株式会社 環境建築設計工房 さん プロフィール

  •  
株式会社 環境建築設計工房さん: aep1948
ハンドル名株式会社 環境建築設計工房 さん
ブログタイトルaep1948
ブログURLhttps://aep1948.muragon.com/
サイト紹介文移り変わる映像は宇宙のDNA
自由文株式会社 環境建築設計工房id:aep1948
弊社映像担当、蜻蛉による、分別と非分別
版権 株式会社 環境建築設計工房
ご利用になりたい方、kkb@siren.ocn .ne.jp へ
担当 飯島
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/05/28 12:50

株式会社 環境建築設計工房 さんのブログ記事

  • 2018.7.23 蜻蛉18-51 dragonfly18-51   
  • 蜻蛉18-51  dragonfly18-51    浦和祭り The Urawa Festival 浦和まつりは、浦和市観光協会が行うお祭りで1967年(昭和42年)から毎年開催されてきた浦和地区の夏祭りです。当時は、「浦和ぼんぼり祭り」と呼ばれていましたが、1981年(昭和56年)に現在の呼び名に改められました。 蜻蛉 The Urawa Festival is a festival held [続きを読む]
  • 2018.7.20 蜻蛉18-49  dragonfly18-48    
  • 与野夏祭り Locale: Yono Summer Festival 蜻蛉18-49   dragonfly18-48  【蜻蛉の地元:与野夏祭り】 宝永年間(1704〜1711)から続いていると言われている歴史有るお祭りです。町の随所で威勢良く神輿が回転されるが、古くは農村地区であった、このあたりに疫病が 蔓延し、その厄払いとして神輿の霊威を高めるために始められた。与野は1889年、それぞれの町 [続きを読む]
  • 2018.7.18 蜻蛉18-48 dragonfly18-48    
  • 蜻蛉18-48   dragonfly18-48     【東叡山寛永寺 浄名院(通称:へちま寺)】 <八万四千体地蔵> この寺の名は初め浄円院といい、寛文六年(1666)寛永寺三十六坊の一つとして創建された。享保八年(1723)浄名院となる。表門は享保年間(1716〜35)の建立。 地蔵信仰の寺となったのは、第三十八世地蔵比丘妙雲和尚の代からである。 妙運和尚は、大阪に生まれ25歳で日光山星宮 [続きを読む]
  • 2018.7.17蜻蛉18-49     靖国
  • 靖国神社のみたままつり】 7月13日(金)から16日(月)までの4日間、靖国神社で「第72回みたままつり」が行われた。国のために尊い命を捧げられた英霊を慰める行事として、靖国神社にて日本古来のお盆にあたる期間に毎年行われてイル夏祭りです。 英霊への感謝と平和な世界への実現を願い掲げられ、期間中の夕刻から灯され、靖国神社全体を幻想的厳かな雰囲気へと誘います 期間中、靖国神社の外苑参道沿いに約1万個の [続きを読む]
  • 2018.7.13 蜻蛉18-46  dragonfly18-46
  • 蜻蛉18-46  dragonfly18-46 【久喜提燈祭り「天王様」】 久喜提燈祭り「天王様」は、毎年7月12日から18日(山車の曳き廻しは12日と18日のみ)に行われます。旧久喜町の鎮守である八雲神社の祭礼です。 天明3年(1783)の浅間山の大噴火で、桑をはじめ夏作物が全滅したことによる生活苦、社会不安などを取り除くため、祭礼用の山車を曳き廻して豊作を祈願したのが始まりと伝えられ、230余 [続きを読む]
  • 2018.7.12 蜻蛉18-45 dragonfly18-45
  • 蜻蛉18-45 dragonfly18-45 【行田:忍城(のぼうの城)】 【Gyoda: Shinobu (boko no yu castle)】 【行田:忍城(のぼうの城)】 かつて、徳川家康も好んで鷹狩りに訪れた忍城周辺であります。その沼地が形成する自然環境で家康や歴代忍城主たちが鷹狩りにいそしんだ。 行田市は、忍城の城下町としてだけでなく、明治以降は足袋の町として、更に時代を遡れば古墳に代 [続きを読む]
  • 2018.7.11 蜻蛉18-44-1 dragonfly18-44-1 
  • 蜻蛉18-44-1  dragonfly18-44  古代蓮の里-1 Village of ancient lotus-1 【古代蓮の里】 「古代蓮の里」は、観光都市・行田の「市の花」であり、「市指定天然記念物」 でもある「古代蓮(行田蓮)」をシンボルとした公園です。 蓮の花は、夏(6月下旬〜8月初旬)に見頃を迎えます。ただ、蓮の花は 午前7時頃から咲き始めて9時頃が一番美しいと言われています。真 [続きを読む]
  • 2018.7.11 蜻蛉18-43 dragonfly18-43 
  •  蜻蛉18-43  dragonfly18-43  大本山増上寺:七夕まつり Daihonzan Zojoji tnabate 【大本山増上寺:七夕まつり】 正式名:三縁山広度院増上寺と称し、関東での正統念仏道場として 明徳四年(1393)西誉聖聰上人により、現:千代田区紀尾井町に 創建されました。慶長三年(1598)現在地に移転し、江戸期には 徳川将軍家の菩提寺として、また浄土宗の宗務を統べ [続きを読む]
  • 2018.7.9 蜻蛉18-42dragonfly18-41
  • 蜻蛉18-42 dragonfly18-42  入谷の朝顔市 入谷朝顔まつりは、毎年7月6日から8日までの3日間開催されます。この3日間は、“入谷鬼子母神”や言問通りには60軒の朝顔業者と80軒を超える露天(縁日)が並び、毎年40万人もの人出で賑わいます。 入谷の朝顔が世に知られる様になったのは、江戸時代末期の頃と言われます。最初は御徒町で栽培されていたものが、時代の変遷とともに、入谷の植木屋が造 [続きを読む]
  • 2018.5.31 蜻蛉18-37 Dragonfly 18 - 37 飛鳥山 Asukayma
  • 蜻蛉18-37 Dragonfly 18 - 37 飛鳥山 Asukayma 紫陽花 hydrangea 王子駅の側の、北区立飛鳥山公園の東側、JRの線路沿いにある「飛鳥の小径(約350m)」にアジサイが開花中です。まだ、満開ではないですが、一部かれている所も見られます。「飛鳥の小径」には、約1300株のアジサイが植えられています。飛鳥山の台地のふもとの、崖の下にアジサイは群生しています。 【H [続きを読む]
  • 2018.5.23 蜻蛉18-36 Dragonfly 18 - 36
  • 蜻蛉18-36 Dragonfly 18 - 36 紫陽花 hydrangea 【 紫陽花 】 6月から7月にかけて開花、白・青・紫又は赤の萼(がく)が大きく発達した装飾花をもつ。 古くは、「万葉集」の中にも詠まれている。 花(萼)の色は、アントシアニン色素によるもの(紫陽花はその一種デルフィニジン)。 これに補助色素と、アルミニウムのイオンが加わると青色の花となる。紫陽花は土壌のPHによ [続きを読む]
  • 2018.5.22 蜻蛉18-35-2 Dragonfly 18 - 35 - 2
  • 浅草神社 Asakusa Shrine 蜻蛉18-35-2 Dragonfly 18 - 35 - 2 【三社祭】  Sanja Festival 三社様の名で親しまれている浅草神社の祭礼として 「三社祭」が下記の日程にて開催された。 5月17日(木)の本社神輿神霊入れの儀 5月18日(金)の各町内会神輿神霊入れの儀、他舞いの奉納 5月19日(土)の町内会神輿連合渡御、他舞いの奉納 5月20日(日 [続きを読む]
  • 2018.5.14 蜻蛉18-34 dragonfly-18-34  
  • 蜻蛉18-34  dragonfly-18-34  【下谷神社例大祭】 下町で一番早い“夏祭り”とされている「下谷神社大祭」は、1000年以上の歴史のある祭りです。「本祭り」と「陰祭り」が隔年に行われている。 平成30年は「本祭り」にあたるので、本社神輿(千貫神輿と言われ、台輪124?、高さ306?)を担いでの渡御を行う。5月13日(日)には約7000人の担ぎ手により、氏子区域(29町会が各分担エ [続きを読む]
  • 2018.5.14 蜻蛉18-33 dragonfly-18-33  
  • 蜻蛉18-33 dragonfly-18-33  旧古河庭園  Old Furukawa Garden 【国指定名勝 旧古河庭園】 旧古河庭園は、1919(大正8年)に完成した、古河家三代目当主・古河虎之助によって作られた大正期の庭園です。 イギリス人建築家のジョサイア・コンドルにより設計された洋館と洋風庭園、京都の庭師・植治こと小川治平が作庭作庭した日本庭園が織りなす和と洋の調和が魅力。現存 [続きを読む]