サラリーマン禅者 さん プロフィール

  •  
サラリーマン禅者さん: 禅者の世界観
ハンドル名サラリーマン禅者 さん
ブログタイトル禅者の世界観
ブログURLhttps://zensha.exblog.jp/
サイト紹介文某坐禅道場で悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログです
自由文伝統的な坐禅修行による奥深い体験と、山あり谷ありの成長の歩みをリアルタイムで記録しています。坐禅のすばらしさを伝えたい、そんな熱く純粋な思いでブログを更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/06/12 11:38

サラリーマン禅者 さんのブログ記事

  • 輪廻転生について
  • ●要点●輪廻転生は、考えやねん。観念やねん。人間もいないけど、人間というものがいるという考えになると、犬も生まれて来る。観念の産物や。人や犬や猫がいてるという考えがあるからこそ、輪廻転生という考えも生まれる。そもそもな、生が再生したものでしかないから、あえて輪廻とは言わない。そもそもがワンネスで連続しかないから、あえてそのことを表現するのに、輪廻転生と言うんじゃないのかな?結局な、表現... [続きを読む]
  • 読書『現代坐禅講義―只管打坐への道』(2)
  • ●要点●(藤田一照さんの本に)こういうフレーズもあったね。分離の世界を生きる=凡夫、繋がりの世界を生きる=仏。坐禅の初心者は、坐禅をするのに苦労をするよね。足が痛いとか、集中できないとか。だから、坐禅しにくい。これは、凡夫の癖の分離思考が色々邪魔をするからなんだけど、坐禅が深まってくると、この苦痛がなくなってくる。藤田さんに言わせると、長年の坐禅効果で、凡夫の癖が取れてきて、坐禅するに... [続きを読む]
  • 読書感想『現代坐禅講義―只管打坐への道』
  • ●要点●藤田一照さんのフレーズで気に入ったのがある。意志は氷山の一角で、その下に体とか周囲の環境やら地球やら宇宙やら、永遠の広がりがあるのに、その氷山の一角の意志で無限のものをコントロールしようとしてる、普通の人は、って。・・・だから、坐禅は、宇宙が坐っているってね。宇宙が坐禅の形で現れてる。そうなのに、意志で坐禅をコントロールしようとするのは間違いと。自然に宇宙が坐を決めると。禅者Ke... [続きを読む]
  • 帰家穏坐、大道無門
  • ●要点●帰家穏坐、大道無門、、家に帰り、穏やかに坐り、そこに門のない大道が開けている。この言葉は真理やな。つまり、静かに坐禅している事。これが全てなんやがな。坐る事が答えなんや。坐ればそこに本来の自己がいる。妄想があろうとなんだろうと、そこに坐禅している事。妄想は関係ないねん。本体がそこでちゃんと坐禅してる。禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからKei ─帰家穏坐大道無門、... [続きを読む]
  • 色即是空、空即是色
  • ●要点●色即是空、空即是色。生も死も、自ら作り出した現実 = 空想。この現実は自分が作り出しているという事や。与えられた現実でなくて、作り出している。無の中に作り出してる現実。凄いやろ。で、結局は空や。世界観、宇宙観は大事や。結局、それが全てだからさ。実在すると思っているものも全て空で、その中で人が生きるよりどころとしているものは世界観。目の前に広がる宇宙は、その人の作り出す世界。その... [続きを読む]
  • 禅はそれきりになること
  • ●要点●禅はそれきりになること、一つになること。その一つというのは、この宇宙で進行中のたった一つの事実のこと。自分の手の上げ下ろし一つでさえ、それは、たった一つの宇宙の事実。つまりその事実と自分の意識が一つになる時に、自分が完全に宇宙と一体である事を実感する。人の意識は通常は思考や観念によって支配されてるから、宇宙と一体であるところに波長が合わなくなっている。でも、坐禅、只管打坐によっ... [続きを読む]
  • 悟りの最初のステップ
  • ●要点●空っぽの体にまるで雲のように浮かんでは消える思考や観念。坐禅中に、この観念や思考をじっくり眺めていると、目まぐるしく動いているのが見える。この思考の雲の中に入ってしまえば、まるでその雲が自分自身であるかのような錯覚を覚える。でも実は、自分とは空、姿のないもの。坐禅をしていれば、自然に空に戻る。その雲から離れていく。離れ切ったときに身心脱落する。見性する。本来の自己が空であること... [続きを読む]
  • サンガ、只管打坐、無我
  • ●要点●只管打坐はあまりにも深い。無我の身体表現とでも言おうか。サンガは只管に打坐する人々の集まり。只管打坐ですべて言い尽くしているし、逆に、無我でも足りないところを言い尽くしている。言語や思考とは全く何のかかわりもないことが、只管打坐。黙って坐れ、何も聞かないで言わないで坐れ、何の理由も求めないで坐れ、だな。この何か理由を欲しがったりするのが自我だから、こういうのを頭から無視する。何... [続きを読む]
  • 真理というこだわり
  • ●要点●簡単に言うと、妄想もそのまま悟りであることを悟らないといけない。真理と、妄想の区別をつけるなという事。どう言ってみても全て真理。こういうところは、ムジ(無字の公案)の時には突破できている。今回の(公案)は、話が入り組んでて、ごちゃごちゃしてて、頭がかく乱させられる。そして、妄想と真理が別のものに見えてしまうという落とし穴にはまる。(その落とし穴から出るのは)難しい。真理というこ... [続きを読む]
  • 坐禅の大敵
  • 禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからAya─ 見解(けんげ)はどう?Kei ─パッとしない。─ 笑笑今まだ駅のホームにいる。トラブルで乗れない。昨日もそんな感じ。また今日も。人がホームに溢れてて、乗れない。─ JRは故障とか多い、昔から。ホームから落ちそう。危ない。見解はパッとせん。─ 週末は独参あるんでしょ?ある。─ しっかり坐らんとね。なんとかならんかな... [続きを読む]
  • 修行の本質
  • ●要点●儒教や道教と、仏教の違いは一点。それは、ワンネスや。ワンネスやからこそ、因果律があるんや。他の教えにはワンネスはないから、因果律がない。因果とは一つのものの別の側面のことや。一つのものにしか因果はありえない。だから、釈迦と私たちは一つで、だから、釈迦と私たちは因果の関係にあって、釈迦は今も生きているんや。ここが、仏教の一番すごいところや。仏教のエッセンスはワンネスや。で、ここに... [続きを読む]
  • 脱落する身心とは
  • ●要点●昨日の続きで言うと、脱落する身心とは、自分の体の周りを球体みたいに取り巻いているベールみたいなもので、このベールが言語、観念、思考のベールなんや。通常はそれを通して世界を見ている。ところが、それは偽物で、その向こうに本物がある。それを見るには、そのベールを破らないといけない。そのベールが「身心」や、まずは。人間の身心を脱落すると、仏の身心に脱落している。身心脱落、脱落身心 ⇒「... [続きを読む]
  • 執着と自由自在
  • ●要点●さっき、自分の顔を鏡で見てびっくり。今まで自分だと思っていたもの、この体は、実は自分の親だった。実は、これは自分の先祖だよ。すべては引き継がれてるものしかない。新たにできたものなんて何一つない。体を大事にしなきゃいけないと論語で言ってたけど、正にこれやな。この体が先祖だからや。釈迦だからや。この身がそのまま釈迦で先祖で趙州で百丈で!釈迦もイエスも百丈も道元も、全部分身や!! も... [続きを読む]
  • 神と人の差
  • ●要点●毎日坐らずにはいられない訳は、本来の自己がそれを求めるから。本来の自己とは、この肉体を成り立たせてる全てのこと。その全てが、坐ることとイコール。坐禅は、この身を成り立たせてる全てに戻る事、原点回帰なんだよ。結局のところ、自分自身に求めるしかない。しかも、それは名利のためではない、道のためや。そもそも名利というのも錯覚で、ありもしない。名利もなければ挫折もない。何をしようが完璧以... [続きを読む]
  • 即身成仏
  • ●要点●この世は苦やな。逃れようとしてはいけないね。そのままで成仏しなきゃ。空やから。即身成仏や。結局、妄想がいかんのさ。名前を付けると、あの世があったり、仏様がいたりするけど、本当は、全部「ムジ(無字)=現実」。名前を全て取り去ったところで、現実のみ残る。そいつがムジ。それ以外にない、それが成仏。ムジになると、名前が消える。むき出しや。そのむき出しが、無字の世界。それが見えれば、即身成仏... [続きを読む]
  • 西郷どんの命の使い方
  • ●要点●命もね、使うときに使う。無駄に残しても意味がない。生かして使い、後は任せる。今の日本は、ありもしない命をいつまでも大事に抱えとる。命って、大切に守る対象としては存在しない。使うときに存在する。使わんなら、ないのと同じ。禅をしてわかったのは、初めから命はなかったということ。ないものやから捨てるにもならん。いわば、命は眼に映る全てや。宇宙の果て... それは、人が思考で作り出すから、... [続きを読む]
  • 空即是色
  • 禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからKei ─見解(けんげ)その1。一元世界と二元世界は被さって一つ。一元世界が二元世界に変身する。空即是色脳の仕組みなんやな、結局。これがはっきりしたら禅は極まる。ここだけやな。この二つの世界の切り替え。Aya─ でさ、二元世界しか見えてない人と、両方見える人との違いって何?二元では物事の偽の面しか見えない。頭の中で... [続きを読む]
  • 事実と妄想の差
  • ●要点●一円相。世の中の全てに当てはまる、あの一円相は。現象のみある。なんでかはわからんけど、この世の全てが自分であることは間違いない。苦しんでいる人は、自分や。喜んでいる人も。さらに言うなら、幽霊も。それらが全部自分だとわからないといけない。ところで、「事実」と「妄想」の差がますます見えた。「事実」は確かに自分自身やけど、「妄想」も自分自身やったんや。事実と一つになる時は、自分自身は事... [続きを読む]
  • 一円相になる
  • ●要点●考え、思考、観念の中に入るという事は、寝るって事や!! そしてそこから出るという事、つまり、本当の世界に入るという事は目覚めるという事。目覚めているときは、思考は止んで、本来の主人公の意識が前面に出てくる。その時、その意識というのは、万物に共通の意識。その時、自分と他人、自分とその他のもの、これらが共通意識の上で統合されている。肝はこの主人公の心や。坐禅が極まってくると、一円相... [続きを読む]
  • 目の前の机は、身心脱落している
  • ●要点●「本来の自己」と「エゴ」との関係がはっきりわかった。「エゴ」は知的相対的にできたイメージ。できた場所が問題なんやけど、その場所とは、「本来の自己」と呼ばれる主人公が主催する場所。実はこの体、自分の意思とかエゴによって動いているように見えるけど、全くそうではなくて、その本来の世界の方の主人公が動かしている。この体、細胞一個まで完全に自動運転や。目の前の机は、身心脱落しとる。これま... [続きを読む]
  • 公案を作った人と心を通わす
  • ●要点●(嫌いだった)この公案のお陰で、公案の面白さ、わかりそうやな。公案に取り組む事で禅が深まるってのは、まー、言うなれば公案研究みたいなもんかな。それを坐禅を通してしてて、それが楽しめんとあかんて事や。楽しむには、やっぱり公案の研究する姿勢やないと無理やな。体当たりでええのはムジ(無字の公案)だけ。あとは、公案研究や。じゃないと、公案を作った人と心が通わん。ムジの場合は、見性で心通うけ... [続きを読む]
  • 禅の伝統と生き甲斐
  • ●要点●道元の宝慶記(ほうきょうき)の戒律のような一節ね、、、粗衣粗食で、静かな場所に端座し、心を落ち着け、古典で心を清らかに。この戒律のようなものは、もう完全に今の人の生活の否定や。現代人の中間層はみんなアウト。でも、私はこれ好きや。その方が、本当の意味で自由やな。物や金があっても自由感が全くない。(禅者「西郷どん」の時代は)心ある時代や。今みたいに、ずる賢い計算で社会を動かす時代と... [続きを読む]
  • 面壁のすすめ
  • ●要点●面壁だと、「現象の世界」が静まっているので、「観念の自我」が浮き彫りになってくる。その浮き彫りになっている状況が重要で、自我による苦しみ、自我の問題、自我に振り回されている現実が、身にしみてわかる。その状況に身を置いていると、苦しいけど、そのうちにその観念の自我は崩壊していく。頭の中のものは観念の自我であると見抜くこと。そして影響を受けないようになること。これが「ただ坐る」とい... [続きを読む]
  • 面壁による人格崩壊と人格形成
  • ●要点●人格形成は、重要や。坐禅だけでもある程度は行くけど、やっぱり思考に訴えるものがなくてはね。悟りと、その後の修行とを考えんとな。悟れば、良いという事は、自然に沸き起こってくるけども、それを形にするのは、人格が必要ってこと。人のすることに関しては、それは人格で表現するしかない。心を見える化する=人格化や。坐禅、というか面壁は自我を崩壊させる。そして、面壁は既定の人格を崩壊させる。自... [続きを読む]
  • 形式仏教の意義
  • ●要点●事実と観念、これ、重要テーマや。事実は「水」みたいで、観念は「氷」。水の中に氷が浮かんでるような関係になる。この観念の氷、変な形で固まってることもあり、そういう氷を後生大事に抱えていたら生きにくくなるから、早めに溶かすのがいい。自我の正体は、その氷の束。その氷の一個ではなくて、それらの氷が集まったのが自我。だから、集まる氷によって、個人でも自我の形が変わる。釈迦は、それを見抜いて氷... [続きを読む]