mimi10 さん プロフィール

  •  
mimi10さん: バイリンガルと聴覚障害
ハンドル名mimi10 さん
ブログタイトルバイリンガルと聴覚障害
ブログURLhttp://mimi10.blog.jp/
サイト紹介文5歳で感音性難聴が発覚したバイリンガルハーフ、難聴学校に入学。欧州に住んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/06/03 16:30

mimi10 さんのブログ記事

  • 自閉症スペクトラムの診断結果
  • 9月から計4回にわたる自閉症の診断テストが終了し、結果を聞きに行ったのが11月7日でした。 テストを行った心理士の先生と(聴覚障がい者専門の)カウンセラーさんから説明を聞きました。いただいたレポートによると、行ったテストは ADI-R(Autism Diagnostic Interview Revised 保護者に対する面接で行う), ADOS(Autism Diagnostic Observation Schedule),WISC-IV(ウェクスラー式知能検査)。 これらは検索すると日本語で [続きを読む]
  • 新垣隆氏へのインタビュー
  • 以前、現代ビジネスのウェブサイトに『淋しいのはアンタだけじゃない』の作者と編集者さんのインタビューが載っていましたが、そこで「佐村河内さんの騒動に関しては執筆終了後にお会いできた新垣隆さんのこと・・・(中略)もっともっと描けたのではないか、とも・・・。」とあり、私も読みたかったなぁと思っていました。この人が「聞こえていないと思ったことはない」と発言したため、日本中の聴覚障がい者が無理解のどん底に突 [続きを読む]
  • 新しい病院で医師検診と聴覚測定
  • 新学年・今学期は9月に入ってすぐから、発達障害の検査での通院が続いていますが、その間に聴覚検診もありました。 9月最後の金曜日で、この日から新しい病院での検診となりました。 引っ越して管轄が替わったからで、新しい言語聴覚士さんもこの病院(しかし言語聴覚士さんからはその後呼び出しがなし)。 ちょうど夫が休みだったので、夫が連れて行きました。 (初めて顔を合わせるので、いろいろ説明したり聞いたりする分に [続きを読む]
  • ハロウィーン補聴器カバー(ガイコツ)
  • 久しぶりにに補聴器カバーを編みました。 ハロウィンにちなんで、ガイコツ(しゃれこうべ)。細くて白いレース糸で細編み。 黒の刺繍糸で目と口をつけ、輪にしてかがって出来上がり。 これだと単純で簡単なうえ見た目もユーモラス。以前作ったカボチャ(ジャックオーランタン)と対になり、ハロウィン用の補聴器カバー。 でも、着け心地は悪いようで(普段カバーはしていないので。)、息子は(カバーを)とってしまいました・ [続きを読む]
  • 聴覚・発達障害でもバイリンガルで
  • 発達障害診断テストのとき、息子の「国語」が危機状態に落ちた話をすると、心理士&カウンセラーさんからは「でも、家庭で日本語を話すことをやめないで。 バイリンガルであることは息子さんにとって良いことだから。」とアドバイスを受けました。お二人は以前息子が指導を受けていた病院の言語聴覚士M先生とも電話で話を聞き、息子の言語能力では2か国語の環境で2か国語を話すことに何の問題もないと確証を得たとのこと。 現地 [続きを読む]
  • 自閉症スペクトラムの診断テスト
  • 2歳くらいから、どこか(一般の子とは)違う・・・と感じていた母親である私。 発達障害を疑っていたのですが、保健師も保育士も、そんなことはないと相手にしてくれなかった。 5歳で難聴が分かり、聞こえにくい為だったのかと納得したのですが、難聴児のための特別支援学校に入学して、聞こえの面では対処してもらえる環境にも関わらず、根本的な違いは相変わらず。 で、今年4月(7歳)に聴覚障害者のための児童精神科へ伺い、 [続きを読む]
  • 国語ができない(!)
  • 9月末に、1年生になって初めての三者面談がありました。 事前に、1年生になり本格的に勉強が始まるが、特に個人的に強化したいことを考えていてくださいとあり、私の方からは「1年になってから学校に行きたくないということが多い。 家ではほぼ日本語しか話さない状況になってしまうのだが、息子の現地語の方は同年代の子と比べてどうか?」という質問を挙げておきました。三者面談に出席したのは夫と息子と、0年生から持ちあが [続きを読む]
  • 補聴器取っちゃった
  • 息子が日本の学校で体験入学をし、1週間が過ぎ、3連休を挟んであと2日登校で終わりのこの2日間のことなのですが、学校から帰ってきたとき補聴器をしていませんでした。 「壊れた」と言う。 「イヤモールドの部分が?」と聞くと、「機械の部分」と言うではありませんか!イヤモールドは替えを余分に作ってもらい日本に持ってきていたのですが、機械の部分が壊れたらどうしようもない。 顔面蒼白状態でカバンにしまってあった [続きを読む]
  • 『淋しいのはアンタだけじゃない1』(吉本浩二)
  • 聴覚障がい者をテーマにした漫画『淋しいのはアンタだけじゃない1』を、アマゾンのKindleで(2017年10月19日まで無料お試し)を読了しました。淋しいのはアンタだけじゃない(1)【期間限定 無料お試し版】 (ビッグコミックス) [Kindle版]吉本浩二小学館2017-10-06海外に暮らし、海外で難聴児の子育てをしているので、日本の聴覚障害を取り巻く状況は一切分からないので、その点でも興味深かったです。2014年に起こった音楽家、 [続きを読む]
  • 小2後期の教科書と噂の漢字ドリル
  • 海外在住者向けの日本の教科書、平成29年度後期の小学校2年生用の教科書が日本大使館より届きました。 国語・下と算数・下の2冊のみです。息子、算数の教科書は手に取り、表紙のランドセルが遊園地になっている絵が気に入ったようで「これ(ジェットコースター)に乗りたいなぁ」などと言っている。 いや、表紙はいいから・・・ でも中身もめくって中に一通り目を通していました。 算数には興味あるようですね。 こっちでも1 [続きを読む]
  • 日本の学校に体験入学(日本語が通じない!?)
  • 7月10日(月)晴。 息子、日本の学校に初登校。 ランドセルの代わりにバックパック、指定の黄色い帽子の代わりに(某J2リーグの)野球帽。 今日は水泳の授業があるけど見学にさせてもらったため、体操服(紺の短パンに白いシャツ)を購入。 白の上履きも同時に購入。 (これらは現地の学校でも使うつもり。) 筆箱のセットも購入。 ノートを2種100均で購入。 教科書は先生のを借用というかたちでした。月曜なので朝礼があ [続きを読む]
  • 日本の学校に体験入学(問い合わせ・申し込み)
  • 海外に住んでいるが、親が日本人で日本語ができる学齢期の子供は、夏休み等長期休暇で日本に一時帰国の際、日本の学校に体験入学できるという情報を目にし、息子にもぜひ、と願っていました。そして最初に思ったのは、ろう学校での体験入学。 こっち(在住国)では特別支援学校に入れたので、普通の学校は難しいのでは、という懸念から。 また息子が通うS校は少人数制で、体験入学や学校見学を積極的に受けれいているし、生徒た [続きを読む]
  • 学年の始まりはいろいろあって・・・
  • 新学期、新学年の始まりって長い夏休みの後でもあり、いろいろ親がやることがあり。 9月の半ばに保護者懇談会、そのすぐ後に三者面談、先生方の研修で学校休みの日も。そして早々に届いた病院から息子への「呼び出し状」、1枚は児童精神科から発達障害の検査(通知が届いた2週間後!)、1枚は耳鼻科の医師と聴覚測定の診察(新しい病院で9月下旬)、1枚は歯医者の定期健診だったのですが、それが以前住んでいた町の歯医者。歯医者 [続きを読む]
  • 吃音、まだ調子がでない?
  • 学校が始まるちょっと前からか、息子の吃音が今までになく酷くなりました。 日本語でも、現地語でも。 日本では日本語のみ喋っていたわけですが、やはりどもることは日常的にあり、それは今までと変わらず。 ところが、ここ数日、どもってばかりで、いつ話し終えるのか分からないくらいので、最後まで話を聞かずに助け舟を出すほど。(いつもは息子が話し終わるまで待つが、こっちが息子が言いたいことを言葉にして言う。)息子 [続きを読む]
  • 今日から1年生
  • やっっーと学校が始まった!8月の初めに日本から戻ったのですが、現地の夏休みはまだ2週間残っていて、この2週間が長かった・・・戻ってそうそうに息子が風邪をひき(日本は連日30℃以上の暑さでしたが、こちらは20℃に満たない寒さのせいか?)、あまり出歩けず。 夫は既に仕事で、休みの日は体調が悪く寝込んでいる状態なので、結局日本から戻っても、24時間毎日私と息子の密接(?)状態。しかも、学校が始まった今日 [続きを読む]
  • 終業式・夏休み
  • 6月16日は終業式でした。が、朝7時で土砂降りの雨。 これから学校に送りに行き、その後生徒と先生方は歩いて町にある公会堂みたいなところで終業式、9年生にとっては卒業式。(親や親族も参加可能。)11時半には終了し帰宅、夏休み。しかし、この雨・・・ 息子はベッドで行きたくなーいとほざき、既に夏休みモード。 式だけだし、土砂降りの中あちこち歩かせるのは・・・第一私も外に出たくなーいと、学校に欠席届を送ってしま [続きを読む]
  • 聴こえなかった子供時代(体験談)
  • 4月のことですが、保護者会がありました。(私は留守番で夫が出席。) 18:50 -- 20:00 のクラス別の懇談会の前に、18時から講演会が催されました。 話をするのは、教育者であり作家である生まれつき聴覚障がいの女性。この方は、前学期にも学校を訪れ息子のクラスにも来ていたので、そのときネットでどんな方なのか調べてみたのです。 教員免許を取り、S校及び県内にあるろう学校(ここはS校と違い手話が第一言語)に勤務し、今 [続きを読む]
  • 課外活動と生徒間の交流
  • 今日、息子は遠足でバスに乗って動物園へ(8時半から15時半と通常の学校より長いです)。 お弁当持参なので、昨日はバンズを焼き、ハンバーガーとメロンパンにしました。 (日本では普通にパン屋で買えるメロンパン、海外生活では自分で作らにゃ。)まだ本格的に授業が始まる前の0年生ということで、もともと外で遊んだり出掛けたりということが多いのですが、S校は課外活動に力を入れており、また1〜3年生と合同で行うことも [続きを読む]
  • 暗闇恐怖症と演劇鑑賞とウソ演技
  • 息子のクラスで演劇鑑賞がありました。 演劇といっても、子供向けの着ぐるみミュージカル。 市の劇場で、市内の複数の小学校0年生クラスが招待されたようです。このような演劇鑑賞は前学期にもあったのですが、そのとき、息子は劇場が暗くなり「うわぁーモンスターが来る〜!」とか言って、ちょっとパニックになったそう。 普段から息子も「ボクは暗闇恐怖症。 暗いのは怖いの。」と言っており、夜寝るときも寝室に小さな明り [続きを読む]
  • 喋り方が親と同じ
  • 息子の言動について、時間があるときに書き溜め、後でブログにアップしようと思いそのままになったものがありました。 以下は、息子がまだ保育園に行っていたときのもの。 (1年前のものかな?)こっちの保育園児くらいの子供たちは、ずいぶん早口で高い声で話すのですが、それに比べ、息子はゆっくり間延びしたような喋り方をするので訝しく思っていました。でも、子供たちの親も高音の早口で喋ってることに気づきました。 子 [続きを読む]
  • 自閉スペクトラム症の診断
  • 聴覚障がい者のための児童精神科で私たち親から話したことは、要約すると・・・ 2歳くらいから息子が他の子とどこか違う(コミュニケーションの面で、あまり他の子と遊ばない、特定の仲の良い友達を作らないなど。会話が嚙み合わない。言葉の面では言語発達が遅めだし、できない発音がある、など)と思い始め、夫の親族に(約10年前の当時)アスペルガー症候群と診断された者がいるので、遺伝的に発達障害ではないかと、かかりつ [続きを読む]
  • 聴覚障害者のための児童精神科
  • 子供の発達障害の診断や治療(療育)は、子供や10代(18歳まで)の若者たちを対象とした児童精神科(心療内科)で行い、各々地域の病院にあるのですが、私たちが選んだのは総合大学病院(いつも聴覚検査に行っているいるとこ)にある、「ろうや難聴児のための児童精神科」。聞こえない、聞こえにくい 子供たち特有の症例に熟知している医師やカウンセラーが常在し、手話通訳や補聴器の補助システムなども完備。子供が聴覚障害であ [続きを読む]
  • イースター休暇と心理療法士の予約
  • また学校は1週間の休暇でした。 イースター休暇で先週から今週の月曜(昨日)まで。 先週の月・火は学童に。 水・木は私と家にいたのですが、雹や霰が降る悪天候で、文字どおり私と息子は家の中にいただけ・・・ 金曜から夫は休みで、土・日は夫の実家へ。 土曜がまた集中豪雨という悪天候で、家の中にだけいると、息子はエネルギーを持て余し気味なので困ります。 日曜は打って変わって快晴になったけど、庭は濡れていたの [続きを読む]
  • 海外在住者向け日本の教科書(小学2年生 H29.前期)
  • 日本に住んでいれば、この4月から息子は小学2年生。(ここでは小学0年生の真っただ中。) 日本大使館から教科書をいただきました。2年生前期分は、「こくご・上(光村)」「しょしゃ(光村)」「算数・上(東京書籍)」「音楽(教育芸術社)」の4冊。 (教科書の出版社は、私のときとほぼ同じのようです。)息子は教科書を受け取り「わーい!」と歓声をあげたものの、見向きもせず・・・ (私が)中をみると、国語も算数もかな [続きを読む]