はる さん プロフィール

  •  
はるさん: 乳癌骨転移ステージ4からの完治作戦はるの元気な毎日
ハンドル名はる さん
ブログタイトル乳癌骨転移ステージ4からの完治作戦はるの元気な毎日
ブログURLhttps://peace-wish.com/
サイト紹介文乳がんと診断されるまでと、診断後の毎日の記録と思い・完治を目指して日々を書いていきます。
自由文まだ生きられるっ2014年8月6日は私のもう一つの誕生日になりました。
乳がん宣告、骨転移ありのステージ4.
現在 ホルモン療法(ノルバデックス)、ゾラデックス・ランマーク注射を月1回受けながら元気に毎日を生きてます('-^*)/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 87日(平均3.9回/週) - 参加 2015/06/02 10:24

はる さんのブログ記事

  • 「乳腺外科の診察日ですよ。」病院から電話が!慌てました。
  • 診察日を忘れるほど元気!?(ポジティブすぎます)昨日は、月一回の乳腺外科の診察日だったのですが、すっかり忘れていて普段どおりに午前中を過ごし、午後から習い事があったので予定通り行き、整形外科の治療に行き、スーパーで夕食の食材を買っていた時です。 バックの中から携帯の音が聞こえてきたので、出てみると 「もしもし、○○病院ですけど、今日診察の予約が入ってると思うんですけど。」 んっ?えっ??診察?今日・ [続きを読む]
  • 乳がんブログを始めてできた大切な人たちへ。心から感謝しています。
  • あなたはこんなにも大切な人です。 乳がんになって、こうしてブログを書く過程でとても嬉しく思うのが人とのふれあいです。 本当にたくさんの方たちに支えられていると実感しています。 コメントや、問い合わせをきっかけに出会う、がん友さんやそのご家族はもとより、ガン以外の方たち、それから、ここへブログを読みにきてくれるあなたの存在です。 その力はとてつもなく大きな生きる希望となっています。 それは本当に嬉しくて [続きを読む]
  • 『OMOSHIROI BLOCK』文房具フェチな私が今一番欲しいもの
  • OMOSHIROI BLOCKというんです。これメモ帳なんです。すごいと思いません?インスタ見てたらこんなすごいの見つけちゃって、思わずフォローしてしまいました。どこで買えるんだろうって、調べたら公式サイトはアクセスが集中してパンクしてホームページに入れませんでした。 「どこで買えて、価格はいくらなんだ〜?」って文房具大好きな私はもう欲しくて欲しくて、いろいろ調べてしまいました。#memo#memoblock#papercraft#origi [続きを読む]
  • お金の貯め方〜私の楽しみながらの節約術2つの方法〜
  • 1年間楽しくお金が貯められます。病気になるとお金がかかります。当たり前のことですが、健康だったら払わなくていいお金が家計を圧迫します。家族のためだったら惜しむことはしないので、どこかで節約しないとならなくなります。 ですが、何事も楽しくなければ、家の中がギスギスしては本末転倒です。家の中がいつも明るく居心地がよいのは大前提です。 なので、こっそりわくわく気分でにんまりと貯めている私の節約・へそくり貯 [続きを読む]
  • 『お母さんの誕生日』元気な姿(プレゼント)をありがとう。
  • 今日は母の誕生日です。誕生日を迎えてくれた事に感謝です。私は母が40を過ぎて産んでもらったので、一般的な親子よりとても歳が離れています。 母を一言で言うと、とてもとても優しい人です。 今でも子供のように、私が作ったなんでもない食事を食卓の上に置くと「わぁ〜おいしそう〜」と言ってくれます。 おしゃれをするのが好きで、たまに洋服やネッレスを(安物ですが)店でみつけて買ってくると、またまた 「うわぁ〜きれいね [続きを読む]
  • 頭に遠隔転移してる10数個の禿(ガン)が消えてなくなりそう。
  • 頭に出来てた遠隔転移が消えかかっている!!?? あっ!!生えてる?!!これって新しい髪の毛よね・・ 私の頭のちょうどつむじの辺りには遠隔皮膚転移したガンが出来ていて、毛が抜け落ちて触るとつるつると1センチハゲがあり、 美容師さんや友達に『レディースのカツラも今は、なかなかいいもの出来てるし大丈夫よ』と、励まされるほどでした。 幸い毛量が多いこともあって分け目を変えていればさほど気にならなかったのですが [続きを読む]
  • お医者さんの選び方について。我が家の場合の信頼できる先生とは。
  • 父の足いっぱいにできた赤いあざ「お父さん!なにこれっ?!!」去年のクリスマスの時期に父の足に赤いあざを見つけて、見せてもらったら、びっくりすることにお尻の上の部分から足中に転々とあざが出来てたんです。 何の自覚症状もなく、聞いても痛くもかゆくもないとのことだったのですが、やっぱり普通の状態ではないことに私も父も心配になり一度病院へ行って診てもらった方がいいんじゃないかと思いながら少し様子をみていま [続きを読む]
  • 『内臓は顔でわかる』健康豆知識
  • 内臓が顔でわかるって?どういうこと? あなたは健康ですか?と聞かれるとけっこうな確立でNOと答えます。 じゃあ病気ですか?と聞かれると病気ではないけど、自分にわかる症状があるんです。 例えば、頭痛・頭が重い・めまいがある・腰痛・ひざ・胃etc,,,昔は病気は少なかったんです。病院もですね。 今は病気も増えたけど、病院も増えたんです。要は何が言いたいかっていうと、今の病気は病院じゃ治らないよってことです [続きを読む]
  • ホルモン療法の副作用『太る』からの痩せた救世主2つのアイテム体験
  • 薬の副作用『太りました』なんということでしょう、驚く速さでぶくぶくと体が育っていきました。 痩せていく恐怖の次は太っていく恐怖!?がやってきました。毎日つけていたご飯日記を見直しても、ほぼ食事内容は変わらずでしたが、糖質を抑えた食事といってもカロリーはあるわけで、そのカロリーを全て蓄え始めたかのごとく、一時期は45キロを割ろうとしていた体重も48〜49キロ台で落ち着いていたのに、あっという間、あっと [続きを読む]
  • 乳がんステージ4になって〜周りの受け止め方はいろいろです〜
  • 「がんセンターどうだった?先生に何か言われた?」病院に来てくれた元気印の彼女が、ランチの後のコーヒーを飲んでるときに聞いてきました。 私は少し彼女の顔を見て、がんセンターの先生に言われた、 「半年くらいで薬が効かなくなって、薬が変わってそれも半年くらいで効かなくなって、抗がん剤になって最後は緩和ケアだって言われたよ。」 と言われたまま答えました。 かなり落ち込みましたが、その時よく考えると私は元気だっ [続きを読む]
  • 癌に能天気な私に現実?を教えてこようとする友達
  • 癌は治ると信じている私と、彼女の考えるギャップふたつのコーヒーを挟んで向かい合い、彼女との会話が始まり今どういう状態なのか?転移はしているのか?病院はどこでどの先生に掛かっているのか?薬はどんなものを飲んでいるのか?など、私の乳がんの状態や、掛かっている病院、先生の事などいろいろ聞いてきました。それから、痩せた体を見て『羨ましい』と。信じられない一言でしたが、悪気はなさそうなので流しました。 抗が [続きを読む]
  • がん細胞が嫌がる環境づくり〜低糖質と高体温を心がける〜
  • 最初の1ヶ月はこんなことをしました。ここで病院での治療とは別に、私が1ヶ月半良くなる事を信じてやってきたことを書いていきます。『まず糖質をなるべく抜くです。』低糖質といった方が正しいと思いますが、食べない断食は急にはできなかったのでご飯やパン、麺類をほとんど取らず、トマトベースのたっぷり野菜スープを食べました。父や母は私がご飯を食べないのを心配するのですが。(昔の人なので食べないと元気にならないと [続きを読む]
  • 乳がんを告白された私の大事な人たち〜たくさんの愛に囲まれてた〜
  • 大事な人たちへ、泣かせてごめんね。日を追う毎に不思議なくらい痛さが無くなり、熱も平熱になり食事も少しずつに食べられるようになっていきました。毎日の散歩も息切れすることもなくなり、体がずいぶんと楽になってきたくらいに次の診察日がやってきました。乳腺外科のタケ先生の診察が終わり、肝臓の診察も済んで会計で待っていると偶然同級生が私の方を見ながら近づいてきました。私はすぐに気づきましたが、彼女は私の顔をじ [続きを読む]
  • しこりを見つける以前に起こっていたからだの変化〜ハゲた事〜
  • でっかい禿げができた話。「ここ、禿げてるよ。」「えっ?!!」「しかも、かなり大きく禿げてる」 untitleduntitleduntitledいつも、通っていたヘアサロンで、美容師さんが合わせ鏡をしてくれた時。写し出された後頭部の右斜め上に直径7センチの『ハゲ』がっ!!髪が多く、いやいくら多くてもさずがに気づくレベルの大きさでしたが、それまで全く気づかずにいました。これが私の乳癌と関係あるのかは定かではないのですが、ホルモ [続きを読む]
  • 両親に乳癌を告白できた日
  • ここへきて、なかなか口をついてでない・・・。両親に告白しようと居間に行き、普段どおりテレビを見ている父と母にお茶をいれたり、テーブルを拭いたりして気持ちを落ち着かせようとしていました。そばに座り、顔を見て口を動かそうとしても、素直に言葉が出てこず緊張して手に汗をかいたりしてると、不自然さが伝わったのか二人の視線が私に向かっていました。意を決して「お父さん、お母さん・・・ごめんね、私乳癌になった。こ [続きを読む]
  • 体中に転移してた乳がんへ〜出て行ってもらいます〜
  • 乳癌の診断結果「手術するんですか?」どんな治療をするのかと思わずそう聞いていました。タケ先生は、へっ?という顔を一瞬して「手術はしないよ、女性ホルモンに反応する癌だからそれが出ないようにする薬と、生理を止める注射、骨転移の注射をしていきます。」そう言い、私の癌の説明をし始めました。私の癌は、両側乳癌でリンパ節転移、多発骨転移、皮膚転移しているとの事でした。皮膚転移は、体に2箇所と頭の骨と皮の間に10 [続きを読む]
  • 2014年8月6日命をいただいた日。もうひとつの誕生日。
  • 全ての検査を終えて過ごした2週間癌だということはわかっていましたが、ここまで自分の体を粗末にしてまった代償の事を考えると、結果は100%ただでは済まないと思っていました。なのでこの2週間の間、「この世に私がいなくなってしまうこと」を考えずにはいられませんでした。残された時間はあまりないかもしれない、病院からもらった痛み止めはよく効いていたので体が動く間に、父や母が生活しやすいように、何がどこにあるか困 [続きを読む]
  • 骨シンチグラフィー検査と従姉妹のお姉ちゃんへ初めての癌の告白
  • 骨の検査は骨(コツ)シンチグラフィーという放射性の薬を使う画像検査で核医学検査の一種です。検査は午後1時だったのですが、検査前に静脈注射をして薬が体に広まるのを3時間ほど待たなければならなかったのでその間、病院の中の軽食屋さんでホットドックとアイスコーヒーを買い昼食を取り、退屈しのぎに雑誌を読んだりしました。そろそろ時間だと指定された地下の階に下りていくと、そこにはテレビで見たような放射能のマーク [続きを読む]
  • 調べるにつれ体に転移して広がる癌に不安になる
  • 私の癌はどこまで広がってしまったのか・・・朝から夕方まで一日がかりの検査もやっと終わり、全身脱力したままソファーに腰掛けていると名前が呼ばれ、また診察室に入るとタケ先生から「血液検査の結果が出たんですけどね、どうも肝臓の数値が高いんですよ。」「肝臓・・。ですか。」「うん、早急に診てもらいましょう。予約できる?」と横にいた看護士さんに言うと、テキパキとまず翌日の循環器科の予約を取ってくれました。「あ [続きを読む]