白ユリ さん プロフィール

  •  
白ユリさん: 白ユリのSOKA歓喜の詩(うた)
ハンドル名白ユリ さん
ブログタイトル白ユリのSOKA歓喜の詩(うた)
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/suzuran-kayoukai
サイト紹介文創価学会婦人部員の白ユリが、希望と歓喜に満ちて生きる毎日をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/06/06 11:18

白ユリ さんのブログ記事

  • 信心が惰性に陥らないために ②
  • 聖教新聞の熟読は欠かせない。 私も入信前は、「薄っぺらくて読むとこないな〜」などと思っていた。 今は、記事の一つ一つが重みがあり、学びがあり、触発があり、発見がある。 何と財宝の山のような新聞だ。 切り抜きを、幸せになってほしい友に渡すこともできる。 まじめに誠実に生きている優しい人が幸せになる社会になるために。 我見ではなく、先生の指導を隅々まで刻むために。 仏とは人間であると改めてわかるために [続きを読む]
  • 魔を魔と見破り賢く対処しよう
  • 至極当たり前のことを書きます。 今、目標に向かってがんばってらっしゃる方々も多いと思います。 そんな時、必ず現れるのが邪魔する働き=魔。 嫌なことを言ったりして来たりする人、諦めやくじけそうになる心、経済的な問題など。 そして、信念つまり強盛な祈りでそれらを乗り越えて進むみなさまに立ちはだかるのは、体調不良という魔です。 私も御多分にもれません。 歳に加え、気候の変動で体調に変化が。 外的な要因には [続きを読む]
  • 南無妙法蓮華経の生き方を端的に現したもの
  • それが宮沢賢治「アメニモマケズ」だ。 ここでは割愛するがもう一度読まれたらわかる。 そしてそれは、自分の弱虫を人のせいにしたり、自分自身を顧みることなく棚に上げて他者を恨んだりするsignifieやその一派などの情けない連中とは対極にある生き方なのだ。 さああなたは、宮沢賢治の生き方を選ぶ? それとも、都合の悪いこと苦しいことは全て人のせいの腰抜けの生き方を選ぶ? 強い人間、内剛外柔の人間、朗らかで爽やかな [続きを読む]
  • 創価の母たちが抱くわが子への思い
  •  本日の名字の言より。 「創価の母たちが抱くわが子への思いは、母子の満足のためだけにとどまらない。他者に尽くし、社会に尽くす人材に育ってほしいという尊貴な願いである。」 引用終わり。  まさしく、婦人部のこの願いありて、創価学会はここまで発展してきたのだ。いな、師匠自身が「きみよ大樹と仰ぎ見む」(君を大樹と仰ぎ見る)と、青年たちに呼びかけているのが創価学会だ。 この、師匠の心をわが心とする弟子たち [続きを読む]
  • 創価学会は至ってシンプル
  • 創価学会は、「南無妙法蓮華経」とご本尊を広めるための団体。 妙法蓮華経こそ宇宙の根幹の法であり、成仏する法だから。 正確には、信心している方もされていない方も全て仏性を持ってらっしゃる。だけど、仏性は普段の生活では出てこない。 このご本尊に南無妙法蓮華経と唱えることでしか、仏性は出てこないのです。 どうやったらわかるか? 実際にやってみれば分かりますよ。池田先生も、「宗教の根幹は『祈り』です。」と [続きを読む]
  • 自分の至らなさと戦う
  •  人生、よりよく生きようと思ったら、幸せになろうと思ったら、すべて自分との闘い。これが本当のところではないだろうか。 私も、日々そう。 自分自身の甘さ、惰性、宿業、過去、命の傾向性。 「使命を果たす」=「目標達成」のために。 自分との闘いは、苦しくともすがすがしい。 ましてや、この信仰で他者への思いやりを持つことができ、相手にその心は通じ、何より運が良くなる。 幸せってなによ?自分の弱さと戦って [続きを読む]
  • 私の使命 3
  •  私の使命も、あなたの使命も、他人から決められるものではない。 御本尊様に「南無妙法蓮華経」と唱え、淡々と目の前の一つ一つのことに努力していく中で、自然とその道が開かれていくのだ。 楽しいよ〜♪ [続きを読む]
  • 脱・ひきこもり
  •  10代のころを思い出す。いわゆる「モラトリアム」の時代を。私は完全にひきこもり状態だった。 信心に出会い、お題目を唱え、会合に参加するようになってから変わった。徐々に、外に出られるようになった。 そして今では、フルタイム勤務を続けている。昔の私はそこにはいない。まさしく、南無妙法蓮華経の唱題による生命力満々ゆえだろう。感謝しか湧いてこない。歓喜。 [続きを読む]
  • 願いを叶えるために
  • 人間革命するんだよ。 祈りは、誓願の祈り。「必ず〇〇して、人々を救っていきます。幸せにしていきます」ってね。 もちろん、苦しいとき辛い時はその通りご本尊さまに祈っていいですよ。「〇〇したい」「〇〇になりたい」ってね。 みんな、幸せになるために産まれてきたのだから。 [続きを読む]
  • 私の使命 2
  •  広宣流布のために自分の使命を果たしたい。そのために、絶対かなえたい願いがある。だから、お題目をあげる。次は、200万遍目指して。 師匠のために戦う。友のために戦う。苦難を乗り越えるために。自分が変わるために。 よく堪え忍び、目標を実現し、友の励ましとなれるように。皆が幸せになれるように。この世から、不幸と悲惨をなくすために。 わが生命、燃やし尽くすぞ。 [続きを読む]
  • 生老病死を見つめて〜「抜苦与楽」の実践〜
  •   本日の聖教新聞4面の体験談もとても感銘を受けました。いえ、体験談というより、紙上セミナーと感じました。 その中で特に心に残ったところを一部抜粋させていただきます。以下、引用開始「精神的な束縛」を解き放つ 仏法の「生命尊厳」「万人尊敬」の精神に照らして、あらためて感じたことがある。 それは、どんな状況にあっても、「人間として生きる希望を失ってはいけない」ということであり、「よりよく生きるために [続きを読む]
  • 恋愛と結婚について 2
  • この信心は最高の縁結びであり縁切りです。 必ず、幸せになれる人と結びつきます。そうでない人とは離れます。 恋は本能、愛は理性。 結婚は愛です。 家族は愛です。 自分の課題や悩みととことん向き合い、ご本尊さまに祈り切った人は必ず最高の結果を出せます。 母の日おめでとうございます。母の愛あればこその家庭です。皆さまともどもに価値的な毎日を積み重ねてまいりましょう(*^^*) [続きを読む]
  • 100万遍唱題達成しました。
  •  ひとまず、目標である百万遍を達成しました。結論から申し上げますと、まず大きな結果が出ました。不可能と思っていた願いがかなったのです。 そして、自分自身いろいろなことがわかる境涯となりました。まだまだですが。また、私自身の夢が具体的に動き始めました。いえ、動かせるような強い自分自身になりつつあります。 ひとことで申しますと、今、とても幸せです。感謝、感謝です。 もっともっと使命を果たせるよう、家族 [続きを読む]