jimuママ さん プロフィール

  •  
jimuママさん: 中学受験ほんねブログ
ハンドル名jimuママ さん
ブログタイトル中学受験ほんねブログ
ブログURLhttps://chuugakujyuken.jimdo.com/
サイト紹介文塾の事務職についています。 伝えたいことがたくさんあるので書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/06/12 10:22

jimuママ さんのブログ記事

  • うっかり入ると大変? 超進学校で味わう“初めての挫折”
  • 毎年話題になる東大合格者数ランキングの常連校と言えば、開成(東京)、筑波大附属駒場(東京)、灘(兵庫)、桜蔭(東京)、麻布(東京)、栄光学園(神奈川)あたりが有名。そういった超進学校では、クラスの半分以上が東大に進むことも珍しくない。しかし中には“超進学校ゆえの苦しみ”を味わう子もいるようだ。ここでは開成中学に入学したものの、東大に進学しなかった2人のケースを紹介しよう。 [続きを読む]
  • 進学校から附属校志向へ 高まる中学受験熱
  • 中学入試の傾向として、相変わらず大学の附属校や系列校に志望者が集まる「附属志向」が続く一方、進学校は上位校に人気が集中しています。その背景と、新しい入試の形態について、森上教育研究所がお伝えします。 引き続き附属校志向が強い一方、進学校は上位校に人気が集中 ここ数年の附属校志向と東京23区の私大定員抑制が影響し、中学受験、高校受験ともに附属校の偏差値は2〜3ポイ [続きを読む]
  • 2018年 中学受験率増加と強い「附属志向」
  • 2018(平成30)年の首都圏中学入試には、どんな傾向が見られたのでしょうか。 森上教育研究所による、2月1日受験者の速報値から、特徴的なトピックをお伝えします。 中学受験者は目立って増加 1都3県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)の公立小学校卒業予定者は、前年の97.4%で、2.6%減少しています。 一方、2月1日に私立中学を受験した人 [続きを読む]
  • 首都圏で私立中入試本格化 付属校人気高まる
  • 首都圏の私立中学の入試が1日、本格的に始まった。少子化で児童数は減少傾向だが、受験者数は2年連続で増える見込み。2021年に大学入試改革を控えていることもあり、大学付属校などの人気が高まっている。  大手学習塾「栄光ゼミナール」の推計によると、1都3県の私立、国立、公立中高一貫校の計約400校(定員約4万4千人)に、約6万2千人が挑む見込みだ。景気の回復傾向 [続きを読む]
  • 小6生、難関へ挑戦 京都と滋賀で公・私立中入試
  •  京都府と滋賀県の公立高付属中や私立中などで13日、2018年度入試が始まった。小学6年生が合格を目指し、緊張した面持ちで問題に取り組んだ。  府内でこの日行うのは公立5校と私立20校、国立大付属1校。京都市左京区の府立洛北高付属中では定員80人に対し、298人(倍率3・73倍)が受験した。晴れ渡った空の下、児童たちは正門前で保護者や塾関係者から励ましを受け、教室に入った。諸注意を [続きを読む]
  • 京都の私立中入試、倍率3・5倍 志願中間まとめ
  •  京都府私立中学高等学校連合会は11日、2018年度の府内私立中入試について志願状況の中間まとめを発表した。全24校の平均志願者倍率は前年度と同じ3・5倍だった。  募集人員は前年度と比べ30人減の2450人。洛南高付属中が付属小から初の卒業生が内部進学するため50人減らしたことなどが影響した。総志願者数は77人減の8573人だった。  平均志願者倍率は2010年度に過去で最も低い2 [続きを読む]
  • 塾に通わずに合格する子も!? 新タイプの中学入試とは?
  • 中学受験が変わってきています。これまでの国語・算数の2教科や、理科・社会科を含めた4教科での受験以外に、塾などで身につけた学力ではなく、自分で考える力を評価する「思考力テスト」や、得意な1科で挑戦できる「英語入試」や「算数入試」といった新たな入試に取り組む中学校が増えてきています。『AERA with Kids冬号』(朝日新聞出版)では、新しいタイプの中学入試について取材しました。 *  *   [続きを読む]
  • 「○○大学付属校」人気さらに上昇 背景に新大学入試
  • 系列の大学に進学できる「大学付属校」といわれる中学、高校の人気が、今年、これまで以上に高まっている。特に顕著なのが、早稲田、慶応や、「MARCH」と言われる明治、青山学院、立教、中央、法政といった大学に連なる学校だ。新大学入試の初の受験生となる中3の高校入試だけでなく、中学入試でも志望者を増やす背景に、何があるのか――。  今年11月上旬に開かれた、慶応義塾志木高校(埼玉 [続きを読む]
  • 公立中高一貫校に強い塾は何を教えているか
  • ■東京都の公立中高一貫校から東大に40人合格  中学受験をして私立中高一貫校に進学するか、普通に地元の中学校に進学するか――。それとは違う第3の選択肢が「公立中高一貫校」だ。現在たとえば東京都には11の公立中高一貫校がある。  2011年には東京都立の中高一貫校である白鷗が、1期生にして5名の東大合格者を出し「白鷗ショック」と騒がれた。その後も総じて見れば、都内の公立中高一貫校は着 [続きを読む]
  • 「東大スパルタ受験校」を一新 海城の学校改革
  • 中高一貫の男子私立校、海城学園(東京都新宿区)。東京大学の合格者数ベストテンに名を連ねる進学校だが、かつての「スパルタ受験校」というイメージを一新。受験秀才ではなく社会に出て活躍できる人材を育成するため、学校改革を次々断行した。2015年に三菱商事出身の柴田澄雄氏を校長として招き、新たにグローバル人材教育にも挑む。東京・大久保の海城を訪ねた。 ■元商社マン、招かれて校長に [続きを読む]