おひも さん プロフィール

  •  
おひもさん: 喫茶まろうど
ハンドル名おひも さん
ブログタイトル喫茶まろうど
ブログURLhttp://monpeyoga.blog.fc2.com/
サイト紹介文京都の山奥 架空の古民家喫茶
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/02 21:04

おひも さんのブログ記事

  • チキンカレーとコーラフロート
  • 今日はインドカレー(チキンカレー)を作りました。スパイスはクミン、カルダモン、クローブ、シナモン、ベイリーフ、ターメリック、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、チリを使用。カレー屋になりたいと思うこともありますが、人見知りなのと毎日がカレー気分なわけではないので無理でしょう。渡辺玲先生の料理教室に参加したとき、同じテーブルだった女性は365日、一日三食インドカレーを食べていると言ってました。大した [続きを読む]
  • 屋根と壁の塗装
  • 艶があるタイプの塗料を選んだのでド派手になりました。屋根が赤なので壁は黒に近いベンガラを選びました。個人的には鄙びた感じが好きだったので、塗装後家を見た時はかなりショックでしたがこれはこれでありかも。見ようによってはおしゃれと言えるかもしれません。逆に、古民家にそぐわない家具や雑貨、庭の植物は今まで合わせにくかったけど、今後はもっと自由に選べそうです。屋根、壁の塗装と雪や経年劣化で傷んた場所の修繕 [続きを読む]
  • 初収穫
  • 石垣に植えたいちご、やっと一つ食べられました。一個は虫たちのごはんになっていました。私の分も残してくれていれば文句はありません。植えたもの全部食べられると腹が立つのよ。仲良く分け合いましょう。 [続きを読む]
  • ルッコラ入りスムージー
  • りんごが痛みかけていたのでスムージーにしました。りんご、文旦、キウイとルッコラを少々いれました。少量のルッコラが結構効いていて、意外とこれが美味しいです。夜は今年初のサンバル。スパイスをすり鉢ですりつぶすところから始めるので、仕事が休みで体力、気力があるとき限定のメニューです。具材は水なすとズッキーニ、オクラ、ししとう、モロッコいんげんです。カレーリーフは自宅で育てているので贅沢にたっぷり使ってい [続きを読む]
  • 庭の佃煮
  • ふきと山椒の実の佃煮できました。庭にあるものと調味料だけで一品できるなんてすごい!いつか食べるものの3割くらいは庭でまかなえるといいなぁと夢見ています。 [続きを読む]
  • 蕗と山椒の実の佃煮
  • 庭には丸々と太ったヒル、玄関には大むかでが3匹、そして長靴からはちびモグラの死体(履いてしまったよ!)。でも田舎も悪いことばかりじゃない。お隣からにんにくの芽、後ろの方から山椒の実をもらいました。蕗は庭に大量に自生しているもの。今日の夕食はにんにくの芽の炒めものと自家製のぬか漬け。その後、蕗と山椒の実の佃煮を仕込み中です。 [続きを読む]
  • 甘茶がきた
  • あまりに小さくてはかなげで、山の家のワイルドな庭に植えるのが忍びないので、大阪のアパートで少し大きくしてから移植しようと思います。アジサイ科ではなくユキノシタ科らしい。耐寒性がありそうでよかった。いつか甘茶(飲み物のほうの)を作るのだ。カフェインレス、抗アレルギー、歯周病に効果、おお\(^o^)/ [続きを読む]
  • ドーサを焼く
  • 米1カップ、ウラドダル半カップを一晩水に浸して水カップ1強を加えてミキサーにかけ、発酵するのを待つ。24時間置いても2倍にはならなかったけど、とりあえず焼いてみよう。薄く伸ばして焼いたらそれなりに美味しい。もっと気温が上がれば短い時間で発酵するはず。イーストや酵母菌を入れなくても米と豆だけで発酵するのがおもしろい。 [続きを読む]
  • 野菜の種を植える
  • 昨年の種の残り(大葉、甘長、コリアンダー)、昨年の野菜から採った種(宿儺かぼちゃ、ゴーヤ)を空いたポットに植えました。バジルの苗はケーキ屋でもらったものを植え替えました。土も古いし、蒔くのが遅かったり、発芽するには気温が低すぎるものもあったりで、どれだけ芽を出してくれるかわかりませんが、我が家の環境やものぐさな世話係と相性のよい強いものだけが生き残るでしょう。 [続きを読む]
  • あじさいを植えたい 甘茶購入
  • 最近になってあじさいが好きになりました。5日前に120円で買ってきたものですが、まだ元気で目を楽しませてくれています。白と縁が紫の2色、上品で気に入っています。買ってきた切り花でも挿し木して根付かせることはできるのでしょうか。花が終わったら試してみましょかね。今日楽天のポイントを使って甘茶も購入しました。干物を買おうと思ってポイントを貯めていたんですけど、ほぼ使い切ってしまいました。 [続きを読む]
  • ミヤコワスレといちごを植えました
  • 一月ほど前、庭の入り口にミヤコワスレ、石垣の上にいちご(イージーベリー)を植えました。植えっぱなし、放ったらかしですが、環境があったようで根付いてくれたみたいです。ただ好きな植物を適当に植えていても素敵庭にはなりそうもありません。色々な庭を見たり本を読んだりして勉強せねばなりませんね。月に2、3度の草引きではまったく草の成長スピードに追いつけません。でもニホンタンポポ、ミズヒキ、ゲンノショウコ、ア [続きを読む]
  • 先週山の家に行ったら萩が満開でした。一昨年も昨年もこんなに咲いていなかったし、春には単なる枯れ枝だったのにこんなになるとは。何がよかったんでしょう?。気候?剪定?まわりの雑草抜き?最近は忙しくて庭はほぼ放置、ろくろく見てもいなかったのですが。突然誰かから豪華な花束をもらったような気分です。 [続きを読む]
  • 隠れ家
  • 草刈り後の庭の様子です。さすがプロの仕事です。ジャングルのようだった庭がこざっぱりしました。7月9日から10日にかけて、ホタルが見たいという同僚の一言からホタル観賞ツアーを計画し、四名の同僚を家に招待しました。蒸し暑い夜、乱舞とまではとてもいきませんが川沿いをホタルがスーッと光りながら飛び、スーッと消え、また別の場所にポワッと現れる・・・幻想的な光景を楽しむことができました。でも、もう泊まりで同僚 [続きを読む]
  • 花はどこへ行った
  • 厳しい冬の大雪を乗り越えて花を咲かせたコリアンダー。同じく菜の花。庭に自生していたノビル。ある日家に行ってみるとすべて刈り取られてなくなっていました。後ろの家に住むおっさんが勝手にうちの庭に入ってきて雑草もろとも刈ったのでした。庭全てじゃなくて、知ってか知らずか私が色々植えていた部分だけ!しばらく呆然と植えていたものが消えた庭を眺めていました。同情したお隣さんが立派な看板を作ってくれました。勝手に [続きを読む]
  • 春が来て
  • 冬、毎日天気予報で山の家がある場所の積雪量を確認していましたが、2月半ば、120センチを超えたあたりで嫌になって見るのをやめてしまいました。家が心配でしたが、遠く離れたところで気をもんでも何も出来ませんから。結局その後、約2ヶ月の間、山には行きませんでした。その間に夫の海外駐在が決まり、4月に日本を離れました。これからはひとりで頑張らなければいけません。豪雪地帯にも遅い春が来て、冬眠からさめた動物のよう [続きを読む]
  • 里芋のティッキ
  • やわらかく茹でてつぶした里芋の親芋に、塩、レモン、炒めたクミン、生姜を加えて小さくまとめてフライパンで焼きました。もとのレシピはじゃがいもで、水に浸して絞った食パン、コリアンダーの葉、たまねぎ、塩、レッドチリパウダーを入れますが、食パンもコリアンダーもチリパウダーもないので、あるもので適当に作りました。その他、黒豆ご飯水菜と大根のサラダブロッコリーの芯とごぼうのきんぴらだしを取った昆布で作った佃煮 [続きを読む]
  • 小松菜と厚揚げのカレー
  • インドカレーの懐の深さは凄いです。インドカレーのベースに厚揚げを入れて煮込み、炒めた小松菜と隠し味の醤油を入れて仕上げました。元レシピではチキンスープで煮込むとなっていましたが、出汁的なものはなくても十分美味しいです。付け合せは大根と金時人参のなますです。 [続きを読む]
  • さすが寒冷地
  • 今月17日の山の家の前の様子です。我が家の向かいに大きな雪だるまとかまくらが待っていました。この日はお隣さんが主催したクリスマス会に呼んで頂いたのでした。この歳になるともうクリスマス自体には興味がないのですが、楽しそうな子どもたちに幸せを分けてもらいました。クリスマスソングよりも子どもたちが歌う「ふるさと」が心に染みました。みんないつかはこの地を離れて行くのでしょうが、大人になった時、歌とともにこ [続きを読む]
  • ほうれん草のピラフ パラク・プラオ
  • ジャスミンライスと茹でて細かく刻んだほうれん草をニンニク、しょうが、クミンと炒めたもの、ターメリック、塩を入れて炊き込みました。ミックスダルのダルタルカとパニールマッカニ(レトルト)といっしょに盛り付け、インド風ベジ定食です。明日は山の家に行くのでダルを持っていって、庭のコリアンダーを散らして食べようと思っています。先週は袋麺のフォーを作ってコリアンダーを入れました。まだコリアンダーが小さかったの [続きを読む]
  • 旅支度
  • 旅のお供、和菓子と本とネコ型抱きまくらを持っていざ山の別荘へ。雪こそ無いもののすでに山は本格的な冬に突入していました。バスから見た温度表示はまだ夕方なのにすでに6度。家に着くとまず灯油ストーブに火を入れ、その前に薪を置いて温めました。完全に日が落ちて、薪ストーブの準備開始。薪と焚き付けの細木の上に集めて乾かしておいた杉の葉をのせて着火。一発OKとはいきませんでしたが、以前よりは苦労せずに無事薪を燃や [続きを読む]
  • 糠で床を磨く
  • 母がさらしの布をくれたので、古民家の床を磨くための袋を縫いました。繰り返し糠で床を磨くとツヤが出て来るそうな。まず布を半分に折り、両端を並縫いします。裏返してまた端を並縫い、もう一度裏返します。母は口の部分を糠を入れる部分を除いて、糠がこぼれないようにしっかり縫うように言っていましたが、面倒なので輪ゴムで縛ることにしました。二度目の並縫い。ひどい縫い目。昔から裁縫が苦手で、家庭科で作ったものを持っ [続きを読む]
  • 落ち葉のじゅうたん
  • 山の家に着くと庭の紅葉が散り敷いて絨毯のよう・・・。きれいなのは良いのですが、絨毯は家の前の溝や道路にも広がっていたので、これはいかんと慌てて掃き集めました。溝の中は草が根を張っているので落ち葉がなかなか掬えず、引っ張ったら熊手がポキンと折れました(;д;) [続きを読む]
  • 今年のぬか漬けはうまくいっている
  • 昨年まではきゅうりのシーズンが過ぎると糠床を長期間ほったらかしにして変質させ、捨てていました。腐ってはいないのかもしれませんが、表面が白くなって、匂いも違っている気がして使うのに抵抗があったんです。今年も一ヶ月以上糠床を放置して、ゴミの日に捨てようとフタを開けたのですが・・・。傷んでない。糠床のいい匂いがしています。実は今年、いくつか糠床の扱いで昨年までとは変えた部分があります。1.いつもは水なす [続きを読む]