岩本謙一郎(株式会社グローバルブレインスクエア) さん プロフィール

  •  
岩本謙一郎(株式会社グローバルブレインスクエア)さん: 外資系出身コンサルが解説!グローバルマーケティング
ハンドル名岩本謙一郎(株式会社グローバルブレインスクエア) さん
ブログタイトル外資系出身コンサルが解説!グローバルマーケティング
ブログURLhttp://www.globalmarketing.jp/
サイト紹介文コンサル歴17年の筆者が海外進出時に必要となるグローバルマーケティングについて解説します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/06/02 02:14

岩本謙一郎(株式会社グローバルブレインスクエア) さんのブログ記事

  • ドン・キホーテ、東南アジア1号店をシンガポールに出店
  • ドン・キホーテホールディングスは6月5日、シンガポールに東南アジア1号店をオープンすると発表しました。2006年にTHE DAI'EI(ハワイ州)を買収し初めて海外に進出。新店舗は、M&Aではなく、同社がこれまで培った業態開発、店舗作りのノウハウを生かしてオープンするという。「シンガポール国内でオンリーワン業態を創造するとともに、グループの成長戦略を実現する新たなリソース開発拠点として、 東南アジアでの事業展開を推進す [続きを読む]
  • 東京海上日動、『海外展開支援サービス』開始
  • 企業の海外展開に『海外展開支援サービス』開始東京海上日動火災保険株式会社は6月2日、企業の海外展開(進出・輸出)を支援し地域経済活性化の一助とするため、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)と協力し、その事業を活用した『海外展開支援サービス』を、2017年7月以降順次提供を始めると発表しました。国内は、人口減とともにマーケット縮小等が見込まれ、企業の海外展開が増加傾向にあります。そこで同社は、こうした [続きを読む]
  • 観光庁 平成29年度版観光白書を発表
  • 観光庁が「平成28年度観光の状況」及び「平成29年度観光施策」(平成29年度版観光白書)を国会に提出しました。世界と日本の観光の動向や昨年度講じた施策と今年度講じようとする施策のほか、今年度は第2部で、持続可能な賑わいを有する観光地づくりに向けての取組み事例と賑わいの持続に何が有効であるかについての分析結果がまとめられています。<平成28年世界の観光の動向>国連世界観光機関(UNWTO)発表の世界観光動向 [続きを読む]
  • 経産省、インドとの産業財産分野での協力拡大に合意
  • 5月24日、日本国特許庁とインド特許意匠商標総局は、産業財産分野に関し、インド新人特許審査官向け研修のフォローアップ研修やPPH専門家派遣等の新たな協力事項を拡充したアクションプランに署名しました。このように、インドとの協力を強化してインドにおける特許審査の迅速化の取組を支援することで、日本企業の知的財産が迅速・円滑に確保されかつ適切に保護される環境の整備を進めてまいります。<背景>インドに進出する我が [続きを読む]
  • タイの最新消費者動向がわかるセミナー開催
  • 2017年3月21日(火)、東京都千代田区のちよだプラットフォームスクエアで「タイの最新消費者動向:越境EC(海外向けEC)・インバウンドマーケティング講座」が開催されます。主催は海外進出コンサルティングの(株)グローバルブレインスクエアです。本講座では、グローバルビジネスマッチング(GBM)サービスでタイ進出アドバイザーを務めるSuvanee Phiphatthanananが来日し、タイにおける消費者の最新動向をご紹介します。タイの消 [続きを読む]
  • 海外向けWeb広告出稿時に注意すべきプログラマティック広告対策とは?
  • イギリスでGoogleディスプレイネットワークを使用した企業の広告が、問題のある組織が投稿した動画に表示され、活動の資金源になっていることが問題になっています。その問題は国会でも取り上げられ、論議を巻き起こしています。参照:「プログラマティック広告対策 ホンダ、日産、ソニーの回答」(Newsポストセブン)日本ではまだ深刻な問題として認識されていませんが、海外向けにネット広告を出稿する上ではこうした海外におけ [続きを読む]
  • 訪日客増へ観光競争力 ガイド資格など規制緩和(日経新聞)
  • 政府が訪日外国人客増加のための規制緩和とインフラ整備を進める方針です。これまで資格が無いとできなかった有償ガイドが無資格でも可能となります。これまで、英語の通訳が7割を占め、4分の3が大都市を拠点にしていたため、英語以外の言語や地方都市でのガイド需要が満たされない問題がありました。今回の規制緩和により無資格でのガイドが可能となることで、より幅広く訪日客を受け入れることができるようになります。その他、 [続きを読む]
  • 10月初旬「国慶節」における訪日中国人のニーズ
  • トレンドExpressが、中国のSNS上で今年の国慶節に日本旅行を予定しているユーザー300名に対し、アンケートを実施しました。国慶節で訪日した際に最もやりたいことは、「買い物がしたい」となりました。爆買いブームは去ったと言われていますが、依然として日本における買い物に対するニーズの高さがわかります。また、着物、お寺、温泉など、日本観光の定番メニューの他、山登り、和菓子作り、ろくろを回して壺を作る、など、体験 [続きを読む]
  • インド 4ー6月期のGDP成長率は7.1% 
  • インド政府が31日に発表した2016年4-6月期のGDP成長率が前年同期比7.1%に留まり、直前四半期の同7.9%に比べ、成長が鈍化したことが判明しました。他のアジア諸国の4-6月期の成長率は、フィリピン:7%中国:6.2%インドネシア:5.2%となっているおり、インドの成長率がフィリピンと同水準であることがわかります。詳細は日本経済新聞をご参照ください。日本経済新聞 - インド成長率7.1% 投資縮小響き低水準http://www.nikkei. [続きを読む]
  • 幸福度世界ランキング トップはコスタリカ 日本は58位
  • 英国の民間シンクタンク、「ニュー・エコノミックス・ファンデーション」(NEF)が、2016年の世界幸福度ランキング(HPI : Happy Planet Index)を公表しました。対象の140カ国・地域中、トップはコスタリカ、日本は58位でした。上位に新興国が並び、先進国はイギリスが34位、ドイツが49位、オーストラリアが105位、アメリカが108位でした。上位20位までの順位は下記の通りです。.table3 { border-collapse: collapse; [続きを読む]
  • 花王 海外ブランド再構築のため高機能品を投入
  • 花王は「ソフィーナ」ブランドの新シリーズを来年3月から香港などで発売します。2018年からは中国でも展開予定。新ブランドは炭酸の泡を肌に浸透させる高機能な美容液などで、主に百貨店で展開し、来店した人へのカウンセリングを通して販売します。花王は中国戦略の見直しを進めており、代理店契約していた上海家化(シャンハイ ジャーファ)?合股份有限公司との戦略的業務提携を2016年中に終了することになっています。これまで [続きを読む]