みなさぶろう さん プロフィール

  •  
みなさぶろうさん: みなさぶろう の 趣味と運動(自彊術・整体運動・・)
ハンドル名みなさぶろう さん
ブログタイトルみなさぶろう の 趣味と運動(自彊術・整体運動・・)
ブログURLhttp://minasaburo.seesaa.net/
サイト紹介文スポーツセンターでの自彊術を習っていたが、訳あって水泳に。カラオケをユーチューブで発表。
自由文中央区立総合スポーツセンターで、毎水曜日に開催している自彊術を習っていましたが、このブログが原因で辞めることになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/06/13 22:57

みなさぶろう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 北原謙二さんの「あふれるものを」
  • みなさぶろうの23曲目は、作詞:星野哲郎さん、作曲:遠藤 実さん、歌:北原謙二さんの、あふれるものを。北原謙二さんが亡くなって、もう13年にもなるのですね。ご冥福をお祈りします。草になれよと 誰かが言った それもそうだと 思ってみたよ 風が吹いたら 風ままに なびくつもりが なびけずに 折れる心を 支えて生きた 熱い涙を 頼りに生きた もう 戻れない 戻れない ただ歩くだけ川の畔で 子供が歌う 歌に繋がる 故郷 [続きを読む]
  • 中澤卓也さんの「彼岸花の咲く頃」
  • みなさぶろうの21曲目、中澤卓也さんの「彼岸花の咲く頃」は、近所の文化センターでの歌謡教室の課題曲でした。作詞:いで はく/作曲:田尾将実暑い夏が去り 秋の風が立ち 君と別れた 九月がやってくる 恋の予感がしてたのに 君は突然遠い町 赤い彼岸花 逆さに吊るして 線香花火みたいねと 無邪気に笑った君に さよならと告げられた 彼岸花の咲く頃赤いレンガ色 洒落た喫茶店 壁に飾った小さなルノアール 君に似ている [続きを読む]
  • 西郷輝彦 さんの「想い出を君に返そう」
  • みなさぶろうの17曲目「想い出を君に返そう」は、1966年4月に発売された西郷輝彦さんの「僕だけの君」のB面です。大好きな星野哲郎さんの作詞です。作詞:星野哲郎/作曲:北原じゅん 動画は、8823 terminal さんからお借りしました。想い出を 君に返そう 美しく清らかな 青春の 一頁 僕の胸から ちぎりとって さようなら さようなら 初恋の 君に返そう 君に返そう知らないで 別れゆくより 恋を知り愛を知り 苦しんだ 一頁 僕の [続きを読む]
  • 西郷輝彦さんの「我が青春」
  • みなさぶろうの15曲目は西郷輝彦さんの「我が青春」。ガムを噛んでたのを忘れていて、あわてて取り出して歌いました(^_^;)。昭和39年(1964)12月に発売されています。作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん動画は、8823 terminal さんからお借りしました。夢も希望も青春の 嵐とともに消えてゆく 熱い血潮が涙をよべば それが若さと知るや君おさえようとてあふれくる 心の奥で叫ぶ声 おとめ心の清らな恋に 泣いた日もある星の下若い生命 [続きを読む]
  • 西郷輝彦さんの「チャペルに続く白い道」
  • みなさぶろうの14曲目は、西郷輝彦さんの「チャペルに続く白い道」。西郷輝彦さんは昭和39(1964)年2月クラウンレコードより「君だけを」でデビューし、2ヶ月後に発表された2曲目が、この「チャペルに続く白い道」でした。 作詞:水島 哲/作曲:北原じゅんネムの並木のこの道は チャペルに続く白い道 野原を越えて鐘の音は 雲の彼方に消えてゆく あしたも二人で歩こうね チャペルに続く白い道雨に嵐に負けないで いつでも強く生 [続きを読む]
  • 西郷輝彦さんの「赤い花」
  • みなさぶろうの13曲目は、昭和40(1965)年2月「から松林の別れ道」のB面で発売された、赤い花です。カラオケボックスの中では音がガンガン響くのでどうしてもマイクが近くなってしまいます。カラオケボックスにはCD録音の時にしか行かないので、いつまでも場慣れしません。作詞:水島 哲/作曲:北原じゅん春にそむいて 散る花びらを 背にうけゆこう ひとり旅 流れる雲の そのまたはてに なにが待つのか このおれを思い出さすな [続きを読む]
  • 石原裕次郎さんの「孤独の青春」
  • ユーチューブにアップした12曲目は、石原裕次郎さんの「孤独の青春」です。みなさぶろうは低音が出ないので、石原裕次郎さんの声とのコラボは無茶でしたが、カラオケ音源が無いのでコラボでアップしました。11曲目の青春をぶっつけろ!と同じくらい昔からよく歌った大好きな曲です。狭い部屋のパソコンの前で、腕だけのシャドーボクシングを久しぶりにして、67歳の老体だと確認しました(^_^;)。作詞:池田充男/作曲:野崎真一泪 [続きを読む]
  • 池田輝郎さんの 高山本線 を歌いました。
  • ユーチューブカラオケの5曲目、演歌歌手 池田輝郎さんの高山本線 を歌いました。文化センターの歌謡教室(月1回)に5月から行き始め、高山本線は6月の課題曲でした。歌謡教室はやはり女性が多いので、女性歌手の歌が多くなりますが、男性曲もあるそうで良かったです。キーは +2 で歌ってます。高音域に苦労しました(^_^;)。   [続きを読む]
  • みなさぶろうの 夕焼け雲
  • ユーチューブでのカラオケ、2曲目の夕焼け雲をアップしました。あそこがよければ、こちらが上手く歌えてない、、、と何度歌っても同じなので、この辺で妥協しました(^_^;)。来月はカラオケで一番歌っている曲、兄弟船(作詞:星野哲郎/作曲:船村徹)をアップする予定で、いつものように「楽譜ダウンロード配信サイト@ELISE」から楽譜を取得しました。   [続きを読む]
  • 水泳の基本的な泳ぎである クロールの息継ぎの練習
  • 小さい頃から海で泳ぐ時は平泳ぎばかりだったので、プールでも平泳ぎばかり。クロールで泳ごうとしても息継ぎがうまく出来ず、25メートルプールの途中で止まってしまいます。クロールで上手く泳いでいる方(70代)に話を聞いてみると、3年前にプール所属のコーチに基本を習ったそうです。初心者コースで泳いでいる、小学生や女性の方たちには、いつもコーチが付いていてクロールを習っているのを見て、やはり基本が大事なのだと、 [続きを読む]
  • 10代の時に歌った「ああ青春の胸の血は」で、YouTube デビュー
  • カラオケを好きな人が、自分で歌ったのを YouTube にアップしているのを以前から知っていましたが、私も挑戦し、舟木一夫が1964年(昭和39年)に歌った『あゝ青春の胸の血は』をYouTube にアップしました。今回アップする為に、しっかりと歌い込もうと譜面をネットでダウンロードしたら、題名の下に「明るく弾んで歌う」と書かれていました。が、当時(1964年)からずっと重く歌っていましたので、、、暗いです(^_^;)。よろしかっ [続きを読む]
  • 自彊術から水泳へ
  • 31年前に他流派の自彊術を体験し、今回1年半ほど体験した31動作と書籍をもとに描いている自彊術ブログですが、このブログを消す様に通っているスポーツセンターの支部長から言われました。自彊術はいつでも出来るがブログはもうこれ以上高齢になったら書けなくなるので、ブログを選んで自彊術教室を辞めることになりました。またいつか自彊術が出来る場所を見つけたら再開しようと考えていますが、、。今は、自彊術教室と同じスポ [続きを読む]
  • 103歳の誕生日
  • 103歳の誕生日、無事やってきました。19歳の高齢猫の舞も元気で、毎日ベッドの枕元に寄り添ってくれてます。寒くなったので病院などの用が無いと散歩に出る事がなくなり、出かける時も着替えない、パジャマの毎日になってしまいました。写真を撮るから笑ってと何度も言ったのですが、最後まで笑顔の顔を撮る事が出来ませんでした。変わりに舞ちゃんが笑ってるようです。認知症が進み意思の疎通が悪くなりました。104歳の誕生日は、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …