日々これバタバタ さん プロフィール

  •  
日々これバタバタさん: 日々これバタバタ
ハンドル名日々これバタバタ さん
ブログタイトル日々これバタバタ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/itatchi
サイト紹介文末っ子の卒業で、ついに子育て終了。なのに、なぜか毎日バタバタ。好きなものあれこれ。読書、ガーデニング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2015/06/12 21:12

日々これバタバタ さんのブログ記事

  • 時代を超えて
  • パンや食べ物ばかりのことを書いてると『この人、食べ物のことしか頭に無いのかしら?』って思われるかもしれないので、たまには別カテゴリーのことを………まぁ『食べ物のことばかり考えてる』と思われても、それほど大きな誤解でもないが。西方面パン屋巡りの最中に宮島口の広場で開催中の『みやじまマルシェ』に行き合わせました。そこに、宮島にあるアンティーク雑貨の『ひぐらし』が出店中。三越地下にも出店している『ひぐら [続きを読む]
  • いなご会5月例会@炭焼き あらた
  • 食べて、笑って、しゃべって、毒吐いて、宴が終わるころには、すっかり精神的デトックスが完了する月1回の妙齢女子会『いなご会』5月は、幟町の焼き鳥の名店『炭焼きあらた』へ。何度訪れても、良いお店だなぁ、と感慨を新たにします。焼き鳥は、ソースやら調味料やらをこねくりまわさない分、素材勝負なわけで、それがダイレクトに伝わってきます。各自好きなものを好きなだけの『いなご会』は、いつもはメニューの片っ端からアラ [続きを読む]
  • 西方面パン屋巡り〜①TREUE
  • 先日のパン屋巡りが楽しかったので、またパン屋巡りしたいなぁ、と思ったら、すぐにでも実行するのがパン好きの『さが、と言いますか『ゴウ』と言いますか。今回は西方面のパン屋さんへGOーーー!ところが、nakkaちゃんと横川駅で待ち合わせのところ、ワタクシうっかり降り過ごし、西広島駅に行っちゃった。『はぁ〜??西広島まで迎えに行くからそこで待ってて』と。ホントにすいません。『なんかやらかすとは思ってだけど、朝イ [続きを読む]
  • ズムスタで満塁ホームランを観た!
  • ここのところ、雨天中止が続いたカープの地元戦。うちのファミリーたちも、その憂き目にあいました。長女一家は13日。ギリギリでの中止決定に、チビズは、この世の終わりかのように、号泣。長男は18日。貴重なバーベキューテラスでのお楽しみBBQ観戦の予定が、はやばやと中止に。その日は深夜まで、焼き肉屋でのやけ酒でした。そして昨日は、itatchiファミリーの憂さは私が振りきってやる!と、今月3度目の正直で、オットとズムス [続きを読む]
  • 懐メロ
  • きのうは、高校の同級生7人で作っているLINEグループのトークで、やりとりが続きました。急逝のニュースに「西城 秀樹が亡くなったってよーーー」「ええ??」みたいなことから「ブルースカイブルーっていう歌が好きだった」とか。懐かしいね、と。かっこいいお兄さんたちとして「ひろみがいい、五郎がいい、ヒデキがいい」と、夢中でおしゃべりしていたものです。子どの頃は、母が懐メロ特集みたいな歌番組をているのを「なにが面 [続きを読む]
  • ビール押しのお店でスムージーを@BIER LOVEN
  • 14時過ぎた中途半端な時間だと、ランチタイムも過ぎて、ランチ難民になるところを、こちらのお店に救われました。軽く食べたいな、と思って選んだのはバケットサンド(ハーフサイズ)選んだ具材は、パテ・ド・カンパーニュです。このバケットがバリンバリンで美味しい。パテ・ド・カンパーニユと来たら、ここはワインでしょ、せめてビールでしょ。だって、ここは店名にビールがついているくらいのビール押しのお店「BIER LOVEN(ビア [続きを読む]
  • やっぱり絶品@le four sou toits
  • 最近、念願の安佐南区〜安佐北区パン屋巡りを敢行して、パンのことばっかりで脳細胞が満杯になってる・・・と誤解されそうですが・・・大丈夫です。ケーキのことも考えてます。広島で一番好きなケーキ屋さん「le four sou toits〜抱〜(ル・フォース・レ・トワ)」へ。病院の予約時間までのわずかな時間を縫って、久しぶりに訪れました。選んだのは「キャラメルと木の実のケーキ」ナッツ好きには、黒板に書かれた「木の実」の3文字が [続きを読む]
  • 遠出コーヒータイム@Mirasaka coffee
  • 先日のパン屋巡りの最後の最後で立ち寄ったのが三良坂の「Mirasaka coffee」です。三良坂の街を元気にしようと、若いオーナーさんが立ち上げたコーヒーショップ。いつか訪ねてみたかったのです。 店内のこの照明。美和に住む吹きガラス作家の 末國 清吉さんのもの。吹きガラスの絶妙なねじり具合で、灯りがキラキラし、あたたかい。ワタクシも以前、末國さんの工房にお邪魔して、作品を購入させてもらいました。ぽってりと [続きを読む]
  • デイリー使いにぴったり@Osteria Fave
  • ゴールデンウィークの最中の怒涛のパン屋巡りの途中のランチは、nakkaちゃんチョイスのこちら。七軒茶屋のイタリアン「Osteria Fave(オステリア ファーヴェ)」気軽に使えるカジュアルイタリアン。郊外の住宅街の中にあるから、お値段もリーズナブルでした。パスタセットは、前菜とフォカッチャが乗った一皿とドリンクもついて、1250円くらい。われわれは、トーゼンそれにプラス400円でデザートをつけます。グリーンサラダとキッシ [続きを読む]
  • 古いもの好きのワンダーランド
  • ゴールデンウィーク最中のパン屋巡りのことをまだ、引きずってシツレイします。最終目的地は三良坂のパンの名店「麦々」に行くつもりが、三次市の畠敷町にある『骨董おおはた』さんに立ち寄って2時間超滞在してしまい「麦々」は断念することに。 骨董店って敷居が高いとか、ひとりでは入れない、買わずには店を出られないとか、いろいろ思惑がありましょうが、ここ「骨董おおはた」さんには、それが一切ありません。品物がきれい [続きを読む]
  • ビールを美味しく注ぐコツ
  • ゴールデンウイークのある日に、パルコの無印良品で開催されたイベントは、酒好きにはたまらん「ビールスタンド 重富」の重富オーナーによるビール講座。mini生ビール大學。 オットがこれは聞き逃すのは忍びなかろう、とお付き合いしました。出足が遅くて、椅子席がすでに満席のため、1時間立ったまま熱心に耳を傾けました。オットが。私は、無印良品店内をブラブラしたり、時々お話しを聞きに立ち戻ったり。 一番へぇ〜と [続きを読む]
  • 母娘で非日常ランチ@orage
  • 長女と久しぶりに2人きりでランチしました。子育てヤングママの長女が、しばしの時間でもリフレッシュできるよう、非日常を感じられるお店をチョイス。フレンチの幟町の新店orage(オラージュ)です。最初の前菜。竹の子と八女茶風味のリコッタチーズ。冷たい前菜のサーモンのレアステーキと彩り野菜のテリーヌ。サーモンの周りをぐるりと春キャベツ、パプリカなどの野菜のテリーヌが囲んで。ソースは薄緑色のエンドウ豆のソース [続きを読む]
  • パン屋巡り〜③総菜系パンの宝庫@PESCA
  • パン屋巡りは、いよいよ佳境。4軒めは、総菜系パンが豊富で手作り感あふれた八木の「PESCA」 ちょっとメルヘンチックなたたずまい。店内のあちこちに、これでもかっ!!というくらいパンが飾ってありました。 パンが同じでも、中身が全然違うサンド系、コッペバン系がズラリ。クリームやデニッシュンなどは、目にもカワイイ感じのラブリーなラインナップ。 ここまでに3軒のパン屋を回って、すでにパンは8個あるので、こ [続きを読む]
  • 家族のドタバタ
  • ゴールデンウィーク最終日、オットは仕事へ出かけたので、私はスポーツジムでも行こうと身支度をしていると・・・・見知らぬ番号からの着信が。「はい・・・」「こちら●●救急隊ですが」てっきりいたずら電話と勘違いして(過去にそういういたずら電話を受けたことがある)思いっきり不愛想に「はい・・・」すると、相手は私のフルネームを正確にいうし、しばらく話を聞くと、●●さんのご家族の方ですよね?と、義父のフルネー [続きを読む]
  • パン屋巡り〜②パン満載@BREAD FACTORY K
  • パン屋巡りの2軒目は、1軒目のおしゃれパン屋「PAIN Cloche」から一転してのアナログ庶民派「和みのぱんやさん 小麦畑」おしゃれ系とは真逆、日常使いのお店です。 オーナーおひとりですべてをやってらっしゃるようで、訪問した時には、商品がまだ・・・・・出てないんですけど。ということで、軽くクロワッサンだけ購入して、「オーナーさん品だし頑張ってください」と心でエールを送ってさあ、3軒目に行くよ。安佐北区まで足 [続きを読む]
  • パン屋巡り〜その①スタートはこちらから@PAIN Cloche
  • かねてから広島のパンの聖地とあがめている安佐南区のパン屋巡りをしたい、と熱望していたのですが、念願かなって、ママ友Fさんとnakkaちゃんとの3人で、安佐南・安佐北区パン屋巡り、敢行しました。パン屋のリサーチから、ランチのお店のチョイスまで、ぜ〜んぶnakkaちゃんがプランニングしてくれ、ドライバーはFさんで、ワタクシときたら後部座席で、ああだこうだと言っているだけでよい、という楽ちんさ。パン屋4店舗〜可部 [続きを読む]
  • 自宅でさくらんぼ狩り
  • わが家の庭のさくらんぼの木。今年もたわわに実ったので、野鳥たちに絶賛解放中の予定だったのですが・・・・ゴールデンウイークはいつも静かなわが家にも、大勢集まってくるので。そりゃあチビ'Sにとっては、このさくらんぼの木、絶好のアトラクションよね。・・・ということで、野鳥の餌になる予定のさくらんぼは、人間たちによるさくらんぼ狩りに急きょ、予定変更。15分もかからず、まずはこれだけ。300個くらいかなぁ。 [続きを読む]
  • さくらんぼの季節
  • わが家の桜の品種は、さくらんぼが実るタイプなもので、花びらの色が薄くて、桜の醍醐味であるお花見はあまり楽しめません。それじゃあ、桜の存在意義として、どぉなん??・・・・ってとこですが・・・そのかわり、この季節には2度めのお楽しみが。枝いっぱいタワワに実ったさくらんぼ。この赤い実がラブリーで目を楽しませてくれます。目は楽しませてくれるけど、舌は・・・というと、酸っぱ過ぎて。楽しめません。むしろ苦し [続きを読む]
  • 和菓子でゆったり@旬月 神楽
  • ケーキが大好きだけど、それに劣らず和菓子も好きです。中華系の甘味にも目が無い。つまりスイーツ全般イケル。いまさら説明しなくても・・・ですかね??ということで「旬月 神楽」で、和菓子を。この季節だから、ジャストシーズンで柏餅。もちっ〜と伸びました。ホンモノの柏の葉っぱの青々さが、お餅に移って新緑の味わい。上生菓子は、1個390円。ひと口サイズですが、上生菓子はガバガバ食べるものじゃないしね。せっかくなので [続きを読む]
  • (元)怪物にもらい泣き
  • 今日はカープの結果には触れまいぞ。DNAレベルでカープファンですが、長男が小学生から大学までずっと野球を続けたこともあって、野球全般が好きで。小さい声で言いますが・・・・現役としては西武の秋山翔吾選手を最もひいきにしております。昨日は、平成の怪物 松坂大輔の4000日超ぶりの日本での勝利にもらい泣きしました。                                 (画像はお借りしました)松坂 [続きを読む]
  • 野球日和・ビール日和のズムスタ観戦
  • 昨日は、絶好の野球日和、ビール日和。 親友K子ちゃんのおこぼれにあずかって、ズムスタ行ってきました。打撃10傑に丸選手しかいないカープ。その丸ちゃんも離脱が決定。投手10傑にも、大瀬良投手しかいないカープ。それでも、勝ち続けるカープ。全員野球だぜ。小気味いいですよね〜。 ありがたいことにバックネット裏の席だったので、大瀬良投手の球筋がよーく見えました。 「今日、調子良さそう。」と素人でもわかる立 [続きを読む]
  • 入院あれこれ
  • 先日、東京在住のもものすけさんから思いがけず、入院のお見舞いということで宅配便が届きました。こ・こ・このパッケージは!!パリの高級食料品ブランド FAUCHON(フォション)のギフトセットを贈っていただき感激。こういうお高級な紅茶は、マグカップじゃなくて、ちゃんとボーンチャイナのティーカップに淹れましょうか。薔薇の香りがしておりました。退院してはや2週間。入院中は、思い返してみるといろいろとありま [続きを読む]
  • 春を満喫@懐石料理 點心
  • もうすでに初夏気候ですが・・・少し前のことなので、春バージョンの話題で。先日の寒い寒い日写真サークルの春の撮影会のあと、サークルメンバー一同でランチを摂ったのが、上瀬野にある懐石・茶事料理の『點心(てんじん)』です。茶道の上田流宗家の料理番をされていたオーナーさんが、ご実家を改築されて懐石料理のお店をされています。・・・というか、たいして改築はされてません。客室や裏方あたりも、かなり生活感が出て [続きを読む]
  • 新規開拓ベーグル@deuxieme
  • ワタクシ、いつもパンばかり食べているように思われているかもしれませんが・・・・それはワタクシがパンばかり食べているからですよWWWということで、先日も新しいパン屋巡りしました。最近、整形外科を変更して、未開の地域へ。そういえばこの近くにパン屋さんあったよね、どこらも寄らずにただ通院だけで帰るようじゃ食いしん坊の魂が泣く。勇んで行ってみたら・・・・休業。どうも不定休のようです。Facebookの情報によると、 [続きを読む]
  • レジェンド墜ちる
  • 先日、テレビ中継を見ながらオットと衣笠さんの解説がえらくヘロヘロだよね、と話したばかりでした。そこにこの訃報。骨折しながらフルスイングした衣笠選手を見て、当時涙を流したカープ少年のひとりは、うちのオットです。同じような少年は、ほかにも大勢いたのではないでしょうか。「なぜ衣笠はカープの監督になれないのか」というカープ裏事情暴露本も読みました。やわらかい語り口と、素人にもわかりやすい内容で、衣笠さ [続きを読む]