シュージョー さん プロフィール

  •  
シュージョーさん: 旭川東法寺だより
ハンドル名シュージョー さん
ブログタイトル旭川東法寺だより
ブログURLhttp://touhouji.jugem.jp/
サイト紹介文旭川市内の寺の住職が記すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/06/08 00:45

シュージョー さんのブログ記事

  • 今月の掲示板の言葉
  •  「できることをしないで、できないことにあせっている」  以前、こんな記事を読んだことがあります。「Aという作曲家の作品と、Bという作曲家の作品を、楽譜を見て比べてみると、Aの方が非常に高度な技術で創られているのに対して、Bの方は割と単純であるので、明らかにAの方が作曲する力が上であることがわかる」  曲というものは、いかに人々の心を動かすか、で評価されるべきもので、易しく創られた曲で感動を与えて [続きを読む]
  • 10月6日は常例法座の日
  •  10月6日は、常例法座の日です。本堂にて13時読経開始、13時半より15時まで、ご法話とないます。御講師は、熊本県、良覚寺、𠮷村隆真師です。  常例法座は、8月はお盆、9月は報恩講でお休みとなりますが、それ以外は毎月6日に、全国各地から御講師が来られて、(1月のみ住職がお勤めします)開かれる法話会です。浄土真宗のお話をお聞きになりたい方は、どなたでもお参りお聴聞してください。お念珠、経本の無い方でも、 [続きを読む]
  • 22日は秋の彼岸会
  •  22日は、13時より、本堂にて秋の彼岸会をお勤めします。  法話は住職です。  太陽が真西に沈む日に、西方浄土へいのちを向かわしめる阿弥陀仏の法を、お聴聞しましょう。   にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 報恩講
  •  東法寺では17日から19日まで、報恩講が勤まりました。  毎座毎座たくさんの方のお参りがありましたが、3日間、全ての座にお参りされた方もたくさんおられました。ありがたいことです。  そう言えば、あるお寺に勤めているとき、いつも熱心にお聴聞されている方に、「ありがたい方ですね」と言うと、「ありがたいのは私の方ではなくて、阿弥陀さんのほうでしょ」と言われたことがありました。ああ、そうでしたね。お聴聞 [続きを読む]
  • 仏具のお磨き
  •  報恩講前の恒例行事、「仏具のお磨き」をしました。  東法寺の報恩講は、17日、18日、19日の3日間、お勤めします。  御講師は、留萌組、西暁寺、藤 順生師です。  仏法は、私たちにとって、最も大事な問題について、説いてくださっています。是非時間を作って、一座でも多く、お参りお聴聞いたしましょう!   にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本誓寺の御堂コンサート
  •  9月7日は、兄が住職を勤める本誓寺の報恩講初日。そして、その日の晩は、恒例となった「本誓寺公開御堂コンサート」が行われました。旭川ゆかりのプロの演奏家によるコンサート。今までに、バリトン、ピアノ、ホルンとファゴット、ヴァイオリン、フルート、の演奏会が行われましたが、今年はガラッと雰囲気が変わって、和楽器である三味線の演奏会でありました。  出演者は、今年、本場、青森県で行われた「津軽三味線日本一決 [続きを読む]
  • 中を覗くと・・・
  •  昨日、1年半ぶりに、ピアノの調律をしてもらいました。 ピアノという楽器の不便なところは、気軽に持ち運ぶことが出来ないことと、調律をするときは専門の人を呼ばなければならないということ。今回も、いつもの調律師さんに来てもらったおかげで、大変いい音が響くようになりました。  ピアノが発明されたのは、300年ほど前なので、2500年前のお釈迦様も、800年前の親鸞聖人も、この楽器の音を聞くことはなかった [続きを読む]
  • 本堂の前の街路樹が・・・
  •   先日、本堂の前にある街路樹を調べている人がいたので、「どうしたのですか?」と聞いてみたら、「市のものですが、木の枝が通行の邪魔になるということなので、何本か切りますので」という返事。歩道の建物側は大丈夫なのですが、道路側はご覧の通り。急速に成長したようです。  そして、今日昼過ぎ、外が騒がしいので、見に行くと・・・  驚くほど風景が変わっていました。 お参りに来られるご門徒さんは驚くことでし [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「お参りは、亡き人をなぐさめているのではない。反対に、私の方が、仏様になぐさめられ、力づけるられているのである。」  お供え物で、時々見られるのが、口の開いた缶コーヒーです。おそらく、亡き人に飲ませてあげたい、という気持ちからなのでしょう。でも、よくよく考えれば、そこでは、仏という存在が無視されているのではないでしょうか。  仏法と出会ってこそ、自分の正体が明らかになります。おなかがすいたりのどが [続きを読む]
  • 7月6日は常例法座の日
  •  7月6日は、13時より本堂にて、常例法座をお勤めします。  御講師は、福岡県筑紫野市、願応寺、中川一晃師です。  どうぞ、お参り下さいませ。  なお、例年のように、8月と9月は、常例法座がお休みとなりますので、よろしくお願いいたします。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ジレンマ
  •  つい先日、札幌での用事を済ませ、高速道路を通って旭川に戻る途中のことです。突然、目の前にキツネが飛び出してきたので、私は反射的にブレーキをかけ、ハンドルを左に切りました。どうにか、ぎりぎりで避けることが出来たのですが・・・。いやぁーびっくりしました。キツネの驚いたような顔が目に焼き付きましたが、たぶん、キツネの方も私の驚いた顔を見ているはずです。 そして、後で冷静になって思ったのですが、あの時 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「衆生の苦悩が、如来の苦悩である」 瓜生津隆真師著『仏教から真宗へ』の中の文章私の実家には、チロという名の飼い犬がいます。数年前、耳の中の病気をこじらせてしまい、耳のそばに触れただけで痛がって鳴き声を上げたりするので、私が動物病院に連れて行ったことがありました。 チロを診察台の上にのせると、医者が「耳の中を看ますね」と、器具を耳の中に入れようとしました。私は(痛がるだろうなあ)と思い、暴れないよう [続きを読む]
  • 6月6日は常例法座の日
  •  6月6日は、13時より本堂にて常例法座をお勤めします。 正信偈をいただいた後、御講師より3時まで2席の御法話があります。 御講師は、山口教区岩国組、教法寺、筑波敬道師です。 お念珠1つを持ってお参り下さいませ。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 26日、27日は春季永代経法要の日
  •  5月26日、27日は、昼1時より本堂にて、春季永代経法要をお勤めします。 御講師は、秩父別町、常楽寺ご住職、山本徹浄師です。 二日のうちのいずれかの日、とおっしゃらずに、ぜひ二日ともお参りお聴聞いたしましょう! にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • バッハを弾いてみました。2
  •   バッハのフランス組曲第2番から「エアー」を弾いてみました。 複数の旋律が歩いたり走ったり、それぞれ別々に進行しているにも関わらず、調和した音を響かせて一つの方向に向かう・・・、バッハの曲は、自由と調和を感じさせてくれます。 お東さんの「バラバラで一緒」という法語が思い浮かびました。演奏の方も「バラバラ」で終わってしまわないように、頑張ってみたのですが・・。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 旭川の桜の花は、あと少し
  •  街の方の桜は、もうほとんど花が散ってしまいましたが、郊外にいくと、こんなみごとな花を見ることが出来ました。なんか徳をしたような気持ちになりますね。 ところで、以前なんかの雑誌でこんな言葉を見たことがあります。 「願わざれども雑草生え、願えども花は散る」 雑草は「生えてくれ」と願わないのにどんどん生えてくるし、きれいな花は「いつまでも咲いていてくれ」と願っても、散ってしまいます。 いのちというもの [続きを読む]
  • 5月6日は常例法座の日
  •  明日、5月6日は東法寺常例法座の日です。 13時より本堂においてお勤めします。 御講師は、芦別市の西林寺、小林義教師です。久しぶりで道内の布教使さんがお出でになります。 どうぞ、お参り下さいませ。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 熊本地震
  •   熊本の方では未だ余震が続いていて、ニュースが入るたびにドキッとします。地震に遭われた方々は今もどれだけ不安な気持ちで過ごしておられるのでしょうか。私は、大阪の寺院に勤めているときに阪神淡路大震災に遭いました。私が受けた被害といえば、停電と食料が手に入らない日が数日あった程度でした。夜、ろうそくの火を灯して毛布をかぶって過ごしましたが、復旧した後も、不安感はしばらく続いた記憶があります。 [続きを読む]
  • 「それが大事」のアンサーソング
  •  今日、ヤフーニュースにこんな記事がありました。 〜元大事MANブラーザーズの立川俊之氏がヒット曲「それが大事」のアンサーソングを盛り込んだミニアルバムをリリース〜 記事によると・・・「それが大事」という曲は「負けないこと・投げ出さないこと・逃げ出さないこと・信じ抜くこと・駄目になりそうな時 それが一番大事」という歌詞で応援ソングとして一世風靡し、約160万枚売り上げた。だけど、それを歌い続けた結果、「 [続きを読む]
  • おすすめ番組「100分de名著」
  •  Eテレ(前の教育テレビ)で毎週月曜日の午後10時25分からやっている「100分de名著」という番組があります。名著と言われる一冊の本を一回25分、4週にわたって、その内容を味わう番組なのですが、今月は、親鸞聖人のお弟子が、聖人のお言葉からその真意を伝えようと著した「歎異抄」が取り上げられています。 狭い凝り固まった世界から、広い開放された世界に投げ出されるような、そして自分の生き方やものの見方が変わるくらい [続きを読む]
  • 4月6日は常例法座の日
  •  明日、4月6日は、午後1時より常例法座をお勤めします。 正信偈をいただいた後、法話をいただきます。終了は午後3時頃となります。 今月の御講師は、兵庫県伊丹市、浄源寺、利国敦之師です。 歩道の雪は無くなりました。どうぞお参り下さい。  にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「ウソは煩悩から出てくる言葉 ナンマンダブツは仏の心から出てくる言葉」市内の雪はほとんどなくなりました。新緑を楽しめる時期ももうすぐです。 でも、近郊の山に出かけても、少し奥に入ると「クマ出没注意」の看板が立っていることがあります。それを見るとさすがにそこから先に進むことは出来なくなります。本物の自然は、そう簡単に楽しみを与えてはくれません。 ところで、京都の人から聞いたのですが、京都の山にも「ク [続きを読む]
  • ラフマニノフを弾いてみました。
  •   どうも。39才からピアノを始めた、おっさんピアニストです 。 今回は、ロシアで生まれ、アメリカで亡くなった作曲家でピアニスト、ラフマニノフが作曲した「パガニーニの主題による狂詩曲」の中の「第18変奏」を、ピアノソロで弾いてみました。 映画やコマーシャル、最近では歌詞をつけてアニメの主題歌に使われたりで、よく耳にする曲ですが、私にとっては40年ほど前、よく聞いていたNHKラジオのクラシック音楽番組で、オー [続きを読む]
  • 3月20日は彼岸会
  •  明日、3月20日は、お彼岸の中日となります。 東法寺では、13時より本堂において、彼岸会をお勤めします。法話は住職です。 この命が向かう先であるお浄土、そして、お浄土の光明に照らされた今の自分を、仏法に聞かせていただきましょう。  にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「確かなもの、真実(まこと)なるものに出遇うことによって、自分の不確かさや真実でない相(すがた)に気づく」           藤田徹文師著『いのちの出遇い』の中の文章より   岩波の仏教辞典で、「迷い」という項目を調べたら、「いつわりのすがたにとらわれて、それこそが真実であると思いこむことを、絶えず繰り返している状態」とありました。いつわりのものをいつわりのものと気づかずにしがみついている、なん [続きを読む]