こざとへん さん プロフィール

  •  
こざとへんさん: スタレモノ
ハンドル名こざとへん さん
ブログタイトルスタレモノ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/asahikozato/
サイト紹介文近畿地方中心の廃線中心の交通系遺産ブログです。
自由文一応鉄道廃線中心でやっていますが道路(酷道・廃道・隧道・未成道etc...)や産業遺産なども取り上げています。活動の中心は京阪奈3府県ですがたまーに遠征もしています。管理人の移動手段はママチャリ(みたいなもの)だったりカメラもスマホだったりとってもショボイですがあんまりお金がないのでどうかお許しくださいませ。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/06/14 00:06

こざとへん さんのブログ記事

  • JR大阪臨港線 廃線跡②
  •  遺構は語る? 前回は大阪港を出発したのち浪速駅まで碌に遺構もない廃線跡を辿ったが、今回は海岸通りを離れて内陸へと歩いていく。 浪速駅跡から北東へ。浪速駅のある島内はまだ海辺の工業地帯の色が濃く、廃線跡も倉庫などの構内に取り込まれている。写真はゼロックス... [続きを読む]
  • JR大阪臨港線 廃線跡①
  • 巨大な港の廃線跡。 大阪府大阪市と言えば関西の最大都市であることは言うまでもないが、関西地区で「港」と言えば通常連想されるのは神戸だろう。この街はどちらかと言えば「天下の台所」として知られた商業都市のイメージが強いのではないか。そんな大阪だが、神戸にも負... [続きを読む]
  • MFタワー
  • 詳細は記さない。前回の記事が高層ビル群の側にあるものだったが、基本的に高層ビルなんてものは「スタレモノ」なんてタイトルのブログで扱われるものではない。ところが、世界にはどういうわけか廃墟にカテゴライズされてしまう摩天楼も稀にあったりする。(今は営業している... [続きを読む]
  • 国有鉄道 旧新橋停車場
  • 本邦鉄道の曙の地。 日本国史上初めての鉄道は当然東京を起点としていた(終点は横浜)わけだが、その「東京」は丸の内にある煉瓦造の洒落た駅を意味しない。明治5(1872)年に開業したそのターミナルの名は「新橋」だった。正直なところ都民(当時はまだ東京府東京市だが)以外の... [続きを読む]
  • JR東海道線 甲大門西橋梁
  •  ねじりまんぽの歪みの先にあるのは… 「ねじりまんぽ」とは何とも不思議な名前のものだが、これは(ほとんどの場合)煉瓦アーチ橋においてごく稀に見られる構造の名前である。「まんぽ」「まんぷ」はトンネルを指す古語(といっても江戸期ぐらいにならないとなさそうだし近世... [続きを読む]
  • 東海道線 旧揖斐川橋梁
  •  鉄橋って昔も今もそんなに見た目が変わっていませんよね。 今回紹介するのは東海道線で岐阜を旅をするときよく目につく橋。揖斐川に架かる鉄橋の旧(々)橋である旧揖斐川橋梁だ。 橋の西側からアプローチ。ちなみにこの橋は市町境となっておりこちら側が大垣市で東側は安... [続きを読む]
  • 西濃鉄道昼飯線 廃線跡②
  •  赤坂の鉱業を支えた鉄路、今は叢の中。 昼飯線を辿るこのレポート、前回は県道216号との交点まで進んだ。今回は中間駅の美濃大久保駅を経て終点の昼飯まで書き進めたい。 県道216号との交点。線路は残っているが、ご覧の通り草に埋もれている。 これは何だろう。遮断機... [続きを読む]
  • 西濃鉄道昼飯線 廃線跡①
  • お腹が空きそうな名前の廃線はバリバリの鉱業路線だった。 大垣駅から北西に進む東海道線の支線・美濃赤坂線。大垣市赤坂地区へと向かうこの路線の終点は美濃赤坂駅であるが、この駅からは2本の私鉄の貨物線が延びていた。一つは美濃赤坂駅から北へ延びる西濃鉄道市橋線。こ... [続きを読む]
  • 国道176号旧道 鐘ヶ坂トンネル
  • 鐘ヶ坂三代の二代目。明治の鐘ヶ坂隧道が明らかに現代の国道としては不適格であることはそちらのレポートを見ていただければお分かりいただけるだろうが、それでもあの隧道は昭和42(1967)年まで国道の現道として働いた。その後を受け継いだのが今回紹介する鐘ヶ坂トンネル(昭... [続きを読む]
  • 国道176号旧々道 明治鐘ヶ坂隧道②
  • 隧道を抜け、峠道。 丹波市・氷上郡側坑口。改修を受け上部を除いてコンクリートで覆われている。 扁額は「鑿山化居」。こちらは三条実美の揮毫。言うまでもないぐらいのビッグネームだ。 鐘ヶ坂隧道 日本最古 煉瓦トンネル 明治16年 (1883年) 延長268m... [続きを読む]
  • 国道176号旧々道 明治鐘ヶ坂隧道①
  • 本邦最初煉瓦造道路隧道。 「鐘ヶ坂」という峠がある。兵庫県中部、篠山市(旧多紀郡丹南町)と丹波市(旧氷上郡柏原町)の境となる国道176号の峠道だーーといっても現在の鐘ヶ坂は全長1kmを超す長大トンネルをもって両市を結んでいるので実際にその道を通ったところで峠である... [続きを読む]
  • 国道169号 天理市・親里橋
  • ※本レポートは前回の「天理市・青石橋」の続きにあたるものです。そちらのレポートを読んでいただいた上でこちらをご覧いただいた方がより分かりやすくなるかと思います。道も、橋も、街も、変わる。前回紹介した青石橋は奈良と桜井を結ぶ「上街道」に架かっていたものだ... [続きを読む]
  • 天理市・青石橋
  •  大和平野の古代ロマン…? 奈良盆地の東縁・天理市は恐らく一般には信仰の街として知られていることだろう。その辺の事情には明るくないのだが、近世以降急速に発展した教団の施設が市内の至る所にあり、さながら宗教都市の様相を見せている。しかし、この天理市は古道... [続きを読む]
  • 国道303号旧道 ?鳥坂隧道
  • なんて読むの?滋賀県長浜市、旧木之本町は湖北交通の要衝である。3つの国道が交わるこの街は湖東平野の最北部に位置し、福井県や岐阜県との県境がある山岳地帯にも近い。中部地方から道路で滋賀県に入ったとき、最初に行き当たる大きな街だけに湖国の玄関口であるとも言... [続きを読む]
  • 大阪球場跡地
  • 主人をなくした鷹の巣は。今年もプロ野球のシーズンが始まった。ファンにとっては嬉しいものだが、私のような弱小チームのファンにはつらい季節でもある。パ・リーグでは埼玉西武ライオンズが開幕から勝ちっ放しで首位に立っている(4月8日現在)が、このリーグの絶対王者と... [続きを読む]
  • Hアクアパーク・Z美術館
  • これじゃあまるで惨状通り…諸般の事情で地図の掲載は控える。だが、京都市民にはお馴染みの廃墟かもしれない(私は奈良県民なので知らないが)。・Hアクアパーク京都市と言えば内陸の都。京都府自体は海なし県ではないものの京都市に限って言えば奈良市よりも海が遠い... [続きを読む]
  • 亀岡市・王子橋
  • 東の疏水、西の道路。前回紹介した老の坂隧道は昭和9(1934)年に竣工した2代目隧道だったが、改修されて3代目隧道になった初代隧道の竣工は明治15(1882)年にまで遡る。このことから老ノ坂という土木技術による近代化はかなり早期に達成されたものだと分かるだろう。これに... [続きを読む]
  • 国道9号旧道 老の坂隧道
  • 山丹国境に見る時代の変化と不変の精神(?)。京都・堀川五条から下関へと向かう国道9号は山陰地方を貫く幹線道路であるが、老ノ坂は堀川五条から出発したとき最初に行き当たる難所であると同時に畿内・山城国と山陰道・丹波国の境界でもある。その難所には4度の工事で3本... [続きを読む]
  • 姫路市営モノレール④(文献調査②)
  •  石見元秀・姫路市長は昭和21(1946)年に官選市長として着任後、翌22(1947)年に実施された初めての姫路市長選挙で勝利し以降初代の公選市長として5度の当選を重ねていた。20年と9ヶ月に亘る任期の間、姫路の街の戦災復興と近代化に尽力した石見市政下の姫路市の繁栄は「姫路... [続きを読む]
  • 姫路市営モノレール③(文献調査①)
  • 短命に終わった姫路のモノレールはどういう経緯で建設され、そして何故姿を消すことになったのだろうか。ここでは主に『姫路市史』を参考資料として用い、その歴史を紐解いていきたい。1. 姫路の街と博覧会 姫路市営モノレールは昭和41(1966)年に開業した路線であるが、そ... [続きを読む]
  • 姫路市営モノレール②
  • 前回は丁度★の辺りまで辿った廃線跡。途切れ途切れながら残る廃線跡。山陽新幹線や幹線道路と交差する箇所は撤去済みだ。しかしそんな軌道跡が完全に姿を消す日は近い。「旧モノレール橋脚・橋桁撤去工事」。昭和49(1974)年の休止・54(1979)年の廃止からおよそ40... [続きを読む]
  • 姫路市営モノレール①
  • 播州の最大都市、姫路市。白鷺城を望み工業で栄えるこの街にはかつてモノレールが走っていた。「兵庫県」と一口に言ってもその面積は広い。政令市である神戸市が一番大きな街であることは言うまでもないが、神戸市があるのは旧摂津国。人口50万人を擁する姫路市は播磨国で... [続きを読む]