Goto さん プロフィール

  •  
Gotoさん: タニタ社員食堂のレシピ考案者後藤恭子のブログ
ハンドル名Goto さん
ブログタイトルタニタ社員食堂のレシピ考案者後藤恭子のブログ
ブログURLhttp://gotokyoko.com/
サイト紹介文タニタ社員食堂を立ち上げた管理栄養士。指導歴約40年、指導者数は5,000人を越えている。
自由文「ダイエットは必要無い」と、本質的な正しい生活習慣を身につけて頂くことを大切にしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/05/28 09:26

Goto さんのブログ記事

  • 若い女性の低栄養と次世代の健康リスク
  • 厚生労働省が2015年度の体格の状況調査結果によると、20歳代の体格指数[BMI]18.5以下(やせ)は22.3%。30歳代は15.5%と割合がとても高くなっています。因みにBMI25以上(肥満)は20歳代10.2%。30歳代6.6%で共に肥満より倍以上が痩せという状況になっています。又国民健康・栄養調査の結果では、[野菜の摂取量]は各年代の中で20歳代が1番少なく、30歳代が2番目に少なく共に基準量を大幅 [続きを読む]
  • 11月のお便り
  • 「文化の日」がある11月、夜も長く気分も安定する季節です。友人に手紙を書いたり、本を読んだり、趣味を活かしたりして視野を広げてください。◎7日 「立冬」歴の上では冬に入る最初の日のことです。実際には秋の気配も残っていますが朝夕は冷え込んできて冬が間近になる季節になります。◎15日「七五三」この日は氏神様にお参りをして子供の成長を祝うものです。最近では形だけを重んじて服装などが派手になっていますが心 [続きを読む]
  • 三重での講演です
  • 10月21日、三重県美浜町の美浜町役場くろしおホールで講演会をさせていただきました。タイトルは「生活習慣病にならない食事実践のコツ〜正しい食生活で、健康で幸せな人生を〜」主催は紀南健康長寿推進協議会で、平成29年度の生活習慣病予防講演会の中での講演でした。この地域では糖尿病及び糖尿病予備軍の人が多く、協議会の方達が改善にとても努力をされていまして、今回は一般市民、保健師、管理栄養士の方達も参加され [続きを読む]
  • 働き盛り体力低下〜
  • 10月9日日付の読売新聞に掲載されていた記事でスポーツ庁が体育の日にあわせて2016年体力・運動能力調査の結果公表されました。それによると働き盛りの30〜40歳代の体力低下傾向が、他の世代よりも深刻とのこと。男性30歳代後半〜40歳代前半、女性は30歳代前半〜40歳代後半で低下傾向がみられた。企業が社員の健康を推進する「健康経営」で働き盛りの体力低下の歯止めをかけるために、「ドコモヘルスケア」はオ [続きを読む]
  • TOC有明での講演です
  • 13日、タスリージャパン主催の講演をTOC有明で行わせていただきました。講演テーマは「太らない食べ方〜7つの実践ポイント〜」内容は3月発売されました「ひとめでわかる100kcalダイエット」を基に、正しい食習慣を身につける7つの実践ポイントをyes or noで挙手していただき正しい方法をお話しました7つのポイントとは①1日3食が不規則なことが多い②夕食が遅くなることが多い③よく噛まないで早食いである④味付けは [続きを読む]
  • 防衛医科大学病院での講演です
  • 9月27日、防衛医科大学病院で院内看護師向けセミナーの講演を行って来ました。聴講者は院内看護師の方々、約150名。20代〜50代でほぼ女性でした。テーマは「タニタの社員食堂の礎を築いた管理栄養士が伝える太らない7つの法則」内容は〇 健康とは〇 太らない7つの法則〇 体調管理についてのお話しをさせていただきました。特に20〜30代の方の参加者が多いとのことで若い女性のダイエット志向が強く「痩せ」が問題 [続きを読む]
  • 10月のお便り
  • 味覚の秋!読書の秋!芸術の秋!スポーツの秋!そして馬肥ゆる秋!〜さんま、いわし、さば、さつま芋、里芋、松茸、柿、りんごなどなど。美味しいものいっぱい!油断していますと体重はみるみるアップ。体重増加は身体にも影響を及ぼします。体重計にのる習慣をつけ、健康・体重管理に気をつけましょう。◎4日「十五夜」中秋の名月、お天気が良ければまん丸のお月様が夜空に顔を出します。昔からお月見には、月を神 様に見立てて [続きを読む]
  • 神戸での講演です
  • 19日、みなと銀行主催「資産運用セミナー」で講演をさせていただきました。テーマが「豊かで実りのあるセカンドライフを送るために」でして、第1部の教養セミナーで「一生元気で暮らすための食べ方」をお話ししました。「健康」には「食」が欠かせないこと・健康寿命について・生活習慣病とは・体に必要な栄養素・活動的な生活を心がける事など。60分という短い時間でしたが皆さん熱心に聞いてくださいました。参加された方は [続きを読む]
  • 熊谷での講演です
  • 16日、埼玉県主催のアクティブシニアリレートークin熊谷健康フェアでの講演を熊谷文化創造館さくらメイトで行って来ました。これは各界で活躍中の「アクティブシニア」の方が「仕事」「地域活動」「健康」をテーマに、シニアライフを楽しむヒントをリレー方式でお話しをするというもの。第1回はスポーツライター&キャスターの青島健太氏が「青島流・元気のつくり方」。第2回が私で「健康で幸せなシニアライフを送る生活術」。 [続きを読む]
  • 甲府での講演です
  • 8日、甲府市商工会議所女性会主催の講演会での講演を甲府市商工会議所で行いました。タイトルは〜健康で幸せな人生を送るための方法〜参加された方は各企業の経営者、関係者、一般市民など約160名。 お話は、〇その人に合った健康的な生活習慣を身につける方法〇忙しい企業人が気をつけたいこと〇ダイエットを越えた食事の「食べ方」〇「食べ方」を支える「考え方」〇ダイエット本来の意味など。そして参加者の年代が20〜6 [続きを読む]
  • 9月のお便り
  • 夏休みを気ままに過ごした名残で宵っ張りの習慣がまだ抜けていない人もいるのではないでしょうか?家族で協力し合って早寝早起きの習慣をつけましょう。◎1日「二百十日立」春から数えて210日。この頃は稲が開花・結実する大事な時と共に台風が襲来することが多いので、農家では要注意日とされています。◎8日「白露」ようやく秋らしい気配になってきます。地方によっては露がつき始め、雁が来て燕が帰る日とされている。◎2 [続きを読む]
  • 栃木での講演です
  • 25日、公立学校共済組合栃木支部主催の講演を栃木福祉プラザで講演させていただきました。タイトルはタニタの社員食堂の礎を築いた管理栄養士が伝える“7つの法則”です。聴講されました方は、栃木県内の公立学校小・中・高等学校及び養護学校の先生方約200名でした。年齢層は20代から50代、女性9割、男性1割ということでした。150名応募のところ約200名の先生が参加下さいまして、とても熱心にそして計算なども [続きを読む]
  • 「生活習慣病」とは?
  • 「生活習慣病」とは?この名の通り、毎日の不規則な生活積み重ねによって内臓脂肪型肥満となり、これが原因となって引き起こされる病気(糖尿病・高血圧症・脂質異常症・心筋梗塞・脳梗塞・肥満症等)です。これは個人が日常生活の中で適度な運動・バランスのとれた食生活・禁煙を実施することで予防ができるものです。〇食習慣をチェックしてみましょうまずはご自身の日常の食習慣を振り返ってみましょう。当てはまると思う項目に [続きを読む]
  • 毎日を楽しく食べる幸せ
  • JFC(日本政策金融公庫)農林水産事業本部からのフォーラムエッセイの原稿依頼がありまして、AFCフォーラム6月号に掲載されました。人生とは、面白いものと言いましょうか、予知不能と言いましょうか、この年齢まで管理栄養士を職業としていることに、私はそう思います。そもそも栄養士には全く興味もなく、ただ自宅から通える大学が栄養短期大学でしたので入学した次第。栄養学にもあまり興味がなく、また高校卒業まで家庭 [続きを読む]
  • 8月のお便り
  • 8月、夏、真っ盛り!です◎7日「立秋」まだまだ暑いものの歴の上ではこの日から「秋」この日以後の暑さを残暑といいます。◎23日「処暑」暑さがしばらく留まるという意味。残暑は厳しいですが朝夕は秋の気配が漂ってきます。 毎日暑くて食欲もないし・・・おそうめんやジュース、アイスクリームなど冷たいのど越しの良いものばかりについ手が出てしまいがちですね。しかし食べるべきものを食べなければ夏バテを招いてしまいま [続きを読む]
  • 夏にお勧めのメニュー
  • 夏真っ盛り!暑くて食欲がなくさっぱりしたものが食べたい〜と言って食事を簡単に済ませていますと夏バテの原因に。このようなときにお勧めのメニューです。今が旬の「鯵」、鯵はさっぱりとした夏の味としての美味しさは折り紙つき!美味しさの秘密は適度な脂肪に、グルタミン酸やイノシン酸など旨み成分がたっぷり含まれているからです。その美味しさを味わうには、刺身が一番です。調理も簡単ですからぜひ挑戦してみてください。 [続きを読む]
  • 数字で語る 13.9%
  • 7月21日読売新聞掲載相対的貧困率 依然高く生きていくのに最低限必要な衣食住が足りていない「絶対的貧困」に対し、社会で普通に生活するためのお金が充分にない状態を「相対的貧困」といいます。6月に国が発表した2015年の子供(17歳以下)の相対的貧困率は、前回(12年)の調査から2.4ポイント低下し13.9%でした。相対的貧困は、国民一人ひとりを「所得」の多い順に並べたとき、中央値の半分(15年は12 [続きを読む]
  • 生命を紡ぐ女性の身体と食事
  • 中学生から成人女性の皆さんへあなたの健康は、あなた自身の今と未来だけではなく、あなたから続く未来の子供、そしてその次へと続いていきます。今、しっかり食べる事があなたの未来への健康の始まりでもあります。今と未来のためにキーワードは「しっかり食べる」ひとは生きていくためのエネルギーや蛋白質などの栄養素を、「食べる」ことを通して体内にとりいれています。これらを「しっかり」できるための3つのポイントを習慣 [続きを読む]
  • 神栖市での講演です
  • 7月2日、茨城県神栖市役所 健康増進課主催の講演を神栖市保健・福祉会館で行って来ました。テーマは「健康づくりと減塩・適塩について」神栖市は茨城県の中でもメタボや高血圧・脳梗塞などの疾病率が高く、特に女性における年齢調整死亡率が、全国でも高い傾向にあり、その原因として循環器疾患や生活習慣病などが考えられるとして、神栖市では食生活改善推進員の養成講座を開催して食生活改善推進員の普及に力をいれて住民の食 [続きを読む]
  • 7月のお便り
  • 月日の経つのは早いもので、ついこの間お正月を迎えたと思いましたら、もう7月梅雨明けも間近ですね。23日は「土用の丑の日」この頃商店街を歩きますと藍色に白く「うなぎ」と染め抜いたひらめく幟のもと、香ばしい匂いが漂ってきます。暑くて食欲がなくても「うなぎ」だけは別!とおっしゃる方も多いようです。なぜこの時期うなぎなのかといいますと、立秋の前18日間を土用と呼び、その間の丑の日をさし、夏の最も暑い時期、 [続きを読む]
  • 20〜30歳代の食事の状況
  • 厚生労働省 平成27年度「国民健康・栄養調査」結果を発表しましたこの結果で特に気になった点は20〜30歳代の男女ともに食事の乱れについてです。 ☆朝食の欠食率男性 1位30歳代25.6%、2位20歳代24%。女性1位20歳代25.3%、2位30歳代14.4%(欠食とは何も食べない、錠剤のみ、果 物・菓子のみをさす)☆野菜の摂取状況男女ともに各世代を通して20歳代が最も少ない。特に20歳代・30歳代の [続きを読む]
  • MSTでの講演です
  • 13日、一般社団法人材料科学技術振興財団で講演を行って来ました。タイトルは「心身ともに健康的な社会生活を送るための食習慣」参加者は本年度新入社員と20〜30代の独身男女社員約80名程でした。20代といいますと健康については興味や関心はあまりない年代ですので、実情を知っていただくために「20歳代〜30歳代の食事の現状」(厚生労働省27年度「国民健康・栄養調査」より)を基に◎朝食の欠食率は?男性20 [続きを読む]
  • 大正製薬での講演です
  • 8日、大正製薬大宮工場ホールで講演をさせていただきました。タイトルは「生活習慣改善のためのポイント」今回は会場が二手に分かれていまして本会場では幹部社員、研究所職員など約150名。別会場で工場勤務の方や希望者の方約100名とのことでした。別会場では投影資料と私の声だけという方法で行われました。主催が大正製薬健康保険組合でして、理事長のご挨拶で健康寿命を延ばすための生活習慣の在り方が重要と話されてい [続きを読む]
  • 6月のお便り
  • 月日の経つのは早いもので、もう6月のお便りになりました。◎4日「芒種」稲や麦ののようなのぎのある穀物の種を蒔く時期。梅雨入りも近く、農作業が忙しくなる時期。◎11日「入梅」今日から梅雨に入る。◎21日「夏至」北半球では太陽が最も高く、昼間の時間が最も長くなる日。 11日頃から梅雨に入りますとじめじめとした長雨が降りますが、農作物にとりましては恵みの雨です。この時期に気になりますのが「食中毒」です。 [続きを読む]
  • 長野県佐久での講演です
  • 27日、八十二銀行主催の講演を「佐久一萬里温泉 ホテルゴールデンセンチュリー」で行って来ました。タイトルは「一生元気で暮らすための食べ方」講演は二部構成になっていまして、一部は講演で、二部は〈ライフプラン&iDeCoセミナー〉で資産運用のお話しでした。参加された方は20才代〜70歳代とご夫婦で参加の方も何組かおられ、健康と資産に関心をもたれていらっしゃるので、いつもの講演のお話しの他に、お金と健康に [続きを読む]