サラリーマン禅者 さん プロフィール

  •  
サラリーマン禅者さん: 禅者の世界観
ハンドル名サラリーマン禅者 さん
ブログタイトル禅者の世界観
ブログURLhttps://zensha.exblog.jp/
サイト紹介文某坐禅道場で悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログです
自由文伝統的な坐禅修行による奥深い体験と、山あり谷ありの成長の歩みをリアルタイムで記録しています。坐禅のすばらしさを伝えたい、そんな熱く純粋な思いでブログを更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/06/12 11:38

サラリーマン禅者 さんのブログ記事

  • 禅の大道、孔子の道
  • ●要点●自我の妄想は、かなり根深い。ちょっと油断すると、反ワンネス(= 反「空」「無」)の妄想が起動する。この辺り、修行が永遠に続く訳やな。長い間の人類の習性が、なかなか解脱を許さない。「妄想」の特徴は、反ワンネスなこと。妄想の妄想たるゆえんは、ワンネスということが見えないで、真実とは違う世界をイメージするところにある。キリスト教でいう悪魔の存在はこれだと思う。例えば欲望に取り付かれて... [続きを読む]
  • 「真理」と思ったものは夢・妄想
  • ●要点●知の形が宇宙、世界を形作っており、それが同時に空! 知識は曲者で、既に現実化したと錯覚する。悟りとは、犬がデカイ頭脳を付けて生きてるみたいなもんや。公案は、すべからくこのデカイ頭脳を止めて、犬になって答えるみたいなもんや。例えば「空や無」という言葉は、犬には言えんやろ?それは、デカイ頭脳から出た言葉や。どんなに内容が深遠であろうと、犬はそんな言葉は使わん。人生は一時の夢の如し。夢... [続きを読む]
  • 見抜くべき虚構は「知識」 - 禅者と『ホモ・デウス』の世界観(2)
  • ●要点●「私たちには、この世界に意味を与えている虚構を読み解くことも、絶対に必要なのだ(『ホモ・デウス(下)』P256)」・・・見抜くべき虚構とは、「知識」だよ。虚構は知識、観念でできている。自我もね。見性すると、知識から抜け出るから、わかる。未見性の人は、しょうがないので知識で知識を見抜くしかない。とにかく、曲者は知識や。(もし人類の多くが「知識」が虚構と見抜けたら)平和になる。体が... [続きを読む]
  • 禅者と『ホモ・デウス』の世界観(1)
  • ●要点●死んだ人も別の形でここにいる。人間の体も、腐って蛆虫に変わる、蛆虫も腐ったら他の形に変わる、どこまで行っても元の形はない。人間が人間である所以は、腐った後の蛆虫化の前の世界を作ってるからや、情報で。蛆虫化した後は、その世界はいらん。つまり、人間界はそういうアイデンティティの中にある、空想の中にある世界や。(ホモ・デウスの世界では)それを、IT化するだけの話。情報で世界観を創作するこ... [続きを読む]
  • 芸術・哲学と禅
  • ●要点●禅は自分やからな。自分と向き合う愛やからな。音楽や哲学もそうかもしれんけど、一つ違う。音楽や哲学は表現手段がある。というか、表現手段自体や。禅は表現じゃない。表現じゃなくて、既にできているもの。音楽や哲学が拙く感じるのはそこやな。禅は、基本的に自己の探求や。他に目的はない。禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからAya─ それにしても、坐禅に出会えてよかった。Kei... [続きを読む]
  • 新年のご挨拶 2019/私たちは何を望みたいのか?
  • 私たちが直面している真の疑問は、「私たちは何になりたいのか?」ではなく、「私たちは何を望みたいのか?」かもしれない。この疑問に思わず頭を抱えない人は、おそらくまだ、それについて十分考えていないのだろう。『サピエンス全史(下)』よりKei ─新年の辞。去年最後に読んだ本、『サピエンス全史』の最後の言葉、「人類の本当の疑問は、我々は何を望みたいのか、、、」。何が希... [続きを読む]
  • 夢も現実も
  • 禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからAya─ 「夢もこの世の現実も、思考によって作り出されたもの=「物質」」と言っていたけど、違いはあるでしょ?Kei ─それを共有している人数が違う。夢は一人だけ。ていうか、「そこが違うだけ」という発見が凄いやろ。他は同じなんや。普通は、「人数が違うだけ」とかでなくて、「夢」と「現実」という分け方になっとるはずや。... [続きを読む]
  • 固定概念からの身心脱落
  • ●要点●身心脱落の話。人は思考して想像して観念化して知識化して、、、要するにこれ全部生化学の作用なんだけど、人はこんな方法でしか世界を認識できない。そしてこれが事実のすべてなんだね。これらで認識した世界が固定化すると、固定概念となって、なかなかその世界観から抜け出せなくなる。そこで坐禅。坐禅を深めていくと、なぜかこの固定概念、自分で作り出した世界観から身心脱落することができる。そうする... [続きを読む]
  • 「無知の知」と無常
  • ●要点●ソクラテスの無知の知が明らかになった。人は作り出したことしか知らん。ムジ(無字の公案)の「ムー」にせよ、知識と同じように作り出したもの。それ以外のところについては、知らんてこと。作り出したものしかなく、それしか知ってなく、そしてそれは、現れては消える。それ以外は虚空。この瞬間に作り出されては消えゆくものしか知らんてことや。無常や。ソクラテスの大発見はね、人間は、何も知らないって事を... [続きを読む]
  • 悟後の修行の必要性
  • ●要点●また大きい見解(けんげ)が来た。今までの見解とか修行の流れがガラッと変わりそう。見性ではそれまでの世界観が崩れるだけで、見性後もまた毎日新しい世界を作っていたんや。これは今まで気づけなかったところや。世界観が崩れる体験は重要やけど、坐らんと元の木阿弥。それどころか、変な世界観が上書きされる可能性もある。例えば、俺は悟ったから、もうこれでいいんだとか。それより、世界を作り出してい... [続きを読む]
  • 自我の正体
  • ●要点●本質的に、自分というものがないとわかれば、振り回されるものがなくなる。それって、思考でもある程度解決出来るね。何が何でも坐禅ってことじゃなくても。単純や。自分が無いんや。認識はあるけどね、それは単に認識。認識は認識や、自分じゃない。自分がいると思おうが、いないと思おうが、どちらにせよ、それは認識。この辺は思考でわかるやろ?何がどう転ぼうと、認識のみや。自我の正体は、執着の形。執... [続きを読む]
  • 読書感想『サピエンス全史』『ホモ・デウス』(3)
  • ●要点●『サピエンス全史』の「宗教」のところ読んでて、仏教の悟りが苦の解脱のみとされているのはどうなんかな、と。時空の解脱、つまり超自然の話はどうなるんやろ?これは科学の限界とも関係してて、すごい話になるね。というか、この世がそのまま人間の考える自然を超えた超自然の世界ってことになるんやけどな。まあ無理もない、この本を書いてる著者が二元的な人間思考で書いてるから、無理といえば無理や。でも... [続きを読む]
  • 人生、天上天下唯我独尊
  • 禅者のつぶやきby Kei(私は子どもの頃から、人が喜んでいると喜び、人が苦しんでいると放っておけなくて、大人から変な子と思われていた。逆に、そんな大人たちに違和感を持っていた。茶番をやっているように思えてね。)(これは)人の苦しみや喜びを我がものとするって話。自他の区別なく共感する。Aya─ 子どもは、そういうところがあるよね。Keiさんはそれが割と長く続いたんや。... [続きを読む]
  • 観念の恐ろしさと事実の重み
  • ●要点●「水と波紋」--「水」には時間も空間もないんだけど、「波紋」の方が時空を作りたがる。なぜなら、波紋は消えるから。人間はその存在のスタイルから、時空を必要として、それを創造し考え出した。そしていつの間にか、自分で考え出したものに縛られ始めた。そもそもは水や。存在のあり方は。波紋のように、形あるものと思ってるのが間違い。観念恐ろしや。事実とは違うものを見て暮らしていることになる。本... [続きを読む]
  • 臨済四料簡/禅の使命
  • ●要点●臨済の四料簡(しりょうけん)は、見性から華厳に至る(4つの)プロセスや。プロセス③(対象も主体もない)は高度やな。自分が仏であることに気が付くレベルや。③はいったん死ぬとも言える。この死に切るというところは、禅の中でも大変なレベルやな。大悟徹底。どこにも命も何もない世界。そして、④(あるがまま)で大活現成する。この感覚が見えてくると、禅もやりがいがある。自由自在の片鱗を味わえる。世... [続きを読む]
  • 禅は幻影を破る
  • ●要点●禅は幻影を破る。既にワンネスなんや、世界は。共同幻想も、そのワンネスを体現するための手段でね。(ワンネスは)愛し合いましょうというより、そのように生きて支障がないことを体現する。たとえばイエスが永遠の命を手に入れたように、愛に生きても支障がないってことを体現する。要するに、みんなビビるねん。愛になんか生きれんと思う。ところが、そのように生きた場合、イエスみたいになる。なぜなら、世界... [続きを読む]
  • 釈迦の夜空と自分の夜空
  • ●要点●この世にもあの世にも、実は自分しかいない。自分の中身は空っぽで、宇宙の隅々までが自分の中にある。妄想やイメージすらそうで、それは自分の頭の中にある自分だけのもの。つまり外にはない。ところが、そのイメージや妄想は言語とかで他人と共有できるから、あたかも外の世界に実在しているように錯覚することができるという仕組みなんだ。全世界はAyaさんなんや!想像じゃダメで、Ayaさんが、... [続きを読む]
  • 禅で克服しなければならないこと
  • ●要点●自分なりの(公案の解釈や)理解をまとめているとき、自分が答えを探していることに気がついた。だけど、その答えを求めること自体が禅で克服しなければならないこと。答えはなく、即今その場の自己、この宇宙の今しかない。他には何もない。ないのに答えを欲しがる人間の理性の機能なのだね。だから、その理性という機能をそのままに受け入れて、なるようにさせておくのが良い。そこに出てくる答えは、とにかく妄... [続きを読む]
  • 諸悪莫作 衆善奉行/法華経の物語
  • ●要点●「諸悪莫作 衆善奉行」、悪いことをするな、良いことをせよ。重いね、これは。認識、想像力の世界では、協力するための創造性もあるけど、騙し合うためにも使える。これ、「悪いことをするな、良いことをせよ」ってのは、その創造性の使い方を制御抑制せよってことで、凄いことを言ってるね。これ本気でしようと思うと、イエスみたくなるね。もしかすると、僧侶の本質って、その創造力の制御抑制なんじゃないかな... [続きを読む]
  • 読書感想『サピエンス全史』『ホモ・デウス』(2)
  • ●要点●『サピエンス全史』読み始めたけど、いきなりおもろそうやな。脳の使い方の話でもある。なんかわかってきたよ。頭のいい、気が狂った奴から見れば、禅者は忌々しいに違いない。禅は全くの別世界。夢を見ている発狂者達に、それは夢だよと教えるだけやな、禅は。で、一つ違和感があるのは、禅のせいかな。色んな事言ってみても、この身には宇宙の始まりからの情報があること。つまり、この身のままで、太古の世界だ... [続きを読む]
  • 生死事大 無常迅速、一番輝く生き方
  • ●要点●一大事に気が付けば、それは閃光のようなもの。実体がないという事。それに早く目覚めて、はかない夢のような人生を無駄に生きるなって話。実際は永遠なので、目の前のはかない金銭などにとらわれて無駄な人生を送ると、むなしいよと。つまりな、「生というものが固定的にあると思うな」って言いたいわけや。生を無視して生きろ!生死はないから。それが一番輝く生き方や。生はない、死もない。それに目覚め... [続きを読む]
  • 路傍の石は、宇宙大
  • ●要点●この空(くう)の身が全宇宙の自己。この体が空であることが前提や。空だから全宇宙と同体なんやな。先ずは、自己が空で、自分はいないことを悟らんといかん。まあ、死ぬのと同じことだよね。個体で生きていると思っていたのが、実は個体ではなかったと悟るのだから、バラバラになるのと同じ。全てのものが宇宙サイズなんや。個体という妄想で自己を小さくしている。そういう意味では、縮んだ人間より、路傍の... [続きを読む]
  • 読書感想『サピエンス全史』『ホモ・デウス』
  • ●要点●国や社会や貨幣が虚構と思えても、個人がそう思えないというのはある意味驚異的なことだね。だって、国家や社会が虚構なら、それを形成している個人も虚構でないとね。個人も肉体も国家のように縁によって一時的に構成されているものだから、実在ではない。要するに、全ての存在は虚構なんだけど、それを正面切って議論すると、完全に禅の世界になってしまうよな。『ホモ・デウス』は、ある意味では方向をわか... [続きを読む]
  • 人間とは別次元の世界
  • ●要点●結局、人間とは別次元の世界があるという事なんよ。その世界は、我々人間の住んでいるところでもあるんだけど、あまりにも根本的過ぎて、頭脳の働きのような機能では見えないのね。全身全霊で感じている世界が、その世界。そして、その世界の特徴は、即今で一つ。まさに「一円相」の世界。二つとない。この大銀河といえども一つ。そしてそれはここにある。自分自身がその真っただ中。、、というより、それ自身。... [続きを読む]
  • 天上天下唯我独尊/身心脱落のコツ
  • ●要点●天上天下唯我独尊。他には何もないという事が、凡夫にはわからんのや。近すぎて見えないのさ。つまり、自我を中心に考えをめぐらすから複数の現実があるように見えている。無我であれば、即今の一、これがすべてとわかる。他には何もない。それがわかると、アホになる。超天然バカになる。かつ自由。太陽が目であってもいいし、自分の目であってもいいし、60億人の目であってもいい。なぜなら、全宇宙は一つの事... [続きを読む]