管理人ホセ さん プロフィール

  •  
管理人ホセさん: 神社さんぽ -ときどきガンダムと猫-
ハンドル名管理人ホセ さん
ブログタイトル神社さんぽ -ときどきガンダムと猫-
ブログURLhttp://shrine.myjournal.jp/
サイト紹介文地元福岡を中心に、ゆる〜く散歩気分でローカル神社を参拝するブログです。
自由文出雲大社や伊勢神宮等の超有名神社もいいですが、地元ゆかりのローカルな寺社仏閣も捨てがたい!
そして、ガンダムや猫も好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 44日(平均3.5回/週) - 参加 2015/06/14 09:53

管理人ホセ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • <其の漆拾陸>宇美八幡宮
  • 第七十六回の神社紹介は、宇美八幡宮です。住所は福岡県糟屋郡宇美町宇美1丁目1番1号、最寄り駅はJR香椎線「宇美」駅徒歩8分です。本ブログで紹介した中では久々のメジャー神社ですね〜。何と言っても貫禄の別表神社で、旧社格も県社です!!通常であれば自分以外に参拝者が居ない境内で自由気ままに写真を撮っている私ですが、こういった参拝客でにぎわう神社で写真を撮ろうと思うと、どうしても挙動不審になってしまって写真の [続きを読む]
  • <其の漆拾伍>酒殿三宮神社
  • 第七十五回の神社紹介は、酒殿三宮神社です。住所は福岡県糟屋郡粕屋町酒殿、最寄の駅はJR香椎線「酒殿」駅徒歩5分の駅近物件、しかも南側には徒歩5分でイオンモール福岡があるという利便性のよさに神様もきっとご満悦でしょう。こちらは境内が広いんですよ!一の鳥居は明神鳥居。社額です。文字が横になが〜い。参道の奥には風情のある拝殿。拝殿は切妻の妻入り瓦屋根で向拝はありません。日の丸が美しいですね〜。セミオープンな [続きを読む]
  • <其の漆拾四>志免岩崎神社
  • 第七十四回の神社紹介は、志免岩崎神社です。住所は福岡県糟屋郡志免町志免1452、最寄の駅はJR香椎線「須惠」駅徒歩28分です。県道68号線沿いに大きな鳥居があってそこからそこそこ長い参道が続いています。この規模はただごとではないと思って調べてみたら、旧社格は郷社だそうでなかなか立派な造りとなっています。早速見てまいりましょう、こちらが県道沿いの大鳥居、もちろん明神です!参道を抜けると二の鳥居。額もシンプルで [続きを読む]
  • <其の漆拾参>金隈宝満宮
  • 第七十三回の神社紹介は、金隈宝満宮です。住所は、福岡県福岡市博多区金の隈1丁目8、最寄の駅はJR鹿児島本線「笹塚」駅徒歩37分。福岡空港のすぐ近くで飛行機好きにはたまらないシチュエーションです。県道574号線から少し入ると直線状に鳥居が見えてきますのですぐにお分かり頂けると思います。一の鳥居越しの全景です。鎮守の森といい、参道の階段といい、コンパクトにまとまっていてとても好感が持てます。毎日お参りするに [続きを読む]
  • <其の漆拾弐>麦野日吉神社
  • 第七十二回の神社紹介は、麦野日吉神社です。住所は 福岡県福岡市博多区麦野6丁目8-18、最寄の駅は西鉄天神大牟田線「雑餉隈」駅徒歩5分の都市型神社となっております。まずは全景。どうですか、この生い茂った鎮守の森の生命力!石垣からはみ出してもいいんです、越境とかごちゃごちゃ抜かすな、このハゲェ〜!(笑)という訳で、何かにつけて「パワスポ!パワスポ!」と連呼する昨今のにわかパワースポットマニアに本当のパ [続きを読む]
  • <其の漆拾壱>照天神社
  • 第七十一回の神社紹介は、照天神社です!本ブログ初登場の社名ですね〜。住所は福岡県福岡市南区野多目4丁目19、最寄の駅は西鉄天神大牟田線「大橋」駅徒歩34分となっております。こちらは南区民のオアシス野多目池のほとりに鎮座する、こんもりと盛り上がった神社です。境内入り口の小階段の奥にはなかなかの階段が待ち受けてます。もちろん猿田彦さんも鎮座しておられますよ。社額はシャンパンゴールド。なかなかの階段。。。 [続きを読む]
  • <其の漆拾>老司老松神社
  • 第七十回の神社紹介は老司老松神社です。住所は福岡県福岡市南区老司4丁目6、九州新幹線「博多南」駅から徒歩32分となります。老松神社と言えばご祭神は言わずと知れた菅原道真公ですね〜、太宰府天満宮のお膝元だけあって福岡には老松神社って結構たくさんあるんです。でもでもだけど♪菅原道真公と言えばまず「梅」、次に「松」のイメージですけど、飛梅神社とかあまり聞いた事ないですね〜、なぜなのかしら??さて、こちらの [続きを読む]
  • <其の陸拾玖>片縄御中主神社
  • 第六十九回の神社紹介は片縄御中主神社です。住所は福岡県筑紫郡那珂川町片縄東1丁目5、九州新幹線「博多南」駅から徒歩22分となります。国道385号線を北上して、らーめん屋鳳凛 那珂川店を過ぎた辺りで右折して小道に入ると目指す神社が見えてきます。鳥居はおなじみ明神鳥居。額の文字はやや横長ですね、アスペクト比でいうと16:7くらい。そしてこちらの神社は今までにないパターンなのですが、鳥居の奥に拝殿なしで直に本殿 [続きを読む]
  • <其の陸拾捌>片縄十六神社
  • 第六十八回の神社紹介は片縄十六神社です。福岡県筑紫郡那珂川町片縄北1丁目14、九州新幹線「博多南」駅から徒歩24分となります。こちらの神社は片縄地区の氏神様として地域に根付いており、旧社格は村社。なかなかの格ですねぇ。どうですか、この鎮守の森豊かな自然とお社の美しいコントラスト、実に清々しい風景です。社額は「十六天神」天神という事は菅原道真も祀ってあるのかと思いましたがどうも違うようです。拝殿は向拝 [続きを読む]
  • <其の陸拾漆>恵子春日神社
  • 第六十七回の神社紹介は恵子春日神社です。住所は福岡県筑紫郡那珂川町恵子2丁目7、九州新幹線「博多南」駅から徒歩28分となります。どうでもいいですが、GoogleMAPでルート検索したときに出てくる「ほぼ平坦なルート」これを全面的に信じると大変な目に合います、特にチャリラーの方はお気をつけ下さいまし。前回ご紹介した現人神社から県道602号線に出て少し北上すると右手に見えてくる風情のある階段と樹齢の高そうな古木。そ [続きを読む]
  • <其の陸拾陸>現人神社
  • 第六十六回の神社紹介は現人(あらひと)神社です。第六十四回でご紹介した下梶原現人神社の本宮ですね、こちらは国内最古の神社の一つとも言われているそうで、住吉神社の発祥の地と言われているとかいないとか。住所は福岡県筑紫郡那珂川町仲3丁目7-8、九州新幹線「博多南」駅から徒歩25分となります。住吉神社の本宮との言い伝えが残るだけあって、貫禄の佇まい。旧社格は郷社なのでこの那珂川町近辺から広く信仰を集めていた [続きを読む]
  • <其の陸拾伍>裂田神社
  • 第六十五回の神社紹介は、裂田神社です。住所は福岡県筑紫郡那珂川町安徳11、公共交通機関を使う場合は前回の下梶原現人神社同様に九州新幹線「博多南」駅から西鉄バス「那珂川ハイツ」下車でこちらは徒歩16分となっています。こちらは、なんとあの裂田の溝(うなで)伝説の神社なんですね〜。え??裂田の溝をご存じない?日本最古の用水路なのに??あの日本書紀にも出てくる歴史のある用水路なのに??(笑)はい、実は私も知 [続きを読む]
  • <其の陸拾四>下梶原現人神社
  • 第六十四回の神社紹介は、下梶原現人(あらひと)神社です。住所は福岡県筑紫郡那珂川町下梶原1丁目9、公共交通手段を使う場合は九州新幹線「博多南」駅から西鉄バス「那珂川ハイツ」下車徒歩5分となっています。徒歩ラーの方は夏場は熱中症に気をつけましょう!この一枚で全てが分かる、百聞は一見にしかずとはまさにこの事。(笑)一応地図上では「現人神社」となっていましたが、社額がかすれて読めません。>_瓦屋根の拝殿は [続きを読む]
  • <其の陸拾参>三沢日吉神社
  • 第六十三回の神社紹介は、三沢日吉神社です。住所は福岡県小郡市三沢2342、西鉄天神大牟田線「三沢」駅徒歩5分、のどかな田園風景の一部となっている神社です。日吉神社を紹介するのは第十回の観世音寺日吉神社以来となりますね、日吉神社と言えば神猿さんという事で、太閤秀吉も特別な神社として扱っていた事もあり、福岡辺りではもっと勢力あってもいいと思うんですけどね〜。という訳で、こちらは一の鳥居正面からの全景です。 [続きを読む]
  • <其の陸拾弐>西島竃門神社
  • 第六十二回の神社紹介は、西島竃門神社です。住所は福岡県小郡市三沢西島5010、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「大保」駅徒歩9分、のどかな田園風景の中に溶け込む神社です。それにしてもこの辺りは宝満信仰が根強いですね〜、しかもローカル神社に良く見られる公民館とのセット案件です。さて、それでは早速紹介してまいりましょう!なんとこちら楼門があるんです!瓦屋根の立派な楼門の中には仏像さん!こちらは鳥居がある方の入り [続きを読む]
  • <其の陸拾壱>基山若宮八幡宮
  • 第六十一回の神社紹介は、基山若宮八幡宮です。住所は佐賀県三養基郡基山町宮浦、最寄り駅はJR鹿児島本線「基山」駅から徒歩4分。当ブログ初の佐賀物件ですね〜。一の鳥居越しに見える鎮守の森、この荘厳な佇まいはどういう事でしょう。社額もバッチグーです。(笑)そこそこ長い階段を上った先には心休まる境内。息切れした方はちょっと息も休めましょう。狛犬さんもお出迎え。この苔むした感じがなんとも素敵。小高い丘の上にそ [続きを読む]
  • <其の陸拾>御勢大霊石神社
  • 第六十回の神社紹介は御勢大霊石神社(みせたいれいせきじんじゃ)です。こちらの神社は第五十六回で紹介した隼鷹神社とも関係のある神社で、住所は福岡県小郡市大保1032、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「大保」駅徒歩8分。目の前にはイオンモール小郡と福岡県の高校野球のメッカである小郡市野球場を含む小郡運動公園が広がる充実の環境!こちらは式内社でもある歴史の古い神社で、旧社格は県社というローカル神社界の大物です。こ [続きを読む]
  • <其の伍拾玖>三沢竈門神社宝満宮
  • 第五十九回の神社紹介は三沢竃門神社宝満宮です。前回に引き続き竃門神社ですね〜、この辺りには宝満信仰が根付いているみたいです。こちら住所は福岡県小郡市三沢、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「三沢」駅徒歩11分の閑静な住宅街の中に鎮座しておられます。参拝した日は夏祭りの準備がされていたんですが、ステージも有って結構大々的なお祭りのようでした!さて、一の鳥居は年季の入った明神鳥居。カーブミラーにも親切な看板が出 [続きを読む]
  • <其の伍拾捌>力武竈門神社
  • 第五十八回の神社紹介は力武竃門神社です。住所は福岡県小郡市力武、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「三沢」駅徒歩12分となります。竃門神社ですから、ご祭神は言わずと知れた「玉依姫命」水分の神ですね。宝満川に程近いという場所柄を考えると、昔は川の氾濫やらで苦労があったのかもしれません。そんな住民達が頼ったのが水の神、そこから連綿と続く宝満信仰、、、実に縁起のいい響きです!また、こちらの境内は古墳の上に建てられ [続きを読む]
  • <其の伍拾漆>清影山如意輪寺(かえる寺)
  • 第五十七回はお寺紹介になります!前回ちらっと触れた「清影山 如意輪寺」(通称:かえる寺)です。知る人ぞ知る珍名所として有名らしく、狭い道にも関わらず普通に観光バスが乗り付けてきて、まさに全王様もおったまげな感じでした。場所の方は、福岡県小郡市横隈1728、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「三沢」駅徒歩13分となります。こちらは天平年間729年に行基菩薩が創建したとされる由緒正しきお寺ですが、いつの頃からか住 [続きを読む]
  • <其の伍拾陸>隼鷹神社
  • 第五十六回の神社紹介は、隼鷹神社となります。小郡市は太宰府・筑紫野辺りには無かった神社が立て続けに登場ですね〜。こちらの住所は福岡県小郡市横隈164-1、電車の場合は最寄り駅は西鉄天神大牟田線「三国ヶ丘」駅徒歩19分となります。駅からは少し離れていますが、周辺には有名な「かえる寺」があったり、駅の裏には「九州歴史資料館」もありますので、併せて廻るといいかもしれません。道すがら県道88号線から見ると田んぼの [続きを読む]
  • <其の伍拾伍> 津古八龍神社
  • 久しぶりの再開となります第五十五回の神社紹介は、津古八龍神社です!こちらの住所は福岡県小郡市津古1372-1、最寄り駅は西鉄天神大牟田線「津古」駅から徒歩1分という駅近にもほどがある立地!もう駅と言っても過言ではないでしょう!(駅とは言っていない)さて、こちらの神社ですが、2016年に新しい社殿に建てかえられたそうで、その前の社殿は約180年風雪に耐えてこの地に鎮座されていたそうな。由来書きを読むと、茅の輪く [続きを読む]
  • 過去の記事 …