でこんな状態です。見てくれはそれらしい感じになってきてますが、まだまだ。タップチューニングというのはホントに難しいです。 [続きを読む]
  • 幾つかの初体験
  • さて、ブレース類の接着は終わりました。長かった。。かなり雑なうえに、またXブレースが傾いてやんのwそれもこれも、初の膠のせい(にしておく)。毎朝毎晩、膠を温めました。とにかく扱いにくいです。濃度、膠と接着物の温度管理、短いオープンタイム、超速のクランプ、ふき取りにくいはみ出し…いろいろあり過ぎ。くそー、やってられるか!心折れて、Xブレースの傾きも直さず。呑んでテレビを破壊したオヤジの気持ちが良く分か [続きを読む]
  • 超面白いブレースの影響
  • 今回の取り組み、かなーり面白いです。面白いのは私だけかも知れませんが。とりあえず3つの状態のタップ音を上げときます。①ブリッジプレート、Xブレースを接着した状態②Xブレースをナイフエッジ形状に整形した状態③トーンバーを1本接着した状態予想通りでも有りますが、体感的に予想をかなり超えました。「トーンバー、ここまで影響してるのかっ!?」と思いましたよ。うほほほwなんつーか、こういうコンテンツが何で今迄ネッ [続きを読む]