t.akita さん プロフィール

  •  
t.akitaさん: 路地裏のランナー
ハンドル名t.akita さん
ブログタイトル路地裏のランナー
ブログURLhttp://run-0318.blogspot.jp/
サイト紹介文陸上競技、特に中長距離、駅伝、マラソンについて綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2015/05/28 11:37

t.akita さんのブログ記事

  • 林田玲奈さん|プリンセス駅伝2017(メンタルの強さとは)
  • プリンセス駅伝、ユニクロの1区は林田さんでした。ラストの競り合いまで集団につき、何度かスパートをしかけ、トップと10秒差の区間11位で襷をつなぎます。先月の全日本実業団では故障明けからまだ日も浅く、10000mを34分台で走っていました。あれから僅か1か月。ここまで復調した理由には、効率よくしっかり走り込めたことが挙げられます。何より今回は終盤まで離されなかった。離されて前に追いつこうとするとき、ほとんどの人が [続きを読む]
  • プリンセス駅伝2017|展望
  • 明日はプリンセス駅伝。区間オーダーも発表され号砲を待つばかりなのですが、台風が少し心配です。各チームのオーダーを見ると、どのチームもベストメンバーではなさそうな感じがあります。ただ、その中でもダイハツ、豊田自動織機の2チームは良いメンバーで臨めそう。ダイハツは1区の??本さんの走り次第といったところでしょうか。10?以上ある3区に松田さん、5区に前田さんがいて、短い区間を久馬姉妹ですから安定感があります [続きを読む]
  • 女子800m決勝|えひめ国体
  • えひめ国体2017、女子800mの決勝は各選手のベストタイムを考えると、日本陸上競技史上、最もレベルが高いメンバーが揃ったと言えます。今年、2分0秒台を出している北村さんのタイムも注目されました。さてレースはと言うと、1周目の通過が62秒でしたからこのペースでは日本記録の更新は難しい。優勝は前評判通り北村さんで2分3秒97。国体も制して今季は国内負けなしで終えました。北村さんの強さが際立った1年でした。中距離種目の [続きを読む]
  • 大森郁香さん|全日本実業団陸上2017
  • 全日本実業団の2日目、女子800mに出場した大森さんは2分7秒68で3位でした。初日の1500m、最終日の400mを棄権して臨んだ800m、ゴール後になかなか立ち上がれなかった様子から体調は相当悪かったことが想像されます。それにしても大森さんの足運びと接地はやはり素晴らしい。良いフォームではしるなと改めて魅せられました。大森さんを含む数名の選手は、実力的には北村さんに迫るものを既に持っているはずです。女子は2分を切ること [続きを読む]
  • 林田玲奈さん|全日本実業団陸上2017
  • 先週、長居で開催された全日本実業団陸上、女子10000mと5000mにユニクロの林田さんが出場しました。ここ半年以上怪我で苦しみ、まともに練習を再開したのは、ほんの2か月くらい前からです。練習を再開して2か月と言うと、本来であれば長い距離のジョグを徹底的に行い、本格的な練習を再開するための土台が出来上がったかどうかという段階。ですから、まさか2種目出場するとは思っていませんでした。どちらか1種目に出場し、現状を [続きを読む]
  • 偏平足だとアーチがない?
  • 今日、仕事でお会いした方、市民ランナーだったので色々話が盛り上がったのです。で、その方が言うには、「この前、足型をとってもらったらすごい偏平足だったんです。アーチが全然ないんでインソール作ることを勧められたのですが値段が高いので迷っています」とのことで、「私、土踏まずがないんです」だそうです。私は「え?そんな馬鹿な」と思って、土足厳禁の事務所でしたから靴下で歩いてもらうと…着地の前に親指が上に向い [続きを読む]
  • 五藤怜奈さん、日本インカレ4連覇
  • 今年の日本インカレ、私がMVPを選ぶとしたら女子10000m競歩で優勝した五藤さんです。この種目での4連覇は日本代表の岡田さんに次ぐ快挙です。持久系の種目で4年間出場し、しかも優勝することがどれだけ大変な事か…競技経験のある方なら「とんでもないこと」だと想像できると思います。大学だけでも4年間です。長距離種目を4年続けていれば誰しも必ず故障します。大きな怪我もあったでしょうし、精神的に追い込まれた時期もあった [続きを読む]
  • 北村夢さん、2分0秒92|日本インカレ女子800m
  • 正直、昨日の100m9秒台よりも驚いてしまいました。日体大の北村さんが2分0秒92の日本歴代2位で優勝です。 画像直リンク先https://goo.gl/Ae9vq7「日本学生陸上競技連合」さんのツイートより今シーズン、練習中に2分1秒台を出していたとは聞きましたが、この大舞台で、しかも単独走で2分0秒台を出してくる強さ…その姿が日本記録を出したころの杉森美保さんと重なって見えます。杉森さんと違うのは、北村さんは最初の400を60秒で入 [続きを読む]
  • 高石涼香さん|日本インカレ女子800m
  • 先日このブログで取り上げさせていただいた東京大学の高石さんが日本インカレ女子800mに出場。 画像直リンク先はhttps://goo.gl/489ezc『東京大学陸上部女子パート』さんのツイート結果は2分13秒95で予選3組5着。女子は北村さん、広田さん、池崎さんの実力が抜け出ていましたが、決勝進出には他のメンバーにもチャンスがある状況でした。もちろん高石さんにも。レースの動画を見ると、スタートで出遅れないように積極的に出ている [続きを読む]
  • 桐生選手、9秒98|日本インカレ
  • とうとう壁を越えました。壁と言っても、9秒台の壁は周りが作っていたような気もします。10秒を切る実力の持ち主は、桐生君の他にも4名ほどいるだろうと思います。一人が越えたらどんどん続く。そんな気がします。 #日本インカレ #100m桐生祥秀(東洋大)が9.98 +1.8 で優勝。日本新記録??????????2位に多田修平(関西学院大)10.07 PB pic.twitter.com/nPvU48N42m― EKIDEN News (@EKIDEN_News) 2017年9月9日 [続きを読む]
  • 健常者にも必要な「想像力と「洞察力」
  • 障がい者スポーツに関わるようになって、「障がい者陸上競技における想像力と洞察力の必要性」を感じるようになったのですが、これは健常者であっても同様だろうと考えられます。特に健常者の場合、そして特に日本の長距離の場合、監督やコーチは複数の選手を同じ基準で判断しようとします。本当は一人ひとり、精神状態、体幹のバランスなど多くのことが全く異なるのに、ほとんど同じメニューをこなさせます。「選手それぞれにあっ [続きを読む]
  • 當間汐織さん57m44|九州選手権女子やり投げ
  • 久米島出身、九州共立大学4年の當間汐織さんが九州陸上競技選手権、女子やり投げで57m44?を記録。自己ベスト、沖縄県記録を更新しました。第72回九州陸上競技選手権大会8月18日㈮ 女子やり投決勝優 勝 當間汐織?57m44PB大会新、日本学生歴代8位、沖縄県記録樹立!第5位 納稚乃?50m12PB鹿児島県記録樹立!おめでとうございます!!當間100%!?#九州共立大学#MonsterThrow pic.twitter.com/YcPumIhQoZ― 九州共立大学陸上競技部 (@ky [続きを読む]
  • しゃっくりの止め方
  • 私はしゃっくりが出ると1日、場合によっては2,3日の間止まりません。しゃっくりの止め方について書かれているサイトを見ると、「たかがしゃっくり、されどしゃっくり」と書かれているものが多くありますが、本当に止まらない人からすると「されどしゃっくり」なんて言えるレベルの辛さではありません。サイトを見るたび「これはしゃっくりで苦しんだ事がない人が書いているに違いない」と思うこともしばしばです。長引いてくると [続きを読む]
  • 高石涼香さん|東京大学
  • 私は中距離種目を注目して見続けているわけですが、この2年である選手が気になり始めています。東京大学の高石さんです。初めて見たのは昨年のホクレンディスタンス北見大会。大森さんが先頭でゴールしたレースで高石さんは2分15秒台で走っていました。「東大にこんな中距離選手がいるのか」それが最初の印象です。画像は今年4月の日体大記録会での800m。山田さん沖田さんを相手に序盤から積極的な走りで2分12秒52でゴール。後半失 [続きを読む]
  • カンパネッラと宮沢賢治
  • 宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」に、カムパネルラという少年が登場します。童話の主人公、ジョバンニが尊敬する少年で、彼は溺れた友人を助けるために死んでしまいます。ジョバンニは、そのカムパネルラと銀河鉄道に乗車し、幻想的な宇宙を旅します。この童話を小学校で習った方も多いことでしょう。私も好きな作品のひとつです。特に魅力的な登場人物がカムパネルラです。彼の人間性や思想は何となく想像はできるものの、言葉にす [続きを読む]
  • 豆乳でヨーグルトを作る
  • 最近、豆乳でヨーグルトを作って食べています。使っているのは「SOY YOGURT」。パウダー状になっていて、成分は米ぬか、混合培養酵素とミネラル、塩、きな粉、昆布、からし、唐辛子、黒糖。これを小さじ1杯、400mlの豆乳に混ぜて密封容器で常温で放置するだけ。夏場は1日、冬場は2、3日で完成します。走り終えた後たんぱく質と糖質を摂取するようにしているのですが、活性酸素対策もと考えるとヨーグルト、それも飲むヨーグルト [続きを読む]
  • 中距離がすごい|2017山形インターハイ
  • 今年のインターハイは男女とも中距離がとんでもないことになってきています。中でも驚いたのは女子800m。 優勝した塩見綾乃選手(京都文教高)、2位に入った川田朱夏選手(東大阪大敬愛高)ともに高校新記録。タイムは2分2秒57と2分2秒74。 日本歴代でも5位と7位です。2秒台だけでも驚きなのですが、同一レースで2秒台が2人というのも初めてです。日本選手権で北村さんに続き2位と3位に入った2人です。北村さんと大森さんの間に入 [続きを読む]
  • チェスター・ベニントンを偲んで
  • リンキンパークのヴォーカル、チェスター・ベニントンの死を告げるニュースは、あまりに衝撃的でした。報道を見て真っ先に頭に浮かんだのは「The Messenger」を歌うチェスターの姿です。この曲は2010年のアルバム「A Thousand Suns」に収録されています。リンキンパークのアルバムの中では、私はこの一枚が一番好きです。核戦争をテーマとしたコンセプト・アルバムで、歌詞は政治的なメッセージが強くなっています。収録曲の中で最 [続きを読む]
  • ランナーと活性酸素|ランナーズフェイス対策
  • 健康のために始めたランニングですが、そもそもランニングが健康に良いかと言うと、実はそうでもないと思います。ランニングは健康に良くないという研究発表もあるくらいだし、事実、スポーツ選手は文化人と比較して短命であることが分かっています。ランナーの健康について度々注目されているのが活性酸素による老化です。ランナーズフェイスという言葉があります。ランナー特有の顔つきを指す言葉で、この特有の顔つきとは「老け [続きを読む]
  • 大森郁香さん銅メダル|アジア選手権
  • インドで開催されているアジア選手権。女子800mで大森郁香さんが3位、銅メダルを獲得しました。決勝の記録は2分6秒50。今年の大森さんは日本選手権の頃から身体つきが今までと明らかに違っていました。ものすごく絞り込んでいる姿を見た時は涙が出そうになるくらいでした。働きながらここまで身体を作り込んでくる…並大抵のことではありません。銅メダル、おめでとう。【#アジア選手権 4日目リザルト????】【女子】200m #市 [続きを読む]
  • 道下さん19分11秒|ホクレン北見
  • ホクレン北見大会。道下さんが5000mで19分11秒を出しました。どんどん記録を伸ばしてきています。今日の北見市は最高気温30度。北海道とはいえかなりの暑さです。18分台が見えているどころか、涼しければ当然のように出してくるでしょう。障がいのあるなしに関係なく、40歳でトラックで記録を伸ばし続けている道下さん、本当に強い!みっちゃん、自己新おめでとう。ホクレン北見 パラ女子5000m??道下美里(三井住友海上)19:11.72 [続きを読む]
  • 久高島を走る|マラニックのススメ
  • 梅雨入りする少し前、沖縄本島に近い久高島を走ってきました。琉球神話では、海に漂う島々にアマミキヨが降り立って草や木を植えたとされています。その最初に降り立った島が久高島。久高島は神の島として今に伝えられています。久高島を走る際に気を付けなくてはならないのは、御嶽(うたき)、拝み所(うがんしょ)、殿(とぅん)、井(かー)などの聖地が散在しているので、そこには入らないこと。島の方々が大切にしている場所 [続きを読む]
  • 男女800m決勝へ|アジア選手権
  • インドで開催されているアジア選手権。800mは男子川元選手が予選一位通過。女子は大森さん、池崎さんがともに着順で予選通過。着順と言ってもご覧のような僅差です。明日の決勝は男女とも面白くなりそう。そして日大の江島君が棒高跳びで2位になりました。5m65の自己ベストで銀メダル獲得です。この1年生、本当に大器です。 [続きを読む]
  • アジア選手権、エントリーリスト
  • アジア選手権のエントリーリストが発表されました。http://athleticsasia.org/images/aac2017-eventwise.pdf男子800mではカタールのジャマル選手が1'46"16とありますが、これは今シーズンのものではありません。今シーズンで言えば、川元君がランキング1位になります。優勝して世界選手権を狙う絶好の機会となりそうです。女子800mは大森さんの記録が2分8秒26となっていますが、日本選手権の予選で2分5秒30を出していますから、こ [続きを読む]
  • 800m決勝(男女)|日本選手権
  • 800mの決勝は男女とも考えさせられることが盛りだくさんでした。男子の決勝は川元君が世界陸上の標準記録を破ることが出来るか注目されていたのですが1分47秒でゴール。標準記録は突破できませんでしたが日本選手権5連覇です。勝つことが当然すぎて、注目されるのは五輪や世界陸上に出られるかどうかばかりなので目立たないけれど、日本選手権で5連覇はとんでもない偉業です。それでも厳しいことを言わせてもらうと、400〜600まで [続きを読む]