井上 剛(ごう) さん プロフィール

  •  
井上 剛(ごう)さん: 運命を開く言葉
ハンドル名井上 剛(ごう) さん
ブログタイトル運命を開く言葉
ブログURLhttps://xn--y8j5gy47hq73b87fc7j4hj.com/
サイト紹介文仕事や人間関係、人生に迷った時に、ふとした気づきを得られる言葉を書き出しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供540回 / 365日(平均10.4回/週) - 参加 2015/06/05 10:43

井上 剛(ごう) さんのブログ記事

  • 幸運は明るいところに集まる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 運も人も明るいところに 集まる習性がある 人は、明るい人に引き寄せられます。 人の幸運も同じです。 そして、その結果 お金も集まってきます。 明るさというのは、 幸福のための必要条件なのです。 もし今、自分の心が明るくなかったり、 なんとなくすっきりしない そんな、状態というのは、 どこかに問題がある証拠です。 常に心を明るく保つように 努力し [続きを読む]
  • 成功への道
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 成功への道、まず人間性、次に行動力、 そして最後にお金 成功するための条件は、 1に人間性 2に行動力 最後にお金です。 しかし、ほとんどの人が勘違いをし 順番が逆だと思っています。 短期的に見れば、お金があることは 有利に働くこともありますが、 最終的に最も結果を左右するのは、 その人の人間性なのです。 人間性がそのまま、 成功の大きさに比例 [続きを読む]
  • 落ちる時はあっという間
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 人生は落ちるときはあっという間だが そこから這い上がるには何年もかかる 人生は、落ちるときは、 坂を転がるように落ちていきます。 もうこれは、止まらないです。 まさに、アッという間です。 だから、注意深く 進む方がいいのです。 しかし、残念ながら、 もし運悪く落ちてしまったら、 這い上がるのには時間がかかると 覚悟して一歩一歩上を向いて ゆっく [続きを読む]
  • 変化を嫌がるから悩む
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 変化を嫌がることから悩みは始まる 人は変化を怖れます。 これは、どのような人であってもです。 この恐怖は、人間が持っている 本能的な部分だからです。 変化するということは、 たとえ良い方向に向かうとしても、 誰もが恐怖を感じてしまうのです。 今の状態が心地よいほど、 その恐怖は大きくなり 変化を怖れてしまうのです。 しかし、変化しないものな [続きを読む]
  • 自分の価値観を否定してみる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 迷ったら自分の今までの 価値観を否定してみる どんな人間であっても、 ほとんど思い込みで生きています。 誰であっても物事を正確に 見ることができないのです。 ここに、いろいろな問題が 起きる原因があります。 自分の考えは、ほとんど、 これまで生きてきた間に 刷り込まれてきた価値観であって、 それが正しいのかどうかさえ 誰もわかりません。 だから [続きを読む]
  • 自分自身が変わるしかない
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 今ある環境や現実を 作り上げたのは自分である 今の、あなたの周りにある 環境はすべて、あなた自身が 作り出したものです。 それがいい状況であれ、 悪い状況であれ、 すべて自分で作り出したものです。 その環境を変えていきたいのであれば、 自分自身が変わるしかないのです。 しかし、多くの人が、 自分を変えるのではなく 他人のせいだと責任を転嫁する [続きを読む]
  • 焦るほど反対の結果になる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 何事であれ焦れば焦るほど 狙いとは反対の結果になる 人間はトラブルにあったり、 時間に追われたりすると 焦って物事を解決しようとしがちです。 これが、誰もが同じです。 しかし、焦れば焦るほど 判断を間違え問題は ますます大きくなり、 かえって、時間に 追われるようになります。 どんなに大きな問題であっても 冷静に落ち着いて対処するほうが 確 [続きを読む]
  • 物事が混乱する時
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 物事が混乱する時 それは物事が明快になる為の 一歩手前の状態である 人生には、あらゆることが混乱して、 混沌とした状態に なってしまうことがあります。 この物事が混乱する時は、新しいものが 生まれる少し前の状態です。 新しいものが生まれるのは、 往々にして、混沌からで あることが多いのです。 だから、いまあなたの状態が 混乱して混沌としているの [続きを読む]
  • 成功者とは
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 成功者とは成功するまでやり遂げた人 成功の反対は失敗です。 失敗しなければ、成功に 限りなく近づくことになります。 失敗とは、それがなんであれ、 その目的地に到達できないことです。 ですから、厳密に言えば世の中には、 成功者は存在しません。 存在するのは、失敗した人と 失敗していない人だけなのです。 そして、失敗する原因はただ一つ 「諦めること [続きを読む]
  • チャンスは完璧なものばかりではない
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) チャンスとは一度にすべてを実現させるような 完璧なものばかりではない チャンスが訪れると、 何もかもすべてが上手くいく ように勘違いしている人がいますが、 実際には、そんな完璧なチャンスは めったに訪れません。 そうではなくて、 チャンスとは、 次の段階まで進むような ものの方が多いのです。 訪れたチャンスを つかんで行動すれば、 階段を1段上 [続きを読む]
  • 顔には人柄が表れる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 顔には感情や人柄までもが表れる 顔は、その人の すべてを表しています。 特に、ある程度年を重ねた人の 顔には人柄までも現れているのです。 不快感を与えるような 顔をしている人は 人柄もそのような人です。 これは、顔の美醜ではありません。 その人の普段からの考え方、 感情が表れているのです。 だから、嫌な感じの顔の人とは なるべく距離をとるほうが [続きを読む]
  • みんなと同じところに幸福があると信じている
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 人はみんなが目指す方向に 幸福があると信じている 幸福というのは、 人それぞれ違うものです。 しかし、ほとんどの人が みんなが目指す方向に それがあると信じています。 もう、この時点で 違っているのですが、 みんなが目指しているから それが幸福に違いないと 思い込んでいるのです。 幸福とは、人それぞれの 価値観で決まります。 だから、みんなが目 [続きを読む]
  • 批判は自分の成功をも否定する
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 他人の成功を批判するのは 自分の成功を否定するのと同じことである 与えれば与えられるのが 人生の法則です。 だから、他人の成功を批判すると、 次には、自分の成功を 応援してもらえなくなります。 結果的に、自分が成功しにくい 状況が生まれてしまうのです。 だから、まず他人の成功を 心より喜ぶことで、 自分も成功に近づきます。 ところが、人間の感情 [続きを読む]
  • 人の心を掴む方法
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 人の心を掴むには 相手の話を聞くことである 人の心を掴むは、真剣に興味深く 相手の話を聞くことです。 相手の話を聞くということは 相手のことを認めることでもあります。 しかし、なかなか自分の事を 聞いてくれる人は少ないものです。 特に、自慢話など誰も聞いてくれません。 しかし、人が一番聞いてほしい話は 自分の自慢話です。 人は、誰でも本当は自慢 [続きを読む]
  • 人生はあなたに従っている
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 人生はあなたに起きているのではなく 実際はあなたに従っているだけである 人生の出来事は、 外的に動かされて 起きているのではなく すべて、自分自身の意識に従って起きています。 だから、あなたの人生に 振り回されていると感じるのではなく、 自分が自分の人生を創造していると 意識することです。 そうすれば、あなたの人生はすべて あなたのコントロー [続きを読む]
  • 人生を変えるには過去から離れること
  • 【運命を開く言葉】  書:瑞雪 文:井上 剛(ごう) 人生を変えるには過去を無視して 未来に意識を集中させること 人生を変えようと思ったら、 過去の出来事から離れることです。 過去を悔いても何も変わりません。 過去に囚われこだわっていると むしろ、いやなことだけが蘇って来て かえって、気分が落ち込んだりします。 それよりも、これから先の未来にだけ 意識を集中していく方がパワーが出るし、 うまく [続きを読む]
  • 徳は未来の利益
  • 【運命を開く言葉】  書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)得は現在の利益徳は未来の利益を意味するビジネスで利益を もたらすものは2つあります。それは、『得』と『徳』です。商品に適正な利益を乗せて売る。 これを『得』をするといいます。目先の利益を追い求めると、 確かに今は儲かりますが、 未来でうまくいかなくなります。商品にお客様の幸福感を加えて 売ることを『徳』を積むと言います安定的な利益を得たいと思うのであれ [続きを読む]
  • 幸せを引き寄せるもの
  • 【運命を開く言葉】  書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)幸せを引き寄せるのは幸せな思いだけである世の中の全ての人が、 幸せになりたいと願っています。しかし、眉間に皺をよせて 苦しみながら幸せを願っても 幸せにはなれません。苦しい!辛い!と言いながら 幸せにはなれないのです。幸せになるためには、 まず、幸せな思いを 心に持つことから 始める必要があるのです。幸せな出来事があるから 幸せな気持ちになるのではなく 幸 [続きを読む]
  • 激しく他人を責める人
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)激しく責めてくる人は自分を認めてほしいからである激しく責める人は、 その裏側に劣等感が ある場合が多いものです。自分に自信がなく、 自己重要感が得られない人ほど 劣等感の裏返しとして 他人を責めるのです。自分を肯定出来て 自己重要感が満足されていれば、 失敗もただ、指摘するだけです。責めるのは、その裏側にある 劣等感や認められたいという 強烈な欲求なのです。 [続きを読む]
  • 幸福は意志と努力で得られる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)不幸は感情が引き起こし幸福は意志と努力で引き寄せる不幸と幸福とどっちが簡単に 手に入るかといえば不幸です。感情に任せていれば 自然と不幸になれます。幸福は、自分の意志で 感情をコントロールし 目的に向かって努力することで 初めて得られるのです。だから、人間は放っておくと すぐに不幸になれます。逆に幸福になる為には、 強い意志と努力が必要なのです [続きを読む]
  • 他人の成功を悦ぶと自分も成功しやすくなる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)他人の成功について悦べるものは自分も成功する自分が成功したかったら、 まず、他人を押し上げて あげることです。他人の成功を悦べば 自分の成功も悦んでもらえます。そうすると、成功した人が あなたを引き上げてくれるし、 押し上げてくれる人もでてきます。しかし、実際には、 他人の成功を悦べる人は ほとんどいません。嫉妬ややっかみで 他人の足を引っ張ろうとする 人の [続きを読む]
  • 奪うと心が傷つくことになる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)他者から奪ってでも利益を得ようとすると心が傷つく利益を追求するあまり、 奪うことばかり考えると 長続きしません。それは、他者から奪ったことで 自分の心が傷つくからです。自分の心が傷つくと 自分で自分に罰を与えてしまいます。その結果、上手くいかなくなります。これは、個人でも会社でも同じです。利益とは、価値の交換によって 成り立ちます。だから、価値を創造すれ [続きを読む]
  • 過去の不幸を手放すと幸福になれる
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)過去の不幸を手放さないかぎり未来の幸福は手に入らない人間は、誰しもが 過去に縛られています。幸せな過去ならまだいいのですが、 特に不幸な記憶に特に強く 縛られてしまうのです。何度も嫌なことを思い出し反芻し 感情を高ぶらせ怒りを 増幅させて生きているのです。これでは、どんなに楽しいことや 幸福なことが目の前に現われても 過ぎ去った過去の記憶に刺激され 不幸し [続きを読む]
  • 押し付けた損失
  • 【運命を開く言葉】 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)相手に押し付けた損失はいずれ自分に還ってくる世の中は不思議なもので、 誰かに一方的に押し付けた損失は 後々、必ず還ってきます。ただ、時間がずれている為に なかなかそれに気がつかないだけです。ただその事実を知ってしまえば 行動の仕方はより慎重になるし 自分だけが一方的に 得をしようとしても意味が無いことに 気づくことになります。仏教に因果応報という言葉があり [続きを読む]
  • 会社の目的
  • 【運を開く言葉】  書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)人を幸せにすることで利益を出している会社は続く会社の目的は、一言で言うと 人を幸せにすることです。これは、決してお客さん だけではありません。従業員や取引先など 関係のあるすべての 人を含むのです。だから、下請けをたたいて 自分の会社だけが儲かるように している会社は結局は だめになっていきます。企業の利益とは与える価値と 等価交換になります。その価値とは [続きを読む]