ITOTOHARI さん プロフィール

  •  
ITOTOHARIさん: utena music field(おとをみる かたちをきく)
ハンドル名ITOTOHARI さん
ブログタイトルutena music field(おとをみる かたちをきく)
ブログURLhttp://utenamuse.mimoza.jp/
サイト紹介文ピアノ教室のこと。おとをみる、かたちをきく ことについて。シンプルな生き方について。そしてにわにっき
自由文「音楽を描く」ワークショプを開催。立ち上がれ!零細音楽教室の会。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/05/28 22:04

ITOTOHARI さんのブログ記事

  • 線を引く
  • 線を引く 線という境界 「線 」について、いろいろ調べていて気がついた事がある。線、というのは大方において既に引かれた結果のもので、境界を表すことがおおい。ということ。 一線を超える。 線を引く。 私が仕事で扱っている線... [続きを読む]
  • ぐるぐる
  • ぐるぐるが好き ぐるぐるは生きてる、気がする。 渦巻きや螺旋に心惹かれる。 それが静止したものであっても、そこに動きを感じるからかもしれないなと思う。作文の途中で嫌になって無駄に描くイラストにも、いつもなにか蔓性の植物を... [続きを読む]
  • 秋分の頃の庭
  • 夏の間滞っていた庭仕事。 自分の背丈ほどに茂ってしまっていた雑草と格闘しております。 どっかから鳥が運んできたらしい、芙蓉の花。花もいいんだけれども、蕾も種もコロンとしていて好き。 ブライダルベールは三枚の花びら。よく見... [続きを読む]
  • 星岡定期講座 4回目
  • 音楽を描く’入門講座から続けてこられたメンバーが、4人で毎月1回のペースでワークをしています。 毎月1回、というのは、前回掴んだ感覚を覚えていて その先を深めるのに良いペース。 描いている動線も 皆さんの表情もほぐれて良... [続きを読む]
  • きなこの死
  • 焦る気持ちがありながらままならず、東京から自宅に戻ったのが、18:30頃。白血病ねこのきなこがまたご飯を食べなくなっている、と、昼ごろ夫からのメールがあり、兎にも角にも、きなこに会いたかった。 家に帰ると、きなこはリビン... [続きを読む]
  • にわとりいっぱ
  • このわらべうたのもとのあそびかたは おてだま。 スケッチでも同じ曲で遊んでみました。 年長さんの最近の大のお気に入り。 音はミソラシの4つの高さだけでできています。 にわとりいっぱ にわとりいっぱいちもんめちょこほい に... [続きを読む]
  • 中村雄二郎氏の残したもの
  • 今朝の新聞で、哲学者中村雄二郎さんの訃報を知った。 新聞を見ていた夫が何気なく 「共通感覚論・・・」とつぶやいていたので、 もしかして、中村雄二郎さん亡くなったの?と尋ねると、そうだ、という。 夫がそれをつぶやいたのは、... [続きを読む]
  • 愛媛定期講座8月
  • 愛媛では、入門講座として集まった人たちが継続して定期的に続けてみようということで、固定メンバーで月に1回音楽を描く’ワークをすることになりました。ということで今回はその1回目 パッヘルベルのサラバンドを使って、伸びやかな... [続きを読む]
  • あるオイリュトミスト
  • チェコとの国境に近いドイツの小さな街で静かに暮らす1人の日本人オイリュトミストが、二人のお子さんとともに長い旅をして、会いにおいでた。 彼女はもう随分前から私の文章をネットで読んでおられて、いつからかメールでやりとりをす... [続きを読む]
  • 1年生、初めて拍子を知る。
  • 音符にも少し慣れてきた 1年生たちを集めて この日は拍子をどう理解してもらえるように持っていくか、ということをやりました。 拍子(拍節)のワークはいつも同じではありません。 その時の伝えたいモノがあって、一方で、手渡す相... [続きを読む]
  • 音楽の母音
  • 音楽に、言葉と同じような”母音”と”子音”に相当するようなものがあるかもしれない。そして、私はその母音のほうと繋がることを希求しているのかもしれないと思う。 日本語でいうなら、あいうえお、というシンプルな5音だけの母音だ... [続きを読む]
  • いっちねんせい!
  • 一年生のワーク。 やらなければいけないこと山積みの新入生ですが、スケッチもします。 遊びなんだけれども、間違いなく遊びなんだけれども でも、どこへつながっていくのか、それを伝えるのが最初に大切なこと。 偏ったままの感覚で... [続きを読む]