福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん プロフィール

  •  
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さん: 福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ハンドル名福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん
ブログタイトル福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/syatyo-001
サイト紹介文家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供352回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/13 10:26

福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さんのブログ記事

  • 移動するから新しい出会いも…北斗市〜函館空港〜羽田空港〜東京都内
  • 自分の生き方を変えてしまうような人との出会いは、人生で最低3度あると云います。結婚相手との妻との出会いなどは、その典型なのでしょう。また子供が生まれると、新しい命との出会いもあります。狭い飛行機の中では、たまたま自分の隣に座席に座った人と、どちらともなく声を掛け合い、カラダの移し合いがあり、話をする動機となり易いのです。その初めて会った隣席の人と話の弾み、様々なヒトの繋がりが広がることも。その、ふ [続きを読む]
  • 心の傷は心の薬で治ります…北斗市
  • 20年間にわたり家庭裁判所の家事調停を行って参りました。調停業務の大半は、当事者の言い分をとことん聴かせていただく事から始まります。相手方への一方的な攻撃は、そのことで当事者のかなりの部分に満足感が漂うモノです。調停員は、当事者の愚痴や不満を目線と呼吸を合わせ、根気よく吸収できることが必須です。その当事者自身が、大きく傷ついており、「心の傷は心の薬で治す」しかありません。人間社会では、心を傷めるよう [続きを読む]
  • 北海道の電力事情と冬の暮らし…北斗市
  • 先般、北海道のブラックアウトでは、私達が電気に依存して暮らしていのを痛感しました。電気がなければオフィスの照明がつかずに暗くなるだけでなく、電話もパソコンも総てが使用できなくなります。私は出張中で副社長が、全スタッフに帰宅待機を指示致しました。冷房はもとより、石油ヒーター暖房機も電気がなければ動きません。今や停電で暗くなり、ロウソクを灯したなどと悠長なことではなく、冷蔵庫もダメ、テレビもダメ、炊飯 [続きを読む]
  • 色々あるエアコンですが…北斗市
  • 北海道の朝夕は、既に暖房を行っている地域もあり、また冷房している温暖地もあります。ご承知のように初春、初秋の端境期の冷暖房には温度調整に難儀するものです。その点で私達のエアコン1台(2台設定が基本だが容量的には1台で40坪まで厳寒地、温暖地でも冷暖房可能)での冷暖房インバーターの自動設定温度で稼働はとても便利です。ファースの家は、天井裏に特殊なスペースを設けてエアコンを設置しています。天井裏や床下にエ [続きを読む]
  • 赤ちゃんのための家づくり…北斗市
  • 少子高齢化社会と云い通も私の周辺では、可愛い赤ちゃんが次々と産まれています。私達は、ぷりぷりっと、もち肌の赤ちゃんの肌を守る対策を講じた家づくりを行っています。私達には、この純真無垢な赤ちゃんを健康に成長させるための社会的使命があります。いつも床の近い場所にいることになる赤ちゃんです。気温、湿度は高すぎても低すぎてもいけません。赤ちゃんは、適度な気温と湿度をキープできる温湿度環境を整える必要があり [続きを読む]
  • 政治経済を牽引する新橋…東京都内〜羽田空港〜函館空港〜北斗市
  • JR新橋駅を降り、機関車広場を抜けて左折し、直ぐの突き辺りに霞が関ビルが。霞が関ビル周辺は、国会議事堂があり、永田町なども近くにあります。まさに政治の中心エリアとも云えそうです。私達はその新橋駅周辺のビジネス街に用務があり、たびたび訪れます。大手企業の多くは国際貿易を行っており、貿易商社もこの辺りに本社や事務所を構え、外国ビジネスマンの姿も多く目に致します。東京電力本社も、この近くあります。原発事故 [続きを読む]
  • あるがままに受け入れる人間力…東京都内
  • 心や気持ちは、鍛えても強くなるのでないようです。ストレスに勝とうと気張ればかえって脆くなるとも言います。私達は「柳に風」のごとく、大嵐をやり過ごすような柔軟さが求められるのでしょう。何を言われても信念を持って突き進む人は、ヒトを大切にする優しい心を持つことも必須です。心は鍛えられるものでありません。精神的に弱った人に「頑張れ、くじけるな」と励ます事は大変な逆効果でもあります。そのようなヒトには一緒 [続きを読む]
  • 敗者がいるから勝者に…北斗市〜函館空港〜羽田空港〜東京都内
  • 勝つ人がいることは負ける人も必ずいます。真の勝者とは、敗者に対する配慮や気遣いが備わっています。格闘技などでは、瞬間的に決まる勝負で勝ってガッツポーズの出るのは致し方ありません。その後には、ガッツポーズをとった分も含めて相手へのフォローが必須となります。全米オープン優勝の大坂なおみ選手の勝ったあとは、多くの米国人に感銘を与えました。「勝ってゴメンナサイ」とペコっと下げた頭には愛くるしさもありました [続きを読む]
  • バブル経済真最中かも…北斗市
  • 断熱や気密性能のない家をオール電化にすると、冷暖房費がとても高くつく場合がある。家の断熱性能を極めて行けば、冷暖房機器のエネルギー消費効率を高められます。家の断熱性能と使用方法を冷暖房機器の特性とフィットさせる工夫が必要です。私は34年前の昭和60年に家屋内の湿度を一定化することを目的で、燃焼機器を一切使わない電化住宅をつくりました。おそらくオール電化住宅の創設者とも云われる理由なのかも知れません。一 [続きを読む]
  • 地道にコツコツの継続は力なり…北斗市
  • 「小さなことも地道にコツコツと」これは結果を出すまで継続するための秘訣なのでしょう。世の中は自分の思うようになどは中々ならないものです。自分に能力や才能などが備わっていないのではないかと自信をなくする場合もあります。何でも自分の思うようになることの方が不気味なことなのかも知れません。だからこそ、努力し、工夫することで錬磨されたモノや組織などが出来るのでしょう。思うようにならない事を成就させるには、 [続きを読む]
  • フーテンの寅さんのビジョンは…北斗市
  • 私は、映画フーテンの寅さん、車寅次郎の自由奔放な生き方を羨ましく思う時があります。フーテンの寅さんは、社会貢献への理念、志、念願などはまったくなかったようにも思えます。私も自由放任な生き方を本当にしてみいと思うのですが。私達のカラダは、誕生してから期間の経るごとに衰退劣化するのが宿命です。人のカラダも含め形の在るモノはいつしか土に還ってゆくのです。しかしながら、形の伴わない理念、志、思想、念願など [続きを読む]
  • 幸せづくりの家づくりにシリカゲルが…北斗市
  • 小さくとも良いので庭付きの一軒家に住みたい。アパート暮らしのご夫婦は、3歳の子供が走り回るごとに階下の住人を気遣い、ハラハラしながら過ごし、戸建て住宅に住むのが夢でもありました。色々な住宅展示場に足を運び、建材展やモデルハウスの見学も行いました。そして一年半後に、この夫婦と子供達は念願の住宅を購入できました。ところが前のアパートでは、小さなストーブで寒さを感じなかったのですが、この新築住宅は家中の [続きを読む]
  • 講演で知って頂いた割合が講師力…北斗市
  • 人前で講演や講義などを行う人間は、常に聴いている立場の人を思考しなければなりません。講演は効く人の貴重な時間をいただいているのです。講演主催者のミスキャストで時間を無駄づかいしてしまったと思うような講演もあります。会場にいて耳を傾けてくれる人に、貴重な時間を割いてくれた分だけの価値がなければ。少なくとも講演する人は、人前で話をするに足りる知識、経験などのスキルを持っています。その持ったスキルが、聴 [続きを読む]
  • 日本列島の気候を思考する…函館市〜北斗市
  • 台風25号が先日の台風24号とほぼ同じコースを辿りながら日本列島に近づいています。私は普段、ファース本部本社のある北海道北斗市におりますが、FAS加盟工務店の仲間達が全国各地におり、また数千棟以上のファースの家が日本列島各地に建っています。台風が近づくと道南の事もさることながら、仲間や仲間が建てたファースの家のユーザーさまが気掛かりとなります。台風の進路も気になりますが、各地の気候にも神経をとがらせてい [続きを読む]
  • リーダーの在るべき姿とは…函館市〜北斗市
  • 暴力や脅して金銭を奪うと直ぐに摘発され、逮捕されてしまいます。ある国の国家リーダーを、仕事の出来ない詐欺師だという人もいます。詐欺師は、安物を高く売りつけるのに言葉で騙すだけでなく聴く人々の心情を捉えます。対象者と一緒に哀しみ、怒り、喜び、感情を自由に制御できるようになると言います。一流の詐欺師は、自然と人を騙し、いつの間にか自分の金儲けを行ってしまいます。一流スパイは、国家や企業防衛などの大儀が [続きを読む]
  • 解っていたら止めようよ…北斗市
  • とにかくタバコは、百害あって一利なし。煙草栽培の農家には手厚い保障を施しても、煙草以外の栽培にシフトさせるべきです。私は酒が一滴も呑めず、昔に吸った事もあるタバコも今は臭いだけに咽てしまいます。たしなむ程度の酒は、健康的であり、パチンコも限度を守ればストレス解消になります。夜になるとネオンの輝く繁華街が恋しくなり、盛り場に通いつめ、大きな借金をつくる人もいます。今日は飲まないと肝に銘じて出掛けた懇 [続きを読む]
  • 資産を生み出す家づくり…北斗市
  • 家を売ることに長けた業者は、「快適そうに見える家」をつくります。快適そうに見せるには、壁の中断熱材やガラスの性能などより、徹底した外観、内観に拘ります。「あの家には絶対に住みたい」と思わせるような見せ方に工夫をするのです。ベランダが大きく、高い吹き抜けがあり、白い壁が広がり、とんがり帽子のような屋根が。住まいは、お施主様が多額の費用を支払って購入し、住んでからの暖かさ、涼しさ、それに伴う光熱費用、 [続きを読む]
  • 熱交換式換気扇と住宅の気密性能…北斗市
  • 2020年から住宅の断熱性能が基準から規制となります。つまり基準に満たない住宅は、建築そのものが出来なくなります。つまり断熱性能には、気密基準が示されておりませんが、どんなに断熱材を厚くしても隙間があれば熱など直ぐに入れ替わってしまいます。基準があろうとなかろうと気密性能が担保されていなければ、住んで満足する家づくりなどはできません。その気密性能をあげると家屋内部が人の生活で汚れるため、換気が必要です [続きを読む]
  • 幸せの定義とは…函館市〜北斗市
  • 「幸せ」とは何か。これに理屈をつけると色々あるのでしょう。「幸せとは感じ方」だと言う人もいますが、感じ方だけ幸せを論ずることは出来ません。自分が幸せと感じた分だけ、誰かにストレスを与えている場合もあります。同じ福地姓の福地朋子さんが主催する「学ぶ・働く・生きる」働く女性の幸せな人生を研究・サポートする(写真)のトモミュ・主宰のメールレターを頂くようになりました。https://www.facebook.com/manabuhatar [続きを読む]
  • 自然な整い方の素晴らしさ…大阪市内〜伊丹空港〜函館空港〜北斗市
  • かの国のマスゲームは、大々的に報道され多くの方が目にしたことでしょう。大隊列が一糸乱れずの行進、敬礼やヒト文字、ヒト絵などは、見事なものです。どう見ても何度も訓練を繰り返し行い、あの大隊列を動かせるようになったと思います。今日は大阪から北斗市本社に帰社して直ぐに上磯中学校文化祭の会場に駆け付けました。7月18日の第19回ファース全国大会in函館で記念演奏を行ってくれた、上磯中学校吹奏楽部の演奏に間に合い [続きを読む]
  • モノづくりは幸せづくり…大阪市内
  • 金儲けを企んだ発明では、成功する確率が極めて低くなります。金儲けでは、ヒトを幸せにしようとする真心が伴っていないからです。売れる商品には、使い手の側に立った気持ちと優しさが込められているものです。私達のモノづくりに欠かせないのは、使い手の気持ちをどれだけ汲んでいるかどうか。学校教育で教壇に立つ教師も良い教師は、常に生徒側との程合いを調整しています。指導を受ける側の気持ちを汲み取れる良い指導者には、 [続きを読む]
  • 一宿一飯の温情は…北斗市〜函館空港〜伊丹空港〜大阪市内
  • 映画「フーテンの寅さん」は今でもテレビ再放送で高い視聴率があるそうです。寅さん(写真)は、「自分は渡世人」だとよく言葉に致します。このこの「渡世人」の意味を辞典では、無宿渡世人(住居の定まらない人)の意味だと云います。各地の博打(ばくち)打ちのもとを渡り歩き、博打で小遣い銭を稼ぐ「ヤクザ」の事になります。このヤクザとは、暴力的な威圧を用いて組織的な活動で収入を得るモノだそうです。その組織の末端にい [続きを読む]
  • さまざまな社長がいる…北斗市
  • 「石を投げると社長に当たる」このように皮肉を込めて云われるくらい社長の数が多いと云う事です。私も今年の7月まで投げた石に当たる社長でしたが、今は少し数の少ない会長職です。我国の社長数は、225万人にも及び、これは新潟県の人口とほぼ同数となります。我国の会社数が400万社だそうですから1社1.8人、つまり社長1人の会社も多いのでしょう。私は、全国各地にFAS加盟工務店200社近い仲間がおり、その200社の社長さんや全国 [続きを読む]
  • 心豊かな工務店経営…北斗市
  • 工務店経営者は、建主さまに幸せになって貰いと信じて家づくりを行うことです。しかし工務店経営とは、一定の利益を出さなければ継続できません。施主を幸せにするとの信念が家づくりに生かされて得た利益でなければなりません。当然つくるは、建主さんが住んでから満足できる性能が確立している事が前提です。地域工務店は、この「信用」をえるため地道にコツコツと努力を積み上げているのです。それは、経営者の人間的信用、スタ [続きを読む]
  • 社員がいてこそ存在感のある会社に…北斗市
  • 終身雇用制度は、我国日本の独特な就業文化だと云われます。一時は合理主義をよしとする議論がなされた事があります。能力の善し悪しに関係なく身分が保証さる終身雇用を否定し、能力主義をとる会社が増えた時期がありました。昔は、正規雇用や非正規雇用などと言う言葉すら聞いた事などありませんでした。つまりは生涯雇用が宿命的な要素もあったようです。自分を高く買ってくれる職場に転職でき易いと云う事は、企業側もまた躊躇 [続きを読む]