ゲンセキ さん プロフィール

  •  
ゲンセキさん: ゲンセキの日記
ハンドル名ゲンセキ さん
ブログタイトルゲンセキの日記
ブログURLhttp://ocarinagenseki.blog99.fc2.com/
サイト紹介文オカリナ愛好家ゲンセキのブログです。オカリナ、鉱物、パワーストーン、旅行、小物写真等書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/06/02 05:59

ゲンセキ さんのブログ記事

  • 旅行の記録ののこり・・・
  • ある人が、「ランチうらやましい!」と言うので、ランチ&ディナーで紹介していない写真を貼っておく。ベネチアのラップサンドチーズが絶品べネチアホテル近くのBarのペンネアラビアータほんのり辛くシャンゼリセ゛通りのガレットちょっと違う・・・フランスルーブル美術館公園のジェラートカシスとバニラサンマルコ広場のティラミス甘すぎ・・・ノートルダム寺院近くのカフェのサンドイッチツナが美味しいサラダをセットで。。。マ [続きを読む]
  • 寺田農朗読の旅2
  • パリ帰国の次の日、寺田農さんの朗読会で演奏させていただきました。ちゃんと練習してから出国し、当日も午前中に吹きました。。今年は伊豆の踊り子ということで、学生時代を演奏。コード教室でセカンドパートを作成した糸も吹きました。アンコールも頂き、前座ながら、楽しいひとときとなりました。演奏後は本日のメイン、寺田農さんの朗読です。前半は川端康成の生い立ちのお話、後半に全編朗読だした。寺田さんの声は今年も素晴 [続きを読む]
  • パリ旅行記5
  • パリ最終日はスーツケースをホテルのフロントに預け、パリ市内観光へ。ルーブル美術館ミロのビーナス戴冠式モナリザ地下はショッピングモールになってます。鉱物ショップがあるパリ最古の教会「サンジェルマンデプレ教会」576年に聖サンジェルマンを埋葬したのが発祥。近くにルピシエがありました。日本茶が買えます。セーヌ川沿いの露店でポスターを購入。防音室に飾ります。フランスっぽい風景夕方空港に向かい、ドーハ経由で羽 [続きを読む]
  • パリ旅行記4
  • パリ3日目は現地ツアーでモンサンミッシェルへ。今回はちゃんと日本人ガイドさんなので集合時間もバッチリ聞き取れます。バスに揺られること4時間。村で途中下車。さらにバスで揺られること2時間、漸くモンサンミッシェルに到着。数年前に道路が取り壊され、本土との連絡橋となったため観光バスは手前で停車。とりあえずお昼ごはん。あの有名な(噂の味のない)オムレツです。姉妹店だとか。テーブルに塩と胡椒があったので美味しく [続きを読む]
  • パリ旅行記3
  • パリ二日目は市内観光へ。と思いきや、風邪で発熱し午前中はホテルで寝込む。なんとか午後から出かけ、途中で見付けたオシャレ可愛い文房具屋でパリっぽいオシャレポストカードを購入。オペラ・ガルニエ結婚式の前撮りのような団体が。凱旋門チケット売場で購入者の揉め事が発生し、長蛇の列に。受付のお姉さんによる怒濤の反論「オーマダム、ウィーマダム、ソーマダム」マダムいっぱいいる・・・警備員が来て購入者と話始める事態に [続きを読む]
  • パリ旅行記2
  • パリ中心から少し離れた処にあるコンセルバトワール。のだ●が留学した有名音楽学校です。コンセルバトワールを見に来たのではなく、直ぐ横にある楽器博物館に来ました。イヤホンガイドが付いてくるので、楽器の歴史が学べます。解説は英語のみですが、実際にその楽器を使用した演奏も聴くことができるので十分楽しめます。珍しい楽器も多数有り。コントラバスバスバス!?イヤホンガイドで音も聴けます。流石に巻き過ぎでは...。 [続きを読む]
  • パリ旅行記1
  • 今日はパリに移動余裕を見て部屋を出るも、ホテル入口ドアが空かない!ロビーとは別棟なうえ、内線電話もつながらない…携帯から国際電話でホテルにかけたら、「部屋の鍵で開くはずだけどなぁ。ちょっと待ってて。」後から来た宿泊客も開けられなかったから内鍵が壊れている模様...。てなことがありつつも、なんとか空港へ。フライト二時間半前。チェックインのために列に並ぶものの、カウンターに誰も居ない...。待てど暮らせど誰 [続きを読む]
  • ベネチア旅行記7
  • ファビオさんの車に揺られること40分、いよいよオカリナ生誕の地ブードリオへ!その昔は城壁に囲まれた村だったそうです。村の入口にある、子供達が作ったオカリナのモニュメント。今年完成したばかりだそうです。オカリナ博物館の壁には陶器でできたオカリナが貼り付けてあります。こちらも村の子供たちの作品。博物館の中をファビオさんが一つ一つ紹介してくれました。世界で最初のオカリナ確かににガチョウの子(=オカリナ)の姿 [続きを読む]
  • ベネチア旅行記6
  • 三日目はいよいよブードリオへ知っている人は知っている、オカリナ発祥の地。ここにはオカリナ博物館があります。ちなみに今は休館期間で「連絡くれれば空けるよ」とホームページに記載あったためメールを出しましたが、一向に返信来ず。音信不通で困っていたところ、知り合いのたんぽぽさんが館長さんと連絡を取ってくださいまして、館長さん自ら博物館を開けていただけることとなりました。さて早朝、時間に余裕を持ったのに、水 [続きを読む]
  • ベネチア旅行記5
  • 夜はオペラを見にムジカ・ア・パラッツォへ。本日の公演はセビリアの理髪師。サロンでの公演のため、お客さんの目の前で話が進み臨場感たっぷり。事前に登場人物調べたけど、第一幕の登場人物が想定より2名ほど多い...。さらに、第2幕から満を持して登場したメインヒロインのロジーナが・・・でかい「ラーラーラー…ゴホッゴホ」ってロジーナ風邪かいっ!紆余曲折あったものの、最後は丸く収まるが、メイドと叔父さんがくっつくと [続きを読む]
  • ベネチア旅行記4
  • ガイドさんに聞いた古楽器博物館へ向かう途中、目の前に骨董市が…キリスト関係が多い傾向はあるけど、置いてある物のほとんどが「骨董」なんだ「ガラクタ」なんだかは万国共通分かりません。いざ、古楽器博物館へ。イタリアの博物館は教会の中に造ることが多いそうです。ここも教会。多弦ヴァイオリンとか制作途中部品とか面白い一番奥の中央にはコントラバスが…メインなのかショーケースに入りきらなかったのか…製作者アマティ [続きを読む]
  • ベネチア旅行記3
  • ベネチア二日目は3つの島を廻るツアーへ。あいにくの雨ガイドのおばちゃんが先導するも、おばちゃん歩くのが速い!タッタッタッタッタッ...ハンター×ハン●ーのサトツさんみたい既に多数が遅れているなんせ目印がコレわからんわい前にいるスペイン系の赤い服のおねぇさんのがよっぽど目立つちなみに、ツアー予約画面には英語ガイドと書いてあったハズが、普通に全編イタリア語。集合時間さえワカラナイ。置いてかれてまう。始終、 [続きを読む]
  • ベネチア旅行記2
  • お昼過ぎにベネチア マルコ・ポーロ空港に到着。時間があるので早速散策。石造りの町並みと運河とゴンドラ。ベネチアっぽい。ホテルは最上階で良い運動ちなみにお隣は関西弁の女子大生「ピザ食べたいやんか〜」って聞こえてきた…。町を散策海外版武器屋もありました。観光地のため、露店も多いです。サン・マルコ寺院空港からホテルまで送迎付きで、日本人のガイドさんが迎えに来てくださったので楽器店がないか聞いたところ、2店 [続きを読む]
  • ベネチア旅行記1
  • 9月22日(金)深夜便でヨーロッパへ飛び立ちました。残業後に羽田に向かい、ギリギリに到着。今回はカタール航空でドーハ経由、ベネチア&パリの旅。機内に入ると隣は若い外国人男性…オワタと思ったけど良い人でした。最新鋭の機体で震動も少なく快適比較的新しい日本の映画もありました。乗り継ぎのため5時過ぎにドーハに着陸空港内を走る列車がガラス張りでオサレ。中央には何故か巨大なクマのぬいぐるみが。アートらしい。嫁がら [続きを読む]
  • ラメッセ
  • 久し振りのタベルナラメッセへ!ランチメニューは、サラダ、前菜、パスタ、コーヒー/紅茶で1,500円前後。こちらは前菜の盛り合わせメインは青唐辛子のクリームパスタを選択。ピリッとして絶品です。ちなみに、こちらはトマトとチーズのパスタランチとは別に、デザートも注文。ハーフ&ハーフを注文すると、二種類楽しめます。青唐辛子のクリームパスタはしばらく続くそうですので、辛いもの好きな方は是非お試しください。 [続きを読む]
  • 昨年よりも装備を強化し泳いできました。折角防水カメラも持って行ったのに波が荒くて綺麗に取れず…。来年は晴れてほしい。。 [続きを読む]
  • ダイニング街なかライブ
  • 十条駅から徒歩1分にあるダイニング街なかのライブイベントに参加しました!出演者は晃太、Liena with friends、YOUNA Band、数馬さんでした。ボーカル、ギター、パーカッションのグループの中、一人にさでオカリナを吹いてきました。いつものことながらアウェイ。こたらはリハーサルの様子手前はレストランで、ライブはカフェのテラス。カフェでの演奏だったので、コーヒールンバを選曲。手前に座っていたお客さまには好評でした [続きを読む]
  • DOG
  • 「CHOCOLAT」、「Air France」に継ぎ我が家3枚目のサヴィニャック!レイモン・サヴィニャック氏プロフィールパリに生まれ、94歳でカルヴァドス県トルヴィル=シュル=メールで亡くなったフランスのポスター画家。通常単にサヴィニャックと呼ばれる。特に数々の商業ポスターは今日のフランス文化の一部をなしており、シンプルな機能美とユーモラスな筆致が特徴である。ウィキペディアより。ダイニングテーブルから見える位置に飾ってあ [続きを読む]
  • パーティー
  • 結婚するするサギ疑惑の中、6月24日、ついに市役所に紙を出しました。なんと、いつも大変お世話になっているちくりん先生がお祝いパーティーを企画してくださいました。場所はいつものメルシィ商店。貸切りです。日曜日にもかかわらず、多くの方に出席いただきました。会場設営、料理、受付はTuttiのメンバーが中心です。本日のメニューはラップサンド、マフィン、ポテトチップス、クッキー食後のデザートもありました。工作上手な [続きを読む]