謎のSOMU さん プロフィール

  •  
謎のSOMUさん: ティータイム
ハンドル名謎のSOMU さん
ブログタイトルティータイム
ブログURLhttp://www.aeplan.co.jp/blog
サイト紹介文会社のホームページの隅っこで、会社とは無関係なモロモロについて個人的なブログを書いています
自由文ティータイムというタイトルからも想像出来るように、仕事の合間でちょっと気分転換してもらえるような、そんな軽い気持ちで覗いていただけるものを書こうと心がけています。いやいや、そんな大したものでもありませんね…暇な時、ちょっと覗きにお越しください。ついでに会社に仕事を依頼していただけると更に感謝なんですが…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/05/29 09:30

謎のSOMU さんのブログ記事

  • 災害に強く、安定供給可能な野菜で、農業に革命を!!
  • 1月27日放送のガイアの夜明け『追跡!日の丸プロジェクト②「稼げる!驚きの"野菜"革命」』の回、ご覧になられましたか? 早いもので師走を迎えていますが、今年の夏は、命に危険が及ぶほどの猛暑、これでもかと連続してやってきた台風。年間通しても、終わる事のない地震など、自然の脅威に晒された日本でした。自然災害の影響を受けやすい農業も、水不足などで大きな被害を受け、悲しいかな野菜の価格も高騰し、買わずに我慢す [続きを読む]
  • 地元と共に盛り上げていく下町チャレンジ!!
  • 11月13日放送の【ガイアの夜明け】『シリーズ「東京新名所ウォーズ」第4弾〜上野、深川 下町チャレンジ!』の回、ご覧になられましたか?オリンピック開催を2020年に控え、今、東京の街が各所で変貌を遂げています。そして、その波が下町エリアにも及び、活性化し始めているとのこと。古き良き伝統が受け継がれる一方、新たな試みの店やホテルが続々と登場し、地元の人とコラボして地元と共に盛り上げていくというのが今回のお話 [続きを読む]
  • 親子2代の拘りが奇跡となった南蛮BACKEN
  • 11月29日放送のカンブリア宮殿『絶品スイーツを陰で支える魔法のオーブン!倒産を乗り越え生み出した"大逆転ものづくり"』の回、ご覧になられましたか?エス・コヤマ、ツマガリ、きのとや等…全国屈指の有名菓子店の御用達となっているオーブンが、今回の主役、福岡県にある七洋製作所が作り上げたオーブン「南蛮バッケン」。 価格は他社製品の2.5倍と高価ですが、「驚くほど"しっとり&ふっくら"と焼き上がる」と全国のパ [続きを読む]
  • 描き手と書き手と編集者が産み出した奇跡の漫画「北斗の拳」
  • 11月20日放送のアナザーストーリーズ「“北斗の拳”誕生〜舞台裏のもう一つの“格闘”〜」の回、ご覧になられましたか? 漫画「北斗の拳」は、少年ジャンプに連載された格闘漫画で、アニメ化もされ、その人気は社会現象にもなりました。私はアニメで見ていた側ですが、人生が変わるほど心を揺さぶられたという人も少なくないと言われるほど、迫力あるタッチとユニークな雄叫び、そして名セリフの数々が、そこ [続きを読む]
  • どんな困難の中でも、幸せを見つけられる
  • 11月20日放送のNHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」ご覧になられた方は居られますか?重度の自閉症である東田直樹さんは、人と会話をすることはできませんが、なぜか、文字盤を使えば豊かな表現力を発揮することができます。勿論、世界的にもまれな存在です。24歳になり、プロの作家となった東田さんは、自閉症のみならず、様々なハンディを抱える人たちがどう幸せを見つけていけばいいのか、エッセイや小説を書い [続きを読む]
  • 小さなイノベーションが大きな力になっていたJR東日本
  • さてさて前回の続き…「世界最大の鉄道会社JR東日本 その2」になりますが、今日は、10月25日放送の「JR東日本 第2弾!客に愛され、地域に愛されるポッポ屋へ!」の回から書かせて頂きますね。 国鉄と呼ばれていた時代…「駅の物販」と言えば、キオスクで売る会社員向け新聞・雑誌や牛乳・ガム等が一般的でしたが、今の駅構内には、女性が大好きな最新のスイーツからおしゃれな雑貨まで、デパートと見まがうような魅 [続きを読む]
  • 世界最大の鉄道会社JR東日本 その1
  • 10月18日 放送のカンブリア宮殿『史上最悪から史上空前の鉄道会社へ!〜民営化30年...攻め続けるJR東日本〜』の回、ご覧になられましたか?1日12,000本の列車で年間64億人をも運んでいる世界最大の鉄道会社JR東日本。"鉄道の復権"を掲げ、民営化から30年...空前の変化を遂げるJR東日本が今回の主役でした。あまりにも内容が盛り沢山だったので、今回は前半後半と2回にわたって放送され、ですので、こちらでも、「その1」、「その [続きを読む]
  • アインシュタイン深掘りの巻…⑨グリア細胞。なぜ行方不明なのか・・・
  • ハーベイが残した遺品の中に、散逸した脳の切片に関する「手がかり」となる名前。そこからは、脳の提供について、やり取りした人物が35人に上る事が分かりました。散逸した脳を捜し出し元どおりに集める事はできないか。番組スタッフはハーベイから脳を受け取ったとみられる人物、全員にコンタクトを試みていきます。名前が浮かび上がったのはアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、南米、そして日本など世界各地に及んでいきます。なか [続きを読む]
  • アインシュタイン深掘りの巻…⑦切断され消えた“天才脳”
  • 今年、7月29日NHKで放送された「アインシュタイン消えた“天才脳”を追え」。後日、未編集素材を大幅に加えた特別編も放送されており、それも合わせて、しっかり見させて頂きました。 1955年76歳で亡くなったアインシュタインですが、この時、入院先の病院で病理解剖を担当したハーベイ医師が、アインシュタインの才能の秘密に迫りたいと、なんと、密かに脳を摘出…。これを知った長男は激怒しますが,アインシュ [続きを読む]
  • アインシュタイン深掘りの巻…⑤晩年とノーベル賞秘話
  • ドイツが原爆を開発するという現実・・・。アインシュタインは、仲間の勧めでアメリカ大統領に手紙を書きました。 「緊急の行動が必要な状況です。きわめて強力な新型爆弾が製造される可能性があります。」 この手紙を機に、原爆を開発する「マンハッタン計画」が始まりましたが、1945年、アインシュタインが66歳の春には、ドイツの敗北は明らかになっていました。アインシュタインは、再びアメリカ大統領に手紙を送り、原爆開発 [続きを読む]
  • アインシュタイン深掘りの巻…③相対性理論の実証
  • (姉妹サイトからのつづき・・・)注目すべきは「特殊相対性理論」。 「もし、光と同じスピードで進めば、光が制止した状態を見られるのでは?」 16歳にして、そう考えたアインシュタインは、思考実験を繰り返します。そうして、たどり着いたのが、特殊相対性理論だったのです。絶対的なものと考えられていた時間や空間が、相対的であるとするものでした。 「自然は驚くべき成り立ちをしている。私たちの使命は、自然の中にある数学 [続きを読む]
  • アインシュタイン深掘りの巻…①権威への反発
  • 少し前になりますが、今年の2月1日放送のザ·プロファイラー『天才科学者の栄光と悲劇〜アインシュタイン』の回、ご覧になられましたか?…と言いつつも、私自身、見たのは2回目の再放送10月2日の録画でしたが… アインシュタインと言えば知らない人はいないと思いますが、その人物像について、深く知る機会はあまりありませんでした。そんな意味でも、今回のこの番組は、とても興味深く鑑賞する事が出来ました [続きを読む]
  • 革新者になる秘訣は、常識を壊すこと。
  • 9月27日放送のカンブリア宮殿『フランスパンの伝道師 日本の食卓に起こした革命と新挑戦!』の回、ご覧になられましたか? 全国に約30店舗を展開しているフランスパンの専門店「メゾンカイザー」。本場フランスの伝統的な製法で焼き上げたパンが人気なんだとか。お客さんの目当ては「バゲット」。お店の名前は何度か聞いたことがありますが、パリッとした皮は厚めで香ばしく、中はもっちりだそうで、熱烈なファンが画面には映し出 [続きを読む]
  • AIが変えていく未来と人間・・・④つづく…PFN
  • さてさて、シリーズも最終回を迎えましたが…と言いたいところですが、AIの話はこれからも中心になっていくものなので、シリーズ最終回とは敢えて言わずに、「つづく」とさせて頂きますね。 …で、そんなAIにおいて…デバイスが生み出す膨大なデータを、ネットワークのエッジで分散協調的に処理する「エッジヘビーコンピューティング」を提唱し、様々な分野でイノベーションの実現をめざしているPFN(プリファー [続きを読む]
  • AIが変えていく未来と人間・・・②
  • 「AIが変えていく未来と人間・・・②」って??・・・と①もないのに②から?と思われた方、今回は姉妹サイトと連続物で書かせて頂いておりますので、「①巨人が群がるAI集団、株式会社プリファード・ネットワークス」の回は、そちらでお読みください。また、昨年の7月にも「まるで映画の様に、人工知能が世の中を治める時代が…」というタイトルでAIについては書かせて頂いておりますので、興味がおありの方は、そちらもどう [続きを読む]
  • 自己責任・自己完結のスーパーボランティアの【行動力】とは  
  • 9月23日放送の「情熱大陸」ご覧になられましたか? 8月に山口県で行方不明となった2歳の男の子を発見し、一躍時の人となった、“神”と呼ばれるスーパーボランティアの尾畠さん(78歳)が登場されていました。 カメラが追ったのは西日本豪雨で大きな被害を受けた広島県呉市天応地区。被災地の復旧を手伝うボランティアの中に、一際目立つ、赤いつなぎに、「絆」と書かれたヘルメットの尾畠さん。取材を求められると「何で [続きを読む]
  • ケネディが尊敬していたという介護・福祉の礎を築いた名君
  • 9月12日放送の『偉人たちの健康診断』「上杉鷹山 ひざの痛みよ!さようなら」の回、ご覧になられましたか? この『偉人たちの健康診断』という番組、「健康のヒントは歴史にあり!」とうたって、歴史上の人物の日常生活や病歴、さらには健康へのこだわりから、現代の私たちが元気で長生きするためのヒントを探るという一風変わった番組なのですが、なかなか切り口が面白く、楽しみにしている番組の一つです。 今回は、破産寸前の [続きを読む]
  • 倒産寸前から『魔法のタオル』で復活した感動物語!!
  • 8月30日放送のカンブリア宮殿『"魔法のタオル"で大逆転!倒産寸前から復活した感動物語』の回、ご覧になられましたか?女性の間で噂になっている「エアーかおる」という人気のタオル。2007年6月の発売以来、累計販売枚数、約600万枚を超える大ヒット商品とのこと。一般的なタオルより、吸水性、速乾性は1.5倍、洗濯してもボリューム感がなくならず、毛羽落ちも少ないという優れもの。実演販売でその違いを目の当たりにした人は、 [続きを読む]