ガッテン さん プロフィール

  •  
ガッテンさん: ガッテンと徳島カクタスクラブ
ハンドル名ガッテン さん
ブログタイトルガッテンと徳島カクタスクラブ
ブログURLhttp://tokusimakakutasu.blog.fc2.com/
サイト紹介文私ガッテンの記事と、徳島を拠点にサボテンと多肉植物を栽培している徳島カクタスクラブの活動報告です。
自由文このブログを通じて、徳島カクタスクラブの活動状況を報告し、多くの人にサボテンと多肉植物の魅力を知っていただきたい。
併せて私個人の栽培記録を残していきたい。
日記のように毎日は無理でも、1週間に1度のペースで記事を書けたらと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/05/26 14:08

ガッテン さんのブログ記事

  • キリン団扇接ぎ その2
  •  前号に続いて キリン団扇接ぎの現況です。今回は、斑入り?(怪しいのもある)特集です。 金冠竜 ヘキラン 1 同 2 兜丸 恩塚白ラン 種蒔:H30年5月20日 緋冠竜 1 同 2 ベタ斑? 同 3 これも 銀冠玉 人気種だから期待できそう 同じような写真が続いたので 今咲いている銀冠玉の花でも キリン接ぎ降し 綿毛が出始めたが 構わず頭か ら灌水 キリン根だから 毎日灌水した いが 球体が湿気た土に直接触 れ [続きを読む]
  • キリン団扇に接いだ刺物達を紹介していきます
  •  標記のとおり、昨秋以降から実生接ぎした刺物のオンパレードです。多過ぎて 一度に紹介できないので、数回に分けます。フェロカクタス属が中心で、購入名は前書き(特徴)が長すぎるので 品種名に留めます。特徴は購入時には必要ですが、 成球になれば分かるはずだから。全て 来春には台を5cmほど付けて降ろす予定。 基本このように 4株/鉢 です だから個々に撮影するのが難しい (;´ρ`) これは さほど大きくはないのです [続きを読む]
  • 合同例会に出品する苗を準備しなくちゃ
  •  四国の3県には、それぞれカクタスクラブが存在し、3月と10月に合同例会が催されている。10月21日には 我が徳島が主催して 香川、高知のクラブを招待する格好。それぞれに 余剰苗とか品評苗を持ち寄るのですが、私も参加しなくちゃと準備に入っていた。 撮影: 9月14日 このような寄せ植えを鉢にとる 場合もあるのですが フェロカクタス属 強健種の 王冠竜 こんなに曲がったまま 鉢に 収める気になれない まだ一月以 [続きを読む]
  • 極太竜神木接ぎの金冠竜を降ろす試練
  •  極太竜神木に接げば 病みつきになるほど 良いことづくめなのですが、降ろすのが難しい。発根に難があり、袖ヶ浦のように容易に気根を出さないから、鉢に植えて発根を待つしかなくて、半年〜1年かかると覚悟しなければならない。それに発根しないまま衰退して昇天することも珍しくない。反面、発根に成功さえすれば、袖ヶ浦より硬くて忍耐力がある(引っこ抜きは厳禁) 降ろした直後ですが とりあえ ず鉢に収めて鑑賞 偏平で [続きを読む]
  • サボテンに肥料は必要か
  •  突飛もないタイトルですが、栽培歴60年の当クラブ顧問の真面目な疑問なのです。昔、このことで ある有名な業者(主)と意気投合したことがあったそうです。下の写真を見れば 肥料は必要ないのかも知れないな と思うのではないでしょうか。 袖ヶ浦(花袖) 高さ 80cm 鉢寸法 90×90×120mm 緩性肥料を数粒入れただけですが こんなに 小さい鉢で これだけ育つものなのだろうか フレームの天井に届いてしまったので 取り出 [続きを読む]
  • レブチャ属の運命
  •  レブチャ属は小苗のうちはかわいいのですが、成長に連れ たくさん吹き出す仔が邪魔になり花数も減少する。花が魅力の属だから、より多くの花を咲かせたくて基本 接ぎ木で育てている。接げば 実生苗とは比較にならない程 親からも仔からも たくさん花が咲く。短所としては、成長が良すぎて姿が変形しやすく 寿命も短くなってしまうがことですが、年期で風格が出る品種ではないから気にしない。常に 若くて元気な苗から咲く花を鑑 [続きを読む]
  • ヘキランの実生苗いろいろ
  •  前号、前々号と ランポー玉の稜数について記事にしましたが、今回も引き続き その話題です。まずは三角ヘキランの実生苗をご覧ください。 現在は徒長していますが 私が このままにしておく筈がない たぶん私しか実践していないと 思いますが それは後ほど 7.5cm角鉢に18個植えている うち 4稜が3個、2稜が2個 残り 13個は3稜 これが 2稜の2個 他と比べて小柄なのは仕方ない さて、これが徒長苗を仕立て直 したもので [続きを読む]
  • 鸞鳳玉の稜数について
  •  前号では 主に2稜ヘキラン(碧瑠璃鸞鳳玉)を題材にしました。鸞鳳玉は通常5稜で、4稜ヘキランは碧方玉と呼ぶ。だったら4稜ランポー玉は方玉と呼びそうなものですが、それはない。今回は、3稜に限定してみます。 三角ランポー玉 三角恩塚ランポー玉 袖ヶ浦接ぎ降し 三角白ラン? 三角ヘキラン キリン団扇接ぎ降し 三角ヘキラン錦 (惜しくも1稜だけ錦) 碧方玉錦 袖ヶ浦接ぎ降しよく 三角ランポー玉はすぐ増稜してし [続きを読む]
  • 2、3、4 稜 鸞鳳玉
  •  三角ランポー玉を実生すると 稀に2稜に出会える。2稜をいつまで保てるのか ちょっと気になった。というのも、2稜の標本球を見たことが無いから。 キリン団扇接ぎの2稜ヘキラン 撮影:2017.07.28 接ぎ降しと同時に 2、3、4 稜を一鉢にまとめた その時の写真が無いが もっとはっきり2稜だった 撮影:2018.05.23 撮影:2018.06.16 撮影:2018.09.21 2稜は完全に4稜に増加した どうも三角は頭部が潰れるのが 多い グ [続きを読む]
  • 24号よ お前もか? もううんざり
  • 前回の台風21号に続いて、当地の真上を通過しそうな 今年3度目の大型台風が迫っている。出窓フレームから追いやられた ベランダのキリン団扇を自室に取り込んだ。会社が受注している洪水流量観測は 2度実施する契約だから 既にノルマは達成し、今回は家に居られる。 1ピン離れた位置と対になっている 自室のパター練習の一角(穴は5mm凹んでいて実感がでる) オーバーしたボールは籠に収まる ここにトレーを運んできて こん [続きを読む]
  • 接ぎ降しに失敗したが
  • 接ぎ降しに失敗したが、そのまま気長に放置していたのを2種。 テロカクタス属 鶴巣丸? キリン団扇接ぎ降し 降しに失敗したのを そのまま 放置しておいたら キリン団扇は腐敗して 繊維が 少し残っているだけ 身は萎縮しきっている 発根したのはキリンから? キリンの根には見えないが ともあれ 根さえ出れば一安心 植え替え後 たっぷり灌水 半月でこんなに元気になった 銀冠玉錦 キリン接ぎの仔を外して袖ヶ浦 に [続きを読む]
  • ギムノカクタス属って
  •  恥ずかしながら、ギムノカクタス属というのがあるのを今の今まで知らなかった。 これを入手した時 ギムノカクタス属? キムノカリキューム属の間違い だろう くらいに思って ラベル にもそう書いた  それにしても これは違うな? ギムノとは程遠いな くらいの いいかげんな扱いだった 正しくは(事典より) ギムノカクタス属 フィレッキー×マジョール viereckii v. major  でした そういえば過去に この属の [続きを読む]
  • 大分丸が慎ましく開花
  •  温室内の特等席を与えられないせいか、体つきに似合わない貧相な開花。次の蕾を探しても見当たらない。まさか、今年はこれっぽち咲いておしまいなの? レピドコリファンタ属 大分丸 県の名前が付いた品種を他に 知らない(明石丸,姫路丸,高崎丸,明宝玉 なら存在する) 明宝?スキーヤーには有名で 今シーズンも出かけた村 他に蕾は見当たらない いくら日当たりの悪い所に置い てあるといってもこんなに元気 なんだか [続きを読む]
  • 大型蓬莱宮は小さいのがお好き?
  •  当会のセリで4年ほど前に入手した バルツチェラ属 大型蓬莱宮。翌年 開花したっきり ちっとも動かなくなった。群生するのを見越して大き目の鉢を選んだが、今春 小さい鉢に植え替えてみた。 撮影:2015.06.19 入手した翌年の開花画像  5輪群開  まだ蕾が残っている 鉢はプレステラ深鉢 寸法:75×75×110 3年ほど植え替えなくて済む ように少し大き目を選んだ。 仔も吹いてくるだろうし ところが ここから動かなく [続きを読む]
  • ベットボトル用の漏斗(ジョーゴ)を作ってみた
  •  固形肥料の大粒とか 荒目の化粧砂だとかは、大小のペットボトルに入れて管理するのが便利。ところが、ボトルに移すのが一苦労で 詰まったり 床に粒が飛び散ってしまうことがしばしば。小粒に使えるジョーゴはあるが、大粒には使えない。仕方なく 厚紙を三角錐に丸め ガムテープで留めて、と急場しのぎの代用品を使っていた。閃いたこれは間違いなく 特許出願すべき製品であろう。 が 商才のない私は もったいぶらない これがペ [続きを読む]
  • 根元が太らない実生竜神木をカット
  •  標記のとおり、成長を促すために根元の か細い部分をカットしてみたら。 寄せ植えから接ぎ台用に 一本 植えに仕立てたいが 細い根元 のままだと 成長が悪いのは 検証済み それに安定しない そこで細い部分を残してカット している。 すると こんな風に空洞になっ ている苗が3割ほど見受けられ た 例によって 切断面には水溶き ボンドを塗布して乾燥を早めて いる 穴にも満タンに流し込ん だが乾くとこのとおり。 [続きを読む]
  • 銀冠玉が身割れした
  •  銀冠玉の実生苗が身割れしやすいのは経験済ですが、成長の早さからして以外なことですがキリン団扇接ぎ苗が身割れしたのは初めてです。 ロホホラ属 銀冠玉錦(斑なし) 不純な動機で好みでもないのに たくさん実生した そして キリンに接いだら1年 で開花する個体が出現する有様 偶然ですが キリンと相性がい いと判って面白半分に接ぎま くった これが手始めの苗ですが 身割 れを経験したことはなかった 即売に出 [続きを読む]
  • 今月の例会報告
  •  今月の例会参加者は、写真の14名+撮影者(私)と遅刻者の 16名でした。良く世話をしてくれる 若い夫婦が欠席だったのが意外。年配者が多い中、中央の赤と白の服が艶やかでした。 やはり冒頭の話題は 台風による被害報告でした。当クラブ会員達に被害は及ばなかったが、進路の右側に位置する 和歌山、奈良、京都方面の温室は被害が甚大だった方も多いのだとか。次の話題は 来月 徳島会場で行われる 徳島、香川、高知 各クラブの [続きを読む]
  • 開花した黄刺大虹錦
  •  私のお気に入りのひとつ、黄刺大虹錦の花が咲いた。既に3っつ萎んでいるから、今年は蕾を含めて12花。傍らで普通の大虹も咲いていたので、初めて交配もしてみた。 ノトカクタス属 黄刺大虹錦 スクスクと育って こんなに大 きくなった 鉢回しを怠ると すぐ太陽に 向かって傾く だんだんと寄って見よう 交配を終え 花を少しカット して蕾を写してみた 鳥の卵みたい 一方こちらは 普通の黄刺大虹 かつての競作苗で こ [続きを読む]
  • 春に胴切りした 太白丸が未だ発根せず
  •  台風21号は早々の進路予想が的中し、勢力を保ったまま当地に上陸しました。あいにく 仕事(洪水流量観測)で家には居なかったのですが、我が家の被害は6時間停電した程度で済みました。家もあまり揺れなかったみたいで、暴風は案外台風の進路中心域より 100km位右側の地域のほうがより強烈で、今回も関空等では甚大な被害が出てしまいました。泣きっ面に蜂か、間髪入れずに北海道で巨大地震が発生し、被害には絶句 電力も当分復 [続きを読む]
  • 種子の消毒について
  •  ツルビニカルプス属 アロンソイに魅せられて購入種子を蒔いてみたが、見事に失敗。 8月12日に播種した 9日経過した21日の様子 まだ発芽しないで糸状菌が発生 してしまった もう発芽は期待できない感じ だから やけくそで エタノール を噴射してみた 更に10日経過した様子 エタノールが効いたのか しば らく菌は死滅した感じだった 蓋を開けると まだ消毒臭が 残っているというのに 何だこれは ここまでくると 美 [続きを読む]
  • やっと咲いた袖接ぎの アロンソイ
  •  地植えの極太竜神木接ぎアロンソイは、ほぼ1年中(いつ見ても)蕾か花を付けていた優秀美化だった。惜しくも接ぎ降しに失敗したので、今度は失敗しないようにと袖ヶ浦に接いでみた。ところが、成長はいいのに蕾を覗かせるだけで、花が咲かなかったのです。 ツルビニカルプス属 アロンソイ 内側の蕾はとっくに顔を出して いたのですがこれ以上大きくな らなかった しかも黒っぽくて ポロリと外 れてしまっていたが どうや [続きを読む]
  • 疑問 接ぎ台としての大豪丸
  •  台風21号 お前もか!今回のは相当な勢力を保ったまま四国の東部付近(当地)に上陸するのだそうだ。前回の20号同様、洪水流量観測に出動することになったので、この記事が公開される10:30には悪戦苦闘の真っただ中のはず。家はもちろん 温室とかフレーム等が心配ですが、家を空けなければならない。駄物の代表格 エキノプシス属、歩道沿いにサボ花園を! と挑戦している日々。もう6年も挑戦しているが、まだ思った園にならない [続きを読む]
  • 救済接ぎは ァァ−
  •  最悪! 牡丹の舞の救出接ぎ 4本は全滅でした。またまた Rさんにニマニマと笑われてしまうー  Σ( ̄ロ ̄lll)救済接ぎの様子はこちら2本、いや1本は完璧に接げたと思ったのですが、ショック。春に行なった ルエッティー救済接ぎは (10本ほど) 全て成功したのに、時期が悪すぎた。 これが元木で 腐った接ぎ穂か ら仔が4本出ていたのを救済接 ぎした 大部分切除したが 青い部分も 残っていたのに 花袖に接いだのは こん [続きを読む]
  • 生き残った砂漠のバラとパキポ
  •  沖縄の植物園で咲いていたピンク花の 砂漠のバラ(名札から)が目を引いた。そこで、平成21年に種子を購入した この砂漠のバラ(アデニウム・オベスム) その後 ブルーと黄花の種子も購入してみたが、待ちに待った花が咲いたのは一昨年でした。多肉はド素人だから、何年くらいで咲くのかは知らないが相当手間取った。この記事を書くに当たりネットで育て方を調べたら、ほぼサボテンと同じでいいと確認できた。そして花は(簡単に [続きを読む]