シュージョー さん プロフィール

  •  
シュージョーさん: 旭川東法寺だより
ハンドル名シュージョー さん
ブログタイトル旭川東法寺だより
ブログURLhttp://touhouji.jugem.jp/
サイト紹介文旭川市内の寺の住職が記すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/06/08 00:45

シュージョー さんのブログ記事

  • 旭川の冬まつり
  •  旭川では、6日から「冬まつり」が行われています。 大中小の様々な雪像や、 沢山のみごとな氷像で、目を楽しませてくれましたが、明日、11日で終了です。翌日には、すべて取り壊されます。 今見ているのは一時の仮の姿、まさに無常ですね。 この姿、お見逃し無く。 こちらは実家、本誓寺の雪像。こちらもがんばっています。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2月6日は常例法座の日
  •  明日、2月6日は、13時より東法寺本堂で、常例法座が開かれます。 御講師は、福岡県京都郡の光願寺、野田成敏師です。2年半ぶりのご縁となります。 経本は、お寺の方で用意してありますので、どうぞ、お念珠1つを持って、お参り下さい。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「迷いや苦しみを通じて、はじめて人間はよろこびにであう」 山崎龍明師著『親鸞聖人「和讃」入門』より 受験シーズンということもあって、こんな言葉を選んでみました。 親鸞聖人が著された御和讃に、こんな一首があります。   生死の苦海ほとりなし  ひさしくしずめるわれらをば   弥陀弘誓のふねのみぞ  のせてかならずわたしける この苦しみが絶えない迷いの世界を、果てしのない海にたとえられ、そこに長い間沈 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「知るが仏、知らぬが人間」 「知らぬが仏」という言葉があります。「知れば腹の立つことも、知らなければ仏のように平穏な境地でいられる」という意味ですが、今回は、それをもじってみました。 実は随分前から、この「知らぬが仏」という言葉に納得できないでいました。 究極の悟りをえて、限りない智慧と慈悲を備えられた方が仏であります。だから、「無知」と「仏」とを並べられるとどうも・・・。 知ったか知らないかで、 [続きを読む]
  • 今夜は夜通しお聴聞三昧
  •  久々に晴れました。雪かきの方もやっと一休みできます・・。 さて、明日16日は親鸞聖人の御祥月命日ということで、京都の西本願寺では、9日から16日まで、御正忌報恩講が勤められています。 そして、今夜7時から明日の朝6時まで、「通夜布教」が行われます。これは、「親鸞聖人御往生の前夜、門弟や縁の深い方々が集まり、夜を明かしたことに始まる」のだそうで、全国各地の十数名の布教使さんが、交代で一晩中法話をしてくだ [続きを読む]
  • 明けまして、なもあみだぶつ。
  •  今年もよろしくお願いいたします。 今朝は、本堂でお参りしてから、実家の本誓寺へ行きました。8時からの「元旦会」にお参りするためです。早い時間から、本堂にたくさんの方々がお参りに来られていました。ご一緒に「正信偈」と「現世利益和讃」を上げて、前住職の法話を聴聞しました。この法要にお参りすると「正月だなぁ」という気持ちになります。 東法寺では、6日の昼1時から、「新年初参り」の法要を行います。布教は住 [続きを読む]
  • 冬も暖かく
  •  今朝、いつものように月参りに出かけようと、車のエンジンをかけたら、「メリークリスマス!」と、カーナビに挨拶されました・・。 今年も、あと1週間なんですね。  さて、旭川の街を車で走っていると、冬景色の中で、子供の頃よく見たのに、最近あまり見なくなったものがあることに気づきました。それは「つらら」です。 このつららに関して、以前、新聞で建築の専門家のかたが、「軒下につららが出来るのは家の断熱が不十分 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「違いがわかる」ということが賢いというのなら、「大した違いはない」と気づくのはもっと賢い。 昔、「違いがわかる男・・・」というコマーシャルがありました。違いがわかることが優れた人間の能力であり、これは、そういう人間に選ばれる商品なのである、ということをアピールしていたのでしょう。 さて、違いを見つけて次はどうするか、というと、それらを分別し、さらには優劣をつける、となるのではないでしょうか。そこ [続きを読む]
  • 上川南組仏教壮年会宿泊研修会
  • 上川南組仏教壮年会宿泊研修会が21、22日にホテルラッソグランデ旭川で行われました。このホテルは今年7月にオープンしたばかりで、旭川駅のすぐ近く、東法寺から歩いて15分位です。天然温泉の大浴場が備わっていて、とても居心地の良いところでした。御講師は、新十津川町、円満寺、金龍之哉師。「阿弥陀さまはいつも一緒です」という講題で、阿弥陀さま、浄土真宗の信心について、わかりやすく、楽しくお話して下さいました。お [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「生きたくても死なねばならぬ。死にたくても生きねばならぬ。」(ある法話の中でこころに残った言葉) 法話集の中に、こんな話がありました。 お釈迦様が弟子にお尋ねになりました。「一粒の米の重さはいくらあると思うか」弟子は答えました。「お米は小さい物でございますから、三歳の子供でも手に乗せられる軽い物です」それに対してお釈迦様は「そのように思うか。実はその重さは須弥山(しゅみせん、古代インドの世界観で中 [続きを読む]