LEE さん プロフィール

  •  
LEEさん: B_type
ハンドル名LEE さん
ブログタイトルB_type
ブログURLhttp://b-type.mito-city.com/
サイト紹介文兼業主婦の日々の記録。2015年4月から通信課程で司書資格取得にチャレンジ中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/05/30 23:58

LEE さんのブログ記事

  • こちらのマハさんが好きなの。【読書メモ】
  • たゆたえども沈まず またまた原田マハ。ちょっとしつこい? こちらは期待通りで一気に読んでしまったわ。 舞台は明治時代初頭のパリ。ジャポニズム旋風を牽引する2人の日本人画商とゴッホ兄弟の物語。 例によって史実とフィクションが巧みに入り交じった小説で、巻末に膨大な参考資料が掲載されていることからもマハさんが当時の美術界について深く研究したことがわかります。 ゴッホ兄弟がやり取りした多くの書簡をもとに彼らの心 [続きを読む]
  • オンナの隠し事【読書メモ】
  • ごめん文庫だとこちら夏を喪くす (講談社文庫)このところ立て続けに読んでいる原田マハさんの短編集。これまでに読んだのはこちら。原田マハつづき【読書メモ】原田マハと岩波ジュニア新書1冊ずつ【読書メモ】旅行のお供に読んだ本【読書メモ】戦争とゲルニカと広島と【読書メモ】明治時代の弘前という設定で描かれる『奇跡の人』【読書メモ】 どれも大切な人に言えない暗い秘密を持った女性が主人公です。 家族と平穏な暮らしを [続きを読む]
  • 極端な例で不安を煽りすぎてない?【読書メモ】
  • 最近老後のお金のことが気になっているので(遅すぎるけどね)、お金絡みの本を借りて読んでいます。 TVでよく見かける有名人2人の本。 まずは『NHKあさイチ』にも頻繁に登場されていた横山光昭氏。年収200万円からの貯金生活宣言うーん。 固定費の見直し、タバコをやめる、クレジットカードを使わない、など聞いたことのあるようなことばかりで特に目新しいことはなかったです。 固定費の見直しはいいとしても、我家のように田 [続きを読む]
  • 来年のスケジュール帳はどうする?
  • 気が付けばもう12月。 『スケジュール帳買わなくちゃ!』とはたと気づきました。 たいして書き込むことのないスケジュールは、エトランジェディコスタリカのB6サイズマンスリーを愛用して10年近くになります。 こちらのシリーズ↓。エトランジェディコスタリカ 手帳 2019年 12月始まり マンスリー B6 タイポ ブラック DME-T1-02 シリーズによって表紙のデザイン、内側のフォントや色合いなどが微妙に違いますが、どれもメモページ [続きを読む]
  • ネットバンクの金利と手数料、こんなに差があったなんて。
  • SBIネットバンクに口座を開設しました。目的は外貨取引。 30年以上前にシティバンク口座ではじめたものですが当時はなんとテレフォンバンキング。 自動音声相手に口座番号だの暗証番号だの電話機のボタンで入力していたのですよ。 その後手数料の安さと外貨建てクレジットカードを作れるというのに惹かれてSONYバンクに移行。 ここ何年かはちょこちょこと少ない元手で小銭をゲットしていました。 SONYバンクに不満は全くなかったの [続きを読む]
  • 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その4
  • ここまででジャケットの表面全体にフィルムを貼り終わりました。 ここまでの工程はこちら。 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その1 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その2 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その3 【9.背付近のゆるみをつくる】ここでジャケットをはずします。フィルムの糊の面が余計なところへ触らないように気をつけながら。ちなみに、コートしてあるところならフィルムが貼り付いてしまっても引っ張れば [続きを読む]
  • 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その3
  • 真ん中から貼るブッカーの掛け方の続きです。 ここまでの工程はこちら。 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その1 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その2 いよいよジャケット全体にブッカーを貼っていきます。一番ドキドキする工程。 【6.表紙側を貼る】左手で裏紙をゆっくり剥がしながら右手に持った定規をスーッと左へ動かします。 ハードカバーの本を貼るときは定規を動かす力で裏紙を剥がしていってもいいのですが、ソフ [続きを読む]
  • 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その2
  • ブッカーの貼り方をちゃんと教わったのは小学校の図書室ボランティアを始めるタイミングでした。 ずーっと前に教えてもらったことはあるものの、その後やる機会が全くなかったのですっかり忘却の彼方。 ボランティアを始める時に『ブッカー貼れると助かるの〜』と言われ、昔のメモを見てみても全く出来る気がせず。 ネットで探しても、私の教わった真ん中(本の背にあたるところ)から表紙と裏表紙を別々に貼る方法が見つかりませ [続きを読む]
  • 【真ん中から貼るブッカーの掛け方】その1
  • 【ブッカー】 x 【掛け方】のワードで検索して来られる方がいらっしゃるのですが、参考になる記事がなくて申し訳なく思っていました。 そこで一念発起(大袈裟だな)、私がやっている方法を記事にしてみることにしました。 動画から取り出した静止画を使用しているのでピンぼけも多いのはご容赦ください。 写真が多くページが重くなるので、何回かに分けて掲載します。 【1.道具】ハサミ:フッ素加工などノンスティックのもの。先 [続きを読む]
  • ハラペーニョ中毒【コストコ】
  • 食べ切るのにどの位かかるのかと心配する程だったハラペーニョの瓶詰め2本。 一番の使い道はトマトと玉ねぎで作るサルサにたっぷり入れること。 このサルサ、タコライスには欠かせませんし夏の冷たいパスタにたっぷりのせることもたびたび。 とにかく家族中の好物で、一度にたっぷり作るのでハラペーニョもかなりの量を刻んで投入するのです。 パンにレタスやハムを挟んで食べるときにも必ずトッピング。 子どもだから辛いものは苦 [続きを読む]
  • 最後のよみきかせは5年生
  • 久しぶりに小学校のよみきかせに行ってきました。 一応昨年度で引退したので当番さんが足りない日だけの助っ人です。 小学校でのよみきかせの会への参加は多分これで最後。 わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)おぼえていろよ おおきな木 (講談社の創作絵本) 5年生担当ということで、この2冊のどちらにするか最後まで迷いましたが、絵が印象的な『わすれられないおくりもの』をチョイス。 どちらも『大切なものっ [続きを読む]
  • ホロコーストから生き延びた理由【読書メモ】
  • 4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した ナチスの蛮行とユダヤ人が受けたどうしようもなく悲惨な体験は多くの人の知るところですね。 この本が特徴的なのは、アウシュビッツ収容所での数少ない年少の生存者の中でも当時4歳だっという少年の記憶をもとにしたものというところ。 彼と彼の親族たちがどのようにして生きのびたのかを、家族や知人の証言、その後の様々な記録をもとに再現したノンフィクションです。 少年が思い [続きを読む]
  • 司書資格の次にチャレンジしたいのは…。
  • 司書資格取得の勉強は先日最後のレポートを提出してようやく山を越えました。 1月の科目終了試験(図書館制度・経営論)と2月の科目終了試験(図書館文化史)を待つのみ。 実は、前々から司書の勉強が終わったらペン習字講座を受けようと思っておりました。 昔っから字が下手なのがコンプレックスで、美文字テキストを買って自己流で練習していたこともあるのですがなんとなくフェイドアウト。 普段はパソコンで書くことがほとん [続きを読む]
  • アスタリフトのトライアルキット
  • 肌も髪も体型も衰えの急激な進み具合に頭をかかえる毎日。 お肌の手入れについては富士フィルムのアスタリフトジェリーアクアリスタがとてもよくて、初めて「ずっと続けて使いたい!」と思った製品でした。 先行美容液なので洗顔後にまずこれを使います。そのあとに化粧水をつけるのですが、別にライン使いでなくても安めのをたっぷりつけるだけでOK。 ひと月くらい使い続けると肌がつるっとしてきてファンデーションのノリがぐっ [続きを読む]
  • 丁寧な暮らし…って?【読書メモ】
  • 丁寧に暮らしている暇はないけれど 時間をかけずに日々を豊かに楽しむ知恵 最近よく耳にする『丁寧な暮らし』という言葉。 「手間をかける」「素材へのこだわり」「手づくり」方面と親和性が良いようです。 多いに気になる割には、ブログや雑誌で『丁寧な暮らし』という文字を見るとそっとページを閉じてしまう私。 だってね、時間がないと言うわりには手間ひまかけてるんだもの。 『フルタイムで働いているのに、こんなことまでや [続きを読む]
  • 【Amazonで探して図書館で借りる】には最強のツール
  • Chromeの拡張機能(プラグイン)『その本、図書館にあります。』がとても便利。 本好き・図書館好きの方はとっくにご存知かもしれませんが、Amazonサイトで表示された本が図書館に所蔵されているかどうかを瞬時に探してくれる、しかも無料!のツールです。 お馴染みの図書館検索サイト『カーリル』も便利ではあるのですが、わざわざサイトを開くというひと手間があるとないとではお手軽さが段違い。 『その本、図書館にあります。 [続きを読む]
  • クレジットカードの利用金額が大幅減【日々の節約】
  • クレジットカードの10月利用分支払明細書が届きました。 9月からこちら、売上が少ない上に予定外の支出が多く家計はいつにも増して火の車。 いつもは『なんとかなるさ〜』とお気楽に構えている私も、さすがに10〜11月はお尻がムズムズして仕方ない。 食費や生活雑貨などの買物は週に1度と決め、お財布のヒモをがっちり締めてかかりました。 そしたらなんと、10月分のカード利用分が2割も減っていました。。 スーパーやドラッグスト [続きを読む]
  • Excelの住所録をWordでハガキに宛名印刷【覚え書き】
  • 年賀状作成中。 WordもExcelも便利だけど、どこにどの機能があるのかサッパリわからん! 試行錯誤の末にようやくちゃんと印刷できるようになったので、来年の自分が楽するための覚え書き。 【ワード】はがき印刷 ↓差し込み印刷タブ ↓宛先の選択 → Excelファイル選択(タブごとに指定できる) ↓プレビュー → 各フィールドが入っているか確認 ↓フィールドの対応 → 郵便番号、名前、住所1、住所2(Excelのカラムの [続きを読む]
  • ソーシャルレンディングにチャレンジ
  • ゆうちょ銀行の定額預金が満期になったので手続きに行ってきました。 10年前は金利が0.4%もあったのね〜! それどころか、若い方には信じられないでしょうが30年前は7%くらいあったのよ。 10年預けたら倍といわれた時代、本当に泡と消えてしまったねえ。 満期になったものを定額預金に預け換えてはきたものの、金利は皆様ご存知の通り0.001%。 定期預金でもゼロとはねえ。 元本が少ないから、このまま何年置いても利子なんて全 [続きを読む]
  • アラフィフの同窓会、その後。
  • 2週間程前に書いた同窓会の件。行って参りました。 昨年の居酒屋と違って、今年はバンケーットルームでの立食形式。 普段ラクチンな靴ばかり履いているので、ちょっとヒールのあるブーツを履いていったら足の裏がすっかりマメだらけになってしまいました(泣)。 覚悟はしていたものの、家を出る直前まで『何着ていこう〜』とすったもんだ。 ここ数年の急激な体重増加のおかげで何を着ても、もっさりしたおばちゃんになってしまう [続きを読む]
  • 図書館はキレる老人の館?。
  • 「図書館が『老人の館』になる」というダイヤモンドオンラインの記事がちょっとした話題になっています。 何年か前から増えている『キレる老人』の話題かと思ったら今回はちょっと違うみたい。 認知症の人が館内で徘徊して迷子になるとか、大量の本を持ち出そうとするとか、ソファーで失禁とか。 さすがにこれには驚きました。高齢化の影響はこんなところまできているのか…。 司書の勉強の中で、児童や障害者、外国人を対象とす [続きを読む]
  • 参考資料にDVDも加えてみた。図書館文化史(4)ー司書課程受講物語 (88)ー
  • 書き上げてしまった後ですが、「図書館文化史」の参考資料追加です。 映像でみる戦後日本図書館のあゆみ―〔〔電子資料〕〕『格子なき図書館』と『図書館とこど古い16mmフィルムをデジタル化してDVDにしたもので、戦後の図書館史を知る鍵となるとなる貴重な2本の映像が入っています。 ひとつは、GHQの占領下教育方面を担当したCIEが製作した『格子なき図書館』。 戦前の日本の典型的な図書館像と新たな図書館法の理念に基づいた民 [続きを読む]
  • 最後のレポート終了。図書館文化史(3)ー司書課程受講物語 (87)ー
  • 『図書館文化史』のレポートがほぼ書き上がりました。 あとはプリントアウトしたものを一晩寝かせてから誤字脱字などをチェックし、週末までには提出するつもり。 この科目が最後のレポートかと思うと感慨もひとしおです。 今年度中に全課程を終了するためには、このレポートを11/22必着で提出し2月の試験を受けなくてはならないのでかなり焦りながら取り組みました。 ぎりぎりの綱渡りをするつもりなら、1/11提出で3月に科目終了 [続きを読む]
  • イイネ!QUEEN!
  • 毎週楽しみにしている日曜午後のNHK-FM「きらクラ!』。 でもたしか今日は特別番組のためにお休みなのよね…..とFM欄を すると。 あらら『今日は一日クイーン三昧』とあるではないですか。 そういえば映画『ボヘミアンラプソディー』が公開されたばっかりだものね。 番組の中でゲストの戦場カメラマン渡部陽一さんがクイーンはオペラだ』と言っているのを聴いて、なるほどと思いました。 昔はロックって自分と遠いところ [続きを読む]