U3 さん プロフィール

  •  
U3さん: トレンドライン|日経225先物システムトレード研究
ハンドル名U3 さん
ブログタイトルトレンドライン|日経225先物システムトレード研究
ブログURLhttp://trendline.graph.jp
サイト紹介文日経225先物デイドレートシステムの構築・運用・ロジック検証、テクニカル分析メインの日経平均株価予想
自由文日経225先物デイドレートシステムは、順張り・逆張りを組み合わせてリスクを低減し、徹底した資金管理で、負けない運用をしている。
日経平均株価予想について、2015年4月の20000円超え、セルインメイはない、がズバリ的中。テクニカル分析、サイクル分析をメインに予想していく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 15日(平均6.1回/週) - 参加 2015/05/29 11:03

U3 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 積立投資はどれぐらい儲かるのか|積立投資シミュレーション
  • 世の中、積立投資ブームです。投資信託が100円から買えるようになり、投資のハードルが下がっていることや、ゼロ金利政策により定期預金ではわずかなリターンしか望めないこともあり、今後、積立投資に限らず投資をする人はどんどん増えていくのは確実である。では、投資信託の積立投資はどれぐらい儲かるのか?過去のデータを用いて様々な角度からシミュレーションしてみた。 目次1.どの銘柄でシミュレーションするか2.投資信託 [続きを読む]
  • 最近話題のロボアドとは?|アドバイス型を試してみた
  • ネットで簡単な質問に答えるとポートフォリオを提案してくれるロボアド(ロボ・アドバイザー)が誕生して1年。運用成績はどうだったか。また、実際にそのサービスを試してみた。 ロボアドとは?|投資一任型とアドバイス型の2つのタイプがあるロボアドは、ネット上で簡単な質問を答えることで、投資の最適な資産配分を提示し、投資信託を提案するシステムである。その中の一つを試してみたが、質問は5つで、資産配分の提案まで [続きを読む]
  • 7の年のアノマリー 日経平均は年後半に下落
  • 2017年の日経平均株価は、9月21日に20481円をつけ、年初来高値を更新。自分の予想では、「10月に急落か!?|2017年後半の日経平均株価を予想する」で書いたとおり、10月以降下落し、年度末の3月までは回復しないとみているが、どうなるか。その記事の中で、7の年の日経平均株価について直近3年分の7の年のチャートを確認した。3年とも年末にかけて下落していたが、それ以前の7の年はどうなっているか確認してみた。 1987年以降の7 [続きを読む]
  • RSI順張り 日経225先物オーバーナイトシステム
  • 日経225先物のオーバーナイト戦略について考える。日中のデイトレードシステムで運用している場合、これに日中引け後から翌日寄り付きまでの取引を加えれば、証拠金を有効に活用することができ、また相関の低いシステムを同時に運用することにより、リスクを軽減することも可能となる。これから説明するシステムは2014年に検証・構築したもので、年平均損益 1085勝率 61%プロフィットファクター 1.99損益曲線R^2 0.91のパフォーマ [続きを読む]
  • 10月に急落か!?|2017年後半の日経平均株価を予想する
  • 2017年後半の日経平均株価は大荒れか?2017年前半の日経平均株価は、大発会前日比大幅プラスでスタート。6月には、1年半ぶりの20000円台となった。これまでのところ大きな波乱はないが、年後半の株価はどうなるであろうか。大胆に予想してみた。目次1.前回予想の確認2.日経平均株価は7の年は10月に急落する!?3.サイクル分析では9月天井、10月が底と予想する4.まとめ 2017年の日経平均株価の予想 1.前回予想の確認1 [続きを読む]
  • 金融庁・日銀、アパートローンの監視強化 過剰供給リスクで
  • FTNow 不動産投資(FudousanToushi)の”今”が分かるニュースキュレーション2016.12.12 REUTERSロイター金融庁・日銀、アパートローンの監視強化 過剰供給リスクで金融機関による個人の貸し家業向け貸出(アパートローン)の急増に対し、金融庁・日銀が監視を強めている。複数の関係筋が明らかにした。相続税対策や超低金利を背景に富裕層などによる貸家の建設・取得需要が増大。一方で人口・世帯数の減少が確実視され、空室率 [続きを読む]
  • 銀行の不動産向け融資が上期で過去最高、バブル期越える=日銀
  • FTNow 不動産投資(FudousanToushi)の”今”が分かるニュースキュレーション2016.11.16 REUTERSロイター銀行の不動産向け融資が上期で過去最高、バブル期越える=日銀日銀が16日公表した貸出先別貸出金・統計によると、ことし4月から9月の国内金融機関による不動産業向け新規融資は5兆8943億円と前年比16%増加した。年度の上期としては、バブル期の1989年度上期(5兆円強)を超え、過去最高の水準となった。新 [続きを読む]
  • 過去の記事 …