k-k-kentaro さん プロフィール

  •  
k-k-kentaroさん: じゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ハンドル名k-k-kentaro さん
ブログタイトルじゃんご 〜許されざるおっさんの戯言ブログ〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/k_kentaro_0206
サイト紹介文田舎で暮らすおっさんの独り言を日々書き綴っています。
自由文このブログは、田舎で暮らすおっさんが日々起こったことを報告したり、世間に対して吠えてみたり、映画の感想を書き散らかしたりするものです。

ブログタイトルの「じゃんご」とは秋田弁で「田舎」のことで、偶然にもマカロニウエスタンの主人公の名前でもあります。何となく付けてみました。

お時間があれば、広い心で御覧になってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供646回 / 365日(平均12.4回/週) - 参加 2015/06/04 22:26

k-k-kentaro さんのブログ記事

  • 『男はつらいよ』新作に期待すること
  • 山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズ最新作『男はつらいよ50 おかえり、寅さん』(仮題)が現在撮影中で、来年2019年12月27日に公開予定です。主役の車寅次郎を演じる渥美清は鬼籍に入っているので、過去の映像での出演になるでしょう。現在発表されている主要キャストは、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、夏木マリ、浅丘ルリ子となっています。既に亡くなっている出演者が多い中、存命中の出演者で「その後の男は [続きを読む]
  • 本当は怖い民主主義
  • 仏大統領、デモ停止望む【パリ共同】フランスのマクロン大統領は14日、政権に抗議する黄色いベスト運動が15日に5週連続となる全国一斉デモを呼び掛けていることについて「私たちの国は平静、秩序が必要だ」と述べ、デモの停止を望む考えを示した。ベルギー・ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)首脳会議後の記者会見で話した。マクロン氏は10日に最低賃金引き上げなどの家計支援策を発表したが、対応が「不十分」と見なす運動参 [続きを読む]
  • 【映画評】戒厳令
  • 昭和十一年の二・二六事件によって施行された戒厳令を背景に、陰の指導者として処刑された北一輝の独創的な思想と人間を描く(映画.comより引用)。1973年公開作品。監督は吉田喜重で、出演は三国連太郎、松村康世、三宅康夫、倉野章子、菅野忠彦、飯沼慧、内藤武敏、辻萬長、八木昌子。独立プロ「現代映画社」とATGの制作による低予算映画なので、全編モノクロです。低予算なので、セットを建てずにロケ撮影しています。そうした [続きを読む]
  • 言霊に頼る無能
  • 景気拡大長さ「いざなぎ」超え 実感ある?成長率1%台景気拡大の長さが、高度成長時代に4年9カ月続いた「いざなぎ景気」を上回り、戦後2番目になった。内閣府の景気動向指数研究会(座長=吉川洋・立正大教授)が13日に認定した。2012年12月に始まった景気の拡大は、足元も続いているとみられる。年明けの19年1月まで続けば、08年2月までの6年1カ月だった戦後最長景気(いざなみ景気)も超える。景気の山と谷 [続きを読む]
  • “人妻感半端ない”譜久村聖
  • 「人妻感半端ない」現役『モー娘。』リーダーのイメージビデオが衝撃的色気『モーニング娘。'18』のリーダー・譜久村聖が、12月5日に自身5作目となるイメージビデオ『One day』をBlu-ray Discでリリース。持ち前の“ナイスバディ”が高画質であらわになり、ネット上が歓喜に包まれている。譜久村は2011年に当時14歳で『モーニング娘。』に加入し、第9期メンバーとして“モー娘。再ブレーク”を支えた1人。14年には当時高校生ながら [続きを読む]
  • NHK全国放送デビューする御成座のてっぴー
  • 本日(12月13日)午後10時25分からNHK総合で放送される、動物番組「もふもふモフモフ」に秋田県大館市の映画館「御成座」の看板うさぎ“てっぴー”が登場するとの情報をキャッチしました。これまで御成座が民放の全国放送で紹介されることはあっても、てっぴー単独で、しかもNHK全国放送に出演するとは快挙以外の何物でもありません。やったな、てっぴー!そんな御成座は、今週末12月15日(土)・16日(日)に「御成座短編演劇フェス i [続きを読む]
  • 記念イヤーに紅白出場するサザンオールスターズ
  • サザンオールスターズの出演が決定!第69回NHK紅白歌合戦に特別企画としてサザンオールスターズの出演が決定した。今年デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズが平成最後の紅白の舞台に登場!サザンオールスターズの紅白への出演は2014年以来4年ぶり5回目、NHKホールでの歌唱は1983年以来35年ぶりとなる。転載元:NHK紅白歌合戦ホームページということで、今年の大晦日は「NHK紅白歌合戦」のサザンオー [続きを読む]
  • ファミリーマート ラ王 黒タンタン
  • ファミリーマート限定で発売されている「ラ王 黒タンタン」を食べます。ファミリーマート通常価格は税別200円です。日清食品とファミマのコラボ商品です。ラ王シリーズは生麺に近い麺を使用している本格派なので、期待大です。フタを開け、熱湯を注いでから5分間待ちます。それから添付された黒ラー油を入れて出来上がりです。黒ラー油の黒色が強烈に目に飛び込んできます。花椒が練り込まれた麺は、しっかりして美味しそうです。 [続きを読む]
  • 2018年末のHACHICO
  • 大館ご当地アイドルグループ「まちあわせハチ公ガールズ」(以下「HACHICO」)が、12月16日(日)に秋田県横手市で開催される「キクヲフェス with よこてイーストイルミネーション クリスマスコンサート」に出演します。出演順を見ると、HACHICOが最後です。これはNHK紅白歌合戦における大トリ、すなわち北島三郎と同じポジションです。出世したものです。秋田を代表するご当地アイドルグループ「pramo」が、12月29日(土)の「Last L [続きを読む]
  • 【映画評】フランケンシュタイン(1910年版)
  • 生命の神秘を探求する若き科学者が生み出したものは醜悪な怪物だった…(KINENOTEより引用)。1910年製作で、日本劇場未公開作品。監督はJ・サール・ドーリーで、出演はオーガスタス・フィリップス、メアリー・ファラー、チャールズ・スタントン・オーグル。1931年にユニヴァーサル社で制作された、有名な『フランケンシュタイン』よりも先に作られた、世界初の『フランケンシュタイン』実写映画です。白黒サイレント映画で、上映 [続きを読む]
  • 冬の外仕事
  • すっかり雪が積もった北秋田の風景です。それでも山椒の剪定に行かなければなりません。十分に防寒しても、足元が雪だと、そこから冷えてきます。しかも剪定は足の動きが少ない作業なので、より冷えます。それでも剪定作業を年内に終了させるつもりで頑張っています。夕方4時近くになると、白いモヤみたいなものが漂い、空気が冷たくなってきました。無理せず、適当なところで帰りました。天気が荒れない限り、剪定作業に行きます [続きを読む]
  • 赤いきつねと緑のたぬき
  • 東洋水産(マルちゃん)とジャパンフリトレーのコラボ商品「トルティーヤチップス 赤いきつね味」です。お揚げをイメージしたビジュアルだけでなく、和風だしの味が効いています。商品情報はこちら→http://www.fritolay.co.jp/products/tortilla_akaikitsune_1811/同時発売されたのが、「マイクポップコーン 緑のたぬき味」です。かき揚げに近い食感のポップコーンに、これまた和風だしの味が効いています。商品情報はこちら→htt [続きを読む]
  • 【映画評】Seventh Code
  • 東京で知り合った男・松永のことが忘れられず、ロシアのウラジオストクまでやってきた高山秋子。しかし、再会を果たした松永は秋子のことを覚えておらず、「外国では人を信じるな」とだけ言い残して姿を消す。松永の後を追おうとした秋子はマフィアに襲われ、荷物も所持金も全てを奪われてしまう。荒野に捨てられた秋子は何とかして街に戻り、日本人の斉藤が経営するレストランに職住を得て、再び松永を探し始める。そんなある日、 [続きを読む]
  • ハコモノ改憲
  • 自民党「憲法改正案」提示 来年に見送り今の国会は会期末の10日、衆議院の憲法審査会が開かれた。安倍首相が目指していた自民党の憲法改正案の提示は、来年の通常国会以降に見送られることになった。「安倍一強」と言われる中、この国会でも改正入管法など重要法案が短時間で成立した。しかし、安倍首相が目指す憲法改正を巡る議論は足踏み状態が続いている。会期末まで与野党出席の審査会が開けなかったのは、これまで与野党合 [続きを読む]
  • 【映画評】スターマン
  • 最愛の夫スコットを亡くした悲しみが未だ癒えないジェニー。そんな彼女が暮らす田舎町に宇宙船が飛来。人類の呼びかけに応え、友好のためにやってきた宇宙人はジェニーの家に忍び込み、スコットそっくりの姿に変わる。ジェニーは宇宙人と一緒に旅をするうちに、彼に好意を寄せるようになる。一方、政府も宇宙人の追跡を開始していたが……(映画.comより引用)。1985年日本公開作品。監督はジョン・カーペンターで、出演はジェフ・ [続きを読む]
  • 「マスコミのタブー」と「ネットの真実」
  • 何か政治絡みの事件が起きると、マスコミで報道されている事実の裏に報道されない真実があると想像し、それをあれこれと勘繰る者が現れます。いわゆる「マスコミのタブー」があると信じている者です。しかし、マスコミに報道されないことが真実であるならば、UFO、ネッシー、雪男、超能力、心霊などのオカルト的事案も真実なわけです。東京スポーツを除いて、大手マスコミがこれらの事案を報道することは滅多にありませんから。オ [続きを読む]
  • 【映画評】リダクテッド 真実の価値
  • 2006年にイラクで実際に起こった米兵による14歳少女のレイプ、及び彼女を含む家族4人を惨殺した事件を題材にした衝撃作(映画.comより引用)。2008年日本公開作品。監督はブライアン・デ・パルマで、出演はパトリック・キャロル、ロブ・ドゥヴェニー、イジー・ディアス、マイク・フィゲロア、タイ・ジョーンズ、ケル・オニール、ダニエル・スチュワート・シャーマン。一種の戦争映画であり、サスペンス映画を得意とするブライアン [続きを読む]
  • ファミリーマート 鬼金棒 カラシビ味噌らー麺
  • ファミリーマートで発売されている「鬼金棒 カラシビ味噌らー麺」を食べますよ。ファミマ通常価格で税込278円です。東京・神田に本店がある「鬼金棒(きかんぼう)」と、「うまいヌードル♪ニュータッチ」でお馴染みのヤマダイ株式会社の共同開発商品です。激辛ジャンキーの私にはスルーできません。かやくを麺の上にあけ、熱湯を注いで5分間待ちます。それから麺をほぐし、液体スープと調味油(シビレ油)を入れたら出来上がりで [続きを読む]
  • 【映画評】タイガーマスク
  • 孤児院で育った伊達直人は悪役レスラー養成機関「虎の穴」を卒業し、覆面レスラー「タイガーマスク」としてプロレス界に君臨する。直人は正体を隠してファイトマネーを孤児院に寄付するが、その行為を裏切りとみなした「虎の穴」は、さまざまな刺客を送ってタイガーマスクを倒そうとする(映画.comより引用)。2013年公開作品。監督は落合賢で、出演はウエンツ瑛士、夏菜、良知真次、勝信、宮地真緒、遠藤久美子、辻よしなり、ビッ [続きを読む]
  • 北秋田市ふるさと大使キティちゃん本格的始動!
  • 今年12月7日(金)から来年3月31日(日)まで、里山レストラン&カフェ「こぐま亭」×北秋田市ふるさと大使「ハローキティ」コラボレストランが営業します。今年、北秋田市ふるさと大使に任命されたキティちゃんが、秋田内陸縦貫鉄道(秋田内陸線)阿仁合駅にある「こぐま亭」とコラボレーションした期間限定企画です。インスタ映えするコラボメニューや、レアなオリジナルデザイングッズがあるので、それ目当ての観光客がどんどん来て [続きを読む]
  • おっさん時事語り
  • 渋谷のハロウィン騒ぎに乗じて、軽トラひっくり返した若いのが捕まったな。動機を聞いてみると、酒飲んで酔っ払った勢いでやったとか、好奇心でワクワクしてやったとか言ってるみたいでね。ガキこしらえた時の言い訳じゃねえんだからさ。もっと増しな言い訳はなかったのかね。確かに人様の車をひっくり返すのは悪いことだよ。ひっくり返された方も、すごく気分が悪いな。でもな、同じ車をひっくり返すにしても、フランスのデモみた [続きを読む]
  • ダイナマイト・キッドさん死去
  • ダイナマイト・キッドさん死去 初代タイガー「悲しみに暮れています」“爆弾小僧”の異名を取ったレジェンドプロレスラーのダイナマイト・キッドさん(本名トーマス・ビリントン)が5日、死去したことが分かった。60歳だった。1958年12月5日、英国・ランカシャー州ゴルボーンの出身で、13歳の時からレスリングを始め、75年にテッド・ベットレーにスカウトされてプロ入りした。78年にカナダのカルガリー地区に転戦 [続きを読む]
  • 【映画評】バイオハザード:ザ・ファイナル
  • 人類の大半がアンデッドと化した世界で、人類最後の希望となったアリスは、悪夢のような現実の全ての始まりの場所、ラクーンシティのハイブへ戻ることになる。しかし、そこでは全ての元凶である巨大企業アンブレラ社が、アリスとの最終決戦に向けて全勢力を結集させていた(映画.comより引用)。2016年日本公開作品。監督はポール・W・S・アンダーソンで、出演はミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビ [続きを読む]
  • 東洋水産 やみつき屋 激辛辛味噌キムチ
  • 東洋水産(マルちゃん)から発売されている「やみつき屋 激辛辛味噌キムチ」を食べました。メーカー希望小売価格は税別210円です。作り方は簡単です。フタを開け、熱湯を注いで4分間待つだけです。後入れ調味油が無いのは、今時の新商品にしては珍しいタイプです。麺をほぐして、スープとよく混ぜたら、いただきます。唐辛子系の辛さです。今年流行の「シビ辛」ではありません。辛さのレベルは私にとって丁度いい激辛です(すなわ [続きを読む]
  • 山椒の木を剪定する。
  • 寒くなって山椒の葉が落ちると、剪定作業が始まります。葉がボーボーでは作業をやりにくいからです。これが剪定前です。これが剪定後です。剪定をする理由は次のとおりです。(1)高い位置に生った山椒の実は取りにくいから、(2)山椒の枝が込み合うと実を取りにくいから、(3)山椒の枝が網状に込み合うと積雪で枝が折れるから、(4)隔年結果を防ぐことができるからです。(1)と(2)の理由は、6月に収穫する時の作業効率を上げるためです [続きを読む]