マミー☆ さん プロフィール

  •  
マミー☆さん: 失恋による自死を防ぐために
ハンドル名マミー☆ さん
ブログタイトル失恋による自死を防ぐために
ブログURLhttp://love-addction.seesaa.net/
サイト紹介文30歳の娘は、失恋して自死(自殺)しました。母親としての苦しい胸の内を吐露しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供854回 / 365日(平均16.4回/週) - 参加 2015/06/02 06:31

マミー☆ さんのブログ記事

  • 安倍さんの運の良さ。
  • 明日は台風がかなり近付いてくる。今日、買い物に出掛けたら、突然強い風が吹いて、折り畳み傘がひっくり返った。テレビでは今日、期日前投票に行った人達の長蛇の列が映っていた。私は台風が近付いているのが分かっていたから、木曜に行っておいた。それでも久し振りに雨が降っていなかったためか、意外と多くの人が投票していた。それにしても秋雨が続いて、その上、台風となると投票率は下がるなぁ。すると、創価学会の会員さん [続きを読む]
  • 今日の人生相談。
  • 今日の新聞の人生相談。「人生はコスパだけで考えるな。」そうだと思う。生きていたって、苦しいことに悩まされるだけ。こんな人生なんて要らない、と人生を断ち切ってしまうのは、コスパだけで考えているからかもしれない。コスパが悪くても、それをどう意味付け豊かにしていくかは本人次第。それと、男だけが自分を救うだなんて、とんでもない話。自分を救うのは自分だ。時には他人の助けも必要だけれど、それに頼り切ってしまう [続きを読む]
  • 甘えん坊だけど、節度はあった。
  • あの子は甘えん坊だけれど、それなりの節度はあった。元婚約者さんと同棲もしなかったし、異動になって離れて住んで、そして互いに忙しかったから1ヶ月に一回しか会えなくても、信頼があったから、ちゃんと恋愛は続いた。彼が欠かさず電話をしてくれたお陰でもあるけれど。信頼があれば、離れていてもいいんだと思う。しかし最後の彼の場合は妻を裏切って不倫という遊びをした。信頼に足らない人物なのに、なんで娘は彼を信じたん [続きを読む]
  • お下がりー。
  • ちょっと、こんな話とは思うものの、書きたい。さきほど、お手洗いに入った。引っ越してきて、こちらの家の一階では娘のうちのトイレットペーパーホルダーカバーを使っている。まだ綺麗だし、可愛いから使っている。ふと目について懐かしく思った。これは、あの子が医学部に入って、新しいアパートの家財道具を揃えた時、その地のデパートで買い求めたものだ。あの子が気に入ったから。そして、医学科の6年間、そして働き始めてか [続きを読む]
  • ついでに。
  • 幼児教育の無償化は賛成だ。ただし、保育施設を十分に行き渡らさせなければ意味はない。と同時に保育士の待遇改善も必要。これからの世代を担う子供を託すわけだから。大学教育の無償化はさほど必要とは思っていない。奨学金の充実は必要だろう。ある程度の成績は求めた方がいい。長女はアメリカの大学院で奨学金で授業料無料だったが、アメリカ人並みの成績を要求され、頑張っていた。そういう頑張りも必要だと思うので。それと、 [続きを読む]
  • 私なら、笑。
  • 自衛隊は武力を持っていい。ただし、個別的自衛権は守る、という意見だなぁ。消費税増税は財政再建のためには必要だと思う。ただし、基礎的な生活必需品に関しては軽減税率が不可欠。お金が無い人に対して、消費税増税は重くのしかかるのだから。これから家を買う人にとっては、消費税増税はとても困ると思う。たぶん、一番高い買い物だから。しかし、家余り状況は地方では顕著。値段は下がっていると感じている。都会は賃貸の活性 [続きを読む]
  • 思うに。
  • 夫はたぶん自民党支持者だ。今回の選挙も自民党が圧勝するだろう。夫のような人が多いと思うので。しかし、反安倍の人達は立憲民主党を支持するだろう。菅さんは嫌われていると思うけれど。私は誰がやっても、そんなに変わったことをやれるとは思えない。自民党の他の人でもいいんじゃないのと思う。安定こそが大切と思う人達の気持ちも分かるけれど、安倍さんは増長しやすい人だし、限度を知らない人だから、そこが怖い。岸田さん [続きを読む]
  • 寝ている時もずっと。
  • 寝ている時もずっと頭の片隅に、あの子のことがあるようだ。起きている時だって、何度も何度もあの子のことが頭をよぎる。すごい拷問だよね。こんなことを親にするんだよ。自殺は最高の親殺しだなぁ。あの子はそんなことに思いをいたすような冷静さを失ってしまっていたんだろうか。たぶんそれが分かっていても、自分の苦しさに耐えられなくなったんだろうな。彼がステキでもなんでもないと分かりさえすれば、氷解した執着だろうに [続きを読む]
  • なぜかと考えてみた。
  • なんで私は安倍晋三とか小泉進次郎とかが生理的にイヤなんだろう?と考えてみた。小泉進次郎がイケメンなのは認めるが。そして思った。たぶん、彼らは茶化した物言いをするからだろうな。ユーモアのつもりなのかもしれないけれど、私はなんか好かない。彼らの軽口は不快な気分を誘う。上から目線のチャラいのは私の好みではないようだ。だから夫みたいな堅物を夫にしてるのかー。 [続きを読む]
  • 投票率の低下。
  • 母は軽い認知症だ。足も悪い。都会暮らしだが、投票は無理だと思う。足の悪い人や、入院中の人など、多くの老人にとって、投票は無理なんじゃなかろうか。当然、投票率は下がる。 [続きを読む]
  • 株やってるからなー。
  • 夫は退職してから、まとまったお金を株で運用してるからなぁ。株価上昇は我が家にとっては有り難いことだけど。でも、それだけでいいとは私には思えないなぁ。 お金はとっても大事だけどね。今日は支所で期日前投票をしてきた。ホームページを仔細に読まないと、期日前投票の場所がこんなに近くにあるなんて分からないけれど、調べ好きの私は直ぐに調べちゃう。インターネットが無かった頃は、調べ好きの私は沢山の本を買ったり、 [続きを読む]
  • 安倍さんの自民党。
  • 安倍さんの自民党が大勝し、そして希望の党の小池さんも大敗し、小池さんと一緒になった維新も負けるという予測がされている。安倍さんへの不支持率が高いのに自民に入れる人達。そうなのね。そういう判断なのね。夫も自民に入れるのだろうか。地方の人は圧倒的に自民支持だしなぁ。高い株価は日銀の介入も入っているし、リーマンショックを脱したアメリカの景気上向きや中国の成長という外的要因も大きい。安倍さんのお陰とまでは [続きを読む]
  • 「父の逸脱 ピアノレッスンという拷問」
  • 上掲の本は、フランス人の女性医師が書いたものだ。彼女の父親は彼女をピアニストにしようとして、常軌を逸したピアノ教育をした。それは拷問と言えるものだった。父親は外では笑みを絶やさない人物。しかし家庭では児童虐待に近い躾を行い、母親も教師も見て見ぬフリをした。結局、高校の保健師が警察に通報することによって、虐待は止んだ。父親自身も暴力を受けて育ち、母親の祖父もアルコール依存症だった。しかし彼女は気付い [続きを読む]
  • 眉毛エクステ!
  • 昨日、テレビで眉毛エクステというのをやっていた。私も娘も毛が細いし、全く毛深くない。眉毛だって、フサフサには遠い。削って薄くする必要はなく、少し形を整えるくらい。眉墨で濃くしないといけない。きっと、あの子なら眉毛エクステに関心を示したんじゃなかろうか。笑 美容には関心高かったし。薄化粧だし、メイクに時間をかけるわけじゃないけど、関心あったよな。私と一緒だ。笑 [続きを読む]
  • あの子の失敗の原因。
  • まずピュアな人が大好きだったこと。だから死んでしまった。実際はピュアというより、バカだったんだけど。バカは時にピュアに見える。ピュア好きはかなり危険。婚約者がいたりするような人が、いくら好き好き言ってきても、決して心奪われないこと。同情してくれても、それに惑わされないこと。ましてや既婚者なんて、トンデモナイ話。殆どが人を不幸にするしか能の無い人物。なんで、あなたは間違えたの? おかしな人だと、なん [続きを読む]
  • きっと甥っ子を、
  • あの子は子供好きだ。とりわけ赤ちゃんには目がない。他人のお子さんでさえ、そう。きっと甥っ子をメチャクチャ可愛がったと思う。ほんとに長女の息子は可愛いのだ。意外と(ゴメンね)ブサカワではなく、本当に可愛い。クリッとした二重瞼とかじゃなくて、日本的な可愛さ。あなたも、赤ちゃんが欲しかったんだよね。渇望していたのを、よく知っている。 [続きを読む]
  • 弱い男。
  • ネットに癌にかかった妻を見捨てる男達の記事が出ていた。男の方が弱くて癌という重病に苦しむ妻から、やがて逃げ出すことが多いのだという。歯の浮くようなことを言っていた夫が、初めは甲斐甲斐しく世話をしていても、やがて向き合いきれなくなり、浮気に走ったり、苦しげな顔をする妻から逃げ出す。女は結婚や出産などの人生の変化に対応し、我慢強く耐える経験があるが、男達は甘やかされてきたからかもしれない。こんな時に耐 [続きを読む]
  • なんで間違えた?
  • なんで、彼を優しい人、私を支えてくれる人だなんて勘違いをしたの? 彼は自分のことしか考えてない人だったのに。なんで、そんな妄想を抱いたの? ハシゴをかけてくれたのに、外された気持ちだったのね。奈落に落ちる気持ちだったのね。彼はハシゴじゃなかったんだよ。間違えたんだよ。結婚してるんだもの。無責任に濃い肉体関係を持つような人だった。好き好き言いまくる人だったんだよ。人の感情の機微なんて、まるで分かってな [続きを読む]
  • ハグハグ〜。
  • 長女が昨夜も孫の動画をアップしてくれた。お父さんが、お気に入りのオモチャで誘導してハイハイさせるのに、近くまで行くと、またお気に入りのオモチャを手の届かないところに持って行く。3回目で疲れてイヤになったのか、床に突っ伏した。そこで、お父さんは抱き上げて高い高いをした。そんな動画だった。私は孫がいじらしくて、抱きしめたくなった。お父さん、ちょっと意地悪やねーと。長女曰く、息子のハイハイの動画を撮りた [続きを読む]
  • NHK学園。
  • かつてその会でも運営の一員として活動していた会の勉強会があったので、久し振りに行ってきた。たまたま関西に居たのもあって。帰国子女の教育に関する勉強会だ。昨日のテーマはいわゆる普通の学校である一条校とは違う学校の紹介だった。高等専修学校だったり通信制の学校の先生方のお話。わざわざ東京からNHK学園の先生が来られて話して下さったのが、私には興味深かった。かつて私はこれから渡航する人や、在外の人、帰国した [続きを読む]
  • なんでも偽装かー。
  • 結局は嘘に近い法螺でも偽装でも、巧妙にうまくやったもん勝ち? そんなのが堂々とまかり通るのは、おかしくないか? 騙される方が悪い? 確かにそれは一理ある。だけど、巧妙に騙す方がもっと悪いでしょ。日本が上から下まで、そんな文化に犯されませんように。詐欺じみたものに引っかかりませんように。 [続きを読む]
  • 気持ちを逸らす。
  • 選挙のことを考えたり、三味線のことを考えたり、母の家のことを考えたりして、少しでも気持ちを逸らす。そうしないと鬱になるし、辛くてしんどくなる。長女が孫の動画をアップしてくれるのも、とても癒やしになる。ありがたい。 [続きを読む]
  • 生きてたやん。
  • 夢を見た。あの子は実は生きてた。なにか仕事の不祥事か不都合で、死んだことにしてしまっていただけだったんだ。「本当は生きてたんだから、色々書類は役所に出してしまったけど、生きてたんだから、今からそれを取り消そうよ」と私は言っていた。目が覚めた。いや、確かにあの子は死んだんだ。だって死に顔を見たもの。確実に死んでしまっていた。あぁ、やっぱりダメなんだ。生きてたりしていない。なんで、彼は気軽に娘と付き合 [続きを読む]