ピグマリオン浦和教室 さん プロフィール

  •  
ピグマリオン浦和教室さん: ピグマリオン浦和教室
ハンドル名ピグマリオン浦和教室 さん
ブログタイトルピグマリオン浦和教室
ブログURLhttp://www.pygmalion.co.jp/urawa/
サイト紹介文幼児教育ならピグマリオン。 幼稚園児が小学二年生の実力をつけてしまいます。
自由文英才児を育成する独自のカリキュラムについて語っていきます。
一生身に付く思考力を育てたいならピグマリオンです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/06/13 22:03

ピグマリオン浦和教室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 人に教えると言う事
  •  教育で大切なのは「詰め込む」ことではなく、「引き出す」ことである 【船井幸雄:日本の経営コンサルタント】  詰め込んだ知識は、一過性の記憶です。 自身の経験によって引き出された知識は、経験として深く記憶に残ります。 ピグマリオンでは、自ら学ぶことでお子様の能力を最大限に引き出し「学びの体験」を実感できるカリキュラムとなっています。  ぜひ、当教室でお子様に本物の学びの体験をさせてあげて下さい。 [続きを読む]
  • はさみを使える年齢
  •  はさみなどの刃物を使う場合、おとなが怖がってしまい「もう少し大きくなってからにしよう」となってしまいがちです。 しかし、2〜3歳の子供でも正しい使い方を教えさえすれば、決して危険な事はありません。 小さいお子さんでもはさみが使えると、想像力豊かな工作をどんどん創る事ができます。 また、細かい部分を切ることで指先調整能力の発達にも非常に役立ちます。 浦和教室では、ピグマリオンのカリキュラムに+αして [続きを読む]
  • できないことを進んでやろう
  • 私はいつでも自分にできないことをしている。 いずれできるようになるからだ。 【パブロ・ピカソ:スペインの画家、素描家、彫刻家】できることをしているだけでは人間は成長しません。何事もやってみなければできることはありません。 当たり前のことですが、 出来ないことを、できるまでやるからこそ、できるようになるんですね!始める前から「できない」なんて決めつけてやらないのは、勿体ないですよ(^_^) [続きを読む]
  • 素敵なポシェット
  •  幼稚園 年長の生徒さんが作品を見せてくれました。自分で考えて、一人で作成したそうです。紐の部分は毛糸を編み合わせてあり、とってもお洒落にできています。自ら考え創造し、工夫をかさねて出来上がった作品、きっと大切な宝物になるんでしょうね。 [続きを読む]
  • ひももよう
  • 4本のヒモと穴の開いた板を使い、お手本通りにヒモを通して図柄を作成する教具です。指先でひもを摘んで穴に通して引っ張る。この動作が指先能力の育成に最適です。4本あるひもで簡単に出来るようになってきたら、なるべく使う本数を減らして、効率よく短時間で作れるか挑戦してみましょう。子供たちは器用に工夫を凝らして見本の図柄を作り出します。指先調整能力と空間把握能力を養える教具をぜひ教室で体験してみませんか。 [続きを読む]
  • 教育で一番大切なこと
  • 先日、「ねむの木学園」の宮城まり子とこどもたちの美術展に行って参りました。素晴らしい作品の展示と共に、まり子さんとこどもたちによるミニコンサートを見せて頂き、とても感動いたしました。こどもたちの素晴らしい才能を引き出せているのは、まり子さんのまっすぐであふれる愛情でこどもたちと向き合っている事にあると感じました。人を教えて育んでいくために一番大切なもの、それは愛情であると改めて感じさせられた1日で [続きを読む]
  • 最高の学習方法
  •   学校などで学習してきたことを「先生知ってる?」と言いながら出題してくれる生徒さんがいます。 自分が学んだことを誰かに教えなければならない状況に置かれると、新しい情報を吸収する能力は高くなるそうです。 頭の中で情報をうまく整理し、より正確に記憶し、学習した情報のなかでも特に重要な部分を覚えられる様になるんだそうです。 ある研究では、被験者を2つのグループにわけ、片方のグループには覚えた情報をテス [続きを読む]
  • 過去の記事 …