リン さん プロフィール

  •  
リンさん: リンの卓球物語
ハンドル名リン さん
ブログタイトルリンの卓球物語
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/lingzhung-threestar/
サイト紹介文自分の涙あり、笑いあり、感動ありの卓球物語!を主に書くはずが、完全に方向性が定まらないブログに(汗)
自由文手持ちラケット

ハンドソウ(ピストル型ラケット)
バル・アタック(日本式ペン丸型)
馬林エキストラオフェンシブ(中国式ペン)
コルベル(シェークFL)
テナリーオリジナル(シェーク&ペン兼用)

あと反転式ペンでコンプリート?(笑)


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/06/07 22:13

リン さんのブログ記事

  • 映画「ミックス。」鑑賞記
  • ようやく話題となってる「ミックス。」を観に行けた本当は友達を1人連れてこようと思ったが前回の「君の膵臓をたべたい」で半強制的に連れ出したのがまずかったのか断固として行かないと言われた挙げ句、聞く耳ももってもらえなかった「君の膵臓をたべたい」を観に行ったとき自分は半ば傷心しきった彼に「流されたんじゃない。君は選択してここにいるんだ」※映画にも同じ感じのセリフが出てくる小説を読んで予習しておいていたと [続きを読む]
  • ピンメイトのハンドソウとヤサカのハンドソウは全く別物!?
  • みなさんにお知らせがありますこの度、悲願であったピンメイトのハンドソウを買いました!!送料込みでたったの3万5千5百円 !!数年前に新品のピンメイトのハンドソウが出た時は8万円からスタート(結局、誰も手をつけずにいたせいか6万5千円まで下がって誰かが購入した)に比べると何て安さか!!※感覚が麻痺しております見さらせこのフォルムの美しさ!ヤサカのハンドソウとは違うこるくではなく純粋な木のグリップニスが塗っ [続きを読む]
  • アマレベルは弱点があるくらいがちょうどいい
  • 多くの人は「弱点」と聞くとマイナスのイメージを持つだろう今回はそれをプラスないしゼロと置換する考え方の話弱点≠マイナス弱点≧0最初に、ここで言う「アマレベル」とはオープン大会(東京オープン、大阪オープンと言ったものは除く)に主に出る、または県大会ベスト〇〇以下(県の強さによって変わる)で全日本選手権に出るとか大学・実業団チーム1部の選手はほぼ当てはまりませんそして、ここで言う弱点はレシーブが全くでき [続きを読む]
  • 「〇〇させる」考え方
  • 元卓球選手、現スポーツアドバイザー、テレビ解説者、コメンテーターと多方面で活躍してる平野早矢香さんは選手時代にこんな戦術を取っていた相手のやりたいことをあえてやらせるこれは「私が5回日本一になれた理由」でも述べられているが ここでは平野早矢香さんが著者を勤めた「卓球の鬼と呼ばれて。」 からP55によると_____________________卓球には「後の先(ごのせん)」という戦術があります。も [続きを読む]
  • 今さらながらハンドソウ世界大会、VS盈月戦を振り返る
  • 今年の8月19日(土)ハンドソウ世界大会という大会名の交流戦?オールスター戦?に参戦した初戦に対戦することになったのが盈月さんラケット交換時F:土星プロ(ミディアム硬度)B:アタック8極薄スポンジというのを確認して「アタック8の変化は嫌だけど土星の方に怖さはないから大丈夫(勝てる)かな」と思って入ったのが全ての間違いの始まりだったまず自分が土星の怖さはないと思った理由についてWRMの性能比較表のところに土星( [続きを読む]
  • 愛して止まないQ3の使用感まとめ
  • 以前Twitterの方にまとめてツイートしたがミズノが出したQ3がとにかく素晴らしい半年くらい前に「テナジー・64のような打球感とスピード、台上のやりやすさがありテナジー・05のような引っ掛かりと弧線、回転を合わせ持つラバーがほしい」と思っていたことがあるがまさにそれに限りなく近いラバーなんじゃないかと思ってるくらいに酔いしれている※もちろん厳密には所々違う掴む感じはテナジー・05の方があるし一番大切な事を言っ [続きを読む]
  • 改めて今一度、コントロール系ラバーを見直す
  • さて、題名にもある通り今回はコントロール系ラバーを見直しましょうとプラスチックボールの導入前からも初心者はコントロール系ラバーから始めるよりも高弾性ラバーから始めてもありという風潮はあったけどもプラスチックになって多少硬いラバーに方が扱いやすかったりヴェガイントロやザック、ワルドナーと言った高弾性ラバーの新作は今になっても出てきてコントロール系ラバーはけっこう肩身が狭い感じになってきてしまっている [続きを読む]
  • 卓log会練習会にて
  • 月曜日卓log会メンバーの貴絽さん立野Bさんつじまるさんと武蔵野総合体育館にて急きょ練習参加※まだ卓log会を知らない人はこちらを参照されたし卓log会ブログページ(仮)自分はメガネが壊れて行きつけの眼鏡屋によって新しいめがねをもらいに行ってから向かったため15分ほど遅れての参加まずは貴絽さんと基礎打ち&フットワーク練習貴絽さんはとにかくバックが特徴的で兎に角、嫌らしいボールが来る自分がドライブで打ち込むと貴 [続きを読む]
  • 100%カーボンラケット「GT-03」〜使用感想・高弾性回転系表ソフト編〜
  • さて昨日の続き表ソフトで打つとどうなのか?まずは軽くフォア打ちおお!!!裏ソフトよりもしっかり打ってる感じがする!ラケットの高反発と表ソフトの弾きやすさが絶妙にマッチしてメチャメチャ打ちやすい!!打ったボールも表の特徴がしっかり残っててこの段階でもう裏で打った時よりいい笑もしかしたら表の方がいいかもしれないから一応表も買っておこうという事で使う事になったけど本当にこうなるとは笑続いて表の強打・・・ [続きを読む]
  • 100%カーボンラケット「GT-03」〜使用感想・テンション系裏ソフト編〜
  • およそ2ヶ月半ぶりのブログ更新ブログ楽しみにしてた人はごめんなさい・・・・・(この間に5分程も手が止まった)え〜と・・・ね久しぶりのブログ更新でどう書き初めていいのか忘れました笑ごめんなさいで、久しぶりの記事で何を書くかというと2016年4月に届いた100%カーボンラケットhttp://blog.livedoor.jp/lingzhung-threestar/archives/58216572.html(↑これね、この記事)買ったは買ったけどず〜〜〜〜〜っと放置 [続きを読む]
  • サイト紹介〜みんなが欲しい卓球情報〜
  • まずちょっと今回ブログを更新することになった経緯から話しますある日卓球仲間(仮名を劉国梁とする)から唐突に「リンってブログやってるでしょ」という話が出た自分は劉国梁にブログやってることを言った事ないから言われたときは「うん・・・やってるよ」と平静を装いながらも心臓が劉国梁の顔にダイレクトアタックするんじゃないかと思うくらい飛び出すかと思ったそんなことも知らずに劉国梁は・・・(あ・・・読まれてる知ら [続きを読む]
  • ラザンターR47(ULTRAMAX)は万能に非ず
  • ようやく検証の時間ができラザンターR47(ULTRAMAX)ラザンターV47(2.0?)を存分に打ちました今回の検証の協力者として同じハンドソウ使いにして前作のラザントシリーズを全て使用したことがあるPyonsukeさん(Twitterアカウント@kazumasa585)の使用感等も入れてますなお検証で使用したボールはニッタクのスリースター台はニッタク(かなり年代物)検証で使うラケット、ラバー重量等のデータは別の記事に記載し [続きを読む]
  • 現世界トップクラスの男子卓球選手で打線組んでみた
  • WBCで侍ジャパンが6連勝と未だ負けなしでトーナメント進出が決定し世間はわっしょいわっしょい状態なんじゃないかな?前評判はダメダメだった気がするけど結果だけ見れば過去最強かもしれない※第1〜3回大会とリーグ戦のどこかで1敗はしてた気がするそんな野球で盛り上がってる中昔流行った遊び(今もどこかの誰かはやってるけど)OOで打線を組む!!というのをトップクラスの男子卓球選手で置き換えて考えてみるhttps:// [続きを読む]
  • リン流卓球理論〜ボールを「持つ」と「掴む」の感覚的な違いについて〜
  • 以前Twitterでボールを「持つ」と「掴む」の感覚的な違いによる捉え方があるかどうかの調査を行った結果は以下の通り約3人に2人が感覚的な違いがあると答えた一方で約3人に1人は感覚的な違いはないと答えたちなみに自分は感覚的な違いがあると断言するというのは簡単に説明できるからTwitterで数人の「違いがある」と答えた人が「持つ」と「掴む」の違いを説明会しようとしたけど説明が難しいと思った人がほとんどだったという [続きを読む]
  • WRM試打会〜ヴィルトォーソ+(OSP)〜
  • 10時より少し前WRM高田馬場店から徒歩10分ほど離れた目白卓球にて試打会が開催高田馬場店に常備されている数多の試打ラケットを店内のミニ卓球台ではなく一般の卓球台で打てる数少ない機会という事で行ったが何と!!!あの新製品ラケットヴィルトォーソ+まで試打できる機会が!!※画像http://yamaguchi.diary.to/archives/51921687.htmlより引用(写真撮るの忘れた・・・)組み合わせはAF:省狂ネオ3ブルースポンジB:エボ [続きを読む]
  • WRM正月セール2017
  • 今年もやってきました毎年恒例の中身が見える福袋毎年恒例のWRMスタッフ一同集結※今年は社長もいた毎年恒例の中国ラバーお得特典毎年恒例のWRMラケット大特価そして毎年恒例の開店直後の福袋の取り合い合戦今年は去年以上に人が並んで店舗内が混雑しすぎて何と来た人全員が入れない最初に入った人がラバーやラケットを買ってスクラッチをして商品を受け取り店舗の外に出たら様子を見て待ってる人を少し以下繰り返しこれが9時半頃 [続きを読む]
  • 今年1年の振り返り
  • さてもう2016年最後の日をむかえました今年ほど卓球人にとっていい年はなかったかもしれない世界選手権クアラルンプール大会で男女共に銀メダルを取りリオ五輪で水谷隼選手がシングルスで銅メダル男子団体が銀メダル福原愛選手がシングルスで4位女子団体が銅メダル張本智和選手は世界ジュニアで史上最年少優勝平野美宇選手はワールドカップで日本人初&史上最年少優勝もっと突き詰めれば色々あるけどここまでにして自分の1年 [続きを読む]
  • リン流卓球理論〜+(−1)、−(−1)の考え方〜
  • 今までこの企画は理論的には間違ってはいないけど突拍子もないようなものばかりが集まった感じであった今回は突拍子もないから少しずれるが今までの技術的な理論から変えて精神的、考え方の理論の話をする題名にある+(−1)−(−1)これを説明するには自分の体験談を語るのが分かりやすい自分は好不調の波が激しい選手だった(“だった”と過去形だが、まぁ今もだ前よりましだが)これは1日おきに起こる事もなくはないがたい [続きを読む]