長風呂呑平 さん プロフィール

  •  
長風呂呑平さん: つれづれ帖
ハンドル名長風呂呑平 さん
ブログタイトルつれづれ帖
ブログURLhttp://blog.mottowood.com/
サイト紹介文ほんとうの木造住宅を手掛ける木材店のブログです。
自由文住宅建築の現場に携わる一業者として、合板と接着剤、そして金物に過度に依存する現在の建築工法に懸念を抱きます。
そして建て主さん側も「健康住宅」や「自然素材」などのことばに、安易に踊らされていると思えてなりません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供275回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2015/06/14 13:08

長風呂呑平 さんのブログ記事

  • 三代目宮師 西口神具店さん in 製品展示室の御霊舎
  • 同じ展示室内に並ぶ天然木曽桧製の御霊舎(みたまや)です。今回の訪問の主たる目的はこれを拝見することにありました。# 展示室の御霊舎御霊舎(みたまや)とは、御霊舎(みたまや)は別名を「祖霊舎(それいしゃ)」「神徒壇(しんとだん)」と呼ばれることもあり、伊勢地方ではご先祖を神式の御霊舎でお祭りするご家庭がたくさんあります。 新しい御霊は五十日祭、百日祭、一年祭を機会に御霊移し(みたまうつし)することが多 [続きを読む]
  • 三代目宮師 西口神具店さん in 製品展示室の神棚
  • 西口さんに作業場と乾燥過程の木曽桧半製品を見学させていただいた後、同じ敷地内にある製品展示室に案内していただきました。ただ欲を言えば、平日作業中の工程を目にしたかった…。# 展示室の神棚あくまでも、まかり間違っても全品スプルス材製ではありません。すべて長期間自然乾燥の天然木曽桧、アカ柾目材製です。# 厚板屋根通三社宮(金具無し)# お稲荷さん(六寸)と大社宮# 茅葺屋根違三社宮(小)この中で使われている素 [続きを読む]
  • 三代目宮師 西口神具店さん
  • 松阪駅から国道42号線を南へ車で約30分、玉城町の西口神具店さんを訪ねました。私事の理由あって、西口さんの作業場と神具製品の展示室を拝見するための訪問です。お伺いした日が日曜日の午後ということもあり、せっかくの機会に制作中の工程を目にしたくもありましたが、広い作業場の中で静かに加工制作中の神具を拝見することができました。# 神明宮の仮組屋根# 稲荷灯篭あいにくと画像にはありませんが、作業場の内外には天然木 [続きを読む]
  • 仮設足場撤去で初値2,680万円
  • 弊店徒歩10分は西端一棟の仮設足場が撤去されました。工程短縮から三棟同時と予想していましたところ、やはりこいつはどこの現場でも邪魔者扱いされているようです。販売価格が掲示されてから約二週間を経て、初値の提示は変わりません。近隣周辺の価格と比較してもかなり強気の提示です。隣県南部の販売業者としては、その地区からの移住者を狙っているのかもしれません。古くから「利根川を越えると一段安」は当地域の定説ですが [続きを読む]
  • 区画の造成工事開始
  • 弊宅徒歩10分では早速区画の造成工事が始まりました。よそ様の物件とは言え、この手際の良さは見習わなければなりません。なるほど現在見える範囲の住宅は、今後ことごとく陽当たりが悪くなります。その当時はおそらく「ここならば南側に家は建たない」と踏んでの選択だったのでしょう。そして時代は流れて、よもやこんなに奥まで宅地化の波が来るとは…。残念なことにその「ここならば」も、あと数ヶ月で終わってしまいます。にほ [続きを読む]
  • 弊店東側は上棟から四ヶ月
  • 鉛色の低い雲が終日広がり、時折舞い落ちる小雨に思わず長袖に着替えました。弊店東側は販売開始から約二ヶ月、まだ西側の物件が残っています。掲示された案内板を見る限り、販売価格は据え置かれたままです。同業他社の若い経営者が今春に廃業し、観光バスの運転手に転職されたと聞きました。過去にはこのような物件の建築に木材業者として携わり、かなり遠方まで納品配達に出向いていたと聞いたことがあります。物静かで背が高く [続きを読む]
  • 町内会に見た当節の住宅事情
  • 数日前に弊店町内会でお弔いがありました。ご近所でもあり、ご自宅からの出棺をお見送りました。当地域では「見えなくなる角まで送る」という意味から「角送り(かどおくり)」と呼ばれます。こちらのご家族は数年前に都内から移られてご自宅はまだ新しく、当節主流になった外観と仕様の一戸建て住宅です。亡くなられたのは御当家の細君で、まだ道半ばの50代後半と聞きました。ご近所の方々が三々五々玄関先に集まり、やがて出棺の [続きを読む]
  • 天高く馬肥ゆる秋に
  • 県南地域の創業56年になる木材製品市場の閉鎖(廃業)を聞いた。この年末に閉鎖するようで、所属する数社の問屋さんは存続されるそうだ。今夏に届いた決算書文中には、そんな文言はどこにも一言も見当たらない。奇しくもこの連日、首都東京で食の市場の移転が大きく報道されている。すったもんだあっても世間様から必要とされる業界であればそれで良し。にほんブログ村 住まい に参加中です!!Please click over the icon once a d [続きを読む]
  • その後とても静かになった768万円
  • 完成見学会が終わってすぐの三連休、明けてもノボリ旗と万国旗はそのままです。玄関前には張り紙が出され「見学をご希望の方はこちらの電話番号まで」。道路対面のGS古参従業員さん曰く、「あんなにトラックが混雑していたのに、あれからもうだれも来なくなった」。そりゃそうだよ、もうみんな他の現場で同じような仕事に追われているはずだし。彼の「だれも来なくなった」とは、見学希望者らしき姿も無いようで…。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今日は寒露
  • 神無月10月に入って第二週目、ようやく涼しくなりました。長い酷暑で控えていた散策も、お陰様で苦にならない気候です。こちらは弊宅徒歩約10分です。数日前の朝刊に入った折り込みを手元に「さて、どんなところだっけ…」と探し当てました。県道から細い市道伝いに入る、かなり奥まった高台の住宅地です。東西に細長い三区画の分譲地で、通りから入ったすぐの区画にご成約済みの看板が立っています。弱い西風になびくノボリ旗の社 [続きを読む]
  • 今宵は秋季花火競技大会
  • 秋のお彼岸を二週間も過ぎたというのに、まるで夏に戻ったかのような蒸し暑さです。季節外れの日差しも強く、それ以上に強い南風に悩まされた一日です。今宵は土浦市内で恒例の秋季花火競技大会だそうで、夜空に開く大輪が風に流されないように。にほんブログ村 住まい に参加中です!!Please click over the icon once a day. [続きを読む]
  • 上棟から四週間で初値2,680万円
  • 弊店東側05分前は上棟から四週間、前面道路は工事車両でかなりの混雑です。大工さんに外壁屋さん、そして電気屋さんと思えるワンボックスも見受けます。この段階で早くも販売価格が張り出されました。私見では最近の近隣物件と比較してかなり高額だと感じます。まぁ、どうせもうしばらくすると下げるのでしょうけど。駅徒歩10分はとても無理。にほんブログ村 住まい に参加中です!!Please click over the icon once a day. [続きを読む]
  • 昨日に完成見学会を終えた768万円
  • 昨日に三日間の完成見学会を終えて、現場は赤と黄色のノボリ旗がそのままです。まだ売り出しが続くことは、やはりこれは建て売り物件ですね。敷地内に鋼管パイプで組まれた横断幕もそのまま、当然ご成約に至るまでこの状態でしょう。さて今後いつまで設置されるのやら、今週末にはまた台風25号が襲来します。それにしてもこれで価格の上限が決まりました。よそ様の物件とは言え、協力業者への工費支払いが気掛かりです。にほんブロ [続きを読む]
  • 市内一等地は販売開始から三ヶ月
  • 市内一等地は販売開始からちょうど三ヶ月、五棟全棟が万国旗を外しました。現地案内板と椅子とテーブルも撤去され、外窓の雨戸が閉められたままです。三ヶ月を経て全棟ご成約に至ったのでしょう。お陰様でおおよその相場を知ることができました。これを高いと見るか安いと見るかは各位価値観の判断として、とりあえずは全棟完売をおめでとうございます。新築当初は「夢のマイホーム」を享受されるとしても、数年後には改築改装が困 [続きを読む]
  • 台風一過の秋空の下で
  • ここ最近、小サイトにスギやヒノキについての記事を掲載していない。需要側からの問い合わせが無いのはわかるとしても、供給側からの情報提供も皆無に近い。相変わらずスギ下地材の手当てに苦労する状況は続き、それすら依頼しなければ順番が回ってこないようになった。ヒノキの下地材を勧めると「ヒノキは重いから」と即座に断られた。参加しているランキングサイトのコンテンツ「国産材・地域材」に掲示されるサイト数も激減した [続きを読む]
  • 小さな町内に大きな傷跡
  • 例年に無く騒々しい10月入りになりました。今朝08時の弊宅徒歩05分です。昨夜から未明に掛けて吹き荒れた暴風雨によって、画像右側に見える旧家のカシノキが枝から折れて、ミラーを壊して中央の道路をふさぎました。画像手前に駅前広場を控え、集合住宅数棟と数件の事業所が先の県道に出ることができず、かなりの数の車両が閉じ込められました。また、この事故を知らずに県道側から入ろうとした人たちは、黄色いテープの前で強くブ [続きを読む]
  • 秋雨に濡れる商工まつり
  • 週末の守谷駅前西口広場です。あいにくの雨の中に開く傘の色はカラフルなものの、屋根の無いステージで熱く踊る若い人たちをとても気の毒に思う五十路です。予報では明日の午後から台風の影響をまともに受けるようで、開催を継続する主催者の判断も苦渋の選択を迫られるでしょう。この日のために練習を重ねてきた若い人に「また来年もあるさ」と投げる言葉は、ちょっと酷のようにも感じます。なにはともあれ、風邪を引かないように [続きを読む]
  • 三日間限定の完成見学会は768万円
  • 明日から三日間限定の完成見学会開催、しかも03日は平日の水曜日です。この日程で推察すると建て売りでは無く、やはり注文物件ではないでしょうか。予報では週末30日に台風襲来、本日朝刊に折り込みチラシはありません。このいかにも手作りと思える告知板にはへんな親近感を覚えますが、はたしてこの金額768万円に釣られて来場者はあるでしょうか…。「ひょっとして玄関前でこのノボリ旗でも振るのかね」とは道路対面のGS従業員さ [続きを読む]
  • ビルダーの仕事をしている大工さんの声(其の五)
  • 寄稿:放射能に強い高齢者この大工さんの話を聞いていると、普段私が伝えていることのすべてが合致してしまう悲しい建築業界の姿が見えます。おそらく一部の業者に限ったことではありません。今まで私たち木材業者も「集成材はまっすぐなもの」と思っていました。しかし現場で明らかにそのB級品が流通しているとなると、今更ながら「やっぱりそうか…」「そこまで落とさないと無理なのか…」と沈んでしまいます。俗に建築現場の上 [続きを読む]
  • ビルダーの仕事をしている大工さんの声(其の四)
  • 寄稿:放射能に強い高齢者和室を希望する物件の畳は、厚さ15mmのものが標準で入ってくる。畳下地はもちろん合板だから、畳の下面と合板がカビる。この「たたみのようなもの」は、ポンとたたくと反対側が浮いてしまう。慣れた畳屋さんは両面テープで浮かないようにする。建て主さんが「畳は60 mm」を希望しても、畳本来のわら床(わらとこ)は絶対に入らない。工業製のインシュレーションボード製、または発泡スチロール製床(とこ [続きを読む]
  • 上棟から二ヶ月で万国旗と紅白の幕だよ768万円
  • 上棟からちょうど二ヶ月が経ちました。黄色いノボリ旗に加えて先週末、万国旗と紅白の幕が掛かりました。こうして見るとさながら歳末の福引き会場のようです。こうなるとなるほど、数日前のあの混雑した現場も理解できます。どうやらこの状況を見る限り、GS従業員さんによる注文住宅という情報は誤報のようでした。これはどこからどう見ても建て売り物件です、せっかくだから花火でも上げればいいのに。さてどんな人が買うのでしょ [続きを読む]
  • ビルダーの仕事をしている大工さんの声(其の参)
  • 寄稿:放射能に強い高齢者一階床下の大引(おおびき)はプレカット加工部材だから、その加工してある通りに組み立てるしかなく、上棟時に現場で反りや曲がりの修正ができない。その施工後に床がブカブカするのが避けられなくて、しばらく重石として石膏ボードの山を乗せておくことがある。下の画像は大工さんが現場で加工して施工した一階床下地。施工者としては不本意でも、最近は床下地板先行の工法が標準化している。上棟時に厚 [続きを読む]
  • ビルダーの仕事をしている大工さんの声(其の弐)
  • 寄稿:放射能に強い高齢者建築現場の工程がピッチピチで、日程に少しの余裕も無い。雨天でも土台(どだい)の据え付けをやらなければならないし、もちろん上棟工事も天候にお構い無しに行われる。これは現場監督の命令で、以後すべての工程がずれ込むから日延べは絶対に行わない。そうは言っても、工程初頭の基礎工事だけは降雨で延びることがある。それは現場監督も仕方がないと思っているようだ。しかし工程全体の遅れは許されず [続きを読む]
  • ビルダーの仕事をしている大工さんの声(其の壱)
  • 寄稿:放射能に強い高齢者ほんの数日前、弊店町内会にお弔いがありました。そのお宅は以前に大工さんの仕事をしていて、先々代は棟梁として何人もの職人さんを抱えていました。当時の町内会はその棟梁と親交がとても深く、新築改築を問わずかなりの建築工事をこなしていました。その後時代は流れ、それまで勤めていた職人さんたちは独立されるなど次第に離れていきました。現在では棟梁のお孫さんにあたる方も残念なことにさっぱり [続きを読む]
  • 今夜は北の電気に乾杯
  • 今朝の朝刊各紙はようやく北の大地に電気が安定すると報じました。掲載されたすすきの交差点の光景は、町行く人も明るそうに感じます。あの片手にグラスを持つヒゲの紳士もどこかホッとしているようです。賑わいを取り戻した札幌のネオンに、とりあえず今夜も乾杯(^_-)b。にほんブログ村 住まい に参加中です!!Please click over the icon once a day. [続きを読む]