貧困女子応援BBA さん プロフィール

  •  
貧困女子応援BBAさん: 貧困女子速報
ハンドル名貧困女子応援BBA さん
ブログタイトル貧困女子速報
ブログURLhttp://hinkonzyoshi.link
サイト紹介文貧困状態にある独身女性、貧困から脱出したいと頑張る女性のための情報をお届けします。
自由文貧困状態にある独身女性、貧困から脱出したいと頑張る女性のための情報をお届けします。貧困脱出のお役に立てると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/11 15:21

貧困女子応援BBA さんのブログ記事

  • 32歳独身。年収270万円。保育士。好きってだけじゃ、やってらんない。
  • こんなサイトあるんですね。聞いてもらっていいですか? 私、32歳で保育士やってます。真面目に働いてるけど貧乏です。ホントやってらんない。最近の日本は「貧乏なヤツは学歴が低い」とか「貧乏な人間は自業自得」みたいな事を言う人が多いみたいだけど、私はそうは思いません。まぁ…多少、自業自得なところはあるかも知れませんけどね。ご存知の通り保育士の給料って安いんです。「保育園落ちた。日本死ね」の騒ぎの時は保育園 [続きを読む]
  • 宝くじって本当に当たるの? 貧乏からの脱出を夢見てもいい?
  • ボーナス時期が近づいてくると、とテレビで『ジャンボ宝くじ』のCMが目につくようになりますね。貧困女子のみなさんは宝くじって買う派ですか? それとも買わない派ですか? 宝くじは「買っても当たらないけれど、買わなきゃ絶対当たらない」と言いますよね。ですが、実際のところどれくらいの確立で当たりが出るのでしょうか? 今回は宝くじの当たる確立についてお届けします。宝くじが当たる確立宝くじが当たる確立ってどれ [続きを読む]
  • 親の借金、恋人の借金。私が払わなきゃ駄目なの?
  • 「生活が苦しい」「貧困から脱出したい」と感じている貧困女子は年々その割合が増えているようです。しかし「貧困」とひと言で言っても原因は様々ではないでしょうか。働いても生活が苦しいワーキングプアの方が多いかと思うのですが、中にはある程度の収入があにも関わらず「借金の返済」が理由で生活が苦しいと言う方もおられるかと思います。さて。突然ですが借金のある方に失念します。現在、返済中の借金は自分名義の借金でし [続きを読む]
  • 貧困女子の部屋は汚いって本当? 貧困と汚部屋の密接な関係
  • 一般的に、低収入な人ほど部屋が汚いと言われていますが、それって本当でしょうか? 『SPA!』と言う雑誌に「低収入の人の共通点」と言う記事が掲載されていたのですが、それを読むと「ちょっと分からなくもないかな…」と言う気持ちになっていまいました。今回は低収入な人の共通点についてお届けします。低収入な人の共通点物を捨てられない何でもかんでも貯めこんでしまう人っていますよね。例えばサイズアウトした洋服なども [続きを読む]
  • 貧困女子のWワーク。赤ペン先生ってどうなの?
  • 最近「本業だけでは食べていけない」と言う貧困女子が増えています。正社員でも収入が低い職業って山ほどありますよね。例えば…保育士に介護士。美容師なんかもキャリアアップするまではWワークが必須なんだとか。効率だけを考えるなら、本業とは別に外に出て数時間でもアルバイトをするのがベストだと思います。在宅ワークって、思っているほど稼げなかったりするんですよね。でも在宅ワークの中にも割の良い仕事とそうでない仕 [続きを読む]
  • 貧困女子は低学歴に違いないと言う妄想。
  • 貧困女子のみなさん、こんにちは。貧困生活も「プア充」として楽しむ事が出来たなら、それはそれでアリかと思うのですが「プア充とか無理です」ってタイプの方も多いのではないでしょうか? そもそもプア充って都合の良い言葉だと筆者は思います。「貧乏でも充実してるんだからいいよね?」と言う社会の意思が透けて見える気がしてならないのです。さて。今回は貧困女子が貧困状態にハマってしまう原因の1つだと言われている「学 [続きを読む]
  • 女性の貧困を調べるために出会い系バーに行くって何なの?
  • このサイトをご覧になってくださる女性は「お金が無くて困っている」とか「貧乏から脱出したい」と思っている女性が多いのではないでしょうか?ところで加計学園問題で文部科学事務次官を辞任した前川喜平前文部科学事務次官が「出会い系バーに行ったのは女性の貧困問題を調べるため」と釈明していたのをご存知ですか? 流石に失笑するしかないのですが、みなさんはどう思われましたか? 今回はこのニュースを知って、管理人が感 [続きを読む]
  • 貧困女子からの脱出。20代、30代で看護師を目指す。
  • 一生懸命働いているのに生活が苦しいと感じる貧困女子は増加の傾向にあります。「どうして自分だけ…」と思ってしまいがちですが、独身女性の3人に1人が貧困状態にあると言う自体ですから、女性の貧困は単なる「自己責任」とは言えないようてに思います。貧困から脱出するしようと思う時、手っ取り早いのはどうにかして収入をアップする事てせす。しかし簡単に「収入を上げればいいじゃない?」と言われても、そうそう上手くはいか [続きを読む]
  • これって私の事? 貧乏から脱出できない人のパターンについて。
  • 日本は世界的にみて豊かな国だと言われていますが、その一報で女性の貧困が深刻化しています。NHKで放送された番組では「働く世代の単身女性のうち3分の1が年収114万円未満」と言う事が伝えられいいました。既婚女性のパート勤務で年収114万円と言うなら「まぁ、こんなものかな」と思えるのですが「働く単身女性」がこれだけの年収で暮らすとなると相当の覚悟が必要です。どうにかして貧乏な生活から脱出したいところですが脱出 [続きを読む]
  • もしかして私、ブラックリストに入ってる? 確認する方法ってあるの?
  • 最近、日本では子どもや女性の貧困が問題視されるようになってきました。「貧困」と言うと、アフリカや紛争地域の物…と言う認識は過去のものです。日本でも貧困から抜け出せず、苦しい生活をしている人は少なくありません。中でも借金による生活苦は深刻です。「生活が苦しい」「食べるだけで精一杯」と感じている貧困女子のの中には、すでに消費者金融を利用していたり、過去に利用した経験がある方も少なくないかと思います。も [続きを読む]
  • 小田原市の『生活保護なめんな』問題。生活保護は受けちゃ駄目?
  • 小田原市の生活保護担当職員が英語で「なめんな」私たちは正義」とプリントしたジャンパーを着用して業務をこなしていた問題、みなさんはどう思われますか? 「不正受給が多いんだから仕方ないだろ?」と言う声もあるようですが、筆者にはそうは思えません。生活保護は憲法に定められている「健康で文化的な生活」を保障するものであり、本当に困った時に受ける事の出来る権利であるにも関わらず、生活保護受給者を犯罪者のように [続きを読む]
  • お正月明け。お餅、価格暴落! 安いお餅で食費を浮かす!
  • お正月はどんな風に過ごしましたか? 帰省された方、家でのんびり過ごした方。色々な過ごし方をされたと思います。しかし年末年始は何かとお金が飛んでいきますよね。「1月は節約しなくちゃ…」と言う方も多いかと思います。今回は節約術として、沢山戴いて余ったお餅やスーパーで投げ売りされている安いお餅の電子レンジレシピをお届けします。レンジで簡単お餅レシピ!「お餅+水」でレンチン!お餅の食べ方と言うと「焼いて食 [続きを読む]
  • クレジットカードの支払い。滞納したらどうなるの?
  • 貧困女子と言っても色々な方がおられるかと思います。ダメンズに搾取されまくって貧困に陥ってしまった人もいれば、「お給料安くて大変だけど借金無いし、なんとかやってるよ」と言う人も。貧困女子にとって「借金の有無」は重要です。現在「自分は関係ない」と思っていも、ひょんなことから借金状態に陥り、あげく裁判所に呼び出される羽目に……なんて事もあるようです。今回はクレジットカードの支払いを滞納したために裁判所か [続きを読む]
  • 貧困女子の貧困脱出。「いっそ結婚する」と言う発想。
  • 独身女性の3分の1が貧困状態にあると言われている現代では「毎日の生活が苦しい」と感じている貧困女子は少なくありません。なんとなく自分だけが苦しい生活をしているような気になってしまいますが、よほどぶっちゃけ話が出来る間柄にでもならない限り、友人同士であってもシビアなお金の話はしないですよね。それだけに、貧困女子は1人で苦しい思いをしてしまう傾向にあります。貧困からの脱出方法を考える手段は色々あります [続きを読む]
  • 貧困からの脱出。いっそ都内から離れると言う選択。
  • 最近、女性の貧困や若者貧困がクローズアップされる機会が増えてきたように思います。つい先日も、ヤフーのトップに「若者の貧困」に大人はあまりに無理解すぎる言う記事が上がっていました。現在貧困状態にある方からすると「何を今さら?」って感じの話ではないでしょうか?しかしこの記事の中に出てくる「無理解」と言う言葉。真面目に働いている女性や若者が這い上がれない現状を少しでも理解しようとしてくれる流れがあるのか [続きを読む]
  • 貧困女子の節約術。いっそテレビを捨ててみる。時間もお金も節約出来る?
  • 近年「生活が苦しい」と感じている貧困女子が増えています。テレビやネットなどでも取り上げられつつあるので、貧困女子の認知度は少しずつ高くなっていて、最近は「貧困女子の成果につ迫る」などという特集を目にする事も少なくありません。実際「お金が足りない」と嘆いてみたところでお金が空から降ってくるわけではありません。より良い生活を望むなら「副業を見つけて収入を上げる」か「節約する」しかないのです。貧困女子の [続きを読む]
  • ちょっと待って。それ闇金です!闇金の種類について。
  • 日本は豊かな国だと言われていますが、女性の貧困は年々深刻化しています。独身女性の3割、非正規社員の独身女性に至っては、その半数が貧困状態との事。「真面目に働いているけれど生活が苦しい」と感じている方は多いかと思います。そんな中、女性が生活が困窮してきて「どうにもならないからお金を借りたい」という事態になる事は珍しくありません。そんな時に気をつけて戴きたいのが「ヤミ金業者」の存在です。今回はヤミ金業 [続きを読む]
  • NHK自称貧困女子高生炎上事件に学ぶ。
  • 先日、NHKの貧困特集に登場した女子高生が「これって、本当の貧困とは言えないんじゃないの?」とネットで炎上した事はご存知の方も多いかと思います。詳しい経緯はこちらのサイトをご覧ください。このサイト以外でも、沢山のサイトで検証されているようです。今回『NHK自称貧困女子高生炎上事件』について、貧困女子速報的に考えるべき事をお届けしたいと思います。彼女は本当に貧困層なのか?みなさんはこの炎上事件をご覧になっ [続きを読む]
  • 助けて!借金で首が回らない。「夜逃げ」と言う発想。
  • 貧困女子のみなさん、こんにちは。貧困女子と言っても色々な状況があるかと思いますが、この記事をご覧になっていると言う事は相当切羽詰っておられるのではないでしょうか?映画やテレビ、小説の世界では「借金が返せなくなったから夜逃げした」なんて設定がありますよね。借金がどうしても返せなくなった時は、夜逃げしちゃえば良いのでしょうか? 「そう言えば借金にも時効があるって聞いたし……」なんて考えてしまった方もお [続きを読む]
  • 貧困女子注目! ミニマリストの生き方に学ぶ。
  • このサイトのテーマは「貧困からの脱出」です。現在は働く独身女性の3人に1人が貧困状態にあると言われています。貧困から脱出するには収入を増やすのが手っ取り早い方法ですが、ワーキングプアが溢れている昨今、収入を増やすのは難しいかと思います。収入を増やせないとなると、支出を抑えていく必要があります。みなさんは「ミニマリスト」と呼ばれる人達がいるのをご存知ですか? ミニマリストの生き方には貧困脱出のための知 [続きを読む]
  • 闇金マジ、ヤバイって。助けて!電話が繋がらない!
  • 貧困女子のみなさん、こんにちは。貧困女子とひとくくりにしても、実のところ色々な状況の方がおられるかと思います。「働いているけどお給料が悪くてちょっと苦しい方」から「借金が返せなくてどうにもならない方」まで。この記事をご覧になっていると言う事は、もしかすると闇金に手を出しちゃった方ではないでしょうか?どんなにお金に困っても、闇金には手を出さないに限ります。ですが、既に手を出してしまったのであれば、今 [続きを読む]
  • 貧困女子必見! Amazonで買い物。送料を安くする裏ワザ。
  • 貧困女子にとってAmazonは買い物パラダイスと言っても過言ではありません。Amazonと言うと書籍のイメージが強いのですが、日用雑貨から食品まで扱っていて、一般の量販店よりもずっと安く買い物をする事が出来ます。しかし残るんな事に、何を買っても送料無料だったAmazonが「2000円以下の買い物は送料を取る」と言う措置に出ました。いくらお買い得の商品だったとしても送料が上乗せされてしまったら、お買い得とは言えません。貧 [続きを読む]
  • 貧困女子のアルバイト!ポスティングで稼ぐ!
  • 「生活が苦しい」と感じている貧困女子は増加傾向にあると言われています。2014年度の調査によると労働者の37%は非正規雇用で働いていて、単身で暮らす働く女性の3人に1人が貧困状態にあります。貧困から脱出するには収入を上げるのが手っ取り早い方法なのですが、真面目に働いていてもお給料が上がる見込みが無い場合、ダブルワークを考える方も多いかと思います。今回は誰でも出来るダブルワークとして「ポスティング」の仕事に [続きを読む]
  • 友達の結婚式。お金が無いから断りたい。スマートな断り方って?
  • 最近、結婚すると言っても「入籍だけで式や披露宴はしない」と言うカップルが増えていますが、それでも結婚式に招待される事があるかと思います。正直、そこまで仲が良くない人から招待されると困惑しませんか? 結婚式に出席するとなると、ご祝儀(結婚式に招かれた友人の相場は3万円)が必要ですし、フォーマルな服装で出席するとなると、それはそれで費用がかかります。もしかすると貧困女子の仲には「いやいや。相手が仲の良 [続きを読む]
  • 貧困女子必読!誰も教えてくれないお金の話。
  • 「毎日の生活が厳しい」「いつもお金が足りない」と感じている貧困女子は年々増えています。日本の景気は上昇傾向にあると言われていますが、女性の貧困はむしろ深刻化する一方。少しでも生活を豊かにするためには収入を上げるか、節約するしかないのですが「実は私って節約するの苦手なんです」って方は少なくないかと思います。何がわからないかも分からない「節約しよう」と思ってみたところで「何から手を付けていいのか分から [続きを読む]