メイおばさんの料理帖 さん プロフィール

  •  
メイおばさんの料理帖さん: メイおばさんの料理帖
ハンドル名メイおばさんの料理帖 さん
ブログタイトルメイおばさんの料理帖
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mayobasan
サイト紹介文「メイおばさんの宝箱」からはみ出してしまった料理や食べ物や食文化のお話を世界のいろいろな場所から楽し
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/06/07 05:38

メイおばさんの料理帖 さんのブログ記事

  • いかにもアメリカな手抜き玉子料理
  • アメリカ暮らしの間に見つけたこんなもの。いったい何だと思います?「JUST CRACK AN EGG」「ADD A FRESH EGG!」どうやら玉子一つで何かができるようですよ。こんなことが書いてあります。「ソーセージ、マイルドチェダーチーズ、ジャガイモ、玉ねぎ 緑と赤のピーマンが入っています。あとは玉子1個を加えて 電子レンジで1分!で出来上がり。」メイおばさん、おもしろ半分やってみましたらあっという間にこんなもの [続きを読む]
  • Enjoy Halloween! その2
  • 「この時期のドラッグストアのカード棚ですとか メイおじさんとマイおばさんの行きつけのパブや スーパーのの入り口の野菜売り場の様子はまた次回にね。」などと言っていながら、ごめんなさい。ちょっとバタバタ取り込んで「次回」がこんなに遅れてしまって肝心の「ハロウィン」がもう目と鼻の先!お料理とも食文化とも関係ないのですけれど「かぼちゃ」から始まったハロウィン話(ばなし)を続けます。町を歩けば、いつも [続きを読む]
  • この際、Enjoy Halloween! その1
  • 今やすっかり日本語として定着した「ハロウィン」ですがこれ、カボチャや、お化けや、コスプレのお祭りではありません(笑)。メイおばさんがウンチクを語るまでもなく「ハロウィンは毎年10月31日に行われる古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事」   (ウィキペディアより)なものですからどうも彼らには摩訶不思議に思えるようでメイおば [続きを読む]
  • 一緒に食べるという恵み
  • 長い歴史を思い起こせばジュリーとマイクは、多分メイおばさんのアメリカ史のかなり初期から顔を出すカップル。本当に人が良くて二人とも旅と料理が大好きで知性も好奇心も素晴らしいメイおじさんとメイおばさんの大切な旧友です。私たちがイタリアに住んでいた時には遠路はるばるアメリカから訪ねてきてくれてそれはそれは楽しい北イタリアの長旅を一緒にしたものでした。私たちの親友には、実はもう一組、イギリス人美女と [続きを読む]
  • 二人で持ち寄り合作ディナー
  • 何を思ったか昨日のメイおじさん大雨の夕方に「メイ、ちょっと郵便局に行ってくるから。」まあ、なにもこんな雨の中、行かなくたって明日の朝でいいじゃない、、、などと言ったところで聞くようなメイおじさんではありません。行くと言ったら行くのです(笑)。しばらくして、いつもの「タダイマ〜!」と言う声が。はい、メイ家では、出かける時は「イッテキマ〜ス!」帰った時には「タダイマ〜!」と言う日本語が使われていま [続きを読む]
  • WHOLE FOODS〜メイおばさんが通う場所
  • ここアメリカの首都ワシントン暮らしでメイおばさんがほぼ毎日のようにガラガラ引きずっているのが、この抹茶色のカートです。もう10年も前にご近所の行きつけのスーパー「Whole Foods」で購入したものなのですがとうとう、ずるずると袋の部分が下がって来て引いて歩けば地面をこするようになってしまいました(笑)。いよいよ買い換えの時期かな?と思っていたらなんと、見るに見かねた「Whole Foods」の店員さんが「ちょ [続きを読む]
  • 朝日のあたる家の一週間メニュー
  • シアトルから、ここワシントンへと持ってきた色々な書類の中から、こんな小さな紙片が出て来ました。大きさ、いえ小ささがわかるようにCDのそばに置いてみますね。二つ折りにした部分を開いてみればあらまあ、なんと、シアトルのとある場所のとある週のメニューでした。「とある」「とある」と勿体をつけてないでお知らせすれば(笑)「Horizon House」というメイおばさんの家からも近いシニアハウス、昔の響きのよくない言葉 [続きを読む]
  • 突然の帆立貝
  • これ、昨晩のお夕食。これには深〜いわけがありまして、、、、(笑)メイおじさんが、何を思ってかホタテの貝柱をたくさん買って来たのです。「メイ、いつでも使っていいからね。」それってつまり、メイおじさん語では「なるべく早く食べたいのだけれど料理してくれる?」の同義語ですか?(笑)。仕方ありません。何とかしましょうと、まずは8粒をオーブンに入れてグリルし(粒でいい? それとも8枚? 8個? 8 [続きを読む]
  • トンガも日本もアメリカも?
  • 朝焼けの美しい朝でした。見とれているうちに地球はまわり明るい朝がやって来ました。そんな朝に、今日こそはたまってしまった新聞の切り抜きの整理でもと思い立ったのですが、、、、いちおうは興味があるから切り抜いていた記事しかも「とりあえず取っておいて、あとでちゃんと読もう。」的な記事です。「必要ないものはどんどん捨てること!」という初心がなかなか貫徹できません(涙)。とは言え、面白いこともあり [続きを読む]
  • カボチャ? パンプキン?
  • あらあら、早いもので、9月も残すところあと4日となってしまいました。ということは、、、、えっ?10月がすぐ目と鼻の先その次が11月で、そのまた次が12月!!ということは、、、、えっ? えっ!!!今年もあと3ヶ月ちょっとではないですか。季節の移ろいと共に、ご近所のスーパーにの入り口もこんな装いになりました。色々な種類の大きいかぼちゃ、小さいカボチャが山積みです。えっ、食べられるカボチャなの?と [続きを読む]
  • 予期せぬ旅の面白さ!〜日本弁当もどき
  • さてさて、先回の続きとまいりましょう。突然思い立ったメイおじさんの一言「メイ、旅に出よう!」で車を走らせた先は「Lewes」(ルエス)という大西洋に面したデラウェア州の小さな町。旅の思い最初のお夕飯は手っ取り早くホテルから歩いてすぐのレストラン。ほら、歩いて帰れる所でないと車を運転するメイおじさんがビールもワインも飲めないじゃない?しかも、知らない町に出てあれこれ探すのも面倒くさい初日ですからねえ。 [続きを読む]
  • 旅に出よう! えっどこに? その1
  • 予定より早く仕事が終わってポカッと空いた時間ができたメイおじさん。と言ったって、たったの3日間ですけれど案の定、そわそわし始めましたよ。「メイ、旅に出よう!」そして目的地として選ばれたのが「Lewes」という、大西洋に面したデラウェア州の小さな町。「それ、どこ?」とポカンとするメイおばさんに「海のそば。メイが好きそうところ。」と言いながら人の手帳にこんなに大きく書き込んだメイおじさん(笑)。そして [続きを読む]
  • 海の向こうからライン指南でお夕食
  • いつの間にやら立場逆転。思考力や記憶力はもちろんのことお料理の腕やアイディアさえもがとうに母を超えてしまった子供たち。「ねえねえ、何か簡単で美味しいものない?」とでも聞こうものなら、遙か海の向こうから「『これ』はどう?」とばかりにLINEで「料理指南」をしてくれるようになりました。なんて便利な時代になったことでしょう(笑)。昨夜のメイ家の夕食にもそんなものが登場しました。言われた通りに作ってみたら [続きを読む]
  • これ何だと思う?
  • ねえねえ、これ何だと思う?ゴルフ練習場のボールが出てくるあれ?に見えないわけでもないですが(笑)、いえいえ、違います。ヒントその1:これはメイおばさん行きつけのスーパー「Whole Foods」の入り口にあります。ヒントその2:その隣にはこんな風に空のプラスチック瓶が用意されています。ヒントその3:何やらまあるい物が並んで降りてきます。ヒントその4:どうやらそれがギューっと絞られて、2の瓶に入れられるよう [続きを読む]
  • ジャパニーズ ヤムですって??
  • 「おいも」と言ったら、まずなに思う?ジャガイモ? サツマイモ? サトイモ? それともまさかのタロイモ? ヤムイモ?(笑)これ、先日、夕方のお近くスーパー「Whole Foods」のお野菜売り場、いえお芋売り場。おそしてこちらはいつもにしてはとても少ないたったの8アイテムのレシートです。パイナップル   3ドル49セントアトランティック(大西洋)サーモン  5ドル49セントキュウリ   3ドル99セント [続きを読む]
  • アメリカの首都でハワイアン!
  • ワシントンに住む一番古い友達は古いだけあって、おたがいに酸いも甘いもお見通し。見栄を張ったってどうせすぐにバレてしまいますから(笑)とても気楽に、心地よく過ごせます。思えばこの夫婦私たちが昔、イタリアのミラノに住んでいた時にはミラノまで訪ねてくれて困ったことも笑いに変えながら4人で一緒に北イタリアの旅をしたものでした。旅の途中で突然ウエストの周りに赤い湿疹ができてしまってその痛さにうめき声の一 [続きを読む]
  • コロッケ!ママのコロッケ!そしてKOROKKE!
  • なんか突然食べたくなってなんか突然作り始めてしまうのがコレ。実はメイおばさん、コレってクロケットとは別物の「日本食」だと思うの。しかもメイおばさんにとってはまさに「おふくろの味」。「メイ、お夕飯なに食べたい?」とでも母に聞かれれば待ってました!とばかりに答えた幼少の頃。「コロッケ!」母は「また?」と半分あきれながらもこんなことをたずねたものでした。「松坂屋さんの? それとも戸田屋さんの? [続きを読む]
  • Whole Foods 再び
  • 日本だったら九州から北海道へと移動をしても「時差ボケ」なんてないでしょうがここ、アメリカではそうは行きません。1週間前の火曜日にシアトル からワシントンへと、書き始めてメイおばさん、大ショック。う、う、嘘でしょ?1週間前だなんて!それほどうすらボンヤリしていて大したこともしてないのにやたら疲れていて昼間から眠くて仕方がありません。これ、まさしく「時差ボケ」例えば、これを書いているアメリカの [続きを読む]
  • 住む場所、訪ねる場所、帰る場所
  • 西のシアトルから東のワシントンDCへと国内線の飛行機でアメリカ大陸を横切るなんてもう数え切れないほど繰り返してきた「日常生活」のはずなのにどうしたことでしょう、5日も経った今頃になってどっと疲れが出てきました。そして気力も体力もドドっと落ちてしまった本日のメイおばさん。そう言えば、「ああ、疲れた、、、」と呟いた若い頃年長友から即座にこんなことを言われたことを思い出しましたよ。「メイ、疲れがすぐに [続きを読む]
  • 手抜きなら任せて@アメリカ大陸移動の晩のお夕飯
  • 卵を使って作るものと言えば卵焼きに、目玉焼きに、炒り卵に、ゆで卵、、、、そんな御三家ならぬ御四家にもうひとつメイおばさんが加えるのは「poached egg」ポーチトエッグです。これ、確か日本では「落とし卵」なんていう名前がついていたのではないかしら。それともすでに「ポーチトエッグ」で定着しているのかしらなどと思って検索してみたら、「ポーチドエッグ」がたくさん出てきました。これもまた「英語→日本語」変換 [続きを読む]
  • パイにもタコにもムムム
  • 大好きな町、太平洋に面したシアトルでの夏の暮らしも期限付き。来週にはまた広大なアメリカ大陸を数時間も飛行機で横断し大西洋に面したワシントンへと移ります。残念ながらこのところカナダとの国境あたりの山火事の影響で視界がまるでメイおばさんの頭の中のようにぼんやりしています。とは言え、そろそろ移動に向けて整理の一つも始めようかとあれこれ動かしたり、開いたりするたびに面白そうな記事を発見してはついつい読 [続きを読む]
  • もしかして冷やし中華?
  • いきなりクイズです。これ、なんでしょうか?ヒントは手前にちょこっと見える何やら薄黄色いもの(笑)。それにしてもびっくりしましたよ。所変わればなんとやら、、、メイおばさんが子供の頃から大好物だった夏の風物詩「冷やし中華」にまさかの所で出会って、大喜びで注文してみたらう〜ん、それらしいことはそれらしいのだけれど何かが違うの、見てくださいな、運ばれてきたこの「冷やし中華」。場所はアメリカ、西海岸の [続きを読む]
  • メイ家定番ワイワイガヤガヤ手巻き寿司
  • お招きしたり、お招きされたりお誘いしたり、お誘いされたりそんなことの繰り返しが楽しくて輪がどんどんと広がっていきます。何も肩肘張ることはありません。メイおばさんは、「いくつかの理由」からほとんどの場合は我が家にお招きしていますけれどレストラン集合だってありですしまずはどちらかの家で一杯、いえ二杯ぐらい、あるいはそれ以上(笑)ビールだのワインだのをいただいてから予約をした時間に、予約をした店に [続きを読む]
  • シアトルでまさかの餅アイス
  • また明日ね、なんて言っておきながらまたしても「明日」が伸びてしまってごめんなさい。シアトルのカメラ屋さんに行く途中で出会ったまさかの看板、「Hurry Curry of Tokyo」の「Authentic Japanese Curry and Yoshoku Cuisine」本物の日本のカレーと洋食?の看板についてはご報告しましたけれどその先のスーパーでもこんなコーナーを見つけてしまいました。「MOCHI」ですって。どうやら「お餅」のことらしいの。しかも「餅ア [続きを読む]
  • 本物の日本のカレー?
  • これはつい昨日のことメイおじさんに付き合ってもらってというか、付き添ってもらって(笑)出かけたのは大きな大きなカメラ屋さん。どうしてカメラ屋?かと言えば聞くも涙、語るも涙いえいえ、どちらかと言えば聞くも笑、語るも笑なのですが長い間、慣れ親しんできたデジカメのPCへと繋げるコードをワシントンの家に置いてきてしまったの。我が家にやってきた若い友に愚痴をこぼしたらそんなのこうすればいいんですよ、と目 [続きを読む]