Brevaxen さん プロフィール

  •  
Brevaxenさん: brevaxen の知財関連ブログ
ハンドル名Brevaxen さん
ブログタイトルbrevaxen の知財関連ブログ
ブログURLhttp://brevaxen.blog.jp/
サイト紹介文知的財産な話題についての個人的な意見を申し述べていこうと存じます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/14 20:48

Brevaxen さんのブログ記事

  • 会社の認定する資格
  • 日産自動車が無資格の従業員に完成検査を行わせていた問題で、同社が約121万台のリコールを行う方針を発表したということです。何でも、「新車の最終検査は社内で認定した自動車検査員が責任をもって行うこと」という国土交通省の方針に反しているからなのだそうですが、輸出車両については、安全性が問題ないということだそうで、趣旨が一貫していないように考えられます。会社の認定といえば、ある株式会社さんでは、特許出願書 [続きを読む]
  • 会社をぶら下げる特許事務所
  • 以前働いていた事務所では Windows パソコンが貸与されていましたが、何かの拍子でC:Documents and SettingsLocal SettingsTemporary Internet Files だったかC:WindowsTemp あるいは C:Temp だったか一時ファイルが格納されているフォルダを調べる機会があり、そこの事務所がぶら下げている会社の役員である事務所トップ(1)と一度も姿を見たことがないトップの奥様(2)との(1)及び(2)に毎月合計数百万円の役員報酬が [続きを読む]
  • 自分の氏名で商標登録出願する場合
  • 自分の氏名で商標登録出願する場合、同姓同名の人が生存していると、商標法4条1項8号の拒絶理由が通知されます。商願2016−031002号もそういう出願でした。審査官は、検索エンジンで出願人の氏名を検索して、6つの例をしめしました。出願人側は、「審査官殿が例示なさったインターネット記事につき、出願人は、事実、様々な活動をしており、記載されている各会社の取締役に就任しております。」として突っぱねました [続きを読む]
  • 弁理士の数を増加させる一考察
  • 弁理士の数を増加させる一つの方法としては、書類上は代理人になっているが、出願件数などから考えると、特許庁の手続きの内容を知らないまま代理人になっているのではないかという疑惑をもたらしている事態を一刻も早く変えることではないかと思われる。そもそも、このような事態をもたらしたのは、インターネット出願ができるようになって代理人本人でなくても、特許庁へ書類の送信ができるようになったためと思われる。また、本 [続きを読む]
  • 事務の人の裏技
  • 出願用にワードファイルを htm ファイルに変換して事務の人渡したら、事務の人に誤記を指摘され、あゝワードファイルを直して、htm ファイルに変換せねばと思って席に戻ろうとした時に、事務の人が「この程度なら私のところで直しておきます」とおっしゃったので、作業の様子を見ていると、事務の人のパソコンでは、拡張子の htm がワードに関連づけられていて、何の苦もなく htm ファイルが編集できるようになっていました。目か [続きを読む]
  • 登録要件を満たしているのに登録しない理由
  • せっかく弁理士試験に合格し、その後の実務修習を終えられたのに、弁理士登録されない人がいらっしゃいらっしゃるようです。実務修習の費用を捻出できたのが精一杯で、登録までの費用が工面できないとか、やっぱり弁理士としてやっていく自信がないという理由もあるようですが、今の職場のまま弁理士登録すると、今の職場から辞められなくなるという人もいらっしゃるようです。例えば、特許事務所長が高齢で技術のことがよくわから [続きを読む]
  • 弁理士は「地理的表示」の登録申請代理人になれるのか?
  • 特定農林水産物等の名称の保護に関する法律によって、特定農林水産物等の名称の保護を受けるために「地理的表示」として登録申請できるようになりました。これに伴って、特許事務所の中にも地理的表示の登録申請の代理をする旨のウェブページを閲覧可能にされているところが出てきました。しかし、弁理士は、地理的表示の登録申請の代理はできるのでしょうか。弁理士法75条によれば、弁理士又は特許業務法人でない者は、他人の求 [続きを読む]
  • 弁理士の日記念:知財業界の職業病
  • 今年の弁理士の日記念ブログのお題は、「知財業界の職業病」とのことです。先日、大学の授業で、宗教についてちょっとだけ勉強したので、うまくいくかどうかわかりませんが、トライしてみます。明細書を書き、拒絶理由通知書・拒絶査定のコメントを書いては応答をし、案件が事務所を介して出願人様と特許庁との間を行きつ戻りつし、いわば輪廻のように段階が経ていくのを見ながら、案件が輪廻を解脱するために、出願人様にはその案 [続きを読む]
  • 日本音楽著作権協会(JASRAC)が嫌われて当然な理由の一考察
  • しばらくブログをお休みしていました。ブログをお休みしている間に、日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室を相手に著作権料を徴収するとか、音楽教室の側にとってはそれはけしからんので、債務不存在確認訴訟を提起するなどの話題がありました。このような事態が発生し、JASRAC は頭が硬いとか、居丈高に権利を主張するのはけしからんという意見が出ています。しかし、JASRAC は作曲者や作詞者といった著作権者から著作権の管理の [続きを読む]
  • 特許出願減少は、ゆとり教育のため?
  • 神戸大学と同志社大学との共同研究によると、中学時代の3年間ゆとり教育を受けた47歳以下の世代と、それより上の世代では、特許出願数と特許更新数に大きな違いがあることが明らかになりました。とのこと。「ゆとり教育」が槍玉に上がっているようですが、企業が出願件数を抑えた頃とゆとり教育世代の熟成期とが偶然同じになったためではないかとも思えます。 [続きを読む]
  • 開業の方法
  • 弁理士会のホームページをいろいろみていたら、特許事務所(あるいは、実用新案事務所、意匠事務所、商標事務所、弁理士事務所)の開業の仕方があったので、忘れないうちに貼っておきます。http://www.jpaa.or.jp/topics/2010/pdf/soudanQ&A.pdf [続きを読む]
  • 予備的定型記載の効力
  • 「予備的定型記載」というのは勝手につけた名前であり、【発明を実施するための形態】に、本発明は各実施形態に限定されず種々の変更が可能である。とか、本発明を実施例により具体的に説明するが本発明はこれらの実施例によって何ら限定されるものではない。というように発明が説明に限定されないことを念のために主張しておく記載文句です。こういう予備的記載は果たして効果があるのだろうかと常日頃疑問に思いながらも業界の慣 [続きを読む]
  • 件数
  • 1年間に数千件の特許出願の代理人になられる大手特許事務所の所長さんは大変だと思います。約3千件の出願があるとして、1日あたり100件以上は出願手続きに関与して代理することになります。ところで、今日の日本経済新聞13版の38ページによると、天皇陛下が、内閣から届く書類に署名・押印された件数は、過去1年で約1千件になるとのことです。陛下のご年齢を考えると相当のご負担かとご案じ存じあげます。 [続きを読む]
  • 「〜が異な場合に、〜する」の解釈
  • 平成26年(ワ)25928号(損害賠償請求事件/平成28年8月30/東京地方裁判所)では、ナビゲーション装置の特許権侵害が争われました。具体的には、請求項に記載されている・・・探索開始地点と・・・誘導開始地点とが異なる場合、〜を制御するを、被告装置が充足しているかどうかが争われました。裁判所は、明細書の記載および出願経過から、探索開始地点と誘導地点とを比較して両地点が異なるか否かを判断するものであると解釈しました( [続きを読む]
  • 弁理士の日を勝手に盛り上げよう!
  • ドクガク先生によると今年の弁理士の日のお題は「知財業界でホットなもの(又は新しいもの)」ということです。定型的な業務をこなしている身としては、何がホットなのか正直いってよくわからないのですが、最近話題になったのは、特許庁からの自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へという、「ほとんどが出願手数料の支払いのない手続上の瑕疵のある出願」が大量になされているお知らせでしょうか。少なくとも、インター [続きを読む]
  • フロイント産業のYK値が激減
  • フロイント産業株式会社は、YK値をKPI(Key Performance Indicator の略で、重要業績評価指標を意味するそうです)として使用されているそうです。http://www.freund.co.jp/ir/PDF_IntegratedReport_FY2014.pdf  (18ページ)2014年2月期のYK値: 130.74で、機械セクターユニバースの194社中、59位(JASDAQ市場上場企業35社中5位)http://www.freund.co.jp/ir/library/report/docs/doc_FREUNDRepor [続きを読む]
  • 商標の出願戦略
  • 少し前に特許庁から自らの商標を他人に商標登録出願されている皆様へ(ご注意)という発表がありました。これによると、出願料を特許庁に納付せずに大量に商標登録出願がされていているものの、ほとんどの出願は出願料が納付されていないので遅かれ早かれ却下処分になり、先願の地位が消滅する上、審査の対象になってもほとんど拒絶になるので、どんどん出願して下さいという内容でした。しかし、出願しても出願の内容が公開になる [続きを読む]
  • フロイント産業のYK値予想
  • フロイント産業株式会社は、YK値をKPI(Key Performance Indicator の略で、重要業績評価指標を意味するそうです)として使用されているそうです。http://www.freund.co.jp/ir/PDF_IntegratedReport_FY2014.pdf  (18ページ)2014年2月期のYK値: 130.74で、機械セクターユニバースの194社中、59位(JASDAQ市場上場企業35社中5位)http://www.freund.co.jp/ir/library/report/docs/doc_FREUNDRepor [続きを読む]
  • 分割出願(特許)の上申書の形骸化
  • 「出願を分割する際の説明書類に関する出願人への要請について」にあるように、特許の分割出願をするときには、  (1)原出願からの変更箇所の明示及び説明  (2)分割出願に係る発明と他の特許出願に係る発明とが同一でないことの説明  (3)他の特許出願に係る拒絶の理由を解消していることの説明を上申書で提出することが要請されており、いつもどの程度説明するべきか迷いますが、こんな上申書をみつけました。こんなんでいい [続きを読む]