momo さん プロフィール

  •  
momoさん: 39歳からの不妊治療と日常。早くママに会いに来てね!
ハンドル名momo さん
ブログタイトル39歳からの不妊治療と日常。早くママに会いに来てね!
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/honeymomo0226/
サイト紹介文初めての不妊治療。 年齢や仕事や、不安はたくさんあるけど、ママになれる奇跡を信じてがんばります( ^ω^ )
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 126日(平均2.4回/週) - 参加 2015/06/09 22:45

momo さんのブログ記事

  • 入院2日目③
  • 点滴が始まってから間もなく、深夜に感じていたような弱い痛みが、少しずつ、定期的に、始まりました。ベッドの脇には、モニターがあって、中の人の心拍と、陣痛の強さが表示されるようになっていますさすが、痛みに弱い私最初から、文庫本などを読める余裕もなく、痛みがある最中は、モニターの数値を凝視。痛みがない時は、次の痛みに怯えながらスマホで時間を見ていました(笑)そして案の定、割と早い段階で、我慢切れ『うぅ [続きを読む]
  • 入院2日目②
  • 個室に移動後、ベッドの上に、飲み物やら文庫本。スマホに充電器をセットしたりしていると、看護師さん?がやって来て、点滴の用意。これから出産だというのに、点滴でビビるビビっているのに、『2種類のお薬を入れられるように、普通より太い針を刺しますよ。』、、、、言わないでー:(;゙゚'ω゚'):で、やっぱり、いつもの点滴よりは、痛かったです、はい。私は、喘息持ちのため、促進剤は、オキシトシンしか使えないそうで、早速 [続きを読む]
  • 入院2日目
  • まずはダイラパンを抜く処置からスタート。残念ながら、深夜から朝方にかけて、少し陣痛のような継続した痛みがあったものの、本格的な陣痛は起こらずちなみにダイラパンを抜く処置は、入れる処置より楽だと思いました。が、、、痛い怖いとブツブツ言いながら全部抜いてもらい、やっと終わったと思ったら、次の瞬間、なんの予告もなく、傷だらけの、血まみれのなか、内診グリグリ痛い痛い〜痛いよ〜、と喚きながら、処置は終了。 [続きを読む]
  • 入院当日(1日目) の夜
  • 夕食を頂いたあとは、することもなく。ケイタイを触ったり。することはないけど、ダイラパンのことで、頭の中はイッパイでしたもう、いっそ早く呼んで!と、ソワソワを通り過ぎて、イライラし出した頃、助産師さんに、呼ばれました。その瞬間、イライラは消え、全身が心臓に。でも、いまさらジタバタしても仕方ないし。でもでも、処置をする椅子に座っても、カラダがカチンコチン(笑)先生や、助産師さんに、『深呼吸してみよう [続きを読む]
  • 入院当日
  • 前日から、ソワソワして、しなきゃいいのに、これから行われるであろう処置や、過程など、ネットで調べたりしているうちに、朝になった。あまり眠れなかった。早く中の人、健康で、元気で、安全に出て来て欲しいけど、未知の世界で、産むことも、陣痛も、処置も、なんだか怖くなって来た往生際が悪い用意をして、ワンコにもバイバイ(何日か会えないけど、待っててね!)して、夫の運転する車で病院へ??入院の手続きをして、初 [続きを読む]
  • 入院まで
  • とりあえず、短い間だけど、突然陣痛が来るかもしれない。突然破水するかもしれない。と、いうことで、最後までウォーキングとストレッチ何かあっても困らないよう、携帯を握りしめて歩きました。その効果かどうかはわかりませんが、入院3日前、少量の出血が。こ、これは、まさかのおしるし!?この後、陣痛が!?と、1人で盛り上がっていたのですが、特に体調の変化はなし。結局、入院の日まで、時々、少量の出血はありましたが [続きを読む]
  • 入院の打ち合わせ
  • あ〜あぁ〜、陣痛来ないな〜ということで、前回の検診から4日後、大学病院前で、検診プラス入院の打ち合わせに行って来ました内診してもらうも、やはり子宮口は1?のまま。中の人は、3000gを超えています入院するにあたって、出産までの予定や使う薬剤など、いろいろ説明してもらいました。先生『とりあえず入院の予約しようね〜。もちろん、その日までに陣痛が来れば良いけど、、。 まぁ、お家が遠いから、計画的な方が安心だと [続きを読む]
  • 40W
  • 予定日。。。生まれる気配なし3日前の検診で、子宮口が1?。実ははその前の検診も、1?。こんなに運動して、ストレッチして、歩いて、階段も上がったり下がったりすでに中の人は2900g4日後に、また病院。その時までに生まれていなければ、入院の打ち合わせ、と言われてしまった。。あぁ、自然に生まれて欲しいな〜。とにかく出来ることはもうそんなにない。歩いて、階段登って、ストレッチするぞ〜でも、実は、超怖がりなので、内 [続きを読む]
  • 妊娠初期〜中期のブルブル
  • 最初のブルブルは、確か3月頃。夜寝ていたら、突然ハダカで氷水の中に放り出されたような悪寒大袈裟ではないです。『さ、さささささ寒い寒い寒い寒いー!』と大騒ぎ。夫が、大急ぎで、布団をもう一枚かけてくれて、上から覆いかぶさるように抱きしめてくれまさしたが、なかなか止まりません。時間的には多分、5分くらいかも。。。でも、その間は本当に、歯がガタガタ言ってましたよ(笑)後期には、ピタッとなくなりましたよ〜 [続きを読む]
  • 妊娠後期のムズムズ
  • 8ヶ月を過ぎた頃から現れた、不愉快な身体の症状を思い出してみた。ムズムズ脚症候群これはイヤだったな〜?夕方以降や朝方。つま先から膝の方まで、とにかくムズムズ。とにかく、ムズムズムズムズして、居ても立っても居られないのです。私は夜、夫にマッサージをしてもらい、アイスノンで冷やしながら、足を高くして寝ていましたよ〜。マッサージされてる時も、ムズムズするのですが、やってもらうと、少しだけムズムズが弱ま [続きを読む]
  • 37W
  • 正産期に入りました^ - ^検診では、子宮口が1センチだとか!言われた時は、順調で、もう直ぐ会えるかな?と、思って、少しドキドキソワソワしたNSTも、問題なし。中の人の大きさは2800g。、、、あら、思ったより大きい。順調で、嬉しい反面、甥っ子や姪っ子、友達の子どもなど、2500〜2700ほどで生まれてくる赤ちゃんが周りに多かったから、自分も、なんとなくそれくらいで産むのかな?と、想像してましたでもま、無痛分娩だし、 [続きを読む]
  • 両親学級
  • 35Wに入ってから、市の両親学級に参加した?本当はもう少し早く参加したかったのだけれど、夫の仕事の都合で、遅くなってしまった。案の定、こんなお腹の大きな妊婦は、あまりいませんでした①妊娠経過について夫婦で聞いて、妊婦体操を二人でやる的な内容。②プレパパの、妊婦体験③新生児をお風呂に入れてみよう、体験のような内容だったと思います。自分が体験するわけではないので、夫にとっては、とても良い勉強になっていた [続きを読む]
  • 無痛分娩
  • 無痛分娩ができる産科はまだまだ少ない。私は40歳で出産になるため、迷わず選びました。ここまで高齢の妊婦さんは、陣痛で力を使い果してしまい、分娩台に乗る頃にはヘトヘトよ〜、と聞いていたので尚更です(もちろん人によりますが)いや、これはいいワケです。痛いの怖いのイヤだから、若く妊娠していても無痛分娩を希望したと思います(笑)痛くなくて出産できるのに、そしたら、回復も早いのに、選ばない理由がさっぱりわか [続きを読む]
  • 32W
  • 体重管理のため、1日1時間のウォーキングを始める。。食べつわり、というほどではないが、アイスが止まらない(しかもパルムファミリーパック全部)さすがに9ヵ月に入って『マジでヤバイ』と気づいたこれは、この先出てくるいろいろな理由から、出産ギリギリまで続くことになります(笑)基本的にはとても順調な体調。とはいえ、不調なことも出てきた。①胎動が激しくなり、夜も何度もなんども目がさめる。②足ムズムズ症候群のた [続きを読む]
  • 産休
  • (体重以外は)順調に30週を過ぎ、産休に入りました。本当は32週頃なのですが、暑いし、有休も残ってるし、少し早めにお休み突入です。引き継ぎも終わり、各方面への挨拶回りも終わり、休む準備万端です明日から、出産までは、久しぶりの自由時間です!帰りに本屋さんで、英語のテキストを買いました!(出産後も、開くことなかったです(笑))私は無痛分娩を希望なので、出産の恐怖もそんなに感じることなく、ひたすら体重の管 [続きを読む]
  • 24W
  • 7ヶ月に入ってすぐの検診中の人は618グラム。なのに私の体重は7キロ増しひどい。。。検診の体重測定が怖くて、ペラペラのワンピで行くという無駄な努力をした結果が、これ(笑)私はぽっちゃり体型のため、BMI値的には制限がそんなに入らない範囲ではあるものの、実はギリギリ??看護師さんから、『塩分控えようね〜』『7ヶ月超えるとなかなか努力しても体重落ちなくなるよね〜』『昨日は何を食べたのかな?』など、多くのお言葉 [続きを読む]
  • 温泉旅行
  • 7ヶ月を目前に控え、妹と姪っ子で、箱根に温泉旅行へ??温泉大好き??だけど、妊娠したし、約一年ぶり(°▽°)またこの先しばらく行けなそうな予感なので、体調が安定したのを機に、思い切って出かけました観光して、温泉何回も入って、美味しいもの食べて、スワンにも乗って、とても楽しかった〜最近は、妊婦でも、入れる温泉が増えてきて、良いですね^_^ [続きを読む]
  • 母親学級
  • 20週を超え、地域の母親学級に参加してみました。妊娠の経過、陣痛のことなど、テキストを使って教えてもらったり、妊婦さんが出産するまでのビデオ(ビデオです、絶対。ドキュメントで、登場人物が、公衆電話から電話するなど、ものすごく古そう)をみせてもらったりしました。誰と仲良くなるわけでもなかったけど、『あぁ、今ここの部屋にいる人はみんな同じくらいの週数の妊婦さんなんだなぁ(しかも1人目)』などと、勝手に親 [続きを読む]
  • 戌の日
  • 15週を超えたあたりから、戌の日のお参りに行きたいと思い、手帳をチェックしてみる。最近は、夫婦で行く人、嫁ぎ先の両親と行く人、自分の両親と行く人、両家引き連れて行く人、いろんなタイプがあると聞きます。、、、、。両家とも、初孫ではないし、声をかけたり、日程調整したり、大変そうな(めんどくさい)ので、夫婦で行くことにしました(°▽°)しかし、2016年。戌の日で。良い日があまりなく。仕方ないので『赤口』の日 [続きを読む]
  • 検査結果
  • 羊水検査から約2週間後、病院へ電話をかけました。特に異常は見つからず、ひとまず安心です??先生『それでね。検査したから性別わかるんだけど、知りたい?』、、、ううう、迷う。生まれてからのお楽しみ、にもしたいし、、、、、いや!やっぱり知りたい!私『教えてください』先生『はい。男の子ですよ!』順調に行けば、男の子のママになることが決まりました [続きを読む]
  • 検査当日②
  • 採卵や移植やらで、何度か入った手術室。、、何度入っても緊張しますまず、抗生物質の点滴の準備で、腕に針を刺します。毎回だけど、この時点で緊張MAX、ガッチガチ。先生が現れて、まずはお腹の消毒。消毒液をザバザバかけられる(見えないけど、そんな感覚だった)お腹に、麻酔の注射(皮膚だけの)を打ち、モニターで赤ちゃんの様子や場所などを確認しながら針を刺していきます。事前に、『羊水検査 痛い』などのキーワードで [続きを読む]
  • 検査当日①
  • エコーでは気になるところはないようで、念のための検査ではありました。が、インターネットなどで検索すると、『流産の危険もある』などと不穏なことものっており、不安になって先生に尋ねたところ、『確かにゼロではないけど、その確率には、ベテランの医師から、研修医まで入ってるからねぇ。絶対に安全とは言わないけど、私は今のところ流産の例はないよ。』と、キッパリおっしゃったので、少し安心して検査を受けることがで [続きを読む]
  • 羊水検査のこと
  • 13週の検診の際、羊水検査の予約をしました。もともと、7〜8週の頃、先生から説明を受けて、夫婦で考えて来ました。検査自体は賛否両論あるかと思いますが。万が一、染色体に異常があったらどうするか。高齢出産なので、妊娠前からずっと迷ってはいましたが、元気に動く心臓をみていると、産まない、という選択肢はなかなか考えられません。ただ、やっぱり、心の準備もしたくて、検査を受けることにしました。今は血液検査でも調 [続きを読む]
  • 時短出勤
  • 妊娠4カ月。時短出勤のスタートです。とにかく、朝、ゆとりを持って家を出られること。ラッシュを少し過ぎた電車に乗ること(座れるほどではないですが)。帰り、ラッシュより少し前の電車に乗ることで、身体もそうですが、精神的に、とても安定した日常を送ることができました。当然、仕事を少しずつ同僚にスライドして行く必要があり、部署の同僚の負荷が増えてしまい、申し訳なく、肩身も狭い毎日でもありましたが( ̄▽ ̄;)そ [続きを読む]
  • 会社への報告②
  • 女性の反応は様々。Aさん『えー!マジで?わー、おめでとう??予定はいつなの?早く時短取りな!』Bさん『わー、良かったですね!楽しみですねー!』Cさん『わー、おめでとう〜!なんなそんな気もしてたんだよね。会社は?やめちゃうの?』Cさんは、後日、妊娠に関わる話題になると、ほとんど会話に入ってきませんでした。ま、女性同士って、難しいですね(゚∀゚)で、女性への報告が終わり、上司へ。時間を取ってもらい、会議室へ [続きを読む]