ようゆか さん プロフィール

  •  
ようゆかさん: フィールドテスト | 自転車世界一周
ハンドル名ようゆか さん
ブログタイトルフィールドテスト | 自転車世界一周
ブログURLhttp://yyfield.blog.fc2.com/
サイト紹介文夫婦で自転車世界一周中。 元研究員が世界というフィールドで色んな実験・検証していく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/05/28 06:05

ようゆか さんのブログ記事

  • いつか役に立つかもしれない「カンボジア小ネタ集」
  • 単独では文章が続かないけど、ちょっとしたネタがカンボジアにはいっぱいあったので、一つ一つ真面目に突っ込んで行こうと思う。小ネタと言えば、関西で絶大なる人気を誇る探偵ナイトスクープの「小枝探偵による爆笑小ネタ集」が面白かったなぁ。Here we go!ドリアン、ジャックフルーツ禁止!ちょっと小洒落た店に書いている場合が多い。タバコ禁止。動物禁止。ドリアン禁止。何とも南国っぽい。ちなみに、ドリアンは「麝香(じゃ [続きを読む]
  • カンボジアの医療制度と病院 課題山積みの現状
  • カンボジアは経済的には世界最貧国の一つであり、農業、観光以外に産業といえるものがないため、外国の援助に依存している。経済的自立もできていないため、医療や衛生の分野でも大幅に整備は遅れている。その原因として何よりも大きいのが、1970年代からのポルポト政権による知識階層の殺害だ。これによって医師、助産師、看護師などの医療職のほとんどがいなくなり、 内戦終了時に生き延びていた医師はわずか20人程度と言われて [続きを読む]
  • カンボジアの食 元フランス領の味付けが秀逸
  • タイからカンボジア(ポイペト)に入国し、シェムリアップまで来た。その道中に出会った食べ物について紹介しようと思う。軽食が何でもおいしいバケットサンドが衝撃の美味しさカンボジアはフランス領だった名残で、意外にもパンが美味しい。田舎にもバゲットサンドの店がけっこうある。スイートチリソースとシャキシャキ野菜(パパイヤ?)とプリプリの豚皮や肉が入って、100円程度。これが、うまい!自転車乗りながら、屋台を見つ [続きを読む]
  • バッタ、ヘビ、タガメ、カマキリ、コウロギ…ゲテモノの味は?
  • カンボジアはゲテモノの宝庫である。路上や市場でよく「虫」が売られている。佃煮の虫、素揚げの虫など、料理方法は様々である。日本でもイナゴの佃煮(甘露煮)や蜂の子なんかも売られている。噂では油蝉が美味しいという話も聞いたこともある。 日本での虫食はかなりマイナーな食文化であるが、カンボジアではメジャーな食文化だ。虫は「おやつ」感覚で食べているように見受けられた。販売形態は様々であるが、よく路上(ローカ [続きを読む]
  • シェムリアップの「フレッシュシェイク」が美味すぎる件
  • 暑いカンボジアで水分補給は欠かせない。南国は、果物が豊富にある。ということで、シェムリアップのオールドマーケット付近にあるフレッシュシェイク屋が滅茶苦茶美味しく、コストパフォーマンスが非常に高いので紹介しようと思う。まず、果物は南国のフルーツを中心に様々取り揃えている。見慣れた食材から、見たことない食材まで豊富にある。その中から3種類ほどチョイスし、切り分け、シェイクを作ってもらえるのだ。僕たちは [続きを読む]
  • アンコールワットの熱狂と自撮棒
  • カンボジアのシェムリアップにいるなら、アンコールワットに行かねば!!アンコールワット周辺には他に遺跡が45以上散在しており、それらの見所を観光客が効率よく回る定番ルートは2つある。それが小回りコース(Small Circuit)と大回りコース(Grand Circuit)だ。観光が2日できる方は小回り、大回りの両方を回る。観光が1日しかできない方は小回りコースを回る。みたな感じだ。周る方法は様々だ。自転車、タクシー、バイク、ト [続きを読む]
  • カンボジアのシェムリアップが近代化した件
  • カンボジアの一大観光都市「シェムリアップ」に来た。シェムリアップはアンコールワットがあるため、観光客が非常に多く、賑わっている。10年以上前は埃っぽく、地雷等で手足を失った浮浪者が徘徊し、物乞いが多数いたが、その気配が消えていた。彼らはどこに行ったのであろうか…。世代が変わったと思っておこうか…。深い闇があるかもしれないが、まず街を散策することにした。シェムリアップ、この10数年で急速に発達している。 [続きを読む]
  • タイの田舎のホテルは日本のラブホテル仕様
  • インフルエンザから回復し、アユタヤからカンボジアに目指す道中、町外れにもホテルがあり、非常にありがたい。疲れたから、そろそろここら辺で一泊しようと思えば、期待に応えてくれる。それぐらいの頻度でホテルが点在している。田舎に行けば、ホテルの形態が街のホテルと若干変わる。目隠し仕様(笑)自転車も目隠し。ある意味、自転車安全(笑)この仕様って…。日本のラブホテルだよね。(((((((( ;゚Д゚)))))))タイは日本文化 [続きを読む]
  • タイのレッドブルが有り得ない値段で売られている理由
  • レッドブルは、オーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水である。レッドブルは世界171ヵ所で販売されており、その国の薬事法に合わせて微妙に内容成分が異なっている。ヨーロッパ等で販売されているレッドブルはタウリン入りが売りなのだが、日本でタウリンを配合すると「医薬部外品」扱いになってしまい製造所の基準などがかなり厳しくなってしまうため、通常の炭酸飲料として売るため、タウリンの代わりにアルギニン [続きを読む]
  • 毎日お祭り屋台天国!タイ(バンコク)で食べたオススメ屋台料理
  • アジアに入り、物価が安くなり、日々外食ライフを送っている。タイ(東南アジア)は屋台文化が発達しており、どこでも気軽にご飯が食べれる。衛生観点から言えば、多少悪いかもしれないが、アフリカでも問題なかった鉄の胃袋をもつ僕たちには問題ない。⇒ タンザニアの食 その① 絶品!?ローカル食堂そんな僕たちが屋台やフードコートで食べたおすすめ料理を紹介する。何気なく入った屋台が美味しい辛い味付けの豚ひき肉に失敗 [続きを読む]
  • タイが世界で一番「日本に近い国」だと感じた6つの理由
  • タイに来て、数日経つと、気が抜けてしまった。今まで、旅をしていると、身を守るため緊張感があったが、完全に失せてしまった。トラブルの匂いがする(笑)なぜ、緊張感がなくなってしまったのだろうか?タイには、日本に帰ってきたようなリラックス感で満ち溢れている。こんな気持ちになったのは、この旅初めてだ。とくに自転車乗りは、あらゆる所で注目を浴びる。外国人が来ないような田舎に謎のアジア人が自転車で来るのだから [続きを読む]