くるは さん プロフィール

  •  
くるはさん: HAPPY DAYS
ハンドル名くるは さん
ブログタイトルHAPPY DAYS
ブログURLhttp://potlie5.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文スーパーマーケットの 青果な日々♪ 料理したり ときどき旅に出たり…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/05/30 10:11

くるは さんのブログ記事

  • 能では同じ動きを ゆっくりゆっくり練習するらしい。ひとつひとつの動きを有意識で繰り返したらやがて無意識にできるようになる。無意識の領域で演じられるようになったら再び有意識で繰り返す。するとついには 有意識と無意識が自在にスイッチングできるようになるという。演じているとき頭は100%使って体は80%を使う。体には20%の余地があるがその部分がお客さんに伝わる部分。現在の自分未来を予測する自分その二つを遠くから見 [続きを読む]
  • 大紅栄
  • 未希ライフと何か別のりんごが掛け合わさった種を育てた品種。種を育ててできるのを「実生」といって病気に弱かったり 食味が落ちたりその実の性質は しばしば親木に劣る。しかし、王林のように親木とはまた違ったおいしさを兼ね備えたとてもいい品種ができることもある。大紅栄は そのひとつ。ほどよい酸味と甘さをもつ とってもジューシーなりんご。実は柔らかめだけど 粉っぽさがなくて気にならない。さらに保存性がいい&hellip [続きを読む]
  • お正月 2017
  • あけましておめでとうございます♪気がついたら明けてた。年末のは9連勤、一日14時間労働というありえない状況をクリアし無事2017年を迎えることができた。2016年の漢字私にとっては「進」突然飛び出して それきりだった実家に帰った。成り行きで、偶然が重なってでも必然だったような。職場の店長から昇格の話があった。だけどバイトもあるし、断った。とりあえず お店の勉強はだけは始めた。そして…店長は変わってしまっ [続きを読む]
  • ぐんま名月&藤原ロマン
  • りんごの イロものペア☆ぐんま名月は 何といっても密が多い。甘くて酸味が少なくてシャリシャリ淡い味わいのりんご。皮が薄いのでそのまま食べるのがいい。藤原ロマンはふじとシナノゴールドのこども。少しの酸味と ふじを緩めた感じの さっぱりした甘味。いちごを思わせる甘い香りが魅力的。これも そのまま食べるのがいい。おいしい 新りんごたちは続々進出中です(^-^*) [続きを読む]
  • 豆乳シリーズ「特濃」「キャロットミックス」
  • キッコーマンの特濃はたしかに濃い!だけど とうふのような雑味がなくてすっきりしてる。ふくれんのキャロットミックスはにんじん以上に「りんご」りんごジュースをミルキーにした感じでにんじんが苦手でも ふつうに飲めそう。豆乳の売り場って一昔前は 抹茶とコーヒーくらいでいつのまにかこんな カラフルになって。見てるだけで楽しいね☆ [続きを読む]
  • 石川芋
  • …って 里芋のこと。大阪府の もと南河内郡石川村が原産といわれている。石川早生という品種でふつうの里芋(土垂:どだれ)とはちょっと違うらしい。土垂よりちっちゃくてまるい。8月15日の十五夜には石川芋を皮のまま蒸して皮をツルッと取って塩を振って食べる習慣があって、この料理を「きぬかつぎ」という。そうそう。バイト先で「きぬかつぎありますか?」と 聞かれて、あわてたあわてた。きぬかつぎは 必ず石川芋で作る [続きを読む]
  • むし
  • 職場のレタスの中にちょうちょが入っていた。スタッフのほうからあるいて あるいて私が手を差し出すとつかまって 登ってきた。ひんやり冷たくて手首まで行くとスイカの甘い匂いが染みついてるからぺろぺろ舐めた。くすぐったくてかわいくてぱたぱた ぱたぱた羽ばたくけど 飛ばなかった。レタスと、ぶどうと一緒に袋に入れて休憩時間、外に出した。袋の中から 飛び出してまた私の腕に登った。ひんやりしてた。レタスを差し出すとぱ [続きを読む]
  • アイリッシュ パブ
  • はじめて アイリッシュパブに行った。立つも 座るも 踊るも自由で楽しい雰囲気。演奏家たちは奥の席に集まって短い曲を たくさん たくさん演奏したり、飲んだり、しゃべったり。リズミカルな音楽が程よい音量で演奏される。帰りに「顔のYシャツ」みつけた。 神保町じゃなくて小川町じゃないか。だけど 実際に歌詞にある場所をみつけると うれしい。最近 “たま”にまたハマってしまった。最初はCMで「さよなら人類」聴い [続きを読む]
  • ティンホイッスル
  • ティンホイッスル はじめた。はじめることにした。何か やりたいから。何がやりたいか。たぶんまだ見つけてない。探そう。青いポリゴミ箱を漁るように新しいジャンルに顔を突っ込んでみる。 [続きを読む]
  • あんぽ柿
  • 干柿は昔から知っているけど30年以上 あんぽ柿の存在は知らなかった。漢字を充てると「天干柿」…ふつうに 干柿じゃないか。干柿は乾燥させきってしまうけどあんぽ柿は 半生の状態で特殊な煙で加工して作る。いろんな柿が使われていて蜂屋柿がいちばん 生の柿に近い感じで三社柿がいちばん干柿に近い感じ。百目柿は 風味は蜂屋柿に近いけど食感はまったりしていて…西条の干柿に似てる。ちょっと高価だけど今の時期だ [続きを読む]
  • こいくれない人参
  • 「京くれない」という品種で金時にんじんと西洋にんじんの交配種。NKアグリ株式会社が含まれているリコピン量などに注目して“こいくれない人参”として売り出している。クセが強そうに見えながら意外とふつうな感じ。黄色い 金美にんじんとふつうのにんじんと一緒に料理に使ったらよさそう。煮物に 花形にして入れたりして。今年はもう終わっちゃったから秋の収穫を楽しみに待ってます☆ [続きを読む]
  • マイクロトマト
  • これは…ちっちゃい。マイクロが隣にいるとミニトマトが ミニじゃない!小鳥が喜んでついばみそうな色と形とサイズをしてる。こんなちっちゃいのに味は立派なトマト。甘くて香りのいい フルーツトマトみたい。重量あたりの価格は なかなかだけど食卓が明るくなること間違いなし! [続きを読む]
  • モーウィ
  • 赤毛瓜、赤瓜、毛瓜とも呼ばれる沖縄の伝統野菜「モー」は“野原”あるいは“毛”、「ウィ」は“瓜”のことベージュ色のひょうたんみたいな瓜。ずっしり重たい。きゅうりの仲間で中身は きゅうりをそのまま大きくしたように見える。組織はきゅうりとスイカを足して割った感じでしっかりしているけど少し シャリシャリした感じ。皮が固いので 剥いて料理する。種はちょっと固いので…取ったほ [続きを読む]
  • 火曜日は野菜が安い。
  • リコーダー吹きに市内に行った後 イズミで買い物をして帰った。 新居はイズミから15分くらい歩く。 やたら荷物が重い。 「食品売場ポイント5倍」ということもあって 果物、野菜、小麦粉、調味料など買いまくったから。 それにしても重い。 新居は丘の上のほうにあって 自転車がこげず、手で引いて上がるくらい急斜面。 ゴルゴダの丘だ。家に帰って、体重計に乗ってみた。 荷物を担いだ重さから、素の重さを引くと 15kgという数字が [続きを読む]
  • ページマンダリン
  • 見た目ふつうにダブルマーコットとかと変わらない。しかし!日本ではまだ ほとんど売られていない激レアオレンジ。HPもまだ外国のしかない。The Page Mandarin is a cross between the Minneola tangelo and the Clementine mandarin.…ミネオラとクレメンティンの交配らしい。皮が薄くて手で剥けることを売りにしてるけど日本のみかんと比べたら…バラバラになって ちょっと難しい。味はおいしい。酸味が少なくて、だ [続きを読む]
  • 「純」アレフ
  • 1990年 宝酒造のCM♪…って、覚えてるひといるのかな。当時 このひとの格好が好きで“最高という意味をあらわすポーズ”をよくマネしていた。ただし幼すぎて「最高」「あらわす」どころか「意味」の意味さえ 知らなかった。そもそも何のCMかも わからなかった。バックに流れている音楽も好きだった。だけど歌詞は よくわからなかった。子どもは 大人とちょっと視点がちがう。ちがう何かを拾っては宝物のように大切 [続きを読む]
  • 春の花々4
  • 4月半ば〜5月鳥取の お花。すみれ色の花は “イカリソウ” という。この花は何だろう?みんなで首をかしげていたら祖母のお姉さんが 教えてくださった。御年96歳。その叡智や はかり知れない。イカリソウと同時に “ドウダンツツジ” が咲きはじめた。白い小さな一見ツツジには見えないお花。漢字で書いたら「灯台躑躅」「満天星」…絶対、読めない。満天星(まんてんぼし)という品種のすいかを鳥取で知 [続きを読む]
  • はまさき 淡雪
  • はまさきって、去年のレア晩柑だったんだけど朝の職場も バイト先も今年は たくさん出回った。例年レアで今年多量発生したものに「淡雪」っていう 白いちごがある。白いちご。多量発生しても1パック1500円以上の 高級品。こういうモノは まず買ってレポートを書くことにしてるけど淡雪は ちょっと買えなかった。「さがほのか」の変種だとわかってるから。さがほのか は いちばん優しい言葉を使うと味も 香りも“とても野菜ら [続きを読む]
  • はまさき
  • 2月〜3月はフルーツの閑散期。おいしいモノってデコポンしか思い浮かばない季節。そんな折のハイブリッドみかん。(清美オレンジ×アンコール)×マーコット。マーコット!?…ってミネオラと並んで 私の中の微妙みかんのひとつ。柑橘に惹かれるけど みかんは終わりだしデコポン高いし味は別にして リーズナブルだからしかたないなぁ…と思って買う感じ。はまさきは高い。なのに 味が微妙。…なんで作られ [続きを読む]
  • ロイヤル・ガラ
  • これも 魔の2〜3月の輸入果実。輸入りんごといえばりんごは貯蔵品しかない夏場に ジャズ、キク、エンビィ、ソニャの4種類を紹介した。今回は 高価だけど国産がある初春。かなり攻めてきた感じ。自信たっぷりな このガラりんご結論からいうと 味がなかった。食感は しゃっきりして いい。味は…野菜?いや、香りも無いから 野菜にもなりきらない。なんで日本に来たんだ!?小ぶりなりんごで 手さげのような袋にたくさん入れて [続きを読む]
  • さくら、夜桜、水面の桜
  • 何気にバタバタしててかといって流されるわけでもなくただ 全部がんばってた。ある晩…といっても0時過ぎメッチャ深夜なんだけど桜が咲いていた。ずっと咲いてたんだけど夜になるまで気づかなかったんだ。昨日は雨が降った。傘がひっくり返るくらい風も強かった。今日の朝 出勤途中。まだ桜は咲いていた。外堀の水面に映ってて私はこっちの方が好きかもしれない。 [続きを読む]
  • カーボロネロ
  • スーパーの野菜はほぼ買い尽くしたと思ったけど新作は いくらでも出てきます。。なんか イタリアの野菜らしく別名「黒きゃべつ」。なんだろう。全然きゃべつに見えないのは 私だけ?縮み系冬野菜やタアサイによく似ている。味も…カーボロネロは強い野草の香りで かなり苦くて甘いきゃべつとは 別物みたい。そして 繊維が強固!生じゃ 全然おいしくない。1cm幅に繊維を分断し、もやし・玉ねぎ・豚肉と炒めると様相は一変する [続きを読む]
  • ピクシータンジェリン
  • 3〜4月に たくさん売っていた。今年初めて見た品種。手で皮が剥けると宣伝されるオレンジ系のフルーツ。このピクシーさんオレンジ系だけど とても和風な味。皮は金柑のような香りで甘くて 小袋も薄めで日本みかんのようで、おいしい。10日前まで出てたけど今はどうかな。晩柑の時期に出回って価格もリーズナブルなので見つけたら 買うべし!です。 [続きを読む]
  • にんにくの芽
  • 初夏の国産はつぼみがセットで ついてくる。アスパラのような食感でほろ苦い おとなの味。天ぷらにしたりするみたいだけどたしかに、おいしそう!茎はおなじみ。国産は 香りがあまり強くないような…根元はスジスジしてるので3〜4cmくらい ざっくり切ってしまったほうがいい。捨てたら もったいないしみじん切りにして 焼飯に入れる。今年はそろそろ終わりかな。輸入ほど廉価ではないけどお値段もお手頃なのでレアな国産にん [続きを読む]