ウイスキー さん プロフィール

  •  
ウイスキーさん: ウィスキー 世界のビール お酒が買えるサイト
ハンドル名ウイスキー さん
ブログタイトルウィスキー 世界のビール お酒が買えるサイト
ブログURLhttp://osakesuki3s.seesaa.net/
サイト紹介文ウイスキー各種の特徴、名前の由来、世界のビールなどお酒好きのためのサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/05/29 16:42

ウイスキー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お父さんにプレゼントするおすすめのウイスキーは?
  • お酒好きのお父さんって結構いらっしゃいますが、子供の立場としてはどんなお酒をプレゼントすればいいかかなり迷ってしまいますよね。私は自分が好きだからこそ、誰かにお酒をプレゼントするなら絶対にウイスキーがおすすめです。日本酒やワイン、ビールは糖分が高いため、糖尿の心配がある方に贈るのは控えた方が無難。また、開封したらビールなら当日、ワインや日本酒なら数日で飲みきらないと味が落ちてしまうのも難点ですよね [続きを読む]
  • 見つけたら絶対に購入した方がいいウイスキー アンダーソンクラブ15年
  • 昔から数々のウイスキーが終売と新しいものの発売を繰り返していますが、終売になって何十年も経つアンダーソンクラブ15年私も本当に偶然手に入れる事ができたウイスキーなんですが、終売になったウイスキーの中でも特にこのアンダーソンクラブは飲む事ができて本当に良かったウイスキーの中の一つです。(アンダーソンクラブ15年の詳しい記事はこちら)数多くのバーボンを私も愉しんできましたが、過去に飲んだウイスキーの中 [続きを読む]
  • 終売のヴァージンバーボン購入可能 手に入れる事ができました。 
  • 優秀なバーボンの一つのヴァージンバーボン。(ヴァージンバーボンの詳しい記事はこちら)終売になってからというもの、どこのショップも価格が高騰しているのですが、先日たまたまわりと安めで販売しているのを知って、まとめて購入しました。終売になって価格が上がっているバーボンでも根気よく常に探し続けていると、なかなか良心的な値段で売っているところに出会える物ですね。このヴァージンバーボン、ファンの多いバーボン [続きを読む]
  • 終売の可能性が高くなるベンチマーク8年 改めて購入しました
  • 安くておいしいバーボンの代表と言えるベンチマーク。(ベンチマークの詳しい記事はこちら)最近終売になるという話を小耳にはさんでちょっとまとめて買っておきたいなぁと思っていたのですが先日何本かついに買いだめしました。昔から安くておいしい身近なバーボンで、まさかこれが終売になっていくとは思ってもみませんでしたが、近年のウイスキーブームでベンチマークも製造が難しくなっているのかもしれませんね。今のところ本 [続きを読む]
  • エヴァンウィリアムス グリーン
  • エヴァン・ウィリアムスは少し前に終売になってしまったヴァージンバーボンを作り出していた蒸留所のヘブンヒル社から輩出されているバーボンです。ボトルの形を見てみるとヴァージンバーボンとエヴァンウィリアムスが同じような形をしていることからも関連性が感じられますよね〜。今回手に入れたのはエヴァンウィリアムスのグリーンラベル。ちょっと前からまた日本でも見かける事ができるようになったバーボンです。今でも在庫数 [続きを読む]
  • イチローズモルト リーフラベル
  • 数々の優秀なウイスキーを輩出しているイチローズモルト。秩父蒸留所で生まれベンチャーウイスキーより販売されるこれらウイスキーは販売後すぐに完売となり、その人気と希少性から値段が一瞬で高騰してしまうため(私が手に入れた時よりさらに値段は高騰しているようです)見かけたら即買い、ないしバーで出会えたら必ず飲んでおきたいウイスキーです。イチローズモルトの中でも今回はリーフシリーズ ダブルディスティラリーズ。 [続きを読む]
  • コーナークリーク
  • バーボンの瓶とは思えない形のボトルが特徴的なコーナークリーク。生まれはバーズタウンのコーナークリークディスティリング社。つるっとしたなで肩の形に、底は真ん中が窪ましてあってまるでワインボトルのような外観です。(ボルドータイプ)ラベルデザインもウィリアム・ネイゲルが描くアイオワ州のコーナークリークの風景。バーボンの無骨なイメージとは違う感じがまたいいですよね!さて気になる味ですが、フルボディというこ [続きを読む]
  • ピュアケンタッキーXO
  • 前回ご紹介したケンタッキーヴィンテージがとても優秀だったのでピュアケンタッキーも試してみました。写真がいつも暗めでスミマセン…お酒を飲む部屋の照明がいつもこんな感じなので…許してください!さて、ノアーズミルやローワンズクリークを作っているケンタッキーバーボンディスティラーズ蒸留所。この蒸留所は最も小さい蒸留所ながらも本当においしいバーボンを作っているので個人的にかなり気に入っています。小規模だから [続きを読む]
  • ケンタッキーヴィンテージ
  • ケンタッキーヴィンテージはケンタッキーバーボンディスティラリー蒸留所が作るスモールバッチバーボンです。以前掲載したノアーズミルと同じ蒸留所で、バーボンの蒸留所としては最も小さな蒸留所です。家族経営で行われているこの蒸留所は、ウイスキー作りの手法が昔ながらの方法をとっていて、現行の多くのウイスキーからは感じることができない、30年以上前に美味しいと言われていたウイスキーたちと似た香りを持っています。バ [続きを読む]
  • ワイルドターキー13年 ディスティラーズリザーブ
  • ワイルドターキーは色々な種類をリリースしていますが今日はワイルドターキー13年です。ワイルドターキー蒸留所のバーボン熟成の倉庫の一つであるウェアハウスBで熟成されたバーボンで、空気の流れや周辺温度などバーボンの熟成にベストとされる環境で作られたものです。作り出したのはワイルドターキー蒸留所の責任者ジミー・ラッセルと息子のエディ・ラッセルの親子で、2世代の合作となります。味はワイルドターキー8年と共通す [続きを読む]
  • コロネル E.H.テイラー ライ
  • 去年出会ったウイスキーの中でとってもおいしかったウイスキーがこのコロネルテイラーです。バッファロートレース社の礎を作った南北戦争時代のコロネル大佐にちなんでこの名が付けられました。コロネルテイラーはバーボンも出ていますがこれはライウイスキー。さて気になる味ですが…過去に飲んだライウイスキーの中で一番美味しかったです!とにかく香りが芳醇でフルーティー、余韻も甘く長く続く最高のウイスキーでした。飲み方 [続きを読む]
  • タウンブランチ 
  • カクカクとしたボトルが印象的なタウンブランチ。単式蒸留器で作られる世界でも珍しいバーボンです。タウンブランチが作られているレキシントン蒸留所は2008年創業のとても新しい蒸留所で単式蒸留でバーボンもモルトも作るという今までにない蒸留所です。タウンブランチの名前の由来はレキシントンを流れるタウンブランチ川にちなんで付けられました。2013年6月のウイスキーワールド バーボン特集でも大きく紹介されるなど今後が [続きを読む]
  • オールドフォレスター
  • 昔からある定番のバーボンの一つオールドフォレスター。販売形態を樽詰めから瓶詰めに初めて移行された歴史的にも意味があるバーボンです。樽詰めの頃は安くて質の低いお酒を混ぜて販売されるなど問題点が多かったため創業者のジョージ・ガーヴィン・ブラウン氏が瓶詰めを考案し販売するよになりました。名前の由来は南北戦争の時代の南軍の将軍ネイサン・ベッドフォード・フォレスト。創業者がこの将軍をとても尊敬していたために [続きを読む]
  • メーカーズマーク46(フォーティーシックス)
  • バーボンの王道と言われるメーカーズマークの限定発売品メーカーズマーク46(フォーティーシックス)です。普通のメーカーズとの違いは熟成した原酒樽の中に焦がしたフレンチオークの板を沈めて数ヶ月間後熟させているところです。この工程により甘みがより強いバーボンに仕上がっています。この焦がしたフレンチオークの板はインナーステイブと言われインナーステイブの焦がし具合を指定するために樽メーカーに伝えた番号が46だっ [続きを読む]
  • ベンチマーク8年
  • 安くて美味しいバーボンの一つのベンチマーク。ベンチマークとは「水準規標」という意味を持ちバーボンの原点という思いを込めてこの名前が付けられました。ブラントンやエンシェントエイジ、イーグルレアなど優秀なバーボンを多く輩出しているバッファロートレース蒸留所で作られています。価格が安くておいしい素晴らしいバーボンでとても気に入っていたのですがこの定番のバーボンが終売になったという話を聞きました。調べてみ [続きを読む]
  • 知多 サントリー
  • サントリー発売の「知多」基本的にはハイボール用に考えられたと言われています。ウィスキーブームの影響で日本のウィスキーはのきなみ原酒不足に陥り、山崎や白州、宮城峡などは年数表示をやめて(高年数のものは除いて)若いものを使って生産していましたがそれでも間に合わないからかグレーンを使ったウイスキーを出すことになっていったようです。単式蒸留と多式蒸留では生産量、生産スピードが大きく違うためこれも致し方ない [続きを読む]
  • テンペランス トレーダーバーボン
  • ブルラン蒸留所で作られるライの含有量が少々高めのバーボンです。このブルラン蒸留所はオレゴン州ポートランドに存在していて地ビールやジン、ラム、ウォッカなどの蒸留酒を小規模で作るマイクロブルワリーやマイクロディスティラリーが多く存在する場所です。そして謎なのがケンタッキー州で作られていないのになぜバーボンと名乗れているかがわからないのです。いろいろと調べてみましたが今の所納得のいく説明には会えておらず [続きを読む]
  • リッチモンドリザーブ1792
  • リッチモンドリザーブ1792はバートン蒸留所で作られています。バートン蒸留所はバーズタウンの蒸留所ですがこのバーズタウン、かつてはバーボンタウンと言われるほどウイスキー作りが盛んな街でした。現在は稼働しているのはバートン蒸留所ただ一つとのこと。アメリカの中のウイスキー作りのいろいろな歴史が垣間見えますね。ちなみにこの「1792」の数字はケンタッキー州がアメリカの15番目の州となった年のことです。リッチモンド [続きを読む]
  • ラーセニー LARCENY
  • ラーセニーはオールドフィッツジェラルド(現在はヘブンヒル社)で作られたバーボンです。スモールバッチということでやはり特徴のある味に仕上がっています。アルコール度数は46%と平均的ですが辛味が強いのが特徴です。優しいまろやかなバーボンより荒々しくトゲのあるバーボンが好きな方におすすめです。ボトルデザインにも特徴があり大きな鍵穴が施されているので見た目で忘れることのないボトルです。ストレートでもロックでも [続きを読む]
  • エンシェントエイジ 2A
  • エンシェントエイジはバッファロートレース蒸留所で作られているバーボンです。名前の意味は「古き良き時代」アメリカの西部開拓時代のことになります。バッファロートレース蒸留所の熟成庫で4年間寝かされた原酒はマスターディスティラーによってテイスティングされた後、特に優秀なものはブラントンの原酒としてそうではないものが、このエンシェントエイジとして使用されます。ブラントンになれなかった原酒たちバーボンの基本 [続きを読む]
  • ヘブンヒル
  • ヘブンヒルは優秀なバーボンを数多く輩出するヘブンヒル社の名前を冠したバーボンです。このヘブンヒル、3,000円クラスのバーボンにはもちろん勝てない部分もありますが1,000円前後でこの味なら毎日気楽に飲めるバーボンとして十分合格ラインです。同じく安いバーボンのアーリータイムスやジムビームよりも私は個人的にこのヘブンヒルの方が好きです。特に特別な日でもなく、家で何も考えずに過ごしたい日にちょいちょい楽しませて [続きを読む]
  • ノアーズミル
  • ノアーズミルはヘヴンヒル社から原酒を買い付け家族経営で作られるスモールバッチバーボンです。しかも大手のスモールバッチバーボンを抑えて2011年にはダブルゴールドメダル受賞というなんとも職人魂を感じるバーボンです。蒸留所はケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ社以前ご紹介した優秀なローワンズクリークを作り出しているところです。ハンドメイドバーボンはやはり美味しいものが多く大量生産では出すことのできない [続きを読む]
  • 過去の記事 …