弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さん プロフィール

  •  
弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜さん: 弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜
ハンドル名弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さん
ブログタイトル弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bengojoshi
サイト紹介文熊谷市の女性弁護士生井澤葵の日々です。得意分野の離婚・不貞・借金問題についても時々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/06/10 12:39

弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さんのブログ記事

  • ハロウィンの恩恵。
  • ?今月末はハロウィンですね??パーティの予定はありませんが、ハロウィン仕様の商品って、可愛いものが多いので嬉しいです。また、猫デザインのものも多いので、猫好きにはたまりません。メロンパン〜♪ちょっと怖い・・・ですね。緑色の飾りはコウモリです。端っこに猫が映りこんでいます。こちらは知る人ぞ知る、あるブランドの口紅ですが、猫を刻んでいただけますお化粧品の中でも口紅は、買うと気分が高揚するアイテムです [続きを読む]
  • 少し趣向を変えて・・・。
  • ネットで気になっていてた、キューピーのワンポットパスタ・シリーズです。かなり独自のアレンジで作ることにしました。アカザエビ(でしたっけ・・・)が安かったので、贅沢にエビも放り込んで、おしゃれパスタです。こちらは、秋の味。サンマを手に入れましたよお魚はなかなか出せる頻度が増えませんこばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)◆プロフィール◆埼玉県熊谷市の弁護 [続きを読む]
  • 民法改正、じゃまされる。
  • 民法改正がテーマのその、東洋経済、読みやすいんだけど、どいてくれないかな。こばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)◆プロフィール◆埼玉県熊谷市の弁護士 ・ 中央大学法科大学院実務講師 ・ JADP認定夫婦カウンセラー資格取得離婚問題、不貞問題についての相談を多くいただいております。詳細なプロフィールはこばと法律事務所 弁護士生井澤葵 HPを して [続きを読む]
  • 頭だけでなく、手も使うしかない。
  • 法科大学院をウロウロしておりますと、「時代が変わったな〜」と感じることに、勉強道具のIT化が、あります。私が学生の頃も、大学院が毎朝ノートパソコンを貸し出してくれるので、メールで提出するレポートや、友達とチームでやっていた、授業を乗り越えるためのレジュメづくりは、いくら私の世代でもパソコンでやっておりましたが・・・当時は、タブレットと言われるものはありませんでした。今の学生さんはタブレットを持って [続きを読む]
  • 作り置きしておく。
  • 少し前に、熊谷駅前にできた、地産地消がテーマのお店にふらりと立ち寄りました  「あれ野菜を選べば、・・・かなり安い」そう気が付き、ニンジン2本 128円パプリカ3個 150円茄子  3個 100円嬉しい金額で手に入れましたパプリカは、色がきれいに1色ではなく、グラデーションみたいになっていたので、お安かったのかもしれませんその日は、飲み会に参加させていただくつもりだったのですが、お野菜をしっかり手 [続きを読む]
  • 熊谷支部管内でみつける日本酒。
  • 埼玉県は日本酒の生産量がかなり多い県です埼玉に来てから、興味を持って埼玉のお酒があれば、それをいただくようにしてきたので、すこしずつ、埼玉のお酒に詳しくなってきました味の感想を言えるほど、お酒の味が分かっている・・・という自信はないので、今日は、飲んだことがある+熊谷支部管内に酒蔵があるお酒というゆる〜い枠で書いてみたいと思います直実 @熊谷市熊谷市のお酒ですお酒が好きな方に、熊谷のお土産にすると [続きを読む]
  • 士業交流会@浦和
  • 税理士会が主催してくださっている、士業交流会に参加をさせていただいてきました昔、伺ったことがあるのですが、その時は、ばりばりの新人弁護士でしたので、何を話していいかも、・・・そもそも弁護士業務のこともイマイチ全体は分からない・・・そんな、ひよっこ状態でした。結局、端っこにいて、知っている弁護士の先生とお話をさせていただくくらいしかできませんでした今回の私は、前よりはきっと、(何かが)大丈夫弁護士の [続きを読む]
  • 鏡のようになぁれ!
  • 汚れを拭いて、クレンジングして、洗って、さらに栄養クリームをブラシでこすりこんでいるのに、イマイチ革靴が光らない・・・もっと、つやっつやっでピカピカの靴はどのようにできるのでしょう???と疑問でした。先日、ようやく謎が解明しました鏡面仕上げ(ハイシャイン)というワザがあるのですね専門のワックスがあって、専門の磨き方があるそうです素人ながら当然、トライをしてみました。・・・初心者ですので、あまり上手 [続きを読む]
  • ちょっと早稲田に。
  • 久しぶりに早稲田大学に行って来ました中央大学法科大学院でお手伝いをしていることから、大学も中央大学と思っておられる方が多いのですが、大学は早稲田大学なのです出身大学と出身法科大学院が異なることは、珍しいことではないのですよ法学部に続いて、商学部も建物がキレイになっていて、驚きましたいいな〜こばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)◆プロフィール◆埼玉県熊 [続きを読む]
  • 遠かったような?近かったような?
  • 1人泊りがけ出張に行って参りました。遠かったような、意外と近かったような?雪が降ってしまえば、ほぼうかがうことが不可能な場所でしたので、一安心しました。セルフタイマーで自分を撮影してみました。大自然の前に、スーツ姿の私が直立しております。お宿の方に怪しまれたくないので、お宿に着くなり、必死におみやげ物を複数買うなど、分かりづらい小技をきかせました。こばと法律事務所 弁護士 [続きを読む]
  • 時の止まった家。
  • 相続財産管理人の仕事をしておりますと、被相続人・・・つまり亡くなった方の、遺した物件がある場合、その物件に入って調査をすることになります亡くなる際に、ご家族がいて面倒を見てくれていたものの、被相続人に借金が多く、相続人みなさんが相続放棄したという事案の場合、ご自宅はあまり荒れていません一方、本当に身寄りがない1人暮らしだった方の場合、ご自宅の状況は・・・悩ましいものです。覚悟を決めて入院された、被 [続きを読む]
  • かなりの田舎なのだと思う。
  • 出張でシンガポールに行ってくるわ出張でアメリカ言ってくるよそんなことを言いながら、さらっと外国に一人で飛んでいく友人がたくさんいます私の仕事は、今のところ、国内の出張しかありませんそして多くの出張は日帰りができます泊まりになる場合も、その仕事の性質から弁護士仲間が周囲にいる状況でした今回、日本国内ながら、行きづらい場所に行くことになり、帰りもギリギリになってしまうことから、「えいやっ」と泊まりを決 [続きを読む]
  • おめでとうケーキ。
  • 依頼者の方の事件がいい方向で解決すると、顔に出さないように心がけておりますが、実は私も、とても嬉しいのです  そして、弁護士と依頼者の関係が終了することは、喜ばしいことながら、ちょっと寂しいです「この件は終わったのですから、是非、新たな人生、新たな日々を・・・本当にお疲れ様でした〜」という気持ちです。私が去ることがその1歩でもあるのですが、かなりべったり関わる時期もありますので、普通の感覚として寂 [続きを読む]
  • みんぽうかいせいがあらわれた!!!
  • ひたひたと近寄ってくる民法改正です中央大学法科大学院にお手伝いにうかがったところ、授業の中で民法改正についてもお話を伺えました。ありがたいことです民法改正で、私がほっこりした点について勉強のし直しが必要になるので、(勉強というか、新しい条文に目をとおす)改正は面倒ですが、私がほっこりした場所についてです。【今の民法】第五節 債権の消滅(第三者の弁済)第四百七十四条 債務の弁済は第三者もすることがで [続きを読む]
  • みんぽうかいせいのこうげき!
  • 昨日も書きましたが、民法改正についてのお話の続きです錯誤取消これまで、錯誤無効、錯誤無効、さくごむこう・・・と、頭の中でセットのように記憶していたせいで、錯誤取消という言葉が、ぱっとは出ないことになりそうですつまり、若者相手に「錯誤無効は・・・」と言った瞬間、平成生まれと昭和生まれの差・・・(最近は20世紀生まれと21世紀生まれの差)の何かが、パクッと現れるような、世代間感が生じることになるのでし [続きを読む]
  • 頭を使う。
  • 久々の弁護飯。です  この何の変哲もない夕飯ですが、30分少しで作って、温かいものは温かいうちに出すには、頭をフル回転させなければなりません自宅のコンロは3個それも奥の1つの火力が弱いのでお味噌汁用です今回のこのメニューは、春雨ピーマンの春雨が「茹で」。シャケの横の春菊の和え物も「茹で」。その上で、シャケと春雨ピーマンを「炒め」なければなりません。これらを2つのコンロで賄うとなります。何がなんでも [続きを読む]
  • 本【この世の春(下)】。
  • 本【この世の春】上巻の続きが気になったので、下巻も購入いたしまして、読み終わりましたかなり人気のようで、1件目の本屋さんでは売り切れでしたここからはネタバレっぽいことを記載する可能性があるので、これからお読みになる方はお気をつけください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓今回のストーリーで、私が下巻が楽しみ・・・となった動機は、その構成でした主人公の人柄に惚れて先を読みたい・・・と感じる本もありま [続きを読む]
  • 有頂天・書面。
  • 依頼者の方に、私が書いた書面・・・準備書面でも、通知書でも、褒めていただくことがあり、そのような時は、心の中で、まさに有頂天状態です。弁護士の私が大喜びしてしまうのは、それはそれで、新たなご不安を与えてしまう可能性があるので、可能な限りクールに振舞っておりますしかしながら、依頼者の方のことを考えて、頑張って書いたものですものそこを褒めていただくのは本当に嬉しいものです準備書面は、法律的に大切なこと [続きを読む]
  • 本【この世の春(上)】。
  • 夜寝る前に読んでいる、趣味の本 【この世の春】 宮部みゆき著 の上巻寝る前に読むと、夢が少しどんよりするような気がするのですが、他に時間がありません本が上下巻に分かれているものの場合、つい、まとめて買いたくなるのですが、ぐっと堪えて、上巻だけを買うようにしていますそうして、ものすごく気に入った時だけ、下巻に手を伸ばしますつまり、私の本棚には、下巻に手を伸ばすに至らなかった上巻だけの本が、何点かござ [続きを読む]
  • ●●●を切ると思い出す。
  • 私は普段の料理に、白い刃のセラミックの包丁を使っていますさて、この包丁ですが、メーカーは違うものの、以前担当した刑事事件の凶器の包丁にとても似ています刃体の長さもほぼ同じです実際に事件を担当している時もこの包丁を見ながら色々シュミレートしたのですが・・・。当然、普通に使用しているのです。犯行時の様子をイメージしたくて、「包丁で切った時の感覚はどんな感じだったか」を何度も訊ねました。トマトを切る時の [続きを読む]
  • 安定しない。流動的。
  • 法科大学院制度が始まって、10数年経ちました法科大学院制度が始まった頃に、法科大学院に入って、司法試験を受けた人間からしますと、この10数年で司法試験そのものが、かなり変化しました新60期〜新64期あたりの弁護士の方は、驚かれるかもしれません新司法試験・旧司法試験という言葉の使い分けがなくなりました初日択一だったのが、最終日択一になりました択一の点数と論文の点数の比率が変わりました卒業後5年以内に [続きを読む]
  • 弁護士同士の、ネガティブ恋愛トーク。
  • 弁護士仲間の男性から、彼女と結婚を考えているという話を聞かされました。そして、彼の悩みは、彼女は、結婚とともに、仕事を辞めて専業主婦になることを希望している点だとのこと「いいじゃ〜ん!あなたががっつり稼いで、家を守ってもらえば そもそも、すごい忙しいんだから、家のことやってもらえると助かるよ 仕事辞めてくれるなんて、大きなことだよ」・・・このような普通のリアクションを、私はしました。そんな私の様子 [続きを読む]
  • 愛してたって、秘密はある。・・・とは???
  • すでに終わってしまったようですが、ドラマ愛してたって、秘密はある。なんと、主役の属性が 司法修習生・・・と、今更知りました。司法修習生がテーマのドラマといえば、(古いですが) ビギナー私の中では、名作です。主役が司法修習生であることが、どれくらいキーになるのか、気になって仕方ありませんどうして・・・弁護士ではないのでしょうか僅か1年もない司法修習期間に焦点が当たっているということですよねドラマのH [続きを読む]
  • カンタンだけどご案内。
  • 熊谷の裁判所に裁判にでかけますと、ときどき、知らない方に声をかけられます知らない方なので、まさか私に声をかけているわけではないですよね・・・???と、周りを見渡すのですが、やはり私に対する声。お手洗いは使っていいんですか?どこですか?この手紙が来たけど、どこに行けばいいんですか?・・・そのようなご質問です私は慣れ切っていますが、一般の方はなかなか立ち入らない建物ですお目が高いしっかり案内をいたしま [続きを読む]
  • マニュアルにはないけれども。
  • 事務所にご相談にお越しになられた方に、私は、名刺や、(相談料が発生した場合)相談料の領収証をお渡ししますただし、時にこの名刺や領収書の取り扱いにはご注意いただく必要があります  離婚についてのご相談や、不貞についてのご相談で、、まだ同居をされている時です名刺や領収書には、「法律事務所」や「弁護士」の記載があります。「あいつは、法律相談に行くほど本気では考えていない」と高を括っていた同居の相手方が、 [続きを読む]